The Redang Telegraph

2021年02月19日

ここ数カ月、ブログの書き込みがものすごく少なくなったので、とりあえず毎日書く習慣。

去年の11月は1か月を通じて、ブログ書き込みがゼロ。
そのあとも、3か月分合わせても、以前の1か月分にもみたないありさま。

、、えーっと、じゃあ、どうしてブログを書くのか?と聞かれたら、ほとんど習慣。朝歯を磨くとかとおんなじで、歯をきれいにするというより、習慣、、、というか、そうしないと気持ちが落ち着かないから、、と、、、どうしてブログを書くのか、、というのが同じレベル。そもそも、どうしてブログを書きだしたのかさえ、今ではあんまり覚えてません。

それでも、ブログを書くメリットはいっぱいあります。
まず、「書く」という習慣。書くというより、打つ、、というほうが正しい。ま、どちらにしろ、作文、、というほどのものでもないけど、作文すると考えもまとまるし(まとまらないことも多いけど)、作文のプロセスをつうじてその意図を確認することができるし(意図そのものがないことも多々ある)、、、、そんなところかな。

うーん、そういえば、、

1 作文するのが苦じゃない。
2 そして、記述試験で評価はわりと高いことが多い、
3 それに、タイピングスピードの維持にもなる、、、かな。

たぶん、これがブログを書いているメリットかもしれない。

ああ、それに怒りの発散というメリットもある。むしろ、怒りこそが、行動のエネルギー源というところもあります。
とはいえ、昨今のオリンピック狂乱をみると、オリンピックというよりはインパールですね。死屍累々として、責任者は無罪放免。
怒るというより、諸行無常の響きがあります。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。