The Redang Telegraph

2017年09月29日

Practics piece 練習曲選び

Selecting many for practice.

IMG_2579.JPG

この間の日本帰国でもバイオリンは常に身から離さず、

A2FA4F76-E827-49C3-B30F-BAAD46400A9E.JPG

、、とはいえ、毎日練習したとは言いづらい。でもせっかく苦労して持ち帰ったのに、練習しなければもったいない、、というもったいない精神の発露から練習(、を思い出した時にはした)。

0801FF79-2AD3-4509-825B-892831F2BAAC.JPG

そうして、マレーシアに戻って最初のレッスンの日。ジャスティンから5月と6月に受けたグレード試験のサーティフィケートをもらいました!やったー!というか、完全に忘れてた。だって9月の後半だよ?3−4か月も前のテストのことなんて普通覚えてないって。

IMG_2447.JPG

ジャスティン先生には日本で買ってきたディズニーの楽譜。

35CFA557-EF07-4570-BD94-6A08EFD42E0D.JPG

それはともかく、新しい学期の新しい練習曲を選ぼう!ということで、まず2曲。日本にいる間に練習していたのがビバルディの春だったので、

ジャスティン「ビバルディはいつの時代の人か知っている?」
私「うん、バロック時代!」(ブログにビバルディのこと書いた時調べたもん)
ジ「ほお、よく知ってたね。じゃあ、その次の時代は?」
私「知らん」

、、ということで、バロック時代の次のクラッシック時代の曲をやろうということで、アイネクライネナハトムジーク。モーツアルトですね、好きです。陰気なベートーヴェンの3倍は好きです。

ジ「モーツアルトはビバルディから100年後ぐらいの人です」
私「ほお、そらまたえらいことでんな」
ジ「クラッシック音楽というのはこの時代の音楽のことです。間違ってもビバルディはクラッシック音楽とは言ってはいけません。ビバルディはバロック音楽です」
私「うん、それは前にジャスティンが言ってたから覚えてる。でも、どれがクラッシック音楽かわからないけど」
ジ「ちなみにアイネクライネ・ナハトムジークというのは小さな夜曲という意味です。ナイトミュージックって発音似てるでしょ」
私「似てるというか、そのまんまやんか」

IMG_2456.JPG

もう一曲はその次の時代、、ロマンチック音楽にしようということでパラパラ私が買ってきた本をめくってたけど、見当たらないらしい、、、結局ジブリ音楽にしようということになった。ジブリ音楽とは、ジブリ映画にかかる曲のことで、それ以外はジブリ音楽とは言わないという、まるでバロック音楽に匹敵するような扱いを受けているのです。

ジ「ああ、これがいい。千と千尋の神隠しのこの曲にしよう」
私「すんません、千と千尋の神隠しの映画を観てないので曲に思い入れができません。別のにしようよ」

私は「エリーゼのために」の失敗から、嫌いな曲を練習する気は全くありません。次いで思い入れの無い曲もやる気がおこらん。ジャスティンも父親と同じぐらいの歳の私には強いことは言えません。これも齢の功ってやつでしょうか、、結局、もう一曲は魔女の宅急便から「旅立ち」となりました。これは見てるし好き。

ジャスティンは、すぐ趣味の話に話題が逸れます。自分が見たジブリ映画の中で一番好きなのは「火垂るの墓」で、あれを見てボロボロ泣き崩れてしまったそうです。私は彼ほどジブリ映画を観てないので、そっか、そうだよね、、という曖昧な返事。

そして必死に練習した甲斐あって、小夜曲は1週間で合格。そして今日、、、ついにビギナー憧れの「カノン」に到着、これをやりたくて練習してたといっても過言ではない。しかし、弾いてみても、ちっとも音楽に聞こえない、おかしいなあ、、

「あ、よく見るとCメジャーじゃないじゃないか、Dメジャーだね」、、というレベルの低い所で開始。

| クアラルンプール ☔ | Comment(0) | Music バイオリンと音楽と映画とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。