The Redang Telegraph

2020年10月06日

Remote meeting もはや全国的にリモート。しかも、毎回いろんなアプリケーションすぎて、対応が大変

Remote meeting & application down loading

IMG_1086_1.JPG

すごいよね、今年の初めなんて影も形も聞かなかったリモートミィーティングが、いまや主流?な勢い。
たった何か月かでこんなに違うものかと驚くけど、マイクとカメラの品薄はまだ続くみたい、、これも、驚きだよ。

ともあれ、Zoomではじめた遠隔授業から、いまはちょっとしたことまでリモートでPCの前。
なにが大変かというと、毎回、、xxxでリモート打ち合わせします、、って言ってくるんだけど、、Zoom一辺倒じゃなくて、いろんなアプリケーションがあってアタフタしてる。

もともと、ダイビングのPADIではWebinerを何年も前から使ってやってた。でも、WebinerがZoomと一緒のところって全然知らなかった、いつから何だろう???まあ、いいや。どうやってZoomとWebinerを使い分けるんだろう??まあ、いいや、、、

おっと、思いだした。
そういえば、もうずいぶん前に遠隔授業をサウジアラビアで受けてた時は、スカイプだった。最近はスカイプって名前聞かないけど、いまでもやってるのかなあ。当時は、そういう機能(どういう機能?)のことは、スカイプって代名詞代わりだったもんだけど、はやりすたりって早いなあ。

ともあれ、PCによっては相性の悪いアプリもあるし、ひとつはセキュリティが強すぎるせいだと思うけど、なんだかこんなアプリはみんな「ダメです」モード。頼もしいといえば頼もしいけど、ちょっと、困ったもんです。タブレットにスマホに、みんなまんべんなくZoomアプリが入っている、、今年の初め頃には、全く想像もしてなかったのに。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。