The Redang Telegraph

2020年01月14日

Banyuwangi 1400km (3) 国立公園の中と外。アオエリヤケイって?漢字で書くと青襟野鶏。漢字じゃないと、一瞬ではわからない。

still in national park

IMG_2964_1.JPG

サバナ以外のアラスプルウォ国立公園。本当に広くてバイクで移動しても、随分あります。
公園内の道路はこんな感じ、、

IMG_2979_1.JPG

ここは海岸に近い低地で、小川が無数に流れているところ。湿地帯といってもいいぐらい。
そういうところで、あ!キジ!

IMG_3066_1.JPG

いや?キジにしてはしっぽが短い。なんだろう?ということで調べたら、Green Junglefowl アオイロヤケイ 青襟野鶏という鳥でした。最初?青色夜景?ブルーライトヨコハマか?とか思ったけど、感じをみて納得。ちなみに、野鶏で一般的なのは赤襟野鶏なのですが、そっちはわりと地味ないろ。青色はとっても派手でいい感じ。

IMG_3062_1.JPG

こうして、国立公園の中をぐるぐる周るのだけど、その国立公園の周囲はきれいな棚田。法面に草が生えてなくて黒々して、とっても清々しい。

IMG_2951_1.JPG

しかも、雨期がはじまったので田植えの時期。みんな集まってる、、、

IMG_2944_1.JPG

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Indonesia life インドネシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。