the MY Pantai Timur telepraph

2018年03月19日

Diving in Kuantan 2 正面からのアップに耐えられるサメはそんなにいない。だいたいはナマズ顔。体型もナマズ体型。

Shark around me.

IMG_5234.JPG

透明度は抜群に良いとは言えないけれど、まあ、そこそこ。特に海況が良くない日であれぐらいだったら良いというべきかもしれない。20m越えても明るくて自然光だけで写真を撮りました、、というか、ライトは充電が上手くいかず使えなかった。シーズンのはじめアルアルです。

、、というわけで青かぶりしたサメの正面からの姿。

IMG_5187_1.JPG

サメというとシロワニとかホオジロザメとかみたいに紡錘型したカッコいいサメを思いうかべる人が多いと思いますが、ほとんどはナマズ体型です。顔もナマズです。ナマズの最たるものはジンベエザメ。彼の姿を上から見た人は、「え?オタマジャクシ?ちがうか、ナマズか。なるほどオタマジャクシはナマズの孫ではないのか」という思います、、が、オタマジャクシでも、ナマズでもなく、サメです。オタマジャクシはサメの曽孫かもしれません。これはコモリザメといって大きくなると3mぐらいになるそうですが、赤ちゃんなので30センチぐらいです。

このサメがゴロゴロしている岩の間で、エビを発見。サメもそうだけど、エビも全く人見知りしません。逃げないのです。ここがどれだけ人跡未踏の地なのか?

IMG_5249.JPG

アジの群れもいましたが、、、これも逃げないです。というか、ダイバーに好奇心旺盛に近づいてきて、写真を撮らせまくりです。ありがとう。ともかく、魚影は濃い。

IMG_5220.JPG

水底はかわったソフトコーラルの群れ、、

IMG_5276.JPG

レダンでもテンゴルでも見たことないです(たぶん)。

IMG_5256.JPG

そして、アオリイカの卵、、おお、こんなところに、、

IMG_5280.JPG

posted by NAOKI at 23:27| クアラルンプール ☔| Comment(0) | Scuba Diving ダイビング部 マレーシアと紅海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。