The Redang Telegraph

2020年09月04日

Electric Violin エレキ・バイオリン。もう何か月もバイオリンを触ってないので、ほぼ初心者に転落。

Visited violin shop

118621003_3893014457392072_6631918967433468529_n.jpg

マレーシアに荷物をおいたまま、ちょっとのつもりで帰ってきた日本。
が、まるで戦後の引揚者のように、明日をもしれぬ毎日が延々と、、(当社比)。

もちろん、愛するバイオリンもマレーシアに置いてきたわけだけど、あれから3か月。もはや、弓の握り方すら忘れてしまっていた、、のが判明。
新宿のクロサワ楽器はバイオリン専門店。これまで何度も来たけど、来るたびに「もう、ここには二度と来るまい」と思ったものでした。なんでかって?もちろん、欲しくなるのさ。
危険なこと極まりない、、前にきたとき「どうです、これなんかいいですよ」と渡されたバイオリンが、すんごい良くて、わああ、欲しいと思って値段をみたら百万円だった。

、、そんなの買えるわけないよ、、で済めばいいけど(最終的には済むんだけど)、夢に見るほど欲しくなってしまった、、、なんと恐ろしいこと、ありえんほど恐ろしい。それから、もう、ここには二度と足を踏み入れまいと思ったけど、今日、、そんなことすっかり忘れて、何気なく前を通ったので入ってみると、、、

118883912_3893016477391870_2959933511736660062_o.jpg

もちろん、買う気なんて全くなくて、お店の人に、バイオリンを置いて引き揚げてきて、いつの日に戻れることやら、、と愚痴ったら、じゃあ、こっち用で買ったら?と言われた。えっと、2台もいりません。もともとのを入手したら、新しいのはいらないですから、、

そしたら、あ、エレキだったらいいんじゃないですか?アコースティックとエレキは競合しないので、もともとのを取り戻しても、このこだったら、いらない子にならないですよ。

なんと、悪魔な店員さん。さすが、歌舞伎町。バイオリンを売る人だって、なんか、凄腕すぎる。

そして、これがまた安いのだ、、、、品質はクロサワ楽器が責任をもってるし、自信があるって、、
えーっと、もう、既に自分に対して、どうでもいいような言い訳を始めてる、、朝、TVの占いで、今日は牡羊座が最悪です、、って言われてたのに。


| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。