The Redang Telegraph

2019年12月04日

Saltpan in December 12月の塩田。雨季に入ったけど塩田はどうなっているのだろう?

visited Salt farm @ my town, Jepara

IMG_1015_1.JPG

ふつうに考えると、天日乾燥の塩田なんて、雨季に入ると、、どうしようもないんじゃない?
でも、まだ雨季に入ったばかりだから、やってるかもよ?
、、ということで、塩田にレッツゴー

塩田は私が勝手に「スナフキン橋」と名付けた橋ぐらいから、ドゥマ市にかけてずっと続いている。

IMG_1009_1.JPG

あれ、なんか違う場所に来たかなあ?風景が違う、、

IMG_1012_1.JPG

わかった、塩小屋がなくなってるんだ、、解体されて黒シートで覆われているもの、、

IMG_1027_1.JPG

解体されてないけど、雨除けのためビニールで新しく覆われたもの、、

IMG_1026_1.JPG

雨水が入らないようにドロを嵩上げして、排水溝を掘り、屋根は支えを加える、、あんがい、こういう小屋には人が住んでるのかも。

IMG_1023_1.JPG

塩小屋からは、まだまだ塩の出荷中。

IMG_1018_1.JPG

IMG_1016_1.JPG

それで、塩田は水浸し?、、な、ところもある。

IMG_1011_1.JPG

行き止まりにしているところもある、、

IMG_1013_1.JPG

でもねー、まだ、塩作ってるところも多い、、

IMG_1031_1.JPG

塩のかごもまだまだでてる。たぶん、塩田の半分ぐらいでは、まだ作業中なんじゃないのかな。

IMG_1020_1.JPG

雨季にはいって2ヶ月目、、12月の塩田でした。

IMG_1019_1.JPG


| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Indonesia life インドネシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。