the MY Pantai Timur telepraph

2018年03月20日

Diving in Kuantan 4 Muck Dive Scuba Kuantan 今回、おじゃましたダイビングショップはこちら。しっとりとした大人のダイビング。若者が騒ぎたい、、という雰囲気は?みあたらない。

I really enjoyed very much. Thank you all

IMG_1644_1.JPG

今回ははじめてクアンタンの地元でのダイビング。なんといっても近い!日帰りが楽!マレーシアに来て、これほど楽だったダイビングはありません。KLからでも日帰り可能ですね。

RIMG3227_1.JPG

ダイビングショップはバロ海岸にあって、

IMG_1643_1.JPG

IMG_1281_1.JPG

そちらには寄らず直接船着場に行きました。

IMG_2146_1.JPG

ショップと船着場は車で10分ぐらいだと思うけど、けっきょくショップは寄らず。前にバロ海岸であったウィンドチャレンジのイベント受付が置かれていたところにあったダイビングショップ。

IMG_1641_1.JPG

IMG_1638_1.JPG

良いところは、全くアクセスの良さ。ハイウェイではJaborの高速出口をでると便利。Kuantanからだと町の中をとおるので時間がかかると思う。そして、ボートのクルーとサポートとガイドさんの家族経営的なこじんまりしたショップだけど、とても良くダイビングを知ってること。ダイビングボートが安全で信頼できるというのはかなりの強み。

RIMG3224_1.JPG

ダイビングの本場レダン島とかでもダイビング中のストレスはある。ストレスの9割はボートクルーによるもの。で、そこらへんの漁民の兄ちゃんが安いバイトで雇われて毎期人が変わるし、でゴミを海に投げ捨てたり、荒い運転したり、スピードだしたり、ダイビングが全くわかってないからダイバーに船をぶつけそうになるし、ダイビングショップも注意しないし(船頭の数が少ないから文句をいえないのか?)。

でも、このクアンタンのダイビングは、とっても船の取り扱いが良くて、年配の落ち着いた船頭さんというのも評価が高いし、船頭さん自身がダイバーでダイビングを良く知っていいるのがよくわかる。ボートクルーへの信頼性というのが、ボートダイビングではダイビング以上に重要だったりします。

難があるとすれば、船着場に直行なので機材洗いをすることができないこと。体も洗えません。ウエットスーツを車のところで脱いで、そのまま着替えて運転して家に帰る、、ことになる。だから、ワンクッションおきたい人は、バロ海岸にはリゾートホテルもあるし、民宿もあるからダイビングが終わって、そこに戻って、シャワー浴びたりするのがいいかも。一緒にダイビングを楽しんだグループはKLから来てたけど、戻る前に一旦民宿に戻って落ち着いてから帰るって行ってた。ダイビングショップもリゾートの中にあるし。

IMG_1290_1.JPG

ああ、あとは船に弱い人はやめたほうがいい。3本終わるまでビーチに戻れません。朝出たら終わるまで船上です。

ともあれ、楽しかった。あんなサメばかりがいるところがわが町クアンタンの沖にあるとは知らなかった。

RIMG3282_1.JPG

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。