the MY Pantai Timur telepraph

2018年06月27日

Jurassic World 久しぶりに見た映画がジュラシックワールド。ずいぶん昔になったけど、ジュラシックパークの小説を読んだときの感動は忘れてない。ジュラシックパークの映画?うーん、小説の補完として助かった。それから、、なんだか通俗趣味の映画になったよう。

When I read the NOVEL version of "Jurassic Park" long before, I was so excited. Now, Jurassic World movie,,,ummmm. just entertainment.

IMG_4508.JPG

おそらくマレーシアで見る、一番最後の映画となるだろう、、ジュラシックワールドの新しい版。
まずは、チケットを買って、、お値段は換算すると250円ぐらい。

IMG_4523.JPG

、、ふと気がついた。他に誰もいないチケット売り場。そう、田舎町クアンタンといえど、半島東海岸最大の都市(都市といえれば)。最近も新しいショッピングモールができ、そこにはきれいな映画館がある。時間は田舎町も都会と変わらず流れ、昔のショッピングモールはすぐに寂れ、新しいショッピングモールに人が集まる。。。ということで、私のアパートの目の前の、時代を感じさせる古びたショッピングモールの映画館は人気がない。この場合、「ひとけがない」と読んでも「にんきがない」と読んでも全く一緒。好きなほうでいいです。

IMG_4509.JPG

なんか、広告トレーラーをいっぱい見たからすっかり見た気になっているジュラシックワールド。ふつうに面白かった。
でも、最初にマイケルクライトンの小説「ジュラシックパーク」を読んだときの鳥肌が立つような興奮は、、もう、遠い過去。小説はすごかった。映画は、小説をはしょりすぎて、小説の興奮はなかったけど、小説ではいまひとつイメージできなかったところが、すんなり入ったりして、それはそれでよかった。

しかし、そっから、、劣化がはじまり、、、いまでは、ただのエンターテイメント。
なんか、鳥肌が立つようなところはないです。

おっと、昔は良かった的なことは老害の一歩。昔が良かったというときはよっぽど再考しないと、ただの老人の繰言になるのだけど、やっぱりどう考えても、そういう気がする。ま、いっか。映画は映画で小説とは違って楽しめばいいのだし、ジュラシックワールドはジュラシックパークと違っうものと思えば、それはそれでいいか。。。を割り切りたい。でも、映画にはしつこく昔の作品のオマージュみたいなのがでてくるし、作る側も割り切って新作にしてしまえばいいのに。

ええい!
まあ、いいや。映画館はPCのモニターにはない味わいがあるし、音響もいい。後ろのカップルがずっとしゃべり続けるのも、まあ、映画館ならではのアクセント。気にしてはいけません。後ろのカップルの携帯電話が鳴り響き、あわててスイッチを切るかと思いきや、そのまま応答して、電話の会話を楽しむというのも、映画館ならでは、、、?うーん、「マレーシアの映画館」それも我が田舎町ならではの風情ですね。まあ、それも風情の二文字で乗り切りましょう、DVDとは違うのです。

IMG_4518.JPG

ポップコーンはおいしかった!

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Music バイオリンと音楽と映画とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。