the MY Pantai Timur telepraph

2017年09月25日

政治家のレベル

たまたま、「流れる星は生きている」を読み終わった2日後、例の麻生某大臣がいつものとおりバカなことを言ったというニュースが流れました。なにやら、、なんだかんだで難民は射殺しろ、、みたいなことらしい。細かいことを言ってもしかたない、麻生某がバカなのは今に始まった話ではないし、暴言もいつものこと。

今更、あいつって頭悪すぎだし、議員の資格がない、、などと言うほうが間違っている。むかしっから、麻生某は、頭が悪すぎで、品性卑しく、教養もなく、議員の資格どころか人間としての資質も疑問な奴でした。

だから、どうしてそんなバカが何度も選挙に当選するのか?どうして閣僚の要職を占め続けているのか?という風に考えないと、、、

もちろん解は簡単、選挙区民が麻生某の脳と同レベルというもの。閣僚になるのも、誰も閣僚に脳みそがあることなど期待していないということの現れ。つまり、国民の多くは、残念ながら麻生某と似たり寄ったりということ、、、なのだけど、あからさまに「おまえらバカ」と言うと、、非難轟々、お前はいったい何様になったつもりか?バカという奴がバカ!上から目線だ、生意気だ、その他、発言者のほうに非難が寄せられ、「ブーメランになった!」とか言って喜ぶ人もでてくる構造になっています。
王様が裸なのを知っているのに、王様は裸だ!と言ったが最後、「あの立派な洋服が見えないお前がバカなのだ」と罵倒される、、というわけですね。わかり易い。

議員なんて選挙で当選できなければ何の意味もない。高邁なことを言っても選挙区民に理解されなければしかたないし、結局、選挙で当選しやすいのは選挙区民が理解しやすい奴にしかなりません。議員の暴言だって、そういつつまらんことを言うと支持者が大喜びだって知っているから言うわけです。議員なんて支持者の御機嫌取り。どうやって支持者を喜ばせるか?もちろんお金のかかることは難しいことも多いから、笑わせていい気持ちにさせる芸人になりきるのが一番楽で効果も大きい。

あああ、、つまんない、、議員のほうじゃなくて、有権者のほう。そういうと、お前はいったい何様のつもりだ!というやつの方です。

何様ってなんだよ?
わけのわからない(もちろん誰にもわからない)何様でなければ言いたいことが言えないなんざ、まっぴらごめん。何様でなくても勝手に言いたいことは言います。私はそういう奴です。

しかも、非常に残念なことに私の生まれ故郷が麻生某の選挙区で、あいつの初当選から知ってます。ネットで「麻生はバカだから選挙区民はあいつを落選させてください」みたいなことを書いている人も多いですが、無理。だって、麻生某は選挙区民のうけを狙って暴言三昧なんだもん、

「あげなん聞いて喜ぶ地元の有権者やけん、どげなレベルかわかろうもん。言うだけ無駄っちゃ」

posted by NAOKI at 22:15| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Social Environment 社会と職業の部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

MATTA Fair トラベルプロモーションフェア!

I visited MATTA Fair

IMG_8688.JPG

我が町のトラベルフェア。トラベルフェア?って思う人には、わかりやすく「トラベルエージェントの出店祭」と言いましょう。私もわからなかったです。

IMG_8683.JPG

一番多いのが、海外旅行のプロモーション。行先は欧米が多いですね。ホテル付で、いくら!とか張り紙が一杯。今時はネットでいろんな旅行を選んで、ネット上で予約や決済ができるのが主流となりつつありますが、同じぐらい、架空の旅行プロモーションを行って入金があったのを持ってドロン、、と消えるサギもまた多いです。新聞でも、最近ニュースでそういう話があったのを読みました。だから、店舗型のほうが安心できるという層もまた一定の割合でいるわけです。旅行にかかるお金ってけっこう大きかったりするから、心配がないほうがいいよね。

そして、これもまた定番なのが、ハッジとウムラのツアー。これだけムスリムがいるのですから、市場は非常に大きいし、メッカの宿は取るのが難しいというか、ほとんどエージェントと契約のあるサービスアパートメントで、そもそもホテルではないというのがミソ。ビザしかり、現地での交通しかり。だから、どうしてもエージェントを通じての予約となります。

IMG_8684.JPG

ついでに、旅行取扱エージェントの資格!政府関係のブースには、「無資格旅行代理店を使わないように!」という案内がこれでもか!というほど貼ってあります。

IMG_8689.JPG

正しいエージェントの証。

IMG_8690.JPG

そういえば、隣のトレンガヌでは、いま旅行プロモーションをやってるよね、町中に「Visit Beautiful Terengganu」というポスターが貼ってあるし、町も旅行プロモーション一色。すごいよね、、という話を我がパハン州の観光局でしたら、、、

「うちも、今年やってるんだけど、Visit Pahangってポスター見たことない?」

え!そーだったの?すみません、気が付かないです。。。とは言わずに、、
「見たことない、、やってるの知らない」とあっさり答えました。

「毎年、マレーシアの州のうち、3つの州を重点的に観光キャンペーンするんだよ。今年は、ペラとパハンとトレンガヌの3つの州。トレンガヌもやってるけど、うちもやってるの」

IMG_8699.JPG

わるいけど、トレンガヌの熱の入れようにくらべたら2割ぐらいにしか思えない。じゃあ、マレーシア最大の国立公園はパハン州にあるけど、このタマンネガラでの観光コースを紹介してもらえますか?とパハン州観光局のおじさんに言うと、、ちょっと待って、、、と言って、、でかけて、、

IMG_8686.JPG

、、、帰ってこなかった。さすが。どうせ、そんなところだと思ってたよ。観光プロモーションしている人は、単にそこの椅子に座ってるだけで、何にもしてないもん。しかも、訊いても知らないし、かえって私の方が知ってるぐらい。。。。まあ、いいか。こういう体質は、べつに観光業界だけじゃないし、、言ってもしかたない。

IMG_8701.JPG

それから、数日。町で大きな看板があるのを見つけました、、前からあったのだろうけど、全然気が付かなかった。こんなに大きいのに、、、インパクトはない。がんばれ、パハン。

IMG_8797.JPG

posted by NAOKI at 01:26| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Social Environment 社会と職業の部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

Railway to East Coast 東海岸鉄道計画

Malaysia has an East Coast Railway Link Plan.

IMG_8692.JPG

この間、ショッピングモールで何やらおおごとのように大きなブースが突然できました。
見ると、東海岸高速道路計画?

まだ開通してないのは、トレンガヌの州都からケランタン州全域にかけて。いったいいつになったらできることやら、まあ、今の高速道路だってまだできて1年ちょっと。一旦これで計画は休憩で、これから以北はまた一息ついた後という説明もあったし、息の長い話だよね、、、と東海岸北部を見てました。

IMG_8697.JPG

でも、なにか違和感を感じます。そう、高速道路ならLPTの文字とロゴマークがあるはずなんだけど、見慣れないロゴ?見慣れない略称?高速道路じゃない!

IMG_8693a.jpg

鉄道だ!そう、East Coast Rail Link 東海岸鉄道網の計画だ!あーーー、これが!これが!これが!と三回叫び、これが、かの、超有名な一帯一路かあ!もちろん、東海岸より発達している西海岸鉄道のほうがすべてにおいて早いと思うけど、東海岸も時流から取り残されているわけではないのだね。

IMG_8696.JPG

こんな田舎でも、時流というものをひしひしと感じるブースでした。

posted by NAOKI at 23:10| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Social Environment 社会と職業の部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

ATM Card キャッシュカード再発行

I could not find my ATM card!!! so I visited bank to reissue it.

IMG_2619.JPG

3日前には見かけたのに、、昨日からキャッシュカードが見当たりません。そうとうに焦ったけど、とりあえず別の口座のキャッシュカードがあったので昨日はそれでお金を降ろして慌ててイフタールを買うことができました。

で、今日。銀行にいって、キャッシュカードの再発行のお願い。
そもそも、口座を作ったのはこの支店じゃないし、再発行の依頼のやりかたがわかれば上出来と思っていたのに、その場で再発行してもらえました。しかも、カードのデザインが新しくなってるし、カード表面の擦り減り加減が気になってのが、まっさらの新品に。

日本だと手続きしてから、郵便だのなんだのあって1週間ぐらいかかるのに、ここでは「開設支店が違うからサイン登録の照会で時間がかかる」といわれたのに10分ぐらいで、新しいカードを入手。、もちろんクレジットカード機能もあるし、なんか感激です。

IMG_2618.JPG

そういえば、サウジでもキャッシュカードを再発行してもらったのを思い出しました。やっぱり30分ぐらいでキャッシュカードを何気なく渡されました。サウジといい、マレーシアといい、おそらくこれが世界標準なんでしょう。

じゃあ、なんで日本はキャッシュカードが郵送なの?なんでその場でくれないの?わからん。マレーシアの銀行の人は、キャッシュカードないと困るでしょう、すぐ発行しますと言ってくれたのに、「おもてなしの日本」は1週間かい????「お・も・て・な・し」勝負でマレーシアの勝ち。、、カード無いと困るんだよ、、、

日本、、、負けまくっている、、、効率でサウジより負けているんだから、なんか根本的に考えたほうがいいよ。日本にずっといる人は、きっと世界中、キャッシュカードの再発行なんて時間のかかるものだと思っているだと思う(少なくとも私はそう思ってた。最近の日本は知らないけどひょっとして早くなってる?)


2016年06月27日

not only Brexit 奪われた感

We’re living by getting something, but a life becomes abundant by giving it.
by Dr. Schweitzer
われわれは何かを得ることによって生活しているが、人生は与えることによって豊かになる。
シュバイツァー博士

1.jpg

今、何かと話題の英国のEU離脱の話。InもOutもとっても理解できるとしかいいようがない。そもそも、この状態でどっちかを決めようというのは、無茶な話だと思う。言ってみれば、それぞれの独り相撲。おんなじ土俵に上がってない。ただ、2つの土俵が縦に2つならんで、それぞれの力士がそれぞれの土俵の右と左にいて、それを縦の位置から見ている観客が、土俵はひとつも思っている、、ように思えます。

しかも、問題にすべきはEUの離脱なんかじゃない。問題は英国にとどまらない世界に蔓延する、「奪われた感」にどう解答するかということのはず。

世界中が、富の再分配をめぐって、奪われた感が蔓延していて、「土地を他国に奪われた」「もらえるはずのお金がもらえない」「福祉を受けられるはずだがあいつらのおかげで受けられない」「俺たちは嫌なことを押し付けられている」「自分たちはいつまでたっても損な役回りだ」、、、最近の民族的主張は、ほとんどがこんな「奪われた感」で説明つくような構造になっています。最近、、じゃなく昔からか、、ヒトラーもおんなじようなこと言ってたし、、こういう奪われた感というのは、非常に人の心情に訴えるものがあって遺産騒動というのもだいたいこういったものです。

ひとつのコップに半分水が入っていて、それをどう見るかというのは古典的な判断方法ですが、
1 コップ半分の水はあいつらが奪ってしまった。自分には残り半分しかない。
2 いや、あれはもともと半分しか注がれてなかった。誰も取ったりはしない。
3 もともと半分しか胃に入らないのだから満杯の必要がそもそもない。
4 半分だけど、減ればすぐに注いでくれるよ。
いま、ちょっと考えただけでこれぐらいの解釈はできるし、もっと考えるともっと解釈が見つかるかもしれないけど、これのどれが正解なんて到底いえない。いえるのは、「そうかもね」ぐらい。

だから、本来は原因である「奪われた感に対して国民のコンセンサスを模索する」というのが正解で、それを独り相撲のまま、原因の結果のひとつであるEUの問題について投票をしたことが不幸なんだと思うなあ。

シュバイツァー博士の言葉、

われわれは何かを得ることによって生活しているが、人生は与えることによって豊かになる。

に対して、ほんとうにそうだ、、と思う人も、与えたら減るだけじゃないかと思う人もいるということ。

2016年06月22日

世間様というカルト

都知事があきれた強弁のうえ、疑念をはらすことができず辞任したけれど、前任者に引き続き、またか、、「どうにかならないのか」という気持ちが大きいです。おそらく多くの人が同じことを考えていると思います。

だけど、ちょっと待って。私は前都知事は最初から全く支持してないし、早くやめたほうがいいと今回の騒動の前から思っていたけど、彼が法的に問題なかったのか解明されないまま、世間からの圧力で辞任。これから訴訟等が起こされるとおもうけれど、おそらく法的な不備は見当たらないのじゃないかと思う。

こういう騒動が起こるたびに、じゃあ、都の規則を充実させるとか、資金の私的流用を避ける規正法をしっかり充実させればいいじゃないかと思うけれど、いつも場合もほとんど手付かずのまま類似の事件が後を絶たないです。

最後の歯止めは、「世間様が赦すと思うか思わないか」というあいまいなもの。しかし、日本では世間様は憲法よりも拘束力が強くおそらく日本の「無冠の最高法規」となっているのはおかしいんじゃないかなあ。これが道徳律であり常識だというのも変。道徳規範なんて共通のものは存在しない、、はずなんだけど、日本では最大の効力をもつのも変だよね。

世間様が世の最高権威であるのはもう止めにしない?

みんなの目を気にしてサービス残業をするとか、みんなの目を気にして目的もなく大学に行くとか、もうあまりにもみんなの目、世間様を気にしすぎる。高校を卒業してすぐに大学に行かないと就職先がないという求職者どころか採用者まで含めた集団妄想とか、隣近所の目、世間に顔向けができるかどうか、あまりにも日本は世間様カルトに浸りすぎて、もはや全能の神「世間様」の存在しない世の中など思い浮かぶことができなくなっていると思う。新卒予定者の画一的な服装をみて、あれがカルトじゃないなんて思う人はいない(はずなんだけど、、カルトだからそう思わない人も多いだろうね)。

世界は日本だけじゃなくて、むしろ面積的にも人口的にも日本は地球全部からみるとほんの一部。世界でも、世間様が無力なわけじゃないけど、日本ほどカルト化しているところは他に見当たらない。日本は近世でも「他人百姓」ということで、他人がやるから自分もやる、、ということで世間様の威力は昨今だけじゃなくて大昔からずーーっとこの地に根付いた伝統宗教。カルト化しているからもはやそれのどこが問題なのかわかってないのだろうね。

つまり、世間様というご本尊の中身は「人間の感情」で、しかも別段たいした道徳律もないし、時や場所によっては自由自在に変わるから読み違えてご本尊の逆鱗に触れるのも普通のこと。しかもご本尊のほうが間違っていることが多いのも周知のこと。あるいは、意図的に扇動してご本尊を自分の都合の良いように変えることもできる。他人の目を気にすのは全体主義の特徴のひとつだけど、全体主義が良いものとされているのもカルトの特徴。

日本の無冠の最高法規で、信者数も最大の「世間様カルト」が凋落する日は永遠にこないと思う。でも、これは世間様カルトなんだという認識ができると大分違うのにね。
アニメ「アナと雪の女王」はありのままの自分を主題として、日本でも興行的大成功を収めたけど、日本でも世間様を気にしないでありのままの自分を取り戻せる日がいつか来るといいなあ。

世間様が信者に施すご褒美は「閉塞感」です。

2015年09月14日

Racism 人種差別

Now, I heard a lot of racism news all over the world. Rise of crazy racism.
日本も含めて、世界中でレイシズムの動きがあります。本人たちはナショナリズムというかもしれませんが、レイシズムは似て非なるものです。どの民族が優れて、どの民族が劣っているなどなんの根拠もありません。本当に迷惑な連中です。迷惑限りないのが、国籍だとか民族とかでこっちまで巻き込もうとするところ。

ましてや国籍など地勢上に国境などあるわけでなし、しかも時によって国境線は変わってくるし、滅亡した国だってあるわけですから、国籍など妄想の産物です(書類で書き換え可能だし)。会社と同じく登記され認知され社員がいて資産があるから会社があると思われているのですが、実態は書類の上でしか存在しないのと同じです。でも、それがわかる人は多くはありません。

そもそも、レイシズムの特徴は「何かを自慢したい、何かをけなしたい」というおおよそ友達にはしたくない性格がモットーなので世間に受け入れられることはほとんどないはずなのですが、自信喪失故に自我が保てない人にとっては代用自我としての国籍や民族が有効なのでしょう。それで問題なのは、国籍だとか民族だとかは個人のものでなくて、ある範囲の人々に共通することで(だからこそ自我の代用として有効なのだけど)、たとえば「日本人なら捕鯨を反対する外国に対抗すべき」「日本人なら、xxxだ」みたいな自我の共有(ふつう押し付けという)を平気で拡大させてしまうこと。とんでもない迷惑としかいいようがない。

例えば偉人の誇りなら、個人から生き物までの間のどこにでも拡大解釈できるけど(例えば聖徳太子は偉大な個人であった、斑鳩の住民であった、生駒郡の住民であった、大和人であった、飛鳥人であった、近畿人であった、西日本人であった、日本人であった、アジア人であった、地球人であった、人間であった、生き物であった)、それを国家単位で押しとどめておこう(聖徳太子は偉大な日本人であった)、あるいは民族的に(聖徳太子は偉大な大和人であった)というのは、解釈する人にとって自我の確立に都合がいいというというだけです。まあ国家がだいたいそれを威厳付けに利用しているからというせいもあります。当然、聖徳太子の例でいうと、「聖徳太子は奈良県生駒郡斑鳩町の生んだ偉人である」という範囲を町のアイデンティティにしている例だってあるでしょう。

ともかく、レイシズムの迷惑なところは一杯ある。おぞましい無知と反知性主義の産物としか言いようがないのだけど、やれ日本人だとか、そんなところで私までいっしょくたにされるところもその一つ。レイシストと共通しているところなんか全くない(ことを祈りたい)です。


2015年09月01日

ガイジンカード

<サービス残業>を英語で説明するぐらい疲れることはないです。
「サービス残業とは、賃金を貰わないで働くこと」
なんで?なんで?なんで?の嵐だけだったらわかるけど、説明するうちにそのバカバカしさに自分で、なんで?って言いたくなる。不平をいいつつも日常的にサービス残業をしている社会人が大半。これに比べれば、<過労死>のほうが説明しやすい。もっとも、理解してもらえるかは別だけど。

日本で働く外国人には「ガイジンカード」があって、いざとなれば理不尽なサービス残業や有給休暇の取得には、「何デソウナノカ理解デキマセン」で押し通すと、たいていの日本人は外国人には理解できなくてもしかたないということで、スルーできるらしい。なんと便利な「ガイジンカード」。

私も「ガイジンカード」が欲しくてたまらないのだけど、日本人は差別されていて無報酬労働を強いられる。人種差別はもともと全部論外だけど、外国人にやさしくて、自国人には厳しくて過労死・過労自殺するまでおいこむような人種差別なんて聴いたこと無い。

2015年01月26日

「シャルリ・エブド」の件

(引用はじめ)「法王は訪問先のフィリピンへ向かう機中で語った。表現の自由は基本的人権だとしながらも、もし同行者の一人が自分の母親をののしったら、「パンチがお見舞いされるだろう」と身ぶりをつけて説明。他人の宗教をばかにする人にも同じことが起きるとして、「他の人の信仰を侮辱してはならない」と戒めた。」(引用おわり)

表現の自由には「限界がある」ローマ法王が戒める
http://www.huffingtonpost.jp/2015/01/15/rome-pope-france_n_6482504.html

底辺の排外主義者が喜ぶような低俗雑誌を売っていた編集部に、テロがはいり編集部の人たちが殺害され、それを契機に「表現の自由」を叫ぶ人のデモができたという件。

私の意見は一番上のローマ法王の意見と全く同じ。なので、追加するようなものはなんにもないです。日本では排外主義者が、隣国を罵倒したり見苦しい行いを行なうのも「表現の自由」で何の罪にもならないようですが、それだったら、パワハラやセクハラはいったい何なのでしょう?基準は、言われた人が傷つくことは言ってはならないというのがパワハラやセクハラのガイドラインなはずです、傷つける人がどう考えているかは考慮されません。昨今のトレンドは「言われた人がどう思うか考えてみよう」なはずです。

私はこれまで預言者ムハンマドについて低俗な連中が何かを言ったり、描いたりしても気にしてませんでした。馬鹿はどこの社会にもいるし、そんなのをいちいち気にする必要はないからです。ところが、社会が「表現の自由」を盾にとり、人の気持ちを逆なでするのは自由なのだと言い出したので黙ってられません。ローマ法王がパンチを繰り出すぐらい怒るなら、私は蹴りをくりだすことでしょう。

1533746_10205847779617420_378971397779264142_n.jpg

そもそも、日本では「ムスリム・フレンドリー」、ムスリムは友達だ(だから富裕層は日本に来てお金を落として欲しい)というキャンペーンをはじめたばっかりなのに、ムスリム心情を逆なでするようなことは無いと思ってましたが、そんなばかりでもないようですね。

2015年01月13日

Somewhere we meet

If we meet somewhere such as bike week, we call "brother" each other, and spend all the night on bike talk.

IMG_5630.JPG

If we meet somewhere confused, I may be killed without talk.

Oh my load, lead us toward right way. I never want to be a government dog.

2014年05月31日

グローバル人材

グローバル化とか、グローバル人材とか、いろいろ言われていますが、あれはなんかの商売で、たとえば「グローバル商法」というのがあるのかと思ってました。

しかし、このブログのSeeSaa社がいきなり「海外からのコメントの拒否」という設定をいきなりくっつけて、しかも「海外からのコメントを拒否する!」がデフォルトになっているのは驚きました。私がどうしてもコメントを書き込めないのでおかしいなあ、、と、思っていたらこんなことになっているとは。

SeeSaaブログには「留学・海外生活」というブログのグループがあって、このブログもそのカテゴリーにはいっているわけですが、そういうのがあっても、なおかつデフォルトで海外からのコメントを拒否する設定にするのか?

いやはや、日本のグローバル化が遅れていると言われていて、私自身、「そお?そうでもないんじゃない」とか呑気に思っていたけど、いきなり自分のブログにコメントが書けない状態に直面すると、もはや日本のグローバル化など絵に描いた餅としか思えなくなってしまう。

ひどいなあ、、

2014年01月19日

食材偽造、、まだやってるのか。

去年、ニュースネタになった食材偽造とメニューの不当表示の問題を、2014年になってもまだニュースネタでやってるのか、、と驚いた。もっと他に取り上げるニュースだっていっぱいあるはずなのに、これでまだネタになるというのはニュースネタが少ない証拠かもしれない。

たとえば、芝エビとバナメイエビ、、普通の人は名前以外違いを知らなかったとおもう。これをレストランやデパートが、消費者の無知につけこんで高値で売ってた、、ので、腹を立てた人が多かった(まあ一部法律的な問題があったわけだけど)、という問題。まず、消費者の無知、、といっても、
1 消費者は芝エビが美味しくて値段が高いことを知っていた
2 ただ、どれが芝エビか知らなかった
ジョークのネタとしか思えない。最初は本当にこんなお笑いネタをまともに議論するとは思えなかったけれど、まとももまとも、大真面目なのでむしろ感心してしまった。お店の人に名前を聞かないと美味しいのかどうかもわからない人は、食べる資格なし(笑)

いかにも二次元知識先行の日本人らしいです。世界中どこでも芝エビなんて知っている国民はほとんどないし、別に日本人が特段に無知といえるほどのことじゃない。むしろどれが芝エビでどれがバナメイエビか、たちどころに指摘できる人がいたらむしろそっちのほうがよっぽどマニアックだと思う。
だから、1の消費者が芝エビといえば美味しいし、値段が高くてもしかたない、、という知識こそ余計なもので、知らないほうがバランスもとれてよかったはず。

いちばん肝心で、あたりまえなのは、

「買った価格に満足したか?美味しかったか?}

という視点で、これだけ美味しければ、この値段はアリだよね、、というのであれば名前なんてどうでもいい。普通はそうしているはずなんだけど。美味しい、美味しいといって食べた後に、食材の名前を聞いて怒り出す人がいるというのが、いまひとつよくわからない。つまり、オレオレ詐欺に引っかかった気分にさせられるのだろう。しかたない、なんでも鵜呑みにするのが日本人の特徴になって久しい(昔からかもしれないけど)。自分の頭で考えたり、自分の舌で納得したりする努力を放棄して、値札や名前(あるいや肩書きや権威や有名度や会社名や大学名、その他もろもろ)に頼って生きている人はこれからもずっと騙される人生でしょう。努力を放棄したのだから、騙されても甘受してほしいです。

芝エビ取扱いの漁師や業者の人には、日本人の舌なんてしょせんこんなもんだということで、美味しいとかどうとかいうのは個人の味覚や嗜好の問題でほっといてほしい。「芝エビは美味しいです」という押し付けをやめてほしい。こういうキャンペーンをするから、猫も杓子も自分の舌の努力を放棄して、食べたこともないうえに、どれが芝エビかも知らず、なんとなく高価で美味しいという刷り込みに頼ることになる。高付加価値を付けたTVみたいなもので、機能を半分も使いこなせない消費者の、本当は機能が半分でもいいから値段も半分にしてほしいという声を無視して、生産者側の自己満足で作ってるようなもの。ブランドを高く吊り上げて値段も吊り上げて、あげくに販売できずに苦労している日本の電機業界と重なって見える。消費者側は、べつに芝エビでなくてもちっとも困らなかったということ。

消費者側の安易さも、生産者側の自己満足も、日本のかかえる現代のおおきなひずみなんだけど、今回の食材偽造は工業製品が体験した同じ問題を検証することなく、むしろ悪いほうにすすんでいるように見える。これでいいのか?




2013年05月19日

政治家にしかなれない人たち

そのうち、「おまえ頭悪いなあ、そんなに頭悪かったら、将来は都知事にでもなるしか、しかたない」という会話が成り立つかもしれない。

ポピュリスト政治家という信念もへったくれも無い連中がうじゃうじゃ、頭の悪さを競い合うような事態になってしまった。それも当然、彼らは目立ちたいという一念から政治家になったので、他の馬鹿に負けていられないと反射でさらに大馬鹿をのたまわってしまうしかない。いってみれば、ミドリムシの鞭毛みたいな反応。

猪瀬がオリンピック発言で見事なオウンゴールを決めた後、安倍が国連でしっかり定義されている「侵略の定義」を見つけられなくて頭の悪さをさらけだしてしまった(あたりまえだ、世界中には侵略がどうたらこうたらという話が掃いて捨てるほどあるから定義も当然ある)。こうなると負けてられないのが橋下で、速攻、しかも複数個盛り込むという念のいれようで、もっと強烈な馬鹿さをアピール。どれもこれも、アメリカ様とか他の国が文句をいったらすぐに謝罪したり撤回したりみっともない。だったら最初から言わなければいいのに、でも馬鹿仲間の誰かが言うととめられない。

橋下の場合、「私の発言のうち、英語では<必要であった>は削除してほしい。日本語では<必要であった>は残して欲しい」みたいな意味不明なことをいって、三流芸人の真髄発揮。こんなことになると絶対出てくると思った石原の登場。さらに橋下がまだ「まし」にみえるような寝言を言う。

すごい、すごすぎる。なにがすごいって、支持して投票する選挙民がうじゃうじゃいるということ。


2012年12月25日

一人当たりの名目GNP36位

36位。それは、、サウジアラビア。

ちなにみ日本は17位。毎年20位あたりを前後しているけど、今年はやや上方。これは為替差もあるから本当はそんなに毎年かわらず20位前後と考えていたほうがいい。

2011年度分で、IMFのWorld Economic Outlook Database
http://www.imf.org/external/pubs/ft/weo/2012/02/weodata/index.aspx

で、サウジアラビアに対して、「お金持ちの国なのに、、」という話は良く聞くけど。正確にはお金持ちもいる「お金持ちではない国」。統計では日本のほうがサウジアラビアより随分と金持ちなんだけど、日本の人ってお金持ちって実感ある?

もしなければ、それよりさらに20位下の国がサウジアラビアなんだと思って欲しい。お金持ちという自覚が普通のサウジ人にあるはずがないし、実際にお金持ちではない。はだしで遊んでいる子供達だっているよ。一部金持ちのゴージャスさに、国民のほとんどを占める貧乏が隠れています。

いまだもって、サウジのことを、オイルダラーの、、金持ちの、、という脳足りんがいるけど、統計ぐらい自分で見ろよ!と言いたい。こんな統計は小学生でも検索できるのに。まあ、このあいだの選挙の結果をみるかぎり、きちんと調べて考える日本人など、いまや天然記念物レベルかもしれないけと。

カタールやUAEは統計上、まぎれもなくお金持ちの国。だからサウジもその類推で、似たような服着て、似たような言葉を喋って、似たような場所にあるから、お金持ちの程度も似たようなものという思い込みなんだろうな。

ちなみにオイルダラーといえば、インドネシアだってナイジェリアだって大変なものだけど、お金持ちの国だという人はいないと思う。「人口の少ないところだけが金持ちでいられる」というのが正解。サウジもそれと似たようなもの。ふーー、毎年いろんな人に説明しているけど、まずは、このブログのこの記事を読んでからにして欲しい!


2012年08月05日

つまらない公務員叩き

頭のわるさを日々証明する大阪の橋下ですが、話題がなんであれ二言目には公務員叩き。
民間だろうがどこだろうが、とんでもない人は組織に幾%かいるものですが、それが公務員だからといって騒ぎ立てるのはおかしいし、ましては、公務員にふさわしくない言動と品性のうえ、私見をおおっぴらにして公務員規定にすら違反の可能性のある公務員とは、橋下本人です。あの人は自分が公務員という意識があるのだろうか?

私は無駄な政府プロジェクトに何十億がポンを消えるからくりには猛烈に腹が立つが、公務員叩きには与しません。普通に働く善良な公務員がほとんどなのは知っているから(もっとも、普通じゃない公務員には激怒することが多い、たとえば天下りを繰り返して税金を横領するような輩)。

こういう、公務員叩きを増長するのが三流週刊誌。

「年収の官民格差 バス運転手は公務員677万円、民間435万円」(週刊ポスト)
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20120712/Postseven_127579.html

(全文引用)国家公務員の本当の年収は808万5000円で、民間サラリーマンの平均412万円(2010年の国税庁の民間給与実態統計調査)と比較し、約2倍との指摘があるが、同一職業の官民格差を見てみよう。運転手の例を比較する。
【職種/公務員/民間】
バス運転手/677万1512円/435万5600円
自動車運転手/628万2816円/342万円
タクシー運転手/628万2816円/290万3400円
公務員は「地方公務員給与実態調査」(総務省・平成23年)
民間は「賃金構造基本統計調査」(厚生労働省・平成23年)
※週刊ポスト2012年7月20・27日号(引用おわり)

タクシー運転手?公務員?
おいおい、ちょっと待て!
公務員のタクシー運転手など聞いたことないぞ!

三流読者は、これを読んで、ただのやっかみで「そうだ、そうだ、公務員は給料のもらいすぎ!」とか言うのだろうが、私は違う。

さっそく、出典元の「地方公務員給与実態調査」(総務省・平成23年)を調べに行ったとも。もちろん。
そこには、PDFで406ページもある分厚い調査が、、、
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/kyuuyo/pdf/h23_kyuuyo_1_03.pdf

全部読みました。。最初のページから最後のページまで。

で、職種中にタクシー運転手など、まーーーったく、ただの一文字も書いてないです。また、タクシー運転手に該当するような語句で置き換えているということもありません。あまりのことに語句検索までしましたが、やっぱりなかったです。

つまり、ガゼか。もっともらしい数字書いているので騙される人がほとんどだろうけど、公営タクシー?なんじゃこりゃ?と思うひとは、きっと調べるのでしょう。

政府は「つまらん三流週刊誌が、嘘書いても、公営タクシーなど不審なので誰も信じないだろう」と思って抗議しないかもしれないけど、これは抗議しておいたほうがいいぞ。なぜなら、つまらん三流週刊誌を疑いもせず信じるつまらん有権者がまた、多いのって驚くほど。こんな風評でも、イワシの頭も信心だということで、公務員叩きをするのが、また呆れるほど多い。

やっかみ、ねたみ、、、こういうのが三流に蔓延しているし、この層は増大の一途だから気をつけないと。

しかし、公営タクシー、、存在がないわけではない。民間が嫌がる山間部とか民間が撤退したバス路線や地域に町営でワゴン車のタクシーを運営しているところはある。必要に迫られてという危機感が背景にありありと見える。公営乗り合いタクシーは、単に車のサイズをワゴン車に変えただけのバスの代替だし(だからバス運転手)、民間と共同であれば(同じことを受託運行をやっているタクシー会社はある)、それは民間だよ。民間タクシーが普通にある地域に、公営タクシーなど誰が考えてもおかしいだろう。まあ、どっちにしろ「実態調査」には記載がないけどね。



2012年08月01日

なんの役にもたたない奴

国会事故調の報告書は「原発の安全」に何の役にも立たない
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20120723/316908/?ST=business&P=3

何様のつもりか上から目線でしか話せない大前研一。
何の役にも立たないのは、言葉を飾っているが原発推進の塊みたいなお前のほうだ。過去の東京の知事選には結局、”ポピュリズム”石原とか、”何様のつもり”大前とか、”詐称の塊”中松とか、ろくなもんしか出馬しなかったということか。

大前研一。。何の役にも立たないのはお前の記事。
事実認識が間違っている上に、記事の最初と最後で言っていることが違ったり、つっこみどころ満載。フォロワーの社会人あつめて大学院つくって自分が学長だということで、学長というタイトルで社会的信頼を得ようとしている。生徒なんて刺身のツマみたいなもんだ。


2012年07月31日

骨抜き

「職場の禁煙「努力義務」 民主党の修正案、骨抜きに」
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012073001002875.html?ref=rank

(引用はじめ)「全ての事業者に職場の全面禁煙か分煙を義務付ける労働安全衛生法改正案について「努力義務」に後退させる民主党の修正案が30日、明らかになった。
法案成立のためには、飲食店やたばこ関連産業に配慮して義務規定を断念する必要があると判断した。政府が国会に提出中の改正案は事実上骨抜きになる。民主党は修正案について党内で理解を求めるとともに、野党とも協議を進める。
修正案は、政府案が義務付けた全面禁煙や分煙について「事業者は受動喫煙を防止するため、実情に応じた適切な措置を講ずることを努力義務とする」とした。飲食店に換気設備の導入などを義務付けていた部分は削除した。」(引用おわり)

飲食店はともかく、「たばこ関連産業に配慮」とは?何事?国民の健康よりも業者の方が優先で、たばこの害による疾病の分を健康保険が肩代わりして大きな問題になっていることを知らないのか?

よくタバコをすって、「私はマナーが良くて誰の迷惑もかけてない」と言う人がいるけれどそれは間違い。タバコを吸うのはしかたない、、でも、私はこれまで長年喫煙したのが原因で年配の心疾患や脳梗塞の人を何人も病院に入院させました。で、言うけど病院の健康保険はみんなで負担しています。喫煙者のほうが疾病が多くなるのは知られていることですが、喫煙者のほうが健康保険を多く負担しているということはないです。保険制度のフリーライドに近くないですか?若いうちはタバコ吸って病院にかかることはないけれど、60歳近くなるとテキメン差がつきます。本当のタバコの害は「より疾病を抱えることになるが保険料は非喫煙者と同額」ということにつきます。喫煙者のタバコは権利として認めて、代わりに保険料は倍額支払い、あるいは本人負担倍率というのが適当じゃないでしょうか。

そうでなくても健保組合は破綻の危機、社会の大きな問題なんだけど、なんで?国民が健康になれば若干でもましでしょう。原発廃止で国民が節電に頑張るように、健保の危機で国民が健康に頑張るようにしむけるのが政府の仕事でしょ!<老人保健拠出金が10倍で健保組合は赤字転落>
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090710/166579/?ST=business&P=3
喫煙老人も非喫煙老人も一緒くたにしているのが問題。喫煙者は肉体的ダメージをわかって吸っているのだから、金銭的ダメージも受けてもらうのが道理。喫煙老人は医療費有料でしょう。

それはともかく、政府は国民の健康向上が健康保険改革の柱じゃなかったのか?
それが「たばこ関連産業に配慮」して、国民の健康向上を棚上げしている場合じゃないだろう。なんだか、とんでもなく間違ってるぞ。政府は強烈に国民の健康向上を推し進めることで、(本当は国民の健康向上などどうでもいいのだけど)病院の過密化緩和(そうでなくても高齢者医療で過密スケジュール)、国庫からの保険関連予算の削減、ひいては赤字解消、遠大な計画としては健保組合の救済という経済的な目的があっただろう?あれはどうなったんだ?タバコの売り上げで税金が入るから、それでもって保険の赤字化を解消しようというのであれば完全に間違っているぞ。それともタバコ関連業界の選挙時の民主党バックアップか?

わからんが、経済問題のためにも、国民の健康のためにも、タバコで妥協してはならないです。

2012年07月04日

日本人はなぜ忙しいのか?

平均的なサウジの人にくらべて、平均的な日本人は忙しいです。
ただ、「忙しいです」で終わらせてはいけない、、「猛烈に」忙しそうです。

東工大職員の女「起きてられない」と覚醒剤使用
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20120629-OYT8T00300.htm?from=popin

(引用はじめ)「神奈川県警は28日、横浜市保土ヶ谷区桜ヶ丘、東京工業大非常勤職員森史絵容疑者(31)を覚醒剤取締法違反(使用)容疑で、同市南区浦舟町、無職武者隆策容疑者(31)を同法違反(営利目的譲渡)容疑などで逮捕したと発表した。発表によると、森容疑者は今月中旬から28日の間、自宅マンションなどで覚醒剤を使用した疑い。自宅からは使用済みの注射器やポリ袋が見つかった。内縁の夫(40)を通じて、武者容疑者から覚醒剤を購入していたという。
調べに対し、森容疑者は仕事が忙し過ぎて、薬をやらないと起きていられなかったと供述しているという。同大は「事実関係を確認中」としている。」(引用おわり)(2012年6月29日 読売新聞)

どうしてだろう。
私にはよくわかりませんが、日本はきっとそういうカルトみたいなのがあるのだと思います。
すごいです。駅について電車から降りる人を見て、私は手足がすくんでしまいました。

ちなみに、給料分だけ仕事をすると、「あいつは給料分だけ仕事をする」といわれます。文字にするとおもしろくもなんともないのですが、口にだされるとこの言葉は非難中傷だそうです。なんか、すごいです。

おどろくべき、日本の忙しさ。
学校の知り合いが、「それは日本がタイムマネジメントがしっかりしているから。時は金なりなんだよ」といいましたが、すかさず「世に蔓延するサービス残業のどこが、時は金なりなんですか?時がぜんぜん金に結びついてないじゃないですか?」と聞いてしまった。ああ、失敗。これは面と向って口にしてはいけないらしいです。そっか、「サービス残業は会社にとって<時は金なり>」!

給料以上に人を忙しくさせているのは、学校の授業で学んだことからいうとマネジメントの人材活用の能力欠如だとおもうんだけど。でも、知り合いに言わせると、それも口に出してはいけないこと(ハリーポッターにもあるね)らしいです。難しいなあ。ハリーポッターの魔法の世界みたいな、、かんじ。

2012年06月30日

日本とサウジの有給休暇消化率

サウジ企業の場合?大会社の社員は、ほぼ100%に近いとおもいます。小さな会社や農村部では有給休暇の消化率は若干大会社よりは落ちるようです。これは、まったくの直感なので根拠はありません。

日本は?働き過ぎ…?どうすれば、日本人の有給休暇取得率は向上する?
http://blogos.com/discussion/2012-06-28/paid_vacation/
この文中に以下の引用サイトがありました。
国際比較、、
http://www.expedia.co.jp/corporate/holiday-deprivation2011.aspx
日本は、調査対象16カ国の中で最低の取得率でした。

日本で付与される平均年間有給休暇は11日で、平均消化日は5日。サウジでは、年間21日と決められているので、調査対象国ではちょうどアルゼンチンと同じですね。だいたい世界の標準じゃないでしょうか。で、アルゼンチンの有給消化率は95%。。。おそらく、サウジもだいたい同じぐらいじゃないかと思います。

サウジでは、病欠は有給休暇の21日に含めない有給休日対象ですので、けっこう「病院に行って来る!」と言って、翌日ちゃっかり医師の「休業診断書」をもってきて、「ね、有給扱い」という人が多いです。病欠による待遇の不利益はサウジの労働法できついご法度ですので、我も我も、と、病院に行く人は多いです。だから、30日ぐらい休んでいるので有給を完全に消化している!ーーと傍目に見えている人でも、実は有給は未消化で「病欠有給の追加」となっている場合があります。
サウジ労働法は、労働者の保護が日本よりも厳格で、法律ですから当然、国籍を理由に労働者の待遇に差をつけることもできません。サウジ労働法を読むと、日本よりいいなーーっと思います。

えーーっと、何の話だっけ?
あ、日本はなんで有給休暇の消化率が低いのか?いろいろ考えるに、働くのが偉いという文化なのかもしれません。ほら、昨今は就業形態が就労か無職か?正社員や非正規か?というつまんないことで人格や人生まで疑うような風潮があるでしょう。こんな偏った見方は世界でも日本ぐらいだし、有給の未消化が日本の特徴なら当然つながりはあるでしょうね。

2012年06月03日

刺青騒動の法的解釈が知りたい

橋下という、石原とはひと味違う意味でわからん人がいます。
いまはやりの、市の職員に刺青をしていると、、うんぬんという話題ですが、

刺青は合法であり、「刺青をしているだけ」で不利な立場を強いるのは違憲です。さらに刺青の有無を回答させることも含めて、おそらく19条、21条あたりに抵触しているのではないでしょうか。しかも、採用時に刺青云々の条項が無かったのが、違憲性を強めているはずです。

刺青をみせてxxを強要する、、のは犯罪です。これは、適切に処罰されてしかるべきですが、法的根拠のないものに対して、しかも公的機関において、さらに遵法精神の誓いをたてている弁護士でもあるトップがこんなことをすることにたいして、さぞや他の弁護士や法律家から異議が唱えられていると思いましたが、そうでもないようです。

私は刺青をしていないし、関心もないし、そもそも痛がりなので、刺青をみると「痛そう」としか思わないので、わざわざ刺青を入れる人の気が知れないのですが、やたら「法律で決まっているから」とお役所仕事しかしないところが多い公的機関で、わざわざ合法なものを取り締まろうという法的な根拠が知りたいです。

まだ、回答をしていない職員も居ると聞きましたが、不都合を与えられたら即座に法廷闘争を考えているとおもいます。むしろ手ぐすねをひいて不利益を待ち構えているのでしょうね。私も、裁判所がどのような判決を下すか非常に関心があります。

刺青そのものが他人に与える感情については、江戸時代を通じた儒教の影響が強いと思いますが、これを「市民感情」とみるか「宗教の影響」と見るか、こちらも裁判所での判決を見てみたいです。サウジは、もちろん儒教の影響などありませんから、刺青が?どうかしたの?というぐらいです。既婚女性の顔の刺青などアラブ社会でも民俗としても歴史はありますが、現在ではもちろんおおっぴらに見えるところに刺青をするのは市民感情的には好ましく思われていません。そこらへんは、日本と大して変わりがないと思います。

「入れ墨をやりたいなら個性を全面的に表現できるような民間企業に行けばいい。ファッションだから許せという見解には全くくみしない」という発言があるようです。
橋下、、、現在公務員で、個性全開で、自分の常識が法律に優先しているのに、ふーん、自分はいいんだ、、なるほど。


2012年05月16日

グローバル人材?

政府によるグローバル人材育成!

文部科学省と経済産業省が共同で事務局を務める「産学人材育成パートナーシップ グローバル人材育成委員会」(委員長:白木三秀 早稲田大学政治経済学術院教授)は、グローバル人材の育成に向けて「報告書」 〜産学官でグローバル人材の育成を〜 をとりまとめましたので、公表いたします。
http://www.meti.go.jp/press/20100423007/20100423007.html

「産学人材育成パートナーシップグローバル人材育成委員会」
http://www.meti.go.jp/press/20100423007/20100423007-2.pdf

によると、グローバル人材とは、

「グローバル化が進展している世界の中で、主体的に物事を考え、多様なバックグラウンドをもつ同僚、取引先、顧客等に自分の考えを分かりやすく伝え、文化的・歴史的なバックグラウンドに由来する価値観や特性の差異を乗り越えて、相手の立場に立って互いを理解し、更にはそうした差異からそれぞれの強みを引き出して活用し、相乗効果を生み出して、新しい価値を生み出すことができる人」

だそうです。

どうでもいいけど、金魚のフンみたいな長い委員会の名前や、パワポに書いた定義なのにだらだら長い文で、しかも最後のほうはなんか適当な目くらましみたい。「自分の考えをわかりやすく伝え」られないうちは、まだまだ、、な、ようにみえるぞ。

外国人の参加うんぬんを力説しているわりに、この委員会に外国人はいないし、、

2012年05月05日

相当に錯乱していたんだろう

窃盗現場の飼い犬で容疑者特定 兵庫、無職の女逮捕
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012050401001240.html

(引用はじめ)「兵庫県警西脇署は4日、コンビニでガスボンベなどを盗んだとして、窃盗の疑いで無職の女(51)=本籍、同県西脇市=を逮捕した。同署によると、女は4月27日朝、飼っていた小型のダックスフントを現場に残し逃走。捜査員が付近住民らに飼い主を聞き、容疑者として特定した。女は事件後、西脇市の住居に戻らず県警が行方を捜していたが4日午前、同署に出頭した。逮捕容疑は4月27日午前6時15分ごろ、西脇市内のコンビニでガスボンベやチョコレートなど5点(計約2千円相当)を盗んだ疑い。」(引用おわり)

何が起こったのか、きっと犯人にもよくわかってないと思う。
「気がついたら、こういう事件をおこしていた」と言うと、普通の事件だと「そんなことはないだろう」とつっこみを入れたくなるけれど、この事件については、もし犯人が錯乱していて自分でもわかってないと言ったら、「そうだろうなあ」としか答えようが無い。

ガスボンベとチョコレートというのもわからんが、ダックスフントを残すのもわからん。家に戻らないのも自首したのもわからん。なんか、へんなもんを食べたのではないだろうか。

2012年04月24日

尾張名古屋共和国構想、、だって。

尾張名古屋共和国構想:北名古屋市長「バス延伸」 河村市長に提案 「共和国」事務局も /愛知
http://mainichi.jp/area/aichi/news/20120418ddlk23010210000c.html

よくわからないことで有名な河村市長には、尾張名古屋共和国構想というものがあるそうです。名古屋市民以外にとっては、全くどうでもいいことのような気がします。

本当は、三河地方(岡崎や豊橋など)の反応が気になるところです。ライバルといえば長野の長野と松本、両毛の群馬と栃木、、浜松と静岡といった地域紛争(?)にはとても興味があります。

どうして関心があるのかというと、アラブの国境紛争も日本の地域紛争(?)も似ているからです。おそらく、バハレーンとカタルの間の島の領有権問題、カタルとサウジの国境問題、UAEとオマーンのアルアイン問題、問題棚上げであるサウジ東南部国境画定など、おそらく日本からみてバハレーンとカタルの違いなどそもそもわからない上に「似たり寄ったりなのに紛争なんてあるの?」という思い込みもあるのでしょう。ましてや軍艦がでるような、、とは思わないでしょう。

真剣に取り組んでいる人には申し訳ないですが、私には世界中の領有権や国境問題など、いまどき三河と尾張の境目の確定が境川なのかどうか?という問題の拡大版にしか見えません。
、、、にもかかわらず、尾張名古屋共和国?発想がよく理解できません。なんというか、、


2012年04月19日

野田さんに伝えよう、、誰?

ツイッターで、原発再稼動反対を野田さんに伝えようというのがあった。
野田さんて、どこの野田さん?

まーーったく悪意はないのだけど、ちょっと考えてしまった。
そう、今の首相の名前だったんだね。

影が薄いというか、すっかり忘れてたよ。


「もったいない」は日本だ!

バッグの取っ手が壊れて、それを日本で修理しようとおもったら相当な値段がかかるといわれて、サウジに壊れたままもって帰ってきた。サウジで修理したら、あっという間に終わり100円以下だった。

なんでもそう。
日本で洋服の詰めを頼んだら相当にかかったし、裾や袖の手直しも結構かかる。それなら買いなおしたほうが安いぐらい。電化製品でも、機械でも、なんでも修理するより買ったほうがマシということになる。
レストランや、コンビニや、ファーストフードからでてくる残飯の量は膨大で、気が遠くなるほど。

そんな日本が、「もったいない」を世界に?広める?

寝ぼけてるなあ、、、
よそのほうが、よーーっぽど、もったいないを実践しているのに。まずは、日本で「もったいない」を実践しよう。細かいところにはケチなくせ、大きなところでは浪費。政府も、ひつような人件費や経費を削って、どーでもいい業者を喜ばせるだけの計画に何十億も浪費している。
小さいところはどんだけ削ってもたいした額にならないし、それが直接生活に響くところもでる。だから、くだらない計画を1つ中止したら、それだけ分ぐらいにはなるんだよ。

調査捕鯨に毎年何億円もかけて、その周辺費用に何十億円もかけて、、、どんだけの人が鯨肉をたべているというのだろうか?「いま捕鯨をやめたら外国に負けた気がする」だけで続けているじゃないか。税金は一部の人だけでなく、もっと大勢の生活に直結したところに使って欲しい。
生活が大変で共働きしたいのに保育園が無く、待機になっている人がどれだけいることか。経済がたいへんだと社会整備費用が削られるが、本当は逆なんだよ。


2012年03月31日

便利な世の中より、生きやすい世の中

(引用はじめ)「訴えによると、男性は20年4月に入社後、大手飲料メーカーの清涼飲料水を積んでトラックを運転し、ノルマとして1日15台前後の自販機を巡回、商品を補充していた。ほかに自販機の故障や客からの苦情があれば対応しており、出発前の洗車や帰社後の商品搬入なども業務だった。
気象庁によると、20年7月の31日間のうち、大阪では最高気温30度以上の真夏日が24日間、35度以上の猛暑日は5日間あった。男性の両親に対し、会社関係者は「商品が一瞬で売れ、全員くたくただった」と明かしたという。
大阪西労働基準監督署は22年6月、自殺1カ月前の時間外労働(残業)が100時間を超えていたなどとして、労働災害(労災)を認定。運送会社の代理人弁護士は産経新聞の取材に「安全配慮義務違反はなかったと考えている。提訴されれば、きちんと主張して争いたい」と話している。」(引用おわり)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110905/trl11090506590001-n1.htm

便利さの象徴、自動販売機の補充業務をされていて過労死でなくなった方の記事です。この方は労災認定されています。多くの人が自動販売機には商品が入っているもの、コンビニには商品があるもの、宅急便は依頼時間通りに届くもの、それほど疑いもせずに、それがあたりまえのように便利さを享受しているけれど、それは自殺や過労死やサービス残業やうつ病の上になりたっていると思ったことはどれぐらいあるだろうか。

(引用はじめ)「JR福知山線脱線事故で、脱線した快速電車の運転士=当時(23)=の遺族が、労災申請の手続きを進めていたことが14日、関係者への取材で分かった。事故は今月25日に発生から5年を迎える。申請は5年が期限。関係者によると、遺族が2月中旬、JR西に対して運転士の勤務中の事故であることを証明する書類を要請し、JR西は書類を提出した。遺族側が遺族給付の支給に向けて、準備を進めているとみられている。
運転士は、運転中に駅での停止位置をオーバーランしたため、車掌との無線の報告に聞き入り、ブレーキ操作が遅れて事故を起こしたとして、兵庫県警が平成20年9月に業務上過失致死傷容疑で書類送検したが、死亡により不起訴となった。(2010年4月14日 MSN産経ニュース)」(引用おわり)

72人が亡くなり、443人が怪我をされた福知山線脱線事故。運転士のご遺族は、亡くなられた方の手前もあり、申請期限の5年、労災申請をするべきかどうかきっと相当にためらわれたと思います。きっと、過労の末の事故で、お金より運転士がどう死んだかという証がご遺族には必要だったのでしょう。

やすやすと、日本の製品は品質が良い、電車は時間通りに運行される、そんなことが日本の自慢などと考えないで欲しい。それを自慢することが、それを支える多くの人に強制された自主性が襲うことになるのだから。

年に3万人以上が自殺を強いられるような便利な世の中など、なんの意味もない。人間より社会が優先されている、、全体主義そのものではないか。

便利でなくてもかまわない。ひとりひとりが生きやすい世の中であって欲しい。


2012年03月30日

日本は住みやすい国なのか

こればかりは、人それぞれだと思う。

しかし、世の中や人生に絶望して年3万人を越える自殺者がいて、世界でも稀な過労死という死ぬまで働かされるか、病気になるまで働かされる現象がある。対価のないサービス残業という世界でほとんど日本だけという法律違反がまかりとおり、それが全然珍しくもないとされる。成人はだいたい一日の多くの時間を仕事することで過ごすが、その仕事環境は、、、つまり、人間性を相当に無視されたように見える。気のせいだろうか?

ふつう、これだけ書いたら、日本は相当に住みにくく、しょっちゅう暴動が起きてそうに思えるが、そうでもない。逆に日本ほど住みやすい国は無いという人も大勢いる。わからんが、私の感覚がおかしいのだろうか?それとも世界中がこんなもんだと思っているのだろうか?


多くの人の言うことを聞いてみると、たんに「日本は便利な国」じゃないか?住みやすいかどうかは便利かどうかとは関係ないぞ?


いくらなんでも、世界トップレベルの自殺率の国が住みやすい国だとは、いえないだろう。きっと、「古き良き日本の幻想」という、いままでに一度も実現したことのない幻を信じ込まされているのだろう。本当は自分が死んでいることに気がついていない幽霊が、ひどく身近に感じる。

ここのところ、ずーーっと、日本の自殺率の高さが頭から離れないです。世を信じられず、他人を信じられず、自分を信じられず、このぐらい悲しいことは社会にはないのに。



2012年03月26日

平安名純代記者

(引用はじめ)「第16回新聞労連ジャーナリスト大賞(主催=新聞労連)の授賞式が25日、東京都台東区の台東区民会館で開かれ、「ワシントン発一連の基地報道」で優秀賞に選ばれた沖縄タイムス社の平安名純代・米国特約記者(代理=黒島美奈子・沖縄タイムス労組委員長)、「不発弾処理問題」で第6回疋田(ひきた)桂一郎賞に選ばれた沖縄タイムス社南部総局の大野亨恭(あきのり)記者に賞状などが贈られた。(中略)
新聞労連ジャーナリスト大賞は平和・民主主義の確立、言論・報道の自由などに貢献した記事に贈られる。平安名記者は「記者は常に掘り起こすべき事実と隣り合わせている。事実を掘り起こす旅に終わりはない。栄えある賞の重みを深く受け止めたい」とコメントを寄せた」(引用おわり)

沖縄タイムス
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2012-01-26_28987/

1月26日の記事でちょっと古いですが、現在のジャーナリストの屈指、平安名純代(へいあんなすみよ)記者が新聞労連ジャーナリスト優勝賞に選ばれました。

新聞社の労連が選ぶものですから、マイナーといえばマイナーですが、目の肥えた記者諸氏をうならせる記事を書くという意味では、これ以上の名誉はちょっと見つからないといっても過言ではないです。

「事実を掘り起こす旅に終わりはない」

平安名記者、、、受賞の言葉すら重みにあふれています。
在米の特約記者ですが、目が話せないほど魅力にあふれた記事があります。下のURLは平安名記者の名前で検索した沖縄タイムスの記事です。

http://www.okinawatimes.co.jp/search.php?cx=partner-pub-6958965004991882%3Amod3muix2nd&cof=FORID%3A11&ie=UTF-8&q=%E5%B9%B3%E5%AE%89%E5%90%8D%E7%B4%94%E4%BB%A3&sa=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&siteurl=www.okinawatimes.co.jp%2Farticle%2F2011-08-07_21757%2F&ref=www.magazine9.jp%2Fokadome%2F110810%2F

例えばこちら。
「米豪、在日米軍基地攻撃を想定し演習」
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-08-08_21782/

つまり、日本の米軍基地が攻撃され、米軍はオーストラリアまで撤退して体勢を整えて反撃するという演習です。日本人はどうなるの?しったこったねえ!という演習です。米軍は沖縄が攻撃されてオーストラリアまで撤退することまで想定しているのに、日本はねー、なーーーーんにも想定してないだろうし、なんかあっても、想定外!なんだろうね。なんでもそうだし。


2011年12月15日

絆、、でしょうか

今年の漢字は「絆」だそうです。
なるほど、人気あった漢字ですから妥当なところじゃないですか。

ただ、考えが違って「絆」を解こうと思っても、なんか大騒ぎになりそうですね。
一度、絆を結んだが最後、一生離れられないイメージがあります。
それに「絆」に文句をつけたら、粘着されそう。

もっと、軽い「つながり」で、いいんじゃないのかなあ。
人も変わるものだし、どんどん変化するだろうし、絆だと重いなあ。


2011年12月10日

アパ論文元空将の最近

名を挙げるだけでも気が重くなる、「耐震偽造アパ論文元空将」(本名より長くなったがまだまし)のツイートを偶然目にしてしまいました。

「12月10日産経新聞一面に大阪大学の先生が囲み記事を書いています。日本が米国の忠告を聞かずやらなくてもいい戦争をやったと彼は認識しているようですが、この手のアメリカの歴史観が日本の自立を妨げていると思います。親中派に対して保守派と言われる人の多くはアメリカ派なのです。」
http://twitter.com/#!/toshio_tamogami

米国の忠告はともかく、「日本がやらなくていい戦争をやった」のは間違いありません。

結果として、東京大空襲では一夜にして10万の方が亡くなられ、広島原爆では1発にして14万人の方が亡くなられ、あわせて80万人以上の方が空襲で亡くなられています。老若男女区別なく、生き残った国民全員の心と体に傷をうけ、病に苦しめられました。戦地では230万人の兵士が戦病傷死されています。

命と引き換えに得たものは何もありませんでした。
全く、何もありませんでした。

昨今の原発の報道をみても、政治をみても社会をみても、「教訓ひとつ得なかったこと」がよくわかります。失われたものの多さを見たとき、教訓ひとつ得られなかった愚かしさは悲しさ以外にはありません。教訓ひとつなかったことの証左は、この元空将かもしれません。


これは、「日本はやらなくてよい戦争をやった」以外に表現はありません。


アメリカ史観が日本の自立を妨げている?この人は有名になった中学生作文レベルのアパ論文と同じ事をくりかえしていますが、仕掛けられただの陰謀だのぐちゃぐちゃ言っても、「結果」どれだけの命を失って何も得るものが無かった事実の前には、なんの声もでないはずなんですけど、、

理由もなく犠牲になった方の遺志にこたえるためには「多くの命を奪った<戦争という不条理>に対する憎しみ」を全身で表明するしかありません。戦争なんてまっぴらごめんです。