The Redang Telegraph

2020年06月24日

Making a book (5) 表紙に「チヂミ?風の布」を張って強化

making a cover

IMG_9612_1.JPG

製本がすんで、あっちこっちに持ち歩いたところ、表紙の厚紙の端っこが捲れて、べろべろになってしまいました。
あー、、やっぱり画用紙程度じゃあ本の表紙にはならないんだ、、、、どうしよう、、

、、と思ったところ、ふと寄った百均で、「ちぢみ風の布(シール付き)」みたいなものが売ってました。おお、これは便利そう。画用紙の上から張り付ければこれ以上のダメージは防げそう。さっそく、購入。

、、しかし、、寸法が微妙にあわない。一枚じゃ、たりなかった。ので、色違いで2枚目を購入。寸法がなんか難しいけれど、面積的には買ってきた2枚があれば十分。なので、とりあえず何も考えず適当に切って貼る。

IMG_9613_1.JPG

なるほど、ちぢみ風というだけあって、この布はけっこう伸びる。あんまり伸びてほしくないのだけど、、、。2枚を張り合わせて、寸法が足りなかったり、余ったり。。貼るときに伸びたらしい、、、むむむ、、、

、、、ということで、切ったり貼ったりして、まるでパッチワークのようになってしまった。
まあ、いいか。最初からこんな出来上がりを計画してました、、、という言い訳をしながら、完成。

けっこう持ち歩いたけれど、この強化表紙はすごく調子がいい。表面のすべりがよくてカバンの中でひっかからないうえ、もう捲れたりしないし、よごれもつかない。

とりあえず、満点。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。