The Redang Telegraph

2017年11月24日

Trinity Theory of Music トリニティ音楽理論グレード2 日本は世界の一部で、日本と世界があるのじゃない!

Started for theory lesson for grade 2.

IMG_3547.JPG

昨日バイオリンのグレード3の課題の本がとどいて、来年の音楽理論2級と実技3級(初見、課題曲、スケール)の全部のテキストが揃った。。って、ふーーーっ、いっぱいあるんだねえ。とりあえず、実技より先に試験がある音楽理論から。これは!ほぼ1年ぶりの勉強で、これまで学んだことはぜんぶ綺麗さっぱり忘れてる!あまりの潔さに自分でもびっくり。実技は毎日練習するから良いとしても、音楽理論なんて100%テスト向けの勉強だし。ト音記号の書き方も忘れてた。

グレード1と違って、グレード2はいきなり難しい。でも、ネットで検索する日本語の教材は全く使えなくて、なんの助けにもならないのが大問題です。そもそも英語を意訳している。「ト音記号」は「G Clef」。英語圏では普通にABCDEFGなのに、日本ではイロハニホヘトらしい、ト音はG音、、、っていちいち翻訳する?マレーシアではGと学ぶし、テストもGだから、Gと覚えるしかない。<これって日本では「ト」なんだよな>とか手間かけて覚えるほど暇も記憶容量は大きくないので、日本語は全部無視。

もっというとドレミというのは英語の音楽理論では記載すらない。日本はイロハで、英米はABC。でもって、イタリアは固定ドレミらしいです。もっと言いたいけど、バイオリンではG線やA線の呼び名はドイツ語です。Gをジーを呼ばず(もちろん普通の国はジーと呼ぶ)、日本ではGをゲーと呼びます。ありえんでしょ?日本、英米、イタリア、ドイツ、、が全部ごっちゃ煮状態。

日本ではGをなんと呼ぶか?コードはGを「ジー」メジャーとか読んで、弦は「ゲー」線と呼んで、ト音記号の「ト」で、ドレミでは「シ」で、全部で4種類の呼び方。英語では、これらすべてが「ジー」の一つだけ。

ネット上の英語で音楽理論をみるとこんな感じ。ABCだけで、ドレミはない。固定ドレミは世界各国で使われている音楽用語だと思ったら大違い!イタリアやいくつかのヨーロッパの国で使われている用語で世界的なもんじゃない(やっぱ、世界的には英米が中心)。ちなみに、日本の西洋音階はイロハだよ、ドレミじゃないよ。

89C4563D-ED50-4B3A-83DC-2BECEA55DFFF.JPG

しかし、混在の問題もさることながら、漢字のつまらん加減が爆発。

Wikiで「調」を調べると、、いちいち漢字に括弧書きで英語が載ってる。それぐらいなら、日本語をやめて全部英語にしてしまえ!なんで、いちいち日本語と英語の両方が必要なんだよ。
「伝統的な西洋音楽において、全音階(diatonic scale)の音から構成される長調(major key)と短調(minor key)の2つの調が知られ、それぞれ全音階のドの音とラの音が中心音である(長調と短調の場合には、中心音を主音(tonic)と呼ぶ)。」

「C Sharp Minor シーシャープマイナー」、、というのは日本語で、「嬰ハ短調」というのだけど、嬰ってなに?(嬰はシャープのこと)普通の人は読めないよきっと、そこまでして日本語にする意味がある?って、普通にみんなシャープって呼ぶのに、エイ!なんて呼ぶ人いない。にもかかわらず楽典だけ嬰って!なにそれ!中国語??? ちがうよ!
ちなみに中国語は「升(昇)C小調」。(半音)上がる、C、マイナーの順。フラットは半音下がるから「降」。なるほど、中国から世界にでる音楽家も多いわけだ、嬰ハ短調なんかと大違い。大がメジャーで小がマイナーなんて分かり安すぎる。(ちなみに日本語でフラットは「変」だ。変だよ、変ロ短調とかいうんだよ)

日本語の楽典は漢字だらけで、真っ黒。もはや、なんというか、日本語の音楽理論は漢字の最後の砦と化している。もっと、分かりやすいように、Cメジャーとかって言い方しない?ギターなんて弾いてる人、みんなそう言ってるでしょ?日本で音楽理論やるなら、まず漢検2級は必須だね。

日本の音楽理論が漢字すぎる件。西洋音楽に日本の伝統など不要!西洋のやり方をそのまま取り入れればいい。マレーシアで音楽理論やるなら、英語一本やりしか選択肢がないです。

日本と世界があるのじゃなくて、日本は世界の一部なの!

いま、日本で一番忘れられているのがこれ!

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Music バイオリンと音楽と映画とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。