the MY Pantai Timur telepraph

2017年09月10日

Hakone 8 Train 撮り鉄?妖怪の住む先頭車両

Photogenic for Trains.

IMG_2129.JPG

いままで箱根には何度か行ってますが、いつも車。今回は家族が「ロマンスカーに乗りたい」ということでロマンスカーです。いいよねー、憧れのロマンスカーです。ベタかもしれませんが、箱根といえばロマンスカー。

今回わかったことは、先頭の展望車の一番前、、、は、、ちょっと見た目より大変。それは荷物を置く場所がないこと。もちろん、先頭部分は網棚もない。先っぽは流線形になっているので幅も狭い(というか、通路が狭い)し、前の座席との間隔も狭い。先頭に乗って「わあ!展望が効いて素晴らしいだろうな!やったー!」と思うのはきっと荷物の置き場所なんて考えない子供たちだと思う。間隔が狭くても子供だったら問題ないし、、先頭は「子供専用」と覚えておきましょう。でも、車両モデルによっても違うのかもしれない。

IMG_2007.JPG

しかし、旅先で列車の先頭を撮りたくなるのは何故だろう?
きっと先頭に魑魅魍魎がいて、カメラを持った人達を「ほーら、先頭にきてごらん。そして私の写真をとるんだよ、ケケケ」。妖しく誘う魔法があるのかもしれない、、この魔法にかかる人は多し。先頭車両の前には、魔法にかけられた人が一杯。もちろん、私も。カッパが子供を水に引きずり込むようなものですね。

IMG_2126.JPG




posted by NAOKI at 20:14| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。