the Gn. Muria telepraph

2019年05月25日

Old Qiblah was wrong direction これはほんの7年前の出来事。古いモスクのキブラがGPSで間違っていると分かった時、どうなったか

Re direction of qiblah after using GPS

IMG_3701_1.JPG

ドゥマにある大モスクは、ワリソゴの一人、スナンカリジャガが建設したというインドネシア指折りの古刹です。建設は1479年と伝えられています。なるほど、、で、聖人カリジャガはワリソゴ9人のうち、一番目立つひと。ほかは、ほとんどコピーとしかいいようもないけど、カリジャガさんだけは、黒い帽子で目立つ、、、

IMG_1084_1.JPG

えーっと、カリジャガ聖人についてはともかく、この大モスク。建設当時、、つまり15世紀にはGPSはありません。コンパスがあっても、地図がないから、、、モスクの一番重要な、、、キブラ(メッカの方向)は、「カリジャガさんの決めた通り」。

IMG_0412_1.JPG

この方法で、問題ありません。キブラがはっきりしないときは、任意にキブラを定めてよし、、というスンナがあるからです。そりゃそうだ、イスラームの起こった当時、、つまり、日本だと聖徳太子がいたような時代に遠く離れた場所の位置関係なんでわかるほうが無理。

、、、ということで、カリジャガさんがきめたキブラのある、ドゥマの大モスク。。。の一件が本に書いてありました、、

IMG_3700_1.JPG

そりゃもう、今や普通にスマホのアプリでキブラの方向が簡単にわかる。600年前に、えいや!できめたキブラの方向が、、GPSでわかるキブラの方向とかなりずれていることがわかりました。こんなときどうするか、、ということで2010年に、、「昔、てきとうに決めたキブラの方向は、GPSでわかったキブラの方向に改めなさい」というフトゥワがでました。

IMG_0422_1.JPG

、、ということで、このモスクのキブラも現代技術で判明したキブラにあわせて、絨毯を引き直すことにしました。まあ、これについては、「キブラは任意で良い」というスンナを盾にとる一派と、フトゥワもでたことだし「メッカがキブラなんだ」というあたりまえのことをいう一派に分かれて論戦となり、えんえんと決まらず、、ある日、メッカがキブラ派が絨毯を正しいメッカの方向にあわせて引き直しました。

これにたいして、守旧派は、「昔、こちらがキブラと決めたのだから、それでよいのだ」と大不満。その根底には、聖者信仰、、つまり、このモスクはカリジャガ聖人が建てたことで名を馳せているうえ、キブラは聖人が決めたのだから、それを変えるとは不届きだ。聖人に対して、どう申し開きをするのだ!、、

そして、守旧派は、キブラを変えた8か月後のある日、、一斉に乗り込んで絨毯をもとの場所に引き直した(つまりキブラをもとに戻した)、、という事件を起こします。これは、2012年でいまから7年前。まだまだ、耳目に新しいし、いろいろと研究もあります。

ISTI’DAL; Jurnal Studi Hukum Islam, Vol. 1, No. 1, Januari-Juni 2014, ISSN: 2356-0150 41
KONTROVERSI FIQH KIBLAT; STUDI KOMPARATIF ATAS FIQH-MITOLOGIS DAN FIQH-FALAK DI MASJID AGUNG DEMAK
Ahmad Munif UIN Walisongo Semarang Email: munif060386@gmail.com

This article intends to explain the controversy of the direction of qibla that occurred in the Great Mosque of Demak. Through this library research it is found that there are two groups concerning about this qibla. This difference of opinion is based on the difference of thought; one emphasizes the science-astronomy, and the other consider sociomythological more. Although all of them state both fiqhiyyah and astronomy arguments, but because they use different accentuation then there is different results. The first group wants qibla direction of the mosque changed based on scientific and academic calculations. The second group determines that the qibla of the mosque remains as before on the basis that the existing qibla direction was also scientifically calculated hundreds of years ago. In addition, the person who did it also has the esoteric-metaphysical dimension. Finally, based on this consideration, the qibla direction remains same like before.

大変興味深いし、ほかの古いモスクは、いったいどうしたのだろう。

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Islam and Haj 2010 メッカ巡礼とイスラーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。