The Redang Telegraph

2017年07月26日

Chinese Cultural Festival @ KT 4 Kapitan's House カピタンの家

Kapitan's House

IMG_0205.JPG

カピタンの一人、黄氏の商館「順徳」、、所有者や商いが変わるたびに商店名や社名は変わるけど、屋号は変わりません。古い華人の商店はどこもだいたい屋号があって、だいたい漢字2文字です。美しい意味をもった漢字が使われますが、中には日本人の名前と一緒だ!とか思う屋号も少なくないです。この黄氏のお店の屋号は順徳、、

IMG_0177.JPG

この唐人街の中にあって目立つお店ですが、たまたまこの日は店が閉まってました、、、いつもはこの前を通る度に、、順徳天皇だあ、、佐渡に流されたんだよね、ここは佐渡かあ、、とか思うのですが、カピタンの商館だとは全然知りませんでした、今はレストランになっています。

ちなみに、トレンガヌじゃないけど、「裕仁」って屋号の家知ってる。昭和天皇の名前の、そのまんまやないか、、とか思うけど、

ともあれ、唐人街の洒落たレトロな家というのは、百年前の偉い人の商店である可能性が高い訳ですね、おろそかに見てはいけない。。その昔のお大尽、恐れ多くて気楽になんて前を通れなかったかも?

IMG_0203.JPG

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック