The Redang Telegraph

2020年07月23日

Aomori 青森にいってきた(3)竜飛岬

Cape of Tappi-misaki

IMG_9167_1.JPG

竜飛岬が本州のはずれ、、ではないです。下北半島のほうが津軽半島よりもっと北に突き出してるし、下北の大間の人は買い物には青森より近いので函館に行くっていいます。これは、津軽海峡冬景色の「ごらんあれが竜飛岬 北のはずれと 見知らぬ人が 指をさす」効果かもしれません。だいたい、青森も津軽半島も、いたるところに「津軽海峡冬景色」があって、歌詞のくらーいイメージが付きまといますが、じっさいそんなことはないです。

竜飛岬よりさらに北にある小島。。ここまでこなくちゃね。

IMG_9164_1.JPG

小島からみた、竜飛岬。

IMG_9158_1.JPG

竜飛岬のがけの下には、竜飛岬郵便局があって、竜が飛んでます。。。そういうことか。それに、竜飛岬観光案内所の竜飛館も。もとは旅館なんだけど、今は観光案内所と墨客の資料館となってます。

IMG_9198_1.JPG

いちばん驚いたのはストーブ。え?この時期なのにストーブが普通にでてる、、、

IMG_9175_1.JPG

竜飛岬にはゴリラが良く似合う。
大人は竜飛館がいいのかもしれないけど、子供にとっては退屈な場所。建物の前のゴリラとかは、子供たちに人気らしいです。
そうだよね、津軽海峡冬景色とか、竜飛岬とか、子供にとって魅惑的だとは思えないもん。

IMG_9172_1.JPG

そして、有名な階段国道。

IMG_9207_1.JPG

案外しられてない、階段に向かう国道。幅は、軽トラックが1台ぎりぎり走れるか?
いや、無理だろう、、というもの。つまり、階段の前からすでに車は無理っぽい。しかも、ユンボが完全に国道をふさいでるし。

IMG_9208_1.JPG

それに、国道で移動販売車。そういえばスーパーとか無さそうだし。

IMG_9210_1.JPG

階段国道には、踊り場もある。。

IMG_9211_1.JPG

こうして、登りきると、竜飛岬。

IMG_9232_1.JPG

むこうにふつうに北海道がみえる。

IMG_9235_1.JPG

IMG_9237_1.JPG

吉田松陰とかがこの竜飛岬にきたみたい。松陰道、松陰くぐり、松陰詩碑とか松陰由来の場所があります。たぶん「津軽海峡冬景色」前は、松陰で盛り上げようとしてたんでしょう。しかし、すべてを打ち砕く「津軽海峡冬景色」パワーは、こういった松陰なぞ鎧袖一触。この歌の前と後では、青森観光そのものが全部変わったらしい。しかもトンネルもできたし。

IMG_9215_1.JPG

竜飛岬がけ下では、おいしい海の幸が食べられます。

IMG_9243_1.JPG

きれいなのは、そのまま海沿いを秋田の方に南下する道。観光客はほとんど来ない場所。
カールのような地形に感動しました。

IMG_9221_1.JPG

何度も来れるところじゃないけど、次来るときはゴリラも元気にそのままでいてくれるといいな。

| クアラルンプール 🌁 | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。