The Redang Telegraph

2020年08月02日

Achievement Test 戦前生まれの母が、突然アチーブメントテストと叫んだ

Achievement Test was in Japan

IMG_0199_1.JPG

一年前に亡くなった母が、まだ施設に入る前、、よく昔話をしてくれました。
最近のことどころか今日のことだって忘れてるのに、古い話を本当によく覚えていた、、ちょっとびっくりするほど。

その中で、いきなり、「アチーブメントテスト!

母は昭和8年生まれで、戦争が終わったのは12歳のとき。
英語はぜんぜんダメで、和製英語についていくのがいっぱいいっぱいだった世代なのに、アチーブメントテストなんてしゃれた英語をいったい、どこから持ってきたのだろう?話を聞いてみたら、昔、学校で、みーんな、アチーブメントテストをうけたんだよ、、という話。

えーっと私はそんなテスト受けたことないし、そもそも、そんな英語の名前のテストなんて受けたことがない。
調べました、、学力検査と訳されるのだけど、英語のまんま「アチーブメントテスト」は昭和24年ごろから中等教育で全国的に行われたそうです。で、廃止されたのが、平成6年ごろだそうです。

、、え?じゃあ、私もうけたんじゃない?でも、アチーブメントテストなんて聞いたことない。
たぶん、戦後すぐは、英語全盛でそのまんまアチーブメントテストで、そのうち世の中が収まってくると、学力テスト、、というふうに名前を変えてきたんじゃないかなあ。

カタカナ言葉が増えてきたなあ、、と最近の人は思ってるかもしれないけど、カタカナ言葉が全盛だったのは戦後すぐだったかもしれないです。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。