The Redang Telegraph

2017年10月12日

Flip a score レッスン史上、最大の難関。楽譜めくり

Flipping a music sore is VERY difficult.

IMG_2668.JPG

これまでに練習していた曲は短いです。せいぜい見開き2ページぐらいなもので、いかにもビギナーらしい長さでしたが、、、カノン、、、次のページまである、、

ついに来ました、譜めくり、、どうすればいいのか、、わからない。というか、わかったとしても必死で弾いているので、片手をあける暇がないです。それで、1週間、見開きページだけを練習して、次のページの練習をしてなかったら、ジャスティンから「さあ、その先も続けて」

IMG_2653.JPG

えーっと、と戸惑っていると、ジャスティンの白い腕が電光石火のように譜面をめくる。私には腕の残像しか見えなかった、、どうやって譜面をめくったのか全然わからん。オーケストラとかで、みんな普通にそれぞれ譜面をめくったりしているので、なんか簡単にやってるから楽なものかと思ってたけど、全然違う。譜めくりの特訓が必要。

次のページをコピーして見開きページの横に張り付けて、巻き物のようにしているビギナーの発表会をみたことがあるけど、あれを笑えない。私もああしようかと思ったけど、ここはやっぱり譜めくり特訓で乗り切れば、次以降が楽になるはず。がんばろう。

バイオリンを練習していると、思わぬところで落とし穴ってあるんだということがわかります。

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Music バイオリンと音楽と映画とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。