the MY Pantai Timur telepraph

2018年04月18日

New Bridge for violin バイオリンの駒を新調、、って、こんなに大変とは思わなかった。時間もかかるし、根気もコツもいる。シロウトができるものじゃない、、

New bridge fixing


IMG_2812_1.JPG

バイオリンの駒が届いたけど、それだけじゃあ、いかんともし難いことが判明。だって大きさが全然違うので、削らないといけない。しかも、どうやって削るのかは全然見当もつかないのでジャスティンにお任せです。


IMG_2799_1.JPG

まずは、いろんな道具を用意して、

IMG_2807_1.JPG

ちゃちゃっと全部の弦を外して、テールピースもとっぱらう。

IMG_2808_1.JPG


そして、そこらへんに無造作に置く。え!バイオリンの中には魂柱と呼ぶ、バイオリンの魂があって、それは弦を取ると倒れるので注意が必要という説明を以前に訊いたことがあるけど、、、そんなに無造作でいいのか?と思ったけどジャスティンは別に気にしてるようすはないので、いいみたい、、そんなもんか?ともかく、駒削り、、カンナです。

IMG_2804_1.JPG


思いっきり削っていき、、

IMG_2798_1.JPG


足も削る、、なるほど、こうやるのか。

IMG_2811_1.JPG

けっこうきつめにやってるので魂が抜けてしまわないか心配、、そして全体も紙やすりで綺麗にして


IMG_2805_1.JPG


弦の溝を切る、、これは特別な治具がありました。でもこれは一番最後。まだまだ出番じゃないです。

IMG_2814_1.JPG


これでできあがり?いや、まだ、ぜんぜん、、また紙やすりに戻る、、

IMG_2809_1.JPG


ここまででけっこう時間がかかってる、、見てるだけだけど大変。

IMG_2818_1.JPG


まあ、こんなものみたいです。音は変わったのかしらん?

IMG_2793_1.JPG


ジャスティンが言うには音は変わった。たしかに私が弾いても変わったのはわかる。でも、どうゆうふうに変わったかわからん。ジャスティンが言うには、「音は暖かさが増して、きれいな抜けるような音になった」とのこと。えーっと、それって全く同じことを最初のバイオリンから2番目にバイオリンに変わるときに言われた。もしかしたら、いつでも同じこと言ってない?

IMG_2816_1.JPG


まあいいや。駒が良くなって、音が良くなって嬉しいです。ただ、足が少し浮いているところがあるので、もうちょっと削らないといけないらしい。まあ、これでもいいんですけど?


| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Music バイオリンと音楽と映画とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。