the MY Pantai Timur telepraph

2018年04月06日

First Redang in 2018 (6) みんな大好きシャロンストン。マクロ天国で、エビ系の宝庫。基本砂地でサンゴがないので、ブダイがいない。ブダイがいないと、とっても穏やか。

Sharon Stone, Macro Heaven @ Redang

IMG_5578.JPG

レダンのボートダイビングといえば、大物狙いの島の南端と北端。しかし、大物がでなかったときは、「なんにもない」という当たりか外れかの究極の2択の場所。しかし、大物運の無い私にはリスクが高すぎる、、私でも外れがないのがシャロンストン。透明度はいまひとつだけど、マクロ天国。

IMG_5560.JPG

エビやウミウシが一杯います。なぜって、ここは基本底が砂でサンゴはないので、、海の荒くれ者こと、ブダイがいないのです。ブダイがいないと、サンゴは安心できるし、ブダイに食べられてしまう小さな生き物も安心して暮らせるというわけです。

IMG_5580.JPG

珍しいサカナもここにいます。いつもいるヘコアユ。いつも通り写してもつまんないので、白黒モード。

IMG_5601.JPG

それに生まれて初めて見た、、イトヒキアジ。とっても珍しい(というか、私ははじめてみた)のですが、珍しくない人にとってはどうでもいいようなものだそうです。私はたいそう興奮したのですが、「あ、そう」みたいな、張り合いの無い返事。ワイド系は透明度が悪いので、いまひとつな写真。

IMG_5637.JPG

ともあれ、ササラエビの巣の奥にはなぜかウツボが二匹、、、

IMG_5584.JPG

近寄ると、別の種類のエビがウツボの口の中を掃除しているのがわかります。クリーニングステーションというのが、シャロンストンの役割です。

IMG_5586.JPG

砂浜にポツンとある岩礁。赤ちゃんバラクーダとか多いし、いろんなちいさい生き物の住処です。

IMG_5541.JPG

レダン島で潜るなら、最大の人気スポット、シャロンストンは外せないです。

posted by NAOKI at 23:55| クアラルンプール ☔| Comment(0) | Life overseas マレーシア生活とアラビア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。