the Gn. Muria telepraph

2019年03月16日

「生き残るのは最も強い者でもなく、最も賢い者でもない。最も変化に適応できる者だ」で、日本の労働環境をみると絶滅種への道をひた走るかのよう?みんなは、結局、不満は言うが、変化したくないのだ、、結局。

"It is not the strongest of the species that survives, nor the most intelligent that survives. It is the one that is most adaptable to change.” (Supposedly from Origin of Species , this one is all over the web (and even in a stone floor) but is from a management studies text.)

生き残るのは最も強い者でもなく、最も賢い者でもない。最も変化に適応できる者だ」、、といったのは、ダーウィンの「種の起源」ではなく、別の本です。だけど、言いえて妙だと思う。

日本の労働環境は、、私が新人だったころから、今にいたるまでちっとも変化がないと言い切りましょう。もちろん、若干の進歩はあるし、変化はある。たとえば、週休2日制なんて昔はなかったし、タバコなんてみんな自席で吸ってた。やたら会社行事も多かったし、今だったら間違いなく人権問題に引っかかるようなこととか、体罰みたいなのまであった。しかし、そんなものは、小さいこと。

人によっては小さい変化が積み重なって大きな変化になると思うかもしれないけど、公務員がボールペン代に公費を使わず税金を節約しても、1機101億円のF35戦闘機を141機買って1兆3千億円の税金出費で、そのF35の維持費が60年で120兆円になる、、とかの前にはポールペンの節約など、、、、、、、まったく無力なのと一緒。ちいさい積み重ねは、根本解決とは無関係なことが多いし、日本の労働環境もいっしょ。小さな変化は、とても抜本的な変化につながらない。

何が、むかしから変わらないかというと「変化を嫌う」ということ。つまり、最初に挙げたダーウィンの言葉とされる「生き残るのは最も強い者でもなく、最も賢い者でもない。最も変化に適応できる者だ」からいうと、生き残らない道をひた走りに走ってる。なぜ、そんなバカなことをしているかというと、自分はとっくに死んで、絶滅の時に立ち会うのは自分じゃないから、自分さえよければ後の人のことなどどうでもいい。。。という発想に基づいているからです。変化するのはメンドクサイしそんな時間はない。

これをある人はガラパゴス化って言っているけど違う。ガラパゴスは環境に最適になるように変化していった結果であって、変化してないわけじゃない。でも、日本の今の状況はひたすら変化しないことにこだわっている。

新卒の一括雇用、、で、就活という言葉がとっても大学生には重要視されているけど、昔はここまでの聖域扱いじゃなかった。でも、これは環境に合わせて、変化したんだよ?わるいけど、違う。これは、結局、後退でしょう。そもそも、新卒の一括採用というのが「よそのやり方をしらない白紙みたいな状況で来てもらって、うちの会社色に染めたい」=会社のやりかたに変化をもたらせたくない。だから。

それに「体育会系」というのも、実際に運動をやってたというより、先輩後輩の序列を守り、監督やコーチの言うことは絶対命令で、新人は自分の意見をいったりするのは論外で、まわりの空気を読んで個性を控えろ。。。ってことだもん。運動とは全然関係ないところ。で、やっぱり、これも、、会社のやりかたに変化をつけるな!会社のやりかたに従え!ということ。

もう一度言おう、、「生き残るのは最も強い者でもなく、最も賢い者でもない。最も変化に適応できる者だ」。

私たちは総員玉砕、日本終了。。という任務を持っているわけじゃなくて、いまあるものをより良くして後の世代に引き継ぐのが役割でしょ?だったら、恐竜が鳥になるぐらいのダイナミックな変化が必要なんだけど。。。恐竜のまま死に絶えた方がまし、、という人、、多すぎ。
特に驚くべきことに、変化の主役たる若い人(たぶん)が、社会の色に染められて変化したくない傾向だし。自分が今の若い社会人を見ると、自分が新人だったころの先輩とおんなじにみえる、、のがすごいところ。まったく変化なし。

まったく、こんな、すごい世の中をみることになるとはおもわなかった。こういう話をすると必ずでてくる、こんな世の中にしたのは、あんたたちだろう?という人には、こう言いたい。

「変化を嫌う大人社会の同調圧力なんて、大昔からあった。今に始まった話じゃない。けど、いつの時代でも、そんなのクソくらえという人達が時代を変化させてきたのだけど。今はクソくらえというより、ゲームしながら精神的引きこもりになったほうがいい世の中。変化を嫌う世の中への消極的同調なんだよ」


| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Social Environment 社会と職業の部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。