The Redang Telegraph

2019年03月24日

SAUDARA department store ジュパラ最大(と思う)デパートはサウダラと言う名。そもそも、日本に比較するようなデパートがないのだから言いようもないのだけど、まあ、かわいらしい。

The only and biggest department store in Jepara.

IMG_0013_1_1.JPG

正直なところ、ジュパラは田舎すぎてなんにもないのですが、それでもジュパラ県の県庁所在地。そして、ジュパラ県は人口100万人の県で、けっして小さくはないのですが、、、田舎すぎる。でも、デパートはあります。

IMG_0010_1_1.JPG

その名は、こちら。

IMG_0280_1.JPG

総三階建てで、地下はない。入ってすぐ正面は化粧品や装身具。それに高級喫煙具があったりして、日本のデパート正面と似たような感じだけど、、美容員のお姉さんが入口まで張り出してきて、クリームを塗ってパンフレットをくれます。美白クリームで同じようなのはマレーシアにもあったし、強引さもマレーシアとほぼ同じ。入口から入ってくる人は全員クリームを塗られないと中に入れない雰囲気があります。もう、この間塗られたから、勘弁ね、、といいたいのだけどお姉さんたちは頑張ります。カメラを向けるとポーズもとってくれます。

IMG_0012_1_1.JPG

支払い方法はマレーシアの百盛とかと同じ、、カウンターで欲しいと店員さんに言うとバウチャーを書いてくれて、キャッシャーで支払い、その支払いをもって商品を受け取る方法。閉架式図書館と似たようなものと思えば、そう遠くないかも、そもそも、スーパーマーケットで「各人が買い物かごに商品を入れる」という方法が確立する前は、みんなこうだったはず。日本でいうと「主婦の店ダイエー」がスーパーを始める前のやりかただと思うけど、、、正確にはよくわかりません。

IMG_0008_1.JPG

陳列棚やキャッシャーやショーケースの枠とかが木でできてるし、3階まであるけど階段しかないとか、まあ、こういうのは仕方ない。デパートがあるだけでも、たいしたものなのです。

1階:化粧品、カバンやハンドバック、喫煙具、、が手前で、奥がスーパーになってる。
2階:半分が女性服、半分が男性服
3階:プラスチック製品や食器、調理具、、それに靴と伝統衣料品

外は、、屋上がなくて、地上の前庭だけ、、もちろんちびっこの大好きなのがある。

IMG_0279_1.JPG

それと、ATMが各社でそろっているし、、駐車場もある20台ぐらい収容できると思う。

IMG_0011_1_1.JPG

デパートの食堂、、私は今日のお昼はここでいただきました。メニューをみるとバラエティがある。ローカル風ファーストフード店と言おうと思えば言えないこともない。

IMG_0282_1.JPG

その横が軽食、、スナックですね。土地のお菓子を作って販売。今川焼のアンコのないようなやつとか、いろいろ、、

IMG_0284_1.JPG

小さなお店にはないものがあるので重宝して、ここ2日ぐらい通い詰め。あちこちのお店を回らないで、ここだけで済むものが多いというのも助かります。ただ、決して、日本のデパートと比べてはいけません。日本のデパートは、あれはあれで世界でも突出して進化を遂げたもので、世界標準でないですから。

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Indonesia life インドネシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。