The Redang Telegraph

2019年12月18日

Sunan Muria on 7th April 2019 (1) スナンムリア、、おそらく10人が10人とも、ワリソンゴの廟で一番記憶に残るところだというはず

Visited Makam Sunan Muria 8 months ago.

IMG_1200_1.JPG

最初に行ったスナンムリアの廟。記事にしてなかったので、写真を探したのだけど見つからない?あ、あった。4月7日、、なんと8ヶ月前のこと。そして、このときは、ワリソンゴ全員の廟を周るなんて全然思ってなかった。

このスナンムリアの廟は、おそらくワリソンゴのグランドスラム達成者なら10人が10人、全員が口を揃えて「一番すごかったスナンの廟」というはず、なんせ、ムリア山という標高2000m近い山のほぼ1000m地点。。。しかも、最後の8合目ぐらいからは徒歩でしか上がれないという、なんてとこ!な場所です。スナンムリアの廟が一番最初だったのは、良かったのか悪かったのか、ともかくその後8人の廟を周る際にいちいち記憶に影響を与えています。

クドゥスから山道になって、

IMG_1088_1.JPG

バイクを駐車場に置く。そこらへんの路駐すると、坂道でバイクがひっくり返ってしまう。ともかく、平坦なところが全然ない道路。だから、駐車場も、山肌を削って平たくしたところが、あちこちにある。

そして、スナンムリア廟の入り口、、すごそうでしょう、、すごいんだよ。

IMG_1203_1.JPG

驚くことに、参拝客の多いこと。ほんとうに9人の中でもトップクラスの参拝客の多さ。ちなみに、一番少なかったのはスナンカリジャガ。
なんで、こんなに多いのかわからないけど、わかるのは、

お参りがハードなほど、ご利益が多そう

という感覚。こんなに大変な山登りしたんだもん、何かご利益があっても不思議じゃないよね、、みたいな感じかな。ともかく、登るべし。

IMG_1145_1.JPG

これがまた、坂道じゃなくて、延々とコンクリートの階段。しかも、高さも幅も一定してなくて、人間工学に全く基づいてない。

IMG_1141_1.JPG

もちろん、お店には杖を売っている。

IMG_1137_1.JPG

本当に疲れる、もう、何回休息所に入ったかわからない、、

IMG_1153_1.JPG

頂上からみたところ。

IMG_1149_1.JPG

登っている最中から、足はパンパンに腫れ、本当にこの足で家まで帰れるのか?いや、その前に、そもそも、スナンムリアのお墓まで登れるのか?わからん、、こんなにきつい参道な山道は、ワリソンゴチーム唯一。ありえん、息もすっかりあがってしまってしまった。

ともかく、スナンムリアの墓にたどり着くまでは頑張らないと、、、暑いしね、、ほんと、汗だく。

IMG_1101_1.JPG

しかも、この参道は他の8人とは大違い、本当に全く違っていた。山道だ、というだけでも唯一なのに、そんなもんじゃない

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Wali Songo ワリソンゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。