The Redang Telegraph

2020年09月27日

Spider Lily 異名のたくさんあるヒガンバナ。人為的に植えないと広がらないという珍しい花

Spider Lily season

IMG_0998_1.JPG

最近涼しいなあ、、と思ったらいきなりヒガンバナが咲いているのに出会いました。
まさに、秋のお彼岸の日、当日。周囲には花が咲いてなくて、咲いているのはこの一本だけ。

でも、翌日にはそこら中に咲いている、、なんとも不思議。

この花を調べたら、染色体異常でタネができない花のようです。
あんなに、いっぱいあるのに??と思うけど、ヒガンバナは人為的に植えないと広がらないのが特徴らしいです。で、山地に自生とかはしてなくて、もし山地に自生しているのをみたら、昔そこには村落があったとか、墓地があった、、という名残を示す証拠になるそうです。

IMG_1028_1.JPG

ニンニクのような鱗茎にアルカロイド毒があって、食べたら大変なことになる、、というのを生かして?モグラ除け、ネズミ除けとして家近くに持ち込み、田んぼのあぜ道にもこういった害獣除去の目的で植えられたそうです。モグラが畦に穴をあけると大変だもんね。

IMG_1027_1.JPG

縄文弥生の時代から稲とともに伝わってきたらしいですが、それから、ずーーーーーーっと、人とともに暮らしている花。
なんか、ものすごく不思議な気がします。
独特の花の形もそうだし、なんか、むかしから訴えるものがありそう。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。