The Redang Telegraph

2014年10月05日

町中の自然 (1) Wildlife in Kuantan

私の住んでいるKuantanは、マレーシアでも5本の指に入る大きな都市で、半島東海岸では最大の町です。しかし、、同時に、、日本人から見たら、、そもそも「町中」などと称していいものだか危ぶまれるような町でもあります。自然豊か、、というか、自然と共存としか言いようのない感じが濃厚です。

ここに紹介するのは今日、10月5日の写真です。スペシャルな野生のなんとか!は居ません。いつものメンバーが、いつも通りいる、私のジョギングコースのある公園です。海浜公園になっていて、遠浅の浜から汽水になった池と小川があります。

IMG_7575.JPG

この公園のレギュラーで大物といえば、もちろんオオトカゲ。
今日はジョギング中、2匹の猫に追われて目の前にいきなり飛び出してきたオオトカゲ。思わずぶつかりそうになりました。そのままオオトカゲは池に飛び込みハスの間に消えていきましたが、何周目かしたとき池の中の島に上陸しているのを発見。とんだ災難です。とんでもないネコですね。

IMG_7663.JPG

ちなみに、追っかけたネコのほうは知らない間に女性のアイドルになってました。

IMG_7638_1.JPG

しばらくすると、茂みの中で別のオオトカゲを発見。悠然とのしのし歩いています。

IMG_7668.JPG

この日のオオトカゲのトップは、なんと言っても泳いでいるオオトカゲを見つけたことです。

IMG_7584.JPG

IMG_7590.JPG

汽水の池は干満によって水位が変わります。今日は干潮で、かなり池が干上がっていました。

IMG_7628_1.JPG

ここには珍しいサカナがいて、名前はわかりませんが営巣します。池の浅瀬に丸くくぼみを作り産卵します。

IMG_7557.JPG

浅瀬にはこういう岸からでもはっきりわかる丸い巣がいくつも見えます。

IMG_7556.JPG

あんまり浅瀬に作りすぎると、今日見たいな干潮の日には岸に顔をのぞかせることになります。

IMG_7633_1.JPG

そして、浅瀬には貝がびっしり。巻貝と二枚貝がうんざりするほどいます。食べられるかどうか全然わかりませんが、食べられるかどうかチャレンジする気もおきません。

IMG_7636_1.JPG

IMG_7577.JPG

うーん、それどころか牡蠣が、、木に成ってる?牡蠣の木?

IMG_7616_1.JPG

IMG_7617.JPG

池から小川に行ってみました。

IMG_7574.JPG





2014年06月16日

土壌流出

コタバル、Kota Bharuで最初に目を引いたのが、ケランタン河。かなりの大きさですが、何より、色。

IMG_3840.JPG

まっ茶色です。驚くばかりの茶色。泥の河です。
上流の土壌流出というか、こんなに土の色が濃いければ土壌など残っているのか?疑うばかりです。もちろん、ここ数日激しい雨ということもあるのでしょうが、しかし、泥すぎる。Kuanta河にしろ、Pahang河にしろ、こんなにひどい色にはなってないです。

IMG_3836.JPG

マレーシアの森林伐採や土地造成は急な勢いです。
でも、ウエブでみかけた「マレーシアの森林率は60数パーセントで日本より低い」というのは出鱈目です。

そもそもだけど、なんで造成以外に森林伐採をするのかというと材木を取る場合とヤシの世代交代があります。アブラヤシにしろ、ココヤシにしろ、樹齢を重ねると元気がなくなるので、ある程度で切り倒して若い木に変えないといけません。こうして材木用と果実生産用の2種類の伐採があるのですが、伐採跡を放置することは滅多にないです。伐採するのはお金のため、そのあとに木なりヤシなり植えないとその土地からの現金収入の道が途絶えることになります。だから、伐採したら植樹します。すぐに大木になるわけでも、実をつけるわけでもないので早いほうがいいわけです。
土地の造成にしても、そこに何かを作るために造成するのであって、ほったらかしにするために造成するわけではないです。造成にもお金がかかるので、計画をしっかりたてないと造成を始めません。

だから、伐採跡は放置されているとか、無計画な造成しているとか思っている人は、そう思い込みたいから思っているので、土地の人にも生活があり経済というものもあるということを無視しているのでしょう。もちろん失敗した造成もあるでしょうが、なんだか世の中は「発展途上国は金儲けのため無計画に木材を伐採している」とか「いい加減な造成で土壌流出がひどい」とかいえば、なんとなくみんな、そんなもんかなあと納得してしまう濃厚な雰囲気が漂っています。
そこで、「うんにゃ、そんなこともない。誰も無計画にやるほどお金が余っているわけでも、能無しなわけでもない」というと、お前の方が間違っていると言われかねません。

それにしても、マレーシアの森林率の統計を作った某協会のホームページは残念です。何かの現地の統計を鵜呑みにしているのでしょうが、その統計は一目で間違っているし、それに気が付かないほうがひどいです。お役所仕事ですが、統計には批判的な目をむける必要があります。

しかし、泥の河。川岸まで歩いて行ったみたけれど、透明度が5センチぐらいしかなかった。これは、なんとかならないものかなあ。

IMG_3843.JPG



2014年06月03日

蝶の季節

会社の人から「蝶の季節だよ」と言われました。
ああ、もううじゃうじゃと蝶がいます。もしかしたら蛾なのかもしれませんが、地味なやつがいっぱい。

IMG_3776.JPG

日本人は蝶が苦手な人が多い?あんなにきれいなのに何故?と聞かれました。私も御多分にもれず苦手です。なぜかというと飛んで寄ってくるからです。しかし、小さくて青とか赤とかきれいなのは好きですが、ここのみたいに地味な色ででかいのは、、、

IMG_3775.JPG

給油中にも飛んできます。セルフ給油でホースを握ってるので、わあ、と言って思わずガソリンをぶちまけそうになりました。

IMG_3777.JPG

蝶の命は強烈に短いです。せめて生きている間だけでも穏やかに飛んでほしいです。
それを嫌うなんてとんでもない、、ことかもしれません。そう、思いましょう。

2014年05月02日

さよなら、GSV 1

さよなら、Genting Sky Venture。

IMG_6185.JPG

この室内スカイダイビング施設は2014年5月1日をもって閉鎖となりました。

IMG_3234.JPG

このGentingのアトラクションを経営しているのは、シンガポールのセントーサ島のユニバーサルスタジオもやっているResort Worldですが、クアラルンプールでもユニバーサルスタジオを作るため既存のアミューズメントを閉鎖して取り壊してしまいます。アミューズメントは壊すけどカジノは金の成る木だからそのままということです。

IMG_3484.JPG

室内スカイダイビングの施設は日本にはありません。アジアだと私の知っているかぎりでは、ここマレーシアと、シンガポールとバンコクにあるらしいです。でも、マレーシアは昨日を最後に無くなったし。。日本からもスカイダイビングのシミレーション練習用としてわざわざマレーシアまで来ていたようですが、うーん。残念。

IMG_3134.JPG

日本のAFF生徒だとわかると、インストラクターの誰々さん知ってる?とか聞かれますが、ほとんどが東京スカイダイビングの人たちばかりで全然わかりません。藤岡スカイダイビングのジャンパーは来ないみたいで、「藤岡DZで飛んでたからよくわからない」と答えると、「ああ、フジオカね。名前は知ってるけど、、」みたいな返事でした。

IMG_3125.JPG

これから何回かかけて、今はもう無い、Genting Sky Ventureの記事です。マレーシアに来て2か月目。あちこち行って、よく「来たばかりなのに、よく行ってるね」と言われるけれど、もう1か月早く来てたらもっと楽しめたのに、、残念、もう無くなってしまった、、ということが多いのは知っているからウカウカできないのです。これが発展中の国の常態です。

IMG_3445.JPG

いつ行っても、そこにある。というものはありません。ある時にあるものを楽しむ!

2014年04月04日

MH370の墜落

マレーシア中を不安にさせた、MH370便が公式に墜落されたという発表があって1週間。
発表当日の新聞の一面はどれも、ほぼ真っ黒でMH370便の写真を遺影のように使っていました。

当日の新聞の写真を撮ってなかったので、Webを検索したら当日の写真を見つけました。
もともとのURLはこちらです。http://www.demotix.com/news/4293166/malaysian-newspaper-mourn-loss-mh370/all-media

1395758235-malaysian-newspaper-mourn-loss-of-mh370_4293109[1].jpg

この1週間。私が住んでいるビルも弔旗です。

IMG_2585.JPG

私が読んだのはNew Straits Times。日本のこういう事故と一緒で乗客や乗組員の遺影と略歴があって、、とくに新婚旅行でMH370便に乗り合わせた乗客が数組あって、読むのは非常辛かったです。

BjidcYoCIAAt6ft[1].jpg

亡くなられたすべての人に神の慈悲が与えられますように、そして遺族や近しい人たちに慰めがありますように。

ミロ

ネスレのミロ、ミロ!

久しぶりにWikiからの引用です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%AD

「ミロはマレーシアでは大変ポピュラーな飲料であり、チョコレート飲料の9割を占め、ミロの消費量も世界一とされる。マレーシアではネスレの売り上げの2割をミロが占めており、シンガポール、タイ、インドネシア、フィリピン、米国にも輸出をしている。ミロはマレーシアでハラールの認可を得ている。」

フィリピンでは「マイロ」と呼ばれてましたが、マレーシアでは日本と同じく「ミロ」です。
Wikiからの引用によらずとも、マレーシアではおそらくコーヒーを抜いて断トツの飲料でしょう。私もミロを飲みます、ガンガン飲みます。事務所のお茶が置いてあるところには、コーヒー、紅茶とならんで一番大きな容器がミロです。

IMG_2582.JPG

むしろ、なんで日本人はミロを飲まないんだろう?昔、子供向けということでPRした結果、背伸びしたい子供からは嫌われて、大人はあんなの子供の飲み物ということで敬遠してしまったせいかもしれない。味はいいのに宣伝が悪かったとしか思えません。
今一度、ミロの宣伝を考えて大人向け、ホットひといき飲料として売り出せばきっと売れるとおもうけどなあ。

ちなみに、マレーシアの給湯室には、飲み物とならんで必ずクッキーとかキャンディーとかが置いてあります。何も言わなかったけど、当然のように飲み物とならんでお菓子も買ってストックしています。これが、マレーシア風のお作法なので、「会社のお金でお菓子を買って無料で配るなんて、、!」なんて不作法なことを言ってはいけません。郷に入っては郷に従え。

もちろん、むしゃむしゃ誰よりも食べているのが私だというのは公然の秘密です。ダイエットしなくてはいけないのに、、、、


2014年03月30日

アースアワー2014

夜の1時間。電気を切って地球のことを考えるアースアワー。
私の住むマレーシアの町でも行われます、みんなのアースアワー意識はサウジよりはるかに高いです。

毎年やっているし、朝から気合が入っていた

IMG_2548.JPG

街でもアースアワーへの参加を表明しているところ多し

IMG_2572.JPG

サウジは極端で、アースアワーに入れ込んでいるえらい人が「この時間は発電所を止める」と言ってみたり(もちろん、そんなことはできないが新聞騒ぎになった)、その他大勢は全くの無関心だったりしましたが、マレーシアは、なんか普通な感じでいいです。

私はその時間、、、寝てました。
風邪気味なので、ベッドに横になっていたら寝てました。寝ている最中になんだか外で歓声が上がったような気もするけれど、ちょうど家の正面がサッカーレストラン(?大きなTVスクリーンにサッカーの試合がいつもやっていて、週末は歓声があがりっぱなし)があるので、気にもしなかったけど、あれがアースアワーだったのかもしれない。

2013年08月19日

ビーチクリーンアップ!!

8月15日は夕方からFALでビーチクリーンアップ!

IMG_4015.JPG

水中は、、みんなが泥から空き缶やペットボトルを拾うので透明度きわめて悪し。しかたないです、ゴミがなんでこんなにあるのか!?怒りがこみ上げてくる、、私は合計タイヤを3個引き上げました。とうぜん!大物賞?

20130816 fal 034.jpg

今回のスポンサー様は、モービル様、日本の時計のサウジ代理店様、雑誌Layalina様など数社。ありがとうございます。日本の時計会社の代理店がスポンサーになってくれて、日本人としても鼻高々です。すごい自慢します、リズム時計工業様の置時計に栄光あれ!アピタイムジャパン様の腕時計に栄光あれ!みんな買ってね!

老舗置時計といえばリズム!うちにもあります。HPはこちら、、World NO1というのは伊達じゃないと思います!昔から憧れでした、、おしゃれな壁掛け温度計もあります。サウジ向けにはぜひ60度まであるものをお願いします。日本も最近、超暑いみたいですし、、
http://www.rhythm.co.jp/

ちょっと興味がある、アピタイムのHPはこちら!かなりかわいいです。いや、超かわいいです。マリンモデルは8種類、10気圧(だから100m)防水、、サウジで売ってます(7月発売予定ってあるけど)!日本製だし、あれば即!買いかも。
http://www.appetime.com/

IMG_4020.JPG

IMG_3986.JPG

IMG_3991.JPG

50人ほど集まりました、詳しくは別ブログ「ジェッダのダイビング」でどうぞ!


2013年04月06日

4月4日のクリーンアップ

ボートでのクリーンアップは久しぶり。
PADIのAWAREロゴマークが2年前に変わったのに、なんで古いのを使うの?って思わずつっこんでしまった、、!ま、いっか。

IMG_0342.JPG

とっても透明度の良い海なのに、最初のポイントはまさに建設廃材捨て場と化してました。きれいに見渡せるので、逆に残念感が強いです。

20130404 cleanup 031.jpg

IMG_0249.JPG

次のポイントは釣りのポイントとしても知られている場所。漁船のイカリがサンゴに食い込んだまま放置されてました、それも、何個も何個も、、、

20130404 cleanup 047.jpg

20130404 cleanup 061.jpg

このきれいな海を資源として大切にすれば、これまでの歴史よりも多くのものを得ることができるのですが、私たちの世代で壊してしまえば何の役にもたちません。持続可能な、、、というのは最近の合言葉のようになってますが、壊せば再生は大変な年数がかかります。きれいなままで維持したいですね。

1.jpg

この食卓に見えるものはイスもテーブルもその上のものも、すべて当日引き上げてきたゴミです。

IMG_0328.JPG

総勢50人ほどです。木曜日なのでどのぐらい人が集まるか心配だったのですが、ボート2隻満席だったです。

20130404 cleanup 094_1.jpg

クリーンナップの様子は「ジェッダのダイビング」で紹介しました。
1から3まであります。
http://d.hatena.ne.jp/inlinedivenaoki/20130405/p1

2013年04月03日

ビ・イズニッラ

今年もポリオ撲滅キャンペーンのシーズンが来ました。
2月ー3月だったので、来ましたが終わりました、、というべきなのかもしれません。書く時期を選ばないと、こういうキャンペーンものはさっさと時期外れになるということですね。

去年はレッドシーモールで見かけましたが、はて?今年はどこで見たっけ?
2月に見て、パンフレットもらったのに、すっかり場所まで忘れてます。まずい、、

20130329 boat_1.jpg

この文章の前半にGod's Willing というところがあります、

20130329 boat 156.jpg

アラビア語だと、ここ、、「ビ・イズニッラ」です。

20130329 boat 155.jpg

何故?2回の経口投与であなたの子供が ー神様が許すならー ハンディキャップを負うことがないためです。

イスラームでは、わからないことは断定してはならないことになっています。経口投与してもポリオにかかる可能性もありますし、そもそも経口投与そのものの副作用がある可能性もあります。だから、こういうときは通常、ビ・イズニッラか、インシャーアッラーを使います。もう、こういう場面でも普通に口をついてでる慣用句なので無理に訳すとかえって日本人の目には引くのかもしれませんが、逆に日本人以外の目はそれほどひかないと思います。

、、こういう慣用句をどうとらえるか、、というのが日本の国際化をはかるバロメーターなのでしょうね。



クリーンナップ4月の陣!

3月の終わりに世界最大の環境アクション「アースアワー」があって、4月の後半には「アースディ」があります。Desert Sea Diversは、この時期いつも水中クリーンアップを行います。環境への関心が高まっている時こそ!

今年のクリーンアップは4月4日(木)「Jamjoomグループ様スポンサー・Desert Sea Divers主催Project AWARE Dive Against Debris @ Jeddah Offshore」、、ああ、長ったらしい正式名ですね。単にクリーンアップでいいのですけど。

スポンサーは2年ぶりにジャムジューム・グループ様です。ジャムジュームに栄光あれ!ありがとうございます。

Jamjoom-impact.jpg

今日はちょっと鼻水がでてるけど、がんばって参加証の作成です!

20130329 boat 154.jpg

5月後半には、FALビーチクリーンアップを予定しています。スポンサー探してます!


2013年03月26日

アースアワーの日

3月23日の夜はアースアワーでした。
なんといっても、世界最大のボランティア活動!地球のためにできること!

この日は久しぶりにバラが咲きました!ほんとうに、ひさしぶり。

IMG_0166.JPG

ついでに、いろんな咲いている花も。花は大雑把にしか育ててないのに、途切れることはないです。

IMG_0155.JPG

IMG_0158.JPG

IMG_0159.JPG

IMG_0161.JPG

IMG_0169.JPG

オリヅルラン、もはや雑草と化している。地面に生えてます。

IMG_0167.JPG

そして夜8時半、電気をけしてロウソクをつけます。

IMG_0171.JPG

これが、信じられないぐらい明るかった。よっぽど読書とかしないかぎり、ロウソク1本で明かりの用はたちます。

IMG_0179.JPG





2013年03月23日

アースアワー 2013

3月23日はアースアワーの日。
夜の8時半から9時半まで、すべての電気を切り、地球のことを考えませんか?

たった一つの船に乗り合わせたもの同士、共感しよう!



きれいなところも残っているけれど、いじられて残念なことになっているところも多いです。でも、私は地球以外に住めるところはないし、ここでなんとかやっていくしかないです。だから、なんとか住みやすいところであってほしいと切に思っています。

WWFのアースアワーのサイトはこちら
http://www.wwf.or.jp/activities/climate/cat1259/cat1390/


2013年03月03日

3月の鳥好き部

ほぼ休眠状態になっていたけど、暖かくなったので鳥り好き部の活動開始。
芝生の女王といえば、アマサギ、、

IMG_9529.jpg

IMG_9523.JPG

IMG_9530.JPG

セグロセキレイたちが盛んにさえずりしています。

IMG_9538.JPG

IMG_9543.JPG

セキレイだけじゃなくて、今はスズメもアトリもさえずりが凄いです。恋の季節なのかもしれない。インドハッカも、賑やかでした。

IMG_9517.JPG

水辺ではミズナギドリ、、1匹微妙に違うのが混じっているのがいいところ

IMG_9582.JPG

IMG_9595.JPG

脱走繁殖のインコ達も!

IMG_9651.JPG


2013年02月28日

ABOVE & BELOW Cleanup 1

今日は、ペトロラービグ社主催のクリーンアップ ABOVE & BELOWがラービグの海岸通でありました。これから数回に分けて記事にします。ペトロラービグ社の社長さんとか、ラービグの名士も参加です。

GCC Cleanup Day Registration Form for Email_01.jpg

水中クリーンアップは40人ほどが参加。半数は沿岸警備隊の兵隊さんでした!

20130227 on and under water 079.jpg

20130227 on and under water 120.jpg

IMG_9472.JPG



2013年01月11日

生物多様性ホットポイント「アフリカの角」

「生物多様性ホットスポットは、固有で多様な生き物が集まる生物多様性の豊かな地域のことで、世界で35ヶ所が指定されています。(※2012年時点) 生物多様性ホットスポットは、元の自然生態系の7割をすでに失い、破壊の危機に直面しています。ホットスポット合計の面積は、地球全体の陸地のうち2.3パーセントにすぎませんが、全植物の50パーセント以上、脊椎動物の42パーセントが、ホットスポットにしか生息していない固有種です。」引用おわり

04horn_5f02.gif

コンサベーションインターナショナルのHP
http://www.conservation.org/global/japan/priority_areas/hotspots/Pages/overview.aspx

(全文引用)「乾地性気候のアフリカの角ホットスポットは、何千年もの間、生物的資源の宝庫として知られてきました。乾地性気候にある2つのホットスポットの1つであり、ベイラやディバダグ、スペックガゼルのような絶滅危惧種で固有のアンテロープ種やアフリカのどの地域よりも固有な爬虫類が生息しています。その他独特な固有種には、ソマリノロバやマントヒヒなどもいます。しかしながら残念なことに、世界で最も破壊が進んだホットスポットでもあり、原生の生態系地域のうちすでに95%が失われています。
破壊の最も大きな要因が過放牧であり、政府の管理が機能しないまま、木炭が収穫されることもまた大きな問題になっています。」(引用おわり)

まず、アフリカの角ホットスポットのサウジ側とは「紅海沿岸部ヒジャーズ山脈」で地図をみるとだいたいマディーナぐらいまでのびています。まさしく、私がバイクでこの数ヶ月うろうろしていた山ですね。珍しい様相なのはわかっていましたが、まさか世界中に35箇所しかないホットスポットの一つとは知りませんでした。

IMG_8829.JPG

上の全文引用に相当するところをサウジの現状で補うと、
1 野生のアンテロープ種は全滅しています。現在動物園や他地域から飼育個体を借り受け再繁殖をかなり狭い範囲に区切って実験中です。
2 固有の爬虫類に関しては絶滅危惧ですが、全滅はしていません。珍しいサバクオオトカゲを見たことは記事にもしました。
3 マントヒヒについては、、、住民がバナナをあげて餌付けして観光地化していますが、あんまりいいことじゃないですね。個体数は少なくないと思います。マントヒヒは殺してはならないというイスラームの教えがあって(聖とか俗とかとは関係ない)、むしろ絶滅の危機はアラビアオオカミやシマハイエナのほうだと思います。アラビアヒョウは、風前の灯です。
4 それら肉食獣が狩られる原因は、やっぱり放牧している羊被害へのカウンターです。難しい問題ですが、放牧を取り締まると、こんどは絶滅の恐れがあるので被害をうけたら政府が補償するのがいいのでしょう。
5 砂漠の木は非常に堅いので、木炭には良いのでしょうが刈り取るのは行いません。通常、枯れ木になって倒れた状態ではじめて木炭にします。サウジの木炭需要は郊外のスーパーには必ず地産のものをおいてますので、あるいは伐採がなされているかもしれません。うちの事務所の兼業農家ムハンマド君の家も木炭をつくります。農家のほとんどがやっていると思います。

IMG_8806.JPG

世界中のホットスポットはこちら。

600px-Biodiversity_Hotspots_svg.png
(Wikiの「ホットスポット(生物多様性)」から


2013年01月10日

がんばれ羊飼い! 下

さて、服装のはなしがおわったところで、羊飼いさんたちに戻ります。
登場人物は3人、それぞれ、灰色君、茶君、ロバ君です。仕事はどうも、
● ロバ君がロバに乗って羊を追う超本格派羊飼い。
● 灰色君は、ピックアップトラックに家財道具を積んで、夜営設営係りとして羊飼いのサポート。
● そして、茶君は、羊運搬トラックの運転手。

IMG_8734.JPG

テントの上に水タンクまで乗っているピックアップ。生活の命綱ですね。

IMG_8739.JPG

さて、卓状台地の細溝(リル)にトラックが?そう、高速道路でも羊を積んだトラックを見かけると思いますが、まずは、こういうところにトラックを乗り入れるのです。

IMG_8744.jpg

最初のステージは灰色君が主役、まず裾をからげて(前の記事を参照)、腕まくりして、鉢巻き(?)を締めなおす!これからが、一番大変な羊の荷揚げです。

IMG_8735a.jpg

IMG_8740a.jpg

羊の目は良いのですが、奥行きがよくわからないという弱点もあります。だから、リルを極端に怖がるし、じっさい足を踏み外す羊もいます。灰色君が羊が落ちないようにガード。

IMG_8752.JPG

そして、トラックに群れを無事誘導。

IMG_8754.JPG

しかし、羊は一匹としてトラックの上に乗ろうとしない、、

IMG_8762.JPG

灰色君が一匹づつ捕まえて、まずはトラックの上段に引きずりあげ。わあ、、力技だし、これじゃあ、日が暮れる。

IMG_8765.JPG

ロバ君は?なんと羊と一体化して、地面に座り込んでます。

IMG_8767a.jpg

トラックの運転手と思われる茶君はあまり協力的ではないですが、積み込みが遅くなったら困るのは自分なので、裾上げして追い込み手伝いです。

IMG_8771.JPG

時間がものすごくかかりそうなので、私はいったん離脱して先をいそぎます。そして目的地について、おりかえしてみると、、、まだ積み込みやっている。お!なんとロバ君主導!さすが超本格派、身振り手振りがすごい!

IMG_8846.JPG

IMG_8848.JPG

もはやサポートにまわった灰色君。一息ついたのか?からげていた裾をおろしてます。腰まわりシワシワ。
羊は下段に乗り込み中です。

IMG_8851.JPG

もう、本当に日が暮れてきたので、私は帰路を急ぎます。がんばれ羊飼い!

IMG_8855.JPG

2013年01月09日

がんばれ羊飼い!上

昨日の山道で、数限りないほど羊を見たし、羊飼いを見ました。。。という話を同僚のムハンマドさん(仮名)にしたところ、

ム「なあに!あの道をとおったのか」
私「近場だし、何故だか今まで行ったことなかったし」
ム「なんでかわかるか?」
私「?」
ム「私が行くなと言ったからだ」

つまり、あの山道は非常に急な傾斜や曲がりがあるので、あぶない、、じゃなくて、不良=バズーラの溜まり場と化して、その不良があの山道でレースをしているので、そんなところにバイクが行くなどとんでもない!
、、ということでした。そういえば、そんなことを聞いた気がする。

私「でも、誰もいなかったよ。道路はスカスカ」
ム「それは今、学校で期末テストをやっているからだ」

そうか、、そういうことだったのですね。以降は学校の期末テストの日程を聞いてから行くことにします。

、、そうそう、羊飼い。この話をする前に、サウジ人の服装のおさらい。うしろすがただけど、頭からかぶるワンピースです。最近はズトーンとしたシルエットはあまりなく、立体仕立てで腰周りをスリムに詰めてあったり(スリムな人限定だけど)して、知らない人がイメージするような単純なものではないです。

20121008 makkah 031a.jpg

よく、あんな格好して仕事ができるなあ、動きにくいだろう、、というひとは、戦後しばらくまで日本人だって男性は着流しが一般的だったのです。前で合わせるか、上からかぶるかという違いぐらいしかありません。普通、みんなが思い浮かべるもっともポピュラーな男性着物です。しかも、「袖の大きさ」という非実用というか、メンドクサイものまでついてます。

img10293455967.jpg
http://www.rakuten.co.jp/mibunosato/767583/818948/

動きにくい格好?もちろん。偉い人はバタバタ動き回ってはいけないのです。ジェントルマン=穏やかな人、というのは洋の東西を問わず、一昔前までは常識。でも仕事によってはタフに動かなければいけない。たとえば、おまわりさん。

content_2.jpg

07091013_CIMG2055.jpg

着物の裾をはしょってます。上にからげて股引まる見えですが、アクティブな活動ですからしかたないでしょう。

こちらは、トラベラー。土の道をつったか歩くわけですから、とうぜん動きの良さが求められます。股引の半ズボンバージョンですね。幕末から明治にかけて、洋服を着ていると「あいつは筒袖(和服の作業着)を着ている」と言われたぐらいです。

yajikitaset.jpg
http://www.kondo-sanko.jp/popup/index.php?ID=65969

さて、これから羊飼いの話です。とくに動きと服装です。


2012年12月30日

Clean Jeddah 3

クリーンジェッダの記事(アラビア語)
ここはアラビアの国だから、報道だって当然アラビア語が中心。なんでもかんでも英語でカバーできてるわけじゃない。

<I LOVE JEDDAHキャンペーン始まる>
http://www.slaati.com/inf/news-action-show-id-57287.htm

57287[1].jpg



جدة - ( صدى ) : تفاعل الأدباء والمفكرين والمثقفين والشعراء والفنانين والرياضيين مع حملة أنا أحب جدة وانضم 150 من أصدقاء الكورنيش للحفاظ على البيئة من التدهور في الكرنفال البيئي الثالث تحت شعار أنا احبك يا جدة الذي انطلق من الصباح الباكر والذي تنظمه جمعية البيئة السعودية وأمانة محافظة جدة.

الكرنفال البيئي الثالث شهد أيضا حضور 1000 من أطفال مدارس الحس البيئي احد برامج البرنامج الوطني بيئتي علم اخضر وطن اخضر والهادف إلى تطبيق مفاهيم البيئة الخضراء في المدارس والجامعات والكليات والقطاعات المختلفة .

ويستهدف الكرنفال الذي يستمر 3 شهور كل يوم خميس إيصال رسالة إلى مليون مواطن وزائر ومرتاد لكورنيش جدة الشمالي الذي يعد تحفة معمارية تخطيطية نفذتها أمانة جدة ونال جائزة اكبر المشروعات في منطقة الشرق الأوسط من اجل غرس ثقافة الحس البيئي لدى كافة فئات وأفراد المجتمع.

وانطلق الكرنفال للمرة الثالثة من بداية الكورنيش الشمالي إلى مقر سلاح الحدود بطول 40 كيلومترا

حيث تقدم الكتاب والأدباء والشعراء والفنانين بداية الانطلاقة مع فريق دبابات هارلي والدراجات وحمل أطفال مدارس الحس البيئي أكثر من 1500 لوحة تحمل عنوانين أبرزها أنا احبك يا جدة، والسلوكيات الصحيحة تبدأ من الحفاظ على النظافة، وسلوكنا عنوان حضارتنا.

فيما وزع المشاهير من الأدباء والكتاب والرياضيين والفنانين 3 آلاف كرت اخضر لكل مواطن تصرف بايجابية، و3 آلاف كرت اصفر لكل مواطن تصرف بشكل سلبي وغير حضاري على طوال امتداد المسافة التي حددت بدءً من انطلاقة المسيرة.

واجري صاحب السمو الملكي الأمير خالد الفيصل أمير منطقة مكة المكرمة اتصالا هاتفيا بنائبة المدير التنفيذي لجمعية البيئة السعودية الدكتورة ماجدة أبو رأس حيا فيها جهود أصدقاء الكورنيش للمحافظة على البيئة كسلوك حضاري وثقافة تعكس صور التحضر في التعامل مع البيئة والمحافظة على الممتلكات العامة من السلوكيات السلبية منوها سموه بهذا النوع من البرامج والفعاليات التي تخدم الوطن والمواطن وتسهم في الحفاظ على مقدرات ومكتسبات هذا الوطن.

ولفت سموه إلى أن الجهود المجتمعية النابعة من نبض الإنسان السعودي دليل على إحساسه بأهمية المحافظة على مدينته ورعايتها من اجل الوصول إلى العالم الأول وان تكون جدة المدينة النموذجية القادرة على إيصال صوت المدن السعودية بكل ما فيها من جمال وتحضر وانجاز.

وقال سموه انأ سعيد وأنا أتابع من قرب فيما تنشره وسائل الإعلام عن أصدقاء الكورنيش أو أصدقاء البيئة ومتى ما حققنا غرس مفاهيم البيئة النظيفة استطعنا أن نحقق انجازا نفاخر به فالمدينة النظيفة هي المدينة المتحضرة التي تعكس فكر وثقافة الإنسان وجمال المكان والزمان.

من جهتها أعربت الدكتورة ماجدة أبو رأس باسم كل أصدقاء البيئة والكورنيش عن شكرها وتقدير لسمو أمير منطقة مكة المكرمة على هذه اللفته من سموه الكريم.

مؤكدة أن سموه الكريم كان ولا يزال الدعم الأول من أجل أن تكون جدة وكل المدن الجميلة في منطقة مكة المكرمة تسير إلى ما يتطلع إليه سموه في العالم الأول.

ورفعت الدكتورة ماجدة أبو رأس أصدق مشاعر الشكر لسمو أمير منطقة مكة المكرمة على متابعته المستمرة لكل ما يهم أمر جدة وأبناءها وزوارها والمقيمين فيها.

كما نوهت بالدعم الكبير الذي تلقاه جمعية البيئة السعودية وبرامجها من صاحب السمو الملكي الأمير تركي بن ناصر بن عبد العزيز الرئيس العام للأرصاد وحماية البيئة والذي كان وراء كل البرامج والفعاليات التي نظمت حتى الآن ومتابعة سمو الأمير نواف بن ناصر بن عبد العزيز المدير التنفيذي لجمعية البيئة.

مشيرة إلي الاهتمام الذي أبداه معالي أمين مدينة، جدة الدكتور هاني أبو رأس من أجل تنظيم هذا الكرنفال البيئي بالتعاون مع أمانة محافظة جدة وما أبداه من وضع كافة ما تحتاجه الجمعية من إمكانيات من أجل أن يخرج هذا الكرنفال البيئي في صورته المأمولة وتحقيق الأهداف الإيجابية نحو بيئة نظيفة تحمي المجتمع في حاضره ومستقبله.

من جهته حيا معالي أمين مدينة جدة الدكتور هاني أبو رأس جهود أصدقاء الكورنيش في الكرنفال البيئي الثالث تحت شعار أنأ أحب جدة

وقال معاليه من منا لا يحب هذه المدينة بجمالها وسحرها من منا لا يعشق تغريدتها وأمواجها صباح ومساء.

جدة الحورية التي كانت ولا تزال المدينة الأحلى والأجمل

وأهاب معالي أمين جدة كل فئات وشرائح المجتمع زائر أو مقيم أو مرتاد لها المحافظة عليها مؤكداً أن الدولة عملت وما زالت تعمل من أجل سعادة ورفاهية المواطن والكورنيش الشمالي واحدا من مشروعات متعددة للنهوض بالواجهة البحرية لتكون مقصد من اجل الترفيه وممارسة الألعاب البحرية وقضاء إجازات سعيدة منوها بجهود جمعية البيئة السعودية لهذه الكرنفالات البيئية.

وشهد كرنفال البيئي الثالث حكايات بابا فرحان الذي اصطف حوله مئات الأطفال ليستمعوا عن جدة الحكاية القديمة من مئات السنين كيف كانت وماذا أصبحت.

واستعرض بابا فرحان جدة أيام الأبواب والحواري الأربعة البحر والشام ومظلوم واليمن وكيف كان أهلها يتصفون بالكرم.

كما القي الشاعر ضياء خوجه قصيدة من قصائده عن جدة صفق لها الحضور والقي عدد من الفنانين والإعلاميين والمذيعين ومنهم سعود الخلف من قناة العربية ووحيد جميل من قناة سيدتي عبد العزيز الانديجاني من وكالة الإنباء السعودية ورجل الإعمال عبد القادر باعشن والفنان عماد اليوسف والمذيعة في القناة الثقافية فدوى الطيار والفنانة شيرين با وزير والفنانة هبه عبد العزيز والإعلاميات ابتسام كيسوي ونهاد محمد حافظ كلمات عن جدة .

الدكتورة ماجدة أبو رأس شكرت كل من ساهم في فعاليات الأسبوع الثالث من كرنفال البيئة داعية كافة القطاعات وشرائح المجتمع بكل فئاته وشرائحه أن يشارك الخميس القادم في الكرنفال.

الرابع متمنية أن تحقق الجمعية أهدافها في إيصال مليون رسالة توعية للمحافظة على البيئة البحرية والكورنيش

2012年12月29日

Clean Jeddah 2

クリーン・ジェッダ その2です。
サウジ環境局からHOGに対して、お願いのレターが届きました。「ジェッダをきれいにするための運動にHOGが参加してほしい」。なるほど、もちろん参加します。

15358_4754588378007_1976746046_n.jpg

FBでみんなで呼びかけて当日参加者は40名ほど、けっこう多いです。サウジの凄いところは、呼びかけると、われもわれもと集まるところ。こういうところのネットワークづくりは、何事も消極的な日本とは大違い。みんな、ノリがいいです。

集合は、クルニシのスタバ。シェラトン前です。ここには、バイク用の駐車場があります。そして、スタート。

20121227 jeddah charity 016.jpg

20121227 jeddah charity 025.jpg

頭の上を、トライクやオートジャイロが、ブルブルいいながら飛んでます。けっこう数あるんですね、ドバイのジュメイラビーチ顔負けです。スタバの前からみると、まるでサウジじゃないみたい。

20121227 jeddah charity 040.jpg

そして、会場に到着、、えーーっと何すればいいんだろう?みんな、戸惑い?

20121227 jeddah charity 055.jpg

隣で自転車乗りの人たちが、、ああ、さわやか、、な白い服に軽快な感じ。われらHOGとは大違い。

20121227 jeddah charity 044.jpg

人気集中の自転車乗り。まあ、環境だとかエコとかの集まりだから、バイクの千倍自転車の方がエコです。

20121227 jeddah charity 060.jpg

そして、パレードするからバイクに乗るように指示がありました。どこに?

20121227 jeddah charity 061.jpg

とりあえず、公園の通路に2列渋滞。しかし、そこでストップ。エンジンも切ります。プラカードを渡されて、、

20121227 jeddah charity 072.jpg

さあ、みんなプラカードは持ったか?

20121227 jeddah charity 076.jpg

このころはギャラリーが多くて、もうJeddah Friendsのボランティアの人がロープをはっても、侵入してくる見物客多し!超アイドル。

20121227 jeddah charity 090.jpg

サウジ女性からも、モテてさんざん写真をとられまくり。

20121227 jeddah charity 083.jpg

20121227 jeddah charity 084.jpg

みんながプラカードを持つのはいいけど。持ったままじゃあ、運転できないよ。前の自転車軍団の取材も終わったみたい。それにHOGへの新聞だとかTVの撮影もおわったみたい。さあ、これからパレード!

、、、と、思ったら。

これから、解散!

、、、って言われた。ええええええ!これだけ?列になって止まって、プラカード持って、、、で、それだけ!

そう。私たちは、、、「ジェッダをきれいにする人たちを激励にきた人たち 兼 写真モデル」という役回りでした。し、、しらなかった。ちゃんと、プロットがあって、そこで役づくりしてたんだ。そりゃあ、写真をとるなら、動かないほうが便利だし。


なんか、真剣にゴミを拾うつもりだったけど、気が抜けてしまった。、、とはいえ、こういう役も必要。みんなの士気向上要員なのだ、チアリーダーだ!(ちょっとむさいけど、まあサウジだし)。

最後に、主催者側からいただいた写真、、おおおー、かっこいい。士気があがるかも。
私は真ん中に立っている人がいるところの左側ですが、、、わからないよね、、

483167_4777910281040_204424842_n[1].jpg


Clean Jeddah 1

クリーン・ジェッダに参加しました!
まずは、アラブニュースの記事から。
http://www.arabnews.com/saudi-scouts-campaign-clean-jeddah

<Saudi scouts campaign for clean Jeddah>

1356103414664933100.jpg

1356103248204901700.jpg

JEDDAH: IRFAN MOHAMMED Saturday 22 December 2012 Last Update 21 December 2012 9:54 pm

(引用開始)「Saudi Scouts, in collaboration with the Saudi Environment Society and Jeddah municipality, launched their maiden campaign on Thursday evening to promote a clean ‘Jeddah’ during a symbolic procession at the Northern Corniche, in which approximately 400 young Saudi students participated.

Saudi cyclists acted as pilots, and the young Saudi scouts of various schools in Jeddah followed them while holding placards inscribed with slogans of cleaning and a healthy environment of the city. While in procession, they chanted slogans on the need of keeping the city clean. The young scouts distributed green and orange leaflets to visitors.

Welcoming the campaign, Mohammed Al-Yami of Jeddah Friends, a subsidiary of Jeddah municipality, praised the young children’s role in maintaining the city clean. He said the seafront at the Corniche is one of the places in the city worst hit by waste. The campaign is therefore focused on and held at the seaside.
Salem Bakawad of the Saudi Scouts promised that Saudi Scouts would also be an important part of the cleaning campaign in the future. The involvement of the young generation in such campaigns yields positive results, said Magda Abu Ras of the Saudi Environment Society.

Thousands of visitors who were picnicking at the sea shores were touched by the Saudi children’s gesture and their interest to promote a cleaning campaign.
Speaking on the occasion, Ali Al-Yami said the municipality was planning to involve the community more extensively in cleaning campaigns, with more cycling campaigns and runs planned in the near future. Among them is a 9-km run, he added.
Not merely creating awareness, but working hard to implement the campaign is the great challenge Jeddah municipality is facing now. Al-Yami urged every resident to take part in this, saying that the city is like a house where everyone has to play a role and share the responsibility of cleaning. He thanked Saudi Scouts, Jeddah Friends, and the Saudi Environment Society for their voluntary contribution toward the city.

One has to learn from young children how to contribute to maintaining the environment of the city clean, commented Magda Abu Ras of the Saudi Environment Society. Her society is working hard to involve the community in promoting a clean and green environment in the Kingdom. Azza, who also works for the Saudi Environment Society, revealed that in some runs planned in the near future, more young children would participate.」(引用おわり)

一番上の写真、、手前がカブスカウト、奥がボーイスカウトです。サウジはボーイスカウト活動がけっこう盛んです。特に巡礼シーズンのメッカ・ミナにはサウジ選抜ボーイスカウト隊員が巡礼の道案内やお手伝いをしますが、これは最高に名誉なことです。私も2010年の巡礼では迷子になって、ボーイスカウトにお世話になりました。

クリーンアップは毎年行われていて、こちらが昨年のビーチクリーンアップの様子です。サウジガゼットの記事。
http://www.saudigazette.com.sa/index.cfm?method=home.regcon&contentID=20110925109434

fp01-big.jpg

2012年のクリーンアップは、9月に行われたバラド市内クリーンアップ等、数回行われています。
http://www.jeddahpoint.com/cleaning-day-jeddah.html

ki04-big.jpg

日本人の参加はみあたりませんが、こういうチャンスに参加すると、「おお!やっぱり日本人はすごい!」みたいになるのだと思います。ぜひ、参加を!

さて、、、私は、今回、何に参加したかと言うと、、(どうでもいいけど、ウエストポーチのジッパー閉めようね。私の後ろの水色のベストが文中にあるJeddah Friendのユニフォームです)

20121227 jeddah charity 070.jpg

ジェッダ市章、、ええい!「丸にアマーナ」印が目に入らぬか!!!

4000005863.jpg

おお、、?

2012年12月27日

ワカケホンセイインコ

きのう見たインコ、、別のカットもあわせてみたけど、どうやらワカケホンセイインコのようです。
日本にも、うじゃうじゃいるインコです。

やっぱり、サウジにはもともと居るようではないので、脱走して繁殖したのでしょうね。
サウジでも都市部で良く見かけます。

IMG_8321a.jpg

ちょびっと角度が違う別の写真。あんまり動かないから、どの写真も同じにみえるよ。

IMG_8326a.jpg

しかし、名前が変。ワカケホンセイインコ?なんじゃそりゃ。
● 輪掛本青鸚哥(首のところに輪を掛けたような模様のある本当に青(緑)いインコ)
読み下しが必要な名前なんかつけるんじゃない。

私は最初に、ん?ホンソメワケベラ?とかつまんないことを思いつき、その瞬間に<あさきゆめみしゑいもせす>とか思った。





2012年12月25日

ワディ(涸れ川)考 2

ワディは、大雨が降ったときに水が地下に浸み込みづらく、鉄砲水となって谷を襲うわけだけど、そんなところに、なぜかくも大勢の人がすんでいるのか?危ないだろうに?
、、、と思うひとがいるかもしれない。

でも、まずそれはワディがどんだけの大きさか知らないから。人が住むようなワディは通常、日本的イメージだと盆地と呼ばれる大きさがあって、それは大きくて簡単にイメージするような谷とはちょっと違うこと。いってみれば「風の谷のナウシカ」の住む、谷=国ぐらいのイメージ。

だから、水害の跡をみても、これほど幅があるところが水深数m漬かったというスケールにただただ驚かされ、ありえないものを見たような気持ちになる。私は昨年の東北を襲った津波しか似たものを思いつかないです。あの津波だって、三陸は津波の危険性があるとわかっていても、人が普通に暮らしていたのと同じように、ワディは濁流の恐れがあるとわかっていても、まさかそこまでの大きさの、、、と誰もが思うから住んでいます。アブワの洪水も50年、こんな洪水はなかったと住民が言ってました。人のもつイメージには限界があるということです。

なぜ、人がワディに住むか考えたところを列記すると。
● 平坦だから。まわりが急峻な山だと考えたとき、わざわざ斜面に住むと不便だし危ない
● 井戸が楽だから。もともと川底になるところだから水脈が近い
● 岩山を耕地にできないし、土壌があるのはワディだけ。だから耕地の近くに家をたてる
● 道路も平坦なところを選んで作られているから、交通の便が良い
、、、あと、いろいろあるような気がするけど、

つまり、ワディ生活は楽だということ。だから、人が住む。道路もできる。畑もできる。

ちなみに、国別にみた自然災害露出度
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4372.html



2012年12月24日

ワディ(涸れ川)考1

この間から、何かと親身になってしまうワディです。
日本語では「涸れ川」と翻訳されていますが、どちらかというと「谷」が正解でしょう、、という記事を書きました。

今回はもっと調べて、これ!

「雨裂谷(ガリ)」

雨裂とはーコトバンク(世界大百科事典 第2版の解説)
http://kotobank.jp/word/%E9%9B%A8%E8%A3%82

(引用はじめ)「地表流の浸食により形成された小谷。斜面に降った雨は流下する途中でわずかな凹地に集中し,無数の流れの筋をつくる。この筋は細溝(さいこう)(リルrill)と呼ばれ,雨のたびに水が集中して深く削られ,急な谷壁を持つV字型の小谷が形成される。さらに谷頭浸食も加わって,谷の長さも大きくなる。このようにして形成された小谷を雨裂といい,ガリgullyとも呼ぶ。雨裂は降雨時に急激に形成され,その中を濁流が流下するが,降雨後はたちまち減水し,流水がみられなくなることが多い。」(引用おわり)

この雨裂谷がワディの正体、、というか本名です。涸れ川というのが俗称ですね。

次はWikiによるガリの説明
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%AA_(%E5%9C%B0%E5%BD%A2)

(引用はじめ)「ガリは、軟質な堆積物の表面に形成されやすく、削られた壁面は溝に流れ込む水(落水)の浸食によって側方に広がり、溝の底面は流水により洗掘が進み、地形が発達する。風化の著しい岩盤や砕屑物粒子が固結していない地盤、火山砕屑物からなる地盤に見られる侵食が代表的である。
地図表記では、涸れ沢や沢状の崖、断続的な小崩壊跡を包括して表記されている。涸れ沢や土石流跡などとの明瞭な境界はなく、ガリー状地形として読み取り、必要に応じて適切な凡例が付記される。
(中略)
火山の裾野や乾燥地帯に多く見られ、密度の高い枝状を形成することも多く、地域によって水系の発達に特徴がみられる。また、植生のない斜面や盛土した造成地には、ガリ侵食が発達しやすく土壌流出が問題にされている。急峻な斜面において、直線状に細溝が複数形成され易く、複数の溝が集約して急峻な地形が形成され侵食が発達していく。緩やかな斜面では、複数の細溝はややうねりながら集約し、斜面勾配が小さいと水の流れが迷走するため、蛇行しながら発達する。軟質な地盤における流水は、下刻作用と側刻作用によってV字型の侵食谷を形成しやすい。」(引用おわり)

涸れ沢ともいうんだ、、ふーん。ガリって、もう、まるっきりワディそのものです。だったら、ガリって言えばいいのに。

乾燥地帯だし、植生のない岩山だし、

IMG_7540.jpg

火山の火口についてはこちら、ターイフの近くに噴火口があるんだよ。メッカ大地震とかも知られてるし、、
「Wa'bah Volcanic Crater, near Taif」
The latest recorded volcanic activity in Saudi Arabia was said to be happened in 1256 AD.(最近の噴火は西暦1256年に記録されている、、日本だと鎌倉時代)
http://www.splendidarabia.com/location/makkah/wa'bah_crater/

風化の激しい岩盤、、これだな。

IMG_7597.JPG

そっか、これが細溝(リル)ってやつか、、

IMG_7609.jpg

IMG_7611.jpg

そうしてできたワディ=>>>雨裂谷=ガレ=ガレ川?=涸れ川ってなったのか、、も。写真は雑誌にあった、ジャバル・スダーの谷。ワディであり、ガレです。

IMG_8060.JPG

2012年12月16日

原発、ゆるすまじ

あれだけの大人災でありながら、はっきりと廃絶を訴える政党の少ないこと。

原発人災により避難した数は、いろいろな統計や調査時により幅がありますが、福島の避難者数16万人というのが、だいたいの目安になると思います。この内訳には津波被害を含みますが、逆に原発自主避難を含んでおらず差し引きしても、だいたいこの数だと思います。さらに、避難地区には含まれなくても、職場を失った、あるいはセシウム量で農地が耕作可能でないなどの理由で居住地を離れなくてはならなくなった人も多いと思います。そうすれば16万人でも控え目な数だと言わざるを得ません。

大声で、尖閣諸島、竹島問題を叫んでいるいくつかの政党は、この地域が無人島であることを知っていながら、16万人以上が失われた土地について、なおも原発存続や容認を言い続けています。人をなんだと思っているのか?

おそらく、生活者としての意識も薄く、現実を直視できず、困難を直視できず、逃げているとしか思えません。まず、やるべきことはこのような悲惨な人災をもたらした原発の即時廃炉でしょう。即時廃炉が難しいと思っている人?現在、稼働中の原発は実績作りで動かしている大飯の2炉しかありません。現実として廃炉になっている状態とほぼ同じだということがわかってないのかな。

原発の立地安全性など原発問題のわずかな部分でしかなく、廃棄物の処理など問題を後世に残し、「子孫から憎まれる無知無能な先祖」となるなどまっぴら御免です。馬鹿だけが馬鹿呼ばわりされるべきで、子孫から一山なんぼでまとめて馬鹿呼ばわりされるのは耐えられないなあ。

福島の原発問題が発生する以前、2006年当時の総理大臣だった安倍首相は、電源損失にともなう原発の危機について「衆議院議員吉井英勝君提出巨大地震の発生に伴う安全機能の喪失など原発の危険から国民の安全を守ることに関する質問に対し、別紙答弁書を送付する」と題する返答を行っています。この内容は衆議院のHPから見ることができます。
安倍首相の返答は「我が国において運転中の五十五の原子炉施設のうち、非常用ディーゼル発電機を二台有するものは三十三であるが、我が国の原子炉施設においては、外部電源に接続される回線、非常用ディーゼル発電機及び蓄電池がそれぞれ複数設けられている。また、我が国の原子炉施設は、フォルスマルク発電所一号炉とは異なる設計となっていることなどから、同発電所一号炉の事案と同様の事態が発生するとは考えられない。(中略)経済産業省としては、お尋ねの評価は行っておらず、原子炉の冷却ができない事態が生じないように安全の確保に万全を期しているところである。」で、現在となっては質問者の災害時の原発への危惧が正しく、安倍首相の返答が間違っていたことは明らかですが、いまでも間違った人を支持しようというのは全く理解の範囲外です。

http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b165256.htm

2012年11月24日

サウジの野生動物 7

サバクオオトカゲ、、デザートモニターリザードです。
大きいトカゲだからオオトカゲというのではありません。オオトカゲ科というちゃんとした科があって、この科に属しているのだけが、オオトカゲと名乗れるのです。

Wikiのオオトカゲ科の説明はこちらです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%83%88%E3%82%AB%E3%82%B2%E7%A7%91

サウジアラビアに住むサバクオオトカゲは、オオトカゲ科サバクオオトカゲ亜属に含まれる一亜属1種です。ここでは「ワレル」と呼ばれています。

こちらが、以前に記事にしたもの。もちろん写真撮影は私です。
http://inlinedive.seesaa.net/article/212312989.html

IMG_8421.JPG

1mを超えた成体ですが、大きくなる個体はもっと大きいようです。爬虫類は脱皮を繰り返すので大きさに歯止めはなく、年齢を重ねるだけ大きくなります。老成体になると嘴とかの黄色い部分は胴体と同じ色になるようです。

IMG_8415.JPG

こういうラクの木の根でみつけました。モデルはムハンマドさん(仮名)です。

IMG_8353.JPG

2012年11月21日

サウジの野生動物 6

サウジの野生動物で一番有名なのは、アラビアオリックスです。
以前の記事にも書いてあるとおり、アラビア半島からは一度完全に絶滅しています。それを動物園から再野生化の試みで輸入され、現在オマーン、UAE、カタール、バハレーン、サウジなどもともといたであろう場所に放す試みが盛んですが、場所はいずれも保護区のみとなっています。

arabian oryx.jpg

カタールエアのロゴマークにも使われています。

qatar air.jpg

サウジの再野生化の試みは1990年に始まっています。
詳しくは、Saudi WildlifeのこちらのHPに詳しいです。
http://www.swa.gov.sa/English/Reintroduction.aspx

(引用はじめ、翻訳にあたって一部割愛)最初のリリースがルブアルハリ砂漠で行われた1995 年以来、121 オリックス (57 オス、64 メス) が放たれました。再導入後の主な死因はオスの闘争の結果 (37 %)、飢餓 (25%) 、密猟(19%) などです。(中略)(その間旱魃などもあったけれど)1999 年 5 月半ばでオリックス数は約 190と推定されています。(引用おわり)


2012年11月18日

サウジの野生動物 5

砂漠の主役といえば、トカゲとウサギ。
ウサギは、、「ケープ野うさぎ」と「アラビア野うさぎ」とがいます。
はっきりいって、そっくりです。
ほとんど見分けがつきません。

どちらも、「耳がものすごく大きい」

ちなみにケープ野ウサギは、ルブアルハリ砂漠とその周辺部に住んでいるので、ルブアルハリ野ウサギとも、砂野ウサギ(砂・野ウサギです。砂野・うさぎではありませんbyセーラームーン)とも呼ばれます。

ケープ野ウサギ
(アラビアの固有種ではないようです)

cape hare.jpg

アラビア野ウサギ

arabian hare.jpg

2012年11月12日

サウジの野生動物 4

サウジにいるのは「レイヨウ」です。あれを「カモシカ」と言えば濃厚な昭和な香りがします。今は、「レイヨウをカモシカと呼ばない運動(仮称)」がかなり進んでいますので、平成のインテリジェンスを漂わせるためにも、ちゃんとレイヨウと呼びましょう。

サウジにはいろいろなレイヨウがいます。ここでは、アイベックスとオリックスを後回しにして、ガゼールからです。いずれも保護区でしか見ることができないのが残念です。再野生化の試みは進行中であることを願いたいです。

<アラビアドルカスガゼール>
アラビアドルカスガゼールはアラビア半島から完全に絶滅してしまいました。現在保護区で飼われているものは、トキ同様よそから導入された繁殖種です。現在ドルカスガゼールは北アフリカのサハラ砂漠とその周辺部にまだ生息してています。ですから、正確にはドルカスガゼールの亜種だったアラビアドルカスガゼールは絶滅、再生不可能。そして、近縁のドルカスガゼールが輸入されたというべきなのでしょう。

dorcas gazelle.jpg

<イドミガゼール>
そもそも、本当にアラビアにいたのか?というぐらい不明です。が、繁殖種が保護区に生息しています。ドルカスガゼールとそっくりですが、生息地がドルカスガゼールが砂漠を中心にしているのにたいして、やや山岳地にいるのがイドミガゼールです。ドルカスよりかなり小さく(半分強ぐらい)、やや体色が濃いようです。
まさか、全然アラビアにいなかった種を輸入するはずはないだろう、、と、常識では思うのですが、なかなか常識外のこともあるのでよくわからないとしかいいようがありません。

Cuvier's-Gazelle.jpg

<リムガゼール>
サンドガゼールともいいます。現在は北アフリカのサハラ砂漠のオアシスを中心に住んでいて、完全に砂漠に特化したようなレイヨウです。大きさはドルカスガゼールと同じぐらいですが、色は砂漠色です。
こちらも、イドミガゼール同様、アラビアに自生していたという証拠はみあたりません。なんで、よくわからないのにサウジにつれてきたんだろう、、と、思わざるを得ませんが、ひょっとすると頭骨とかそんなことでリムガゼールがいた証拠があったのかもしれません。

gazella subgutturosa marica.jpg

そんなことはないとは思いますが、どれか砂漠に強い種をつれてきて、適当に放してみてどれかが居つくだろうみたいな発想だったら嫌ですね。

サウジの野生動物 3

カモシカ、、と聞いて「カモシカのような脚」と反射的に思う人は、オジサンです。気をつけてください。
しかし、現代ではカモシカのような脚といえば、もちろんこういう脚です。

ニホンカモシカ.jpg

Wikiによると「カモシカ(氈鹿、羚羊)とは、広義には、ウシ目(偶蹄目)ウシ亜目(反芻亜目)ウシ科ヤギ亜科の、ヤギ族以外、すなわち、サイガ族・シャモア族・ジャコウウシ族の3族の総称。8属10種が属す。
(中略)羚羊をカモシカではなくレイヨウと読めば、アンテロープ、つまり、ウシ科の大部分を含む(しかしカモシカは含まない)不明確なグループのことになる。
狭義には、シャモア族カモシカ属(シーロー属)の動物、すなわち、シーロー亜属のスマトラカモシカ(シーロー)、カモシカ亜属のニホンカモシカ、タイワンカモシカの3種を指す。これらはアジアの山岳部を生息域とする。野生のニホンカモシカまた、日本ではしばしば、カモシカと言えば、国内に棲息する唯一のカモシカ類であるニホンカモシカを指す。山形県・栃木県・山梨県・長野県・富山県・三重県の県の獣にも指定されている」ということです。

つまり簡単に言うと、<カモシカ=ずんぐりした山のヤギ>

狭義だとニホンカモシカをはじめ、どれもそっくりな3種類しかいません。広義でも、<牛みたいなヤギ>としかいいようがない、ずんぐりしたのばかりです。

では、「カモシカのような脚」といわれるのは?本来「レイヨウのような脚」といわれるべきだったものです。

Wikiによると「レイヨウ(羚羊)またはアンテロープ (Antelope) は、ウシ科の大部分の種を含むグループ。分類学的にはおおよそ、ウシ科からウシ族とヤギ亜科を除いた残りに相当し、ウシ科の約130種のうち約90種が含まれる。
「レイヨウ」は分類群ではない。レイヨウと呼ばれる生物は、ウシ科の多くの亜科(ヤギ亜科以外の全て)に分かれて存在する。多くはレイヨウ同士より、それぞれがウシかヤギにより近い関係にある。多くの異なる種があり、大きさも、小型のものから非常に大型化する種まで、さまざまである。
なお、レイヨウの亜科のひとつにアンテロープ亜科(ブラックバック亜科)があるが、このアンテロープはAntelopeではなく、模式のブラックバック属 Antilope のことである。アンテロープ亜科はアンテロープの中の1亜科であり、オリックス、インパラなど代表的なレイヨウの多くが別亜科である。」ということです。

つまり簡単に言うと、<レイヨウ=ちょっと見栄えのよい牛>

さて、サウジアラビアには、「カモシカ」はいません。いるのは「レイヨウ」です。が、それもほとんど野生では絶滅してしまい、再野生化のため輸入・繁殖された固体(つまり日本のトキと同じですね)です。カタール航空のシンボルにもなっているオリックスだって、野生では一度全アラビア半島で完全に絶滅していしまい、ロンドンの動物園で飼われていたものを再繁殖用に輸入したことから始まっています。なんでそんなの知っているかというと、私が大昔に最初にアラビアに来たときに「再繁殖用つがい」が空輸されて大々的に報道されたからです。カタールやUAEにいるのも、みんな再野生化の成果です。

まあ、トキと同じですが、オリックスは狩猟で絶滅させたわけだから自慢の種にはならないです。むしろ、オリックスを見るたびに自分達の思慮のいたらなさを自覚してもらえればいいのですが、、