The Redang Telegraph

2020年06月22日

Arab Restaurant "Zenobia" @ Hiroo, Tokyo 広尾にあるアラブ料理店「ゼノビア」

Visited "Zenobia"

IMG_9602_1.JPG

東京の広尾駅から歩いて5分ぐらいのところにある、アラブ料理店「ゼノビア」に懐かしい友達と行ってきました。
ゼノビア、、、古代パルミュラの女王。古代パルミュラ王国はシリアを中心にエジプトからトルコにわたる広い王国で、版図内でこんな半独立した王国を見逃すほどやわじゃないローマ帝国に「なにやってんだ」と攻められ盛大に戦争をやったのち滅ぼされました。

女王ゼノビアはとらえられ、ローマに連れていかれ、戦利品としてひきまわされました。。。。。だが、
だが、、ここでは終わらない。捕らえられた後は、美貌と野心の英知でローマで優雅な生活を送り、戦ったローマ帝国皇帝より長生きしたということです。

そんな女王の名前のお店。。が、東京には何軒かある。てっきり広尾のお店だけかと思ったけれど、そうではないみたい。まあ、女王は有名人だし、あやかろうという人は多いはず。

IMG_9591_1.JPG

場所が広尾にあって、東京の真ん中。このコロナ禍では、人が避ける東京の中心であることで、経営が大変みたいです。みんなでたべて応援しよう。とっても美味しいです。アラブ人のお店なので、味はまるっきり本場そのもの。むしろ、本場よりおいしいかもしれない。

IMG_9599_1.JPG

良く知っている料理もあれば、、、

IMG_9594_1.JPG

初めて見る料理もありました、、これはマンドゥのヨーグルトスープ。

IMG_9595_1.JPG

サウジにもマンドゥはあるけど、こんな食べ方はしないです。
たぶん、このブログでも10年ぐらいまえの記事でマンドゥの歴史を書いたけど(もはや自力でも探せない)、日本でいうところの餃子。なんで?日本はマンドゥ(饅頭)と言わないのか?きっと、まんじゅうが既にあって、いまさら饅頭=マントゥとは言えないのか?ちなみに朝鮮半島から東はサウジアラビアまでほとんどの国でマンドゥ(マントゥ)と発音します。むかしのモンゴル帝国の置き土産。ただ、インドからネパールに入った時点で、モモって名前になってる。

そしてクナーファ。クナーファはアラブじゅうにありますが、見た目も味も全然違ったりする、、名前は一緒、中身は別物、、なお菓子です。

IMG_9598_1.JPG

とってもたのしくアラブ料理フルコースをいただきました。
話も尽きず、遅くまで、、えーっと4時間ぐらいお店にいたのかな?

また来たい。そして、みんなで行きましょう。

IMG_9600_1.JPG

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。