The Redang Telegraph

2020年06月08日

vintage 物置を掃除すると、でてくる。捨てるに捨てられないもの。

I cannot throw but cannot store.

IMG_8849_1_1.JPG

マレーシアにいる間、私の日本の荷物はレンタルルームにいれています。
エアコン付きなので、皮のライダージャケットやライダーパンツ、それにライディングブーツもカビが生えません。ありがたいことです、、が、もうバイク持ってないんだけど、、、ま、いっか。

できれば、レンタルルームを全部空にして、もう毎月お金を払うのは止めにしたいのだけど、掃除すると次々にでてくる、、捨てるに捨てられないもの。たとえば、古いパスポート。
どうせ、無効になってるのだし、捨てても全然平気なんだけど、いっときはそれらが命の次に大切だったりしたものだし、無効になったからといっておいそれと捨てられるものではないです。いや、本当は捨ててもいいのだけど、断捨離だね、むずかしいけど、、

それから、予防接種証明書。
破傷風、狂犬病、肝炎、コレラ、、、最近は打たないけど、昔は渡航のたびに打ってた気がする。日付をみるとどれも20年以上たってるので、体内に効果が残っているのかは微妙。捨てられないというか、また新たに打つときこれを持っていけば、次の欄にハンコ押してくれる。
スタンプラリーのように、途中までやってると、なかなか捨てられない。

IMG_8851_1_1.JPG

それから古い紙幣。これが難物中の難物。
旅行の後に財布に残っていたお金をてきとうにそこらへんの封筒に入れていたら、厚みが15センチぐらいになるまで溜まった。しかも、きれいなお札じゃない!どれも使ってたのがそのままなのでボロボロ。半ば破れたのもある。
お金だから捨てるわけにはいかない!ちゃんと使えるのかどうかわからないけど、どうなんだろう。40年ぐらい前からのお金があるから、一部はすでに骨とう品レベル。両替商にもっていってちゃんと両替してもらえれば、全部両替したい。でも、むりだろうなあ。
いろんな国のお金で、20か国ぐらいある、、、

そもそも、少額紙幣ばかり。1枚でだいたい1円相当ばっかり。なかには10枚でやっと1円になる通貨もあるし。。。財布に残る紙幣なんてだいたいそういうものなんだよ、、

IMG_8957_1.JPG

そして、ダイビングのCカード。個人の歴史であると共に、、、カード進化の歴史でもある。最初は紙にプリントアウトしたものを写真とともにパウチにしたもの、、それが、プラスチックになって、、、、と、ここ30年ぐらいの「カードの進化」をビジュアルでみることができる。
ダイビングのカードだから捨てても、その気になれば再発行だってできるけど、昔の製法では再発行してくれない。

IMG_8898_1_1.JPG

そして、ダイビングのログブック。
最近は電子ログもあってペーパーレス化が進んでるけど、私は生まれて初めての最初のダイビングから、ほぼすべてのダイビングを網羅して現在のまで持ってる。ログブックはつけないと、そうとうな損。そもそも、パディではログブックをつけることは基準の一つだしね。

IMG_8894_1_1.JPG

こうして、捨てられないものが、、けっこうある。
捨てられないものでも、物置にいれておいて、しばらくたつと愛着が薄れて捨てられるようになる。だから、今、捨てられなくても、しばらく置いといて愛着が薄れるのを待つだけ。

死んでしまえば、愛着もあったもんじゃないし、全部捨てられるのだし、なんとかしないとね。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。