the Gn. Muria telepraph

2019年03月02日

Kitami Fureai Park 私がここに家を買った理由の一つは、「きたみふれあい広場」が近くにあったから。それぐらい入れ込んでたのに、すぐ近くなのにもう10年以上足を踏み入れたことがなかった、、。遊具がすこし変わってた、、、ちょっと寂しいね

Visited Kitami Fureai Park

IMG_9024_1.JPG

きたみふれあい広場、、、人によっては、公園ともいうけど、場所は小田急喜多見駅のすぐそば、しかも、小田急の車両機関庫の上につくられた、超人工的な公園なのですが、野川緑道と一体化しているせいで不自然感はありません。

IMG_8736_1_1.JPG

IMG_9026_1.JPG

えーっと、都立野川公園というのと、世田谷と調布の野川緑道というのと、狛江野川緑道というのとは、別物です。野川公園は調布の北部、小金井市や三鷹市も一部含めた公園で、かってはICUのゴルフ場だったところです。狛江野川緑道というのは、旧野川河川敷跡を整備して散歩道にしたもので、野川と名前がついていますが、水はながれていません。その狛江は今の調布と世田谷の野川緑道のことを「新野川」の「新野川緑道」と呼んでます。つまり、狛江の野川緑道は本家本元で、今の野川なんて河川改修工事によってできた「新」野川だと不満なようです。気持ちはわからなくもない。長い一級河川なので、同じなまえで、あちこちにあるもの、、なんです。

IMG_8735_1_1.JPG

きたみふれあい広場は、家を買ったときに、、「わあ、こんな広場があれば子供と遊べる」と思って、家を買った大きな要因だったのですが、、子供が成長するのは早く、私は日本にいなかったし、、、、もう、この広場の存在すら忘れかけてた。でも、いま改めて、家の周りを散策すると、、この公園の重みは忘れがたいものがあります。

IMG_9028_1.JPG

はっきりいって、これといった特色のない広場です。あえて公園とよばず広場と呼んでいるのも納得。ここでゴム動力の飛行機をとばしたのは20年前のことです。ふーーーー、、

IMG_9033_1.JPG

池があります、、、

IMG_9031_1.JPG

なつかしいなあ、、

IMG_9032_1.JPG

IMG_9030_1.JPG

花壇には色とりどりの季節の花、、

IMG_9025_1.JPG

IMG_9027_1.JPG

IMG_9029_1.JPG

花ばかりでなく、植木もきれい、、

IMG_9034_1.JPG

昔は砂場にショベルカーのアームがあって、ちょっと大人でも遊べるぐらい面白かったのですが、、今はありません。
追いかけっこをする、、飛行機をとばす、、えーっと、ともかく何にもない広場で楽しめるものはそれほど多くないけど、こども達にとってはとっても楽しい場所でした。

IMG_9035_1.JPG

冬だからか、なんか寂しい雰囲気になっていますが、春になるともっと賑やかになるのでしょうね。

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。