The Redang Telegraph

2018年01月22日

Surfin' season 2018 (3) チェラティンでのサーフィン

Surfin' @ Cherating

IMG_3187.JPG

FBにチェラティンの写真をアップしようとしていつも、、!、、と思うのは、チェラティンの位置情報が、トレンガヌ州に分類されていること。えーっと、チェラティン村はパハン州クアンタン郡に属して、トレンガヌ州のチュカイ市と州境を接しているけど、まぎれもなくパハン州です。ただ、あまりにもトレンガヌに食い込み過ぎてそう思われてもしかたないし、同じ行政区分の首邑クアンタン市に行くより隣のチュカイ市に行く方が近いです。言葉もトレンガヌ方言だし、、

チェラティンで有名なのは、、、特にありません。いや、それを言うならパハン州だって何にもないし、マレーシアだって微妙。まあ、地元ではバティック染が盛んです。

IMG_3165.JPG

こんな使い方すると、なんかいいよね、、

IMG_3164_1.JPG

ロングボード大会といえども、、、、特にサーファーの待機所なんてつくってません。自分のテントを持ってきている人はそこに入るけど、、

IMG_3199_1.JPG

いつもどおり、みんな岩陰の日蔭に入り、、、

IMG_5155_1.JPG

、、ただいつもと違うのはお店がでてる!後で買おうと思ってたけど、急な雨で店じまいして買えなかった。

IMG_5156_1.JPG

でも1軒だけ。そらあ、マレーシアはどこも素朴で、賑やかしいものはあんまりないです。

IMG_3448.JPG

アイスクリーム屋さんは、適当に何人も巡回にきてる。サーフポイントだけじゃなくて、チェラティンの普通の海水浴客がいるところと適当にまわっているみたい。


今シーズンからはお弁当屋さんも来てる、、

IMG_5150_1.JPG

朝ごはんでナシミニャを、、、

IMG_5151_1.JPG

いつもは、なーーーーんにもないサーフポイントだけど、大会があるとひとはいつもより多いし、お店もでてるし、晴れがましいです。あ、雨もさんざん降ります。私的には、、「サーフィンは雨の中でやるもの」というイメージ。わずかな晴れ間で写真をいっぱい撮らないと、いつも暗くてどんよりしたサーフィンの写真。

サーフィンを始める前は、、「サーフィン=青空の下」というイメージだったけど、今はちがう。、、、雨風た強くて天気が悪いと高波がでて良い感じ(サーファーにとって)になるんだよ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。