The Redang Telegraph

2017年07月26日

Chinese Cultural Festival @ KT 5 Shin Chew Daily 星州日報に載ったよ

Shin Chew Daily reporter came to me.

IMG_0307_1.JPG

唐人街の全國華人文化節、、、場所はKTことクアラ・トレンガヌ、、漢字で略して書くと瓜登。きっとクア・トウとか発音するのかなあ?最初、瓜?瓜?なんだろうとか思って辞書で調べてもわからないし、そのまんま瓜登って入力したら、クアラトレンガヌって、出てきた。そういうことか。

KTの華人の歴史を見て、大きいところから鄭和を見て、カピタンを見て、次は、、おお、媽祖娘娘ではないか、とか思っていると、後ろからそーっと近づいてくる美人が一人。こういう近づき方は、、だいたいその後、、「えーっと日本の方ですか?私も日本人です」とか声をかけられることも多いパターンで、てっきり、そういう声かけがあるかと思ってたら、、、?「観光客ですか?」

おお、こういうパターンは珍しい。私は新聞記者です、、、とのこと。

IMG_0297.JPG

で、このイベントの感想を聞きたいとのこと、もちろん暇な私は異論なし。逆に立ち話もなんだし、腰かけませんか、、と記者さんをイベントのセルフィー用花嫁席に案内して自分はちゃっかり新郎席に、、

IMG_0184.JPG

いろんな話を聞かれもしないのにダラダラ話して、、日本文化に溶け込んだ中国文化の話を「月に住むウサギ」と中秋の名月の話もして、媽祖娘娘に興味があるという話をして、えーっと、記者さんが質問する時間は短かった、、、すみません。写真を撮ってもらって、翌日の星州日報の東海岸版の一面、中央!中央!センターをゲットしてた。

IMG_0309.JPG

もちろん、本誌のほうは、このイベントの堅い記事、、星州日報はこのイベントの協賛をやっているのかなあ、いやに紙面を割いてます。

IMG_0300.JPG

3日間あって、私が行ったのは3日目。2日目はこんなイベントも雨の中やったらしいです。

IMG_0302.JPG

わあー、マレーシアで新聞に載った!が、今回が初めてではないし、、犬もあるけば棒にあたり、私が歩くと記者に当たるのでした。。。というか、あんたいったいどこで何しているの。そう、記者が興味を持ちそうなところが、私も興味を持ちそうなところ。。かもしれない。きっと私のブログは現地の新聞と同じぐらい情報を伝えているのでしょう(当社比)。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック