The Redang Telegraph

2017年02月06日

Lion Dance 獅子は舞うばかりではない

Having a lion dance team

IMG_6850.JPG

お正月の吉例といえば、獅子舞。
うちの建物にも獅子舞がやってきました。ああ、獅子の中に入って踊ってみたい!今年の獅子舞は去年とは違うところ、

お正月といえば、蜜柑。

IMG_6840.JPG

各部屋で邪気払いを行った後、、

IMG_6843.JPG

蜜柑に襲いかかる獅子、、獅子は蜜柑好き。大好き。狙いをすまして、、

IMG_6868.JPG

飛び掛かる。そして、食事中。

IMG_6870.JPG

去年の獅子は食べ方がダイナミックで、皮は盛大に吐き散らかして、獅子の豪快さを見せつけてくれました、、が、

IMG_6882.JPG

なーーーんと、今年の獅子は、非常に行儀が良くて、皮はきちんと集めて、中身で、、




しかも、花柄まで、、
こんなラブリーな獅子、見たことない。マナーの良さは驚くほど、きっと獅子の飼い主がお行儀を仕込んでるんでしょう。

IMG_6879.JPG

獅子といえば、豪快に食べ散らかすものと思ってたのに、皮は集めてとか、、、獅子によって性格の違いってあるんですね。

2017年02月05日

Saturday Night @ Dataran Merdeka ムルディカ広場の夜

"the best spot in KL"

IMG_6922.JPG

土曜日の夜、ムルディカ広場近くの地下鉄の駅の前ではRakyatのパーティ。

IMG_6912.JPG

かなり盛り上がっていて、最初何かとおもった。

IMG_6913.JPG

賑やかだなあ、、

IMG_6911.JPG

Masjid Jamak駅のところでは夜市 Pasar Malamがあって、ここはインド系(、、というかバングラ系?)の人が多い夜市です。場所柄ですね。そこを通り過ぎると、ムルディカ広場からも大音量。

IMG_6917.JPG

観光地前が屋台ロードに変わってた、、遅い夕食を食べているとどこからともなくアラビア語が?さっそく、得意技、ニコニコしながら、話に割り込みます。イエメンとエチオピアから来た学生さん達が4人。サウジ出身のイエメン人とはさっそく、サウジの話題で盛り上がります。FBで友達申請、、、。今、なにかとニュースのアメリカのこととかは話題になりません、アメリカのこと考えるとメシがまずくなるよね。

IMG_6915.JPG

ぐるっと回って、、

IMG_6914.JPG

ムルディカ広場方面、、、

IMG_6920.JPG

みんな楽しそう、、もう夜11時過ぎてるけど、人はふえるばかり。2時ぐらいまでは人がいるそうです。
土曜の夜は、健全なムルディカ広場で遊ぼう!アブドサマドとか観光資源も豊富だし、昼とはまた変わった様相で、むしろ夜のほうが雰囲気もあるし、盛り上がりもある。昼は暑くて、反射で白っぽくて、いまひとつ。

Masjid Jamak駅からムルディカ広場まで、土曜の夜は超賑わい。

IMG_6918.JPG

2017年02月02日

Lion Dance マレー系の獅子舞

Chinese New Year is much more popular in nation wide.

FD88C521-8033-4744-84A7-54EAD23AEFAA_1.JPG

新年といえば獅子舞。
マレーシアでは長らく中国正月といえば華人のお祭りというイメージ。で、それは今でも大筋はそのままです。でも、今やお正月を祝うのは華人だけじゃありません。もともと、ベトナム、韓国、日本といった華人文化の影響を受けたところはお正月を祝っているし、マレーシアだってお祭りにはみんなで楽しみたい!

獅子頭に入っているマレー系のヒジャーブを被った女の子。かわいい姿が写真に載ってました。もちろん、イスラム教徒です。実のところ、私はこれまで獅子舞の楽器担当として多くのインド系、マレー系の人たちを見たことがあるし、いいなあと思ってましたが、獅子担当にもいるのですね。案外外から見えないからわからないだけで、もっと居るのかもしれません。

、、、、ということで、何が言いたいかといえば、「私もやってみたい」です。獅子舞は街に「獅子舞教室」があってかなりの練習が必要だし、中にはアクロバットもかくや、という獅子舞もあるけど、初心者でもできる獅子舞はないかなあ。


2017年01月31日

Gua Charas チャラス洞窟

Visited Gua Charas / Bukit Charas after Sg Lembing.

IMG_6655.JPG

山頂で見たGua Charasを降りてから行きたくなりました、いつもどおり無計画。

IMG_6640.JPG

このあたりは、牛の放牧で有名。いついっても大量の牛。

IMG_6704.JPG

入口まで来て、駐車料金も払い、いざ洞窟に行こうと階段に足をかけたところで豪雨が。。。そういえば、2年前に来た時も、ここで豪雨だったのを思い出しました。30分ぐらい車から出れません。また今度来ればいいか、、とも思ったけど、3リンギの駐車料金を払ったばかり。けち臭い根性で、そのまま車の中で待機。岩肌と植物を見続ける30分でした。

IMG_6691.JPG

雨が小降りになってきたので、いざ洞窟へ。ちょうど、私とは逆に雨のため洞窟に降込められた人たちが、ぞろぞろと、でてくるのとすれ違いながら、、

IMG_6660.JPG

この聖地には、恐竜の狛犬、、じゃない狛竜がいます。前回来た時もびっくりしたけど、これはタイ仏教の影響??タイには恐竜の像が多いです。タイ旅行中、うっかり気が付かないと恐竜に囲まれてたりしました。

IMG_6658.JPG

この石灰岩でできた岩山は、中腹の裂けめが洞窟になっていて、各種宗教の祠となっています。ヒンズー教、仏教、道教の三宗教合同の聖地。

IMG_6664.JPG

お祀りしているリンガ

IMG_6676.JPG

しばらく歩くと、自然のリンガ。リンガ通りという看板まである、、

IMG_6668.JPG

石灰岩なので、石筍はあちこちにあって、リンガやリンガ候補には事欠かない地形。広々とした洞窟内は気持ちいいです。

IMG_6683.JPG

リンガの後ろの影?色が変わったところもご神体だそうです。

IMG_6684.JPG

リンガ以外のヒンズー系

IMG_6666.JPG

入口を振り返ると、、こんな感じ。涼しくて気持ちいい。

IMG_6681.JPG

どんどん奥に行きます。

IMG_6673.JPG

道教の像、、

IMG_6667.JPG

善男善女がお祈りにきてました。

IMG_6679.JPG

そこかしこにある仏像、、文字はタイ語?わからん。

IMG_6675.JPG

一番奥は涅槃像です。なーんとなく、タイ仏教風。

IMG_6671.JPG

涅槃像の上に、、仏像があって、真ん中の像は、、仏像?お坊さんの像?私の知っているかぎりの仏像は、多毛で、髪の毛を結い上げてお団子にして盛っている、、か、、僧形で全部剃っているかだった。で、この真ん中の像は、、、前髪が後退した髪の毛の薄い像。髪の薄い仏像はこれまでに見たことなかったけど、、これは?

IMG_6672.JPG

まあ、いいや。中はいろいろと補修が行われていて、岩山の下から資材が揚げられて、、

IMG_6689.JPG

このケーブルが暗い洞窟に張ってあって、またそれが緩んでたりして、ちょっと怖かった。ぐるぐる見て回って、外にでて、、

IMG_6687.JPG

一息、、、

チャラス洞窟は、マレーシアの屈指の観光スポット、バトゥケーブの小型版。あちらほど階段を上る必要はないし、お手軽。2年に1度来るぐらいでちょうどいいかも。ほっとんど変化はない、、というか、2年前と違うところなんかなかった。ただ、タイ旅行もあったりして、仏教の知識も少し増えたので、なるほど、あれは、これか、、と理解できたところがいくつかあったというぐらい?

IMG_6651.JPG

もう、雨は完全に止んで、よかった。


2017年01月29日

Flood in Pahang パハンの洪水

I visited Pekan, Pahang and found flood everywhere.

IMG_6617.JPG

2週間前の180km自転車イベントで傷ついた手首も回復し、久しぶりの日曜サイクリング。いつものコースを走ります、約100キロ。しかし、Pekanの洪水がすごい。自転車を止めた隣、、川みたいに見えますが、ここは川じゃないです。もともと畑です。が、今や池になっている。ずーーーっと奥まで全部水に浸かっているから、川どころじゃない池です。

IMG_6610.JPG

田んぼは、、、湖、、、、唖然とします。

IMG_6621.JPG

水門は、、もはや水門の上まで水で覆われて門そのものが水没しているので、全く水門の役割を果たしてません。

IMG_6623.JPG

道は水没し、ゲートから先は、、水の中

IMG_6606.JPG

1月後半の雨は、パハン州を徹底的に痛めつけました。前の日とこの日の2日間は晴れて雨が降ってないので、だいぶん水は引いたと思うのですが、、、

駐車場が、、駐艇場になってる、、

IMG_6614.JPG

おそらく、昨日と今日の晴れで水が引いたんだとおもうけど、まだ辛そう、、家の人は泥の掻き出しをしてました。

IMG_6611.JPG

道路には、車が一杯駐車。ここらへんは農民の村で、家の敷地は広いので路駐なんて普通はありえないです。が、駐車場が水没しているのです。

IMG_6624.JPG

これまで、洪水は東海岸でも北のトレンガヌとかケランタンとかで、パハンは比較的ましだと思っていたのですが、ニュースによると、パハンは広域で危機的な状況らしいです。ここにも消防から人が来てました、、

IMG_6615.JPG

IMG_6620.JPG

今日の作業は、、

IMG_6619.JPG

ボートが2台って、これのことか、、

IMG_6616.JPG

貸し出し用救命胴衣が緊迫感をそそります。まあ、その間にナシランマを食べてるけど、、もちろん腹ごしらえも必要なこと、、

IMG_6618.JPG

普段なら、水が流れてない水路も、泡立った水が轟々と流れてる。いつもの姿を知っているから、びっくり、、

IMG_6603.JPG

洪水は、、なんというか、すごい。まるで悪夢のよう。

ラベル:マレーシア

2017年01月28日

Beserah べセラ@クアンタン

Beserah is a famous beach in Kuantan. Calm water is good for wind surfing, paddle board and kite surfing.

IMG_6473.JPG

べセラといえば、クアンタンの中でも有名な海岸です。比較的穏やかなので、ウィンドサーフィンやカイトサーフィンに適して、こっち系のアクティビティがいろいろあります。

しかし、べセラといえば水牛と思っている人が多いです。もちろん、私もその一人。だって、観光案内では必ず、べセラといえば、水牛の写真を使っているから。下も観光案内からの写真、

1.jpg

たまたま、一緒に働いていた人が生まれも育ちもべセラの人。それで、すかさず、、べセラといえば水牛だよね、生活で水牛使っているの?と聞いたら、目を丸くして、、

べセラが、、? 水牛、、? べセラで水牛なんて見たことない。


え?だって、観光案内ではべセラといえば水牛だよ、、ほら!といってパンフを渡すと、むさぼるように見て、、

「知らなかった、、生まれも育ちも今もべセラだけど、水牛で有名だなんて聞いたこともなかった。このパンフは、いったい何だろう。自分の生まれる前の写真かなあ。いっとくけど、こんな水牛とか水牛車とか、見たことも聞いたこともない、、やらせじゃないの」

、、、、ということでした。私は彼にべセラのどこに行けば水牛車が見られるのか聞きたかったのだけど、むしろ、彼から聞かれてしまった。うーーん、こういうことはありがちかもしれん。

Gong Xi Fa Cai 恭喜發財 2017

Luna New Year's day today. Happy new year to all.

IMG_6466.JPG

今日は中国正月、、というか旧正月の元旦。あけまして、おめでとうございます。
ラジオでは、中国正月というと華人のお祭りのようだけど、旧暦正月といえばみんなでお祝いできるよね、、だからLuna New Yearって言おう、、と言ってました。

マレーシア恒例の新年のパーティ、、イーサン料理も頂きました。

IMG_6443.JPG

今年は、酉年。雄鶏、金鶏、、いろいろニワトリの意匠が町を飾ってるけど、たまたま、久しぶりのサイチョウを見かけました。目の前に、ばさーーっと降りてきて、、、だから、私的には「サイチョウ年!」

B7E4BC33-798C-42E8-8D1F-2A12D2D5B6B3.JPG



Malaysian "K" is Ain in Jawi マレーシア語のK

Bahasa is using "K" as replacement of Jawi "Ain". So we must call " Pahang Darl Mam'ur " or " Bank Ra'iya" . Arabic is normally "'" as showing "Ain". but not all can replaced.

IMG_6596.JPG

マレーシア語は私は全然わかりません。でも、アラビア文字が読めるのでマレーシア語のジャーウィーは普通に読めます。それで、マレーシア語のアルファベットで書いてあって、何と発音するかわからない時、もしジャーウィーが併記してあれば、ああ、こういう読み方するんだ、、とまるでルビがふってあるよう。ただ、意味がわからないけど、、、

最初にマレーシアに来た時から、すーーーーーっごい気になってたのが、マレーシア語の”K”。
パハン州は、パハン・ダールルマクムールっていうけど、このマクムールの意味が全然わからなかった。アラビア語由来だと思うのだけど、マクムールって何?辞書で調べたけど載ってない。

あるとき、ふと、ジャーウィーを併記で書いてあるのを見て愕然、なんとKはアインじゃないか。だったら、Kじゃなくてアインで調べればいいんだ。なーるほど、、、ということで後はイモづる式に疑問が氷解。

マレーシアの「食遺産」には、ナシランマとテタリが認定されているけど、Teh TalekのKも多分アインだと思う、Kを読まない人が多いし、、ジャーウィー式なマレーシア語を使うケランタンでは、テータリウっていうしね。ただ、メンドクサイけど、アラビア語由来じゃない場合は、KはちゃんとKと読む。全部が全部アインと置き換えていい訳じゃない、カーフもやっぱりKだし。

マレーシア語の中にアラビア語由来の言葉は5%以上あると思うけど、おかげでジャーウィーの語尾がターマルブータだから、語尾のTを発音しないケースとかわかりやすい。ちなみにジャーウィーにはターマルブータは無いみたい。

でも、バンク・ラクヤが、まさか、、、バンク・ラーイーヤ。ラクヤの表記がジャーウィーじゃなくてアラビア語のまんまとは知りませんでした。ターマルブータがついてるやん。マレーシア語の文章の中に英語が混じっているのを見かけることがあるけど、ああいった感じ、ジャーウィーの中にちゃっかりアラビア語が混じっている。




ラベル:マレーシア

Flood in Malaysia マレーシア浸水中

On Radio, Everywhere in Malaysia is been covering by rain water.

IMG_6591.JPG

12月終わりから1月初めにかけての豪雨がマレーシアの洪水、、、じゃない。今も、毎日、今日はあそこが浸水した、昨日はどこの川が決壊した、、、集中豪雨でどこの街が床上浸水、、、毎日、毎日、被害の報告がニュースから流れます。

もともと、長期予想で、今年はラニャーニャでひどい水害をもたらすから12月から3月にかけて水害に気を付けるようにという警戒はでてた。だから、今年はすごい雨が降るだろう、、というのも知ってた(ある意味、気象予想ってすごい)。

目の前の河が溢れて、家々が沈むというのはニュースや映画でも繰り返し流れる。ある意味、良く見かける光景と言えるかもしれない。だけど、自分が水に浸かるまで、それがどれだけの質量を持ったものなのか想像もつかなかった。こんな悲惨なことが毎日この国のどこかで繰り返されているとは、おそろしいことだと思う。何か、手伝えることは、なんでもやりたい。

ラベル:マレーシア

2017年01月23日

Bandar Sungai Long スンガイロンの年の瀬

"Bandar Sungai Long is a main township in Kajang, Selangor" quoted from Wiki,,,nothing add. It is a huge town if I compare to Kuantan.

IMG_6483.JPG

KLのはずれのKajang市。その主邑は、Bandar Sg. Longです、、とWikiに書いてあった。そのとおり、まるっきりWikiの記事どおりの街です。チューダー朝を思わせる商店街がすこしおしゃれです。この町はゴルフ場を中心に、レジャーをコンセプトとしてる、、と、Wikiに書いてあった、、、なんか、そのとおりです、、としか、いいようがない。

IMG_6489.JPG

この場所にはUTAR大学で行われるコミックフェスタの為に来たのですが、そうでもなかったら一生来ることがなかったと思います。日曜で朝市が賑やか。中国正月前の最後の週末。年の瀬感満点。

IMG_6582.JPG

買い物から帰る人をみると、掃除道具を持った人が圧倒的に多い。晴れた年の瀬の休日とくれば、掃除。この町は人口1万。ほとんどが華人系だそうです(、、とWikiに書いてあった)

IMG_6487.JPG

IMG_6517.JPG

そして、新しい台所用品。新年に新しいまな板なんていいですよね。

IMG_6486.JPG

もちろん、お正月飾りも、、、え、パイナップルの盆栽飾り?さすが、南国ならでは?

IMG_6488.JPG

お正月のお菓子も、、この歯ごたえ抜群のイモ羊羹

IMG_6481.JPG

もちろん食品も、、

IMG_6485.JPG

商店街の端で、大学の敷地の一番外、境界に立つ彼。、、お正月イベント用の服装?それとも、コミックフェスタのコスプレ?場所も微妙ながら、服装も、時期も微妙、立ち位置も微妙。彼が、中国正月に屬する人なのか?イベントのコスプレーヤーに屬する人なのか?この日の最大の疑問でした。

IMG_6518.JPG

2017年01月14日

CNY 中国正月2017

Chinese New Year comes after two weeks.

038FB838-56E5-493F-B551-8683C518FEA7.JPG

あと2週間寝るとお正月。みんな心待ちにしているお正月です。
ショッピングモールでの飾り付けは真っ最中。

24D47D63-7E1D-4694-85E2-22FF1F6D1FD8.JPG

干支はRooster 雄鶏です。なんか久しぶり(12年ぶりだもんね)。12年前は、どこで何やってたのだろう。サウジの、まだ東海岸にいたころです。うーん、もう遠い昔。

FA4E89C1-CD4C-4A7E-9A7F-2A013C9F0F39.JPG

12年前は、まさか自分がマレーシアで酉年を迎えるとは思っても無かった。

7B971042-DA4F-459F-B5E0-E2E7097B5D05.JPG

この次の酉年というと、いったい、どこで何をしているのか、全く見当もつかないです。まだ生きてるといいね。お年玉袋はポケモンが活躍。12年前、そして12年後と考えたら感慨深い。ポケモンもどうなってるのでしょうね。

DA0EDD65-DF0F-4B3F-82B0-6499B9D9F978.JPG

2016年12月22日

Christmas Gift マレーシアのクリスマスプレゼントは何?

Visiting shopping mall.
Flying Santa without sled and raindeer. You can fly yourself !

9DDAC895-6C0D-4274-861E-282541261BF6.JPG

マレーシアのクリスマス。子供たちのお待ちかねは、もちろんサンタさんのプレゼント。
、、もちろん。お菓子。これはサンタさんからというより、むしろお父さんお母さんからのプレゼントだね。

4C05C745-2665-4925-8910-EFC82D2BDBA2.JPG

サンタさん、、、どうぞ私にプレゼントをお与えください。宝くじの大当たりがいいです。。。とかいうのはきっとダメだろうなあ。ああ、それだったら、私のお腹の脂身を持っていってください、好きなだけ持っていっていいです。欲しがっている人がいれば、あげてください。

E7C51A0B-AE51-46E0-A185-D78F3CC6795A.JPG

子供たちが欲しいもの、、、学校でつかうものとか。

E0BA3812-D779-4097-8161-297435D10DDC.JPG

家では、、定番のパジャマだね。プレゼントはパジャマできまり!

F55E27C1-1322-4609-994F-AF5EEC8A12F2.JPG

売り場面積が日々広がっています。楽しそうだね。

B378ABFF-A255-4206-BCA1-AB64BE21EF3C.JPG

Merry Christmas クアンタンのクリスマス

Merry Christmas

IMG_5806.JPG

我が町、クアンタンにもクリスチャンは大勢住んでるし、教会もそこそこあります。カトリック系、福音系、バプテスト系、聖公会系、メソジスト系、長老派、、その他。うーん、指を折って数えるとキリスト系諸派けっこう出そろっている気もします。

そしていよいよクリスマス。みんな大好きクリスマス。クリスチャンは言うに及ばす、仏教徒もムスリムもヒンズーも、みんな大好きクリスマス。

0B51647F-F083-4F89-8641-D242D0168D83.JPG

クリスマスはバーゲンがあるし、お菓子も出回るし、ギフトも出回るし、みんな優しい言葉をかけあうし、私も大好きです。

B1AC2207-A5D6-4F3C-BC90-8DAFC9EC88FE.JPG

ちかくにあるカトリック系聖トーマス教会の付属学校。ここは私学でSMKじゃないです。校舎の入り口にはきれいな飾り付け。そばの警備の人に、写真撮っていい?って聞いたら、喜んで撮らせてくれました。

IMG_5807.JPG

大都市のホテルのような飾り付け、ショッピングモールのような飾り付けはないですが、素朴さが素敵です。
メリークリスマス




ラベル:マレーシア

2016年12月21日

No rule カオス解消?

8 roads junction without signal or roundabout. but now we have new roundabout.

IMG_5793.JPG

少なく見積もって8本の通りが交差しているところ。私の部屋の真下の道。
繁華街なのに、ランダバウトも信号もなく、事故もなく(しかしギャングの射殺事件はあった)、なんとなく雰囲気で車を動かしているところですが、あたらしくランダバウトができました。やっと、、というべきか。

しかし、小さなランダバウトでは状況はあんまりかわらずです。まあ、しかたない。
いまでも、ここは、なんとなく雰囲気で運転しています。

ラベル:マレーシア

2016年11月26日

What are they doing ? 何してるんだろう

I found a crowd. So I came to them. Curious ,, just curious.

DSC00814.JPG

Pekanの町で人が集まっているのを発見。
そのまま、、過ごすことができません。いずれ、この好奇心で身の破滅になりそうな気がしますが、いまのところは大丈夫です。さっそく、群衆のあつまっている中にいき、受付らしいところで、セルフィー

61B10CD4-48C5-421B-9108-69E32F99E679.JPG

、、、で、ところで、この集まりはなに?

DSC00812.JPG

なんだか、交通局の関連のなんだからしいです。けっこう、地味な内容を言ってたけど、それでこんなに人があつまるものなのだろうか? 正直、、よくわかりません。でも、面白そうだからいいや。

51895BBE-512E-4F34-918B-FC8485218641.JPG

ま、いっか。良く分からないけど看板を一杯写して、あとで誰かに写真を見せながら、これがなんだか聞けばいいや、、こんなもんでしょう。

51895BBE-512E-4F34-918B-FC8485218641.JPG

Book Fair ブックフェア

There is a book fair in Mega mall in Kuantan.

50C15173-E581-4D15-A16E-92AD95623344.JPG

中東では本屋さんが少ないのでブックフェアがまとまった本を買うチャンスとなってなかなか見逃せません。貴重な本や古書の掘り出し物もあります。が、マレーシアでは本屋さんがそこそこあって、希望する本が無い場合は個人でアマゾンからの取り寄せ、、ということになります。

昨日からモールでブックフェア。Popularが1社だけで開催しているので売り場面積はそう多くはありません。売れ残り本のバーゲンというところでしょうか。でも、なかなかいい本が20% offとかで売っていて、集まった人は多いです。

6C41EE85-853E-4892-A3FD-D0302F46C055.JPG

ハリーポッター本が全巻、、大安売りだった。その昔、新刊で出たときに結構なお金を出した同じ本が、こういったバーゲンで安売りされているのを見るのはちょっと悲しい。まあ、いまさらハリーポッターねえ、、というのもあるのでしょう。

中国語の本で、日本の本の翻訳ものを何冊もみかけました。帯に「書店がえらぶなんとか大賞」みたいな売り文句もあったりして、おもしろい。ちなみに「君の名は。」はありません。

面白かったし、今日も、明日も、開催中は毎日いこう!

31A858FD-B861-4ECC-AB3C-FF23393B5CEC.JPG

2016年11月25日

Pajamas パジャマ

Children loves Pajamas in Malaysia.

A3ECAF68-2604-4F0F-A2FC-9AA7BF7491D5.JPG

マレーシアは知る人ぞ知る、、パジャマ大国。さすがに大人でパジャマ姿の人を外で見かけることはちょっとないけど、子供、特に学齢以下の子供については「パジャマが制服」じゃないかと思うぐらい一般的。

なんとなくわかる。楽だし、汚れてもまあパジャマだし、クリスマスとかハリラヤとかになると「よそ行き用」のきれいなパジャマの売り出しがあるし、お土産にもいいみたい。サイズとか多少合わなくても少し大きめにしておけば、子供なんてすぐ大きくなるし、サイズが違っても兄弟が着れるし、便利だよね。

すっごいお洒落なモールでも、パジャマの子供たちは普通にいるし、すっかり溶け込んでマレーシアの風景の一部になってる。なんかいい感じ。

2016年11月19日

Super Moon スーパームーン

I took a photo for supermoon in Kuantan.

RIMG0589a.jpg

前日、「明日はスーパームーンだ」と覚えておきながら、当日はころっと忘れてたという、、私にとっては非常によくある事態に陥りました。これは、家族の誕生日とかでも普通にあって、今では誕生日のかなり前から「おめでとう」と思い出すたびに口にして、当日忘れても相手に与えるインパクトが軽減されるようにしています。

そして、翌日の明け方、まだ日が昇る前、、窓から大きな月が!

は!そうだ、昨夜はスーパームーンだった。というか、まだ夜明け前だから、「今夜」のうちに含まれるか?
やっぱり、流行りものに弱いので、スーパームーンの写真撮らなきゃ。ということで、撮りました。手持ちのコンデジで、設定もなんもない、オートで。

こういう、スーパームーンをなめたような写真は、それ相応にいまみっつぐらいの出来にしかなりません。撮影場所も選んで、一眼レフで、三脚やレリーズを付けたような人が撮るような写真はとれません。それどころか、スマホとかにも大きく負けてます。

インスタグラムとかFBとかに投稿された写真をみると、息をのむほど美しくて、同じ月を撮ったものとしては自分の写真の出来に愕然とします(、、というほど気合を入れて撮った訳じゃないから、しょんぼりするのも2秒ぐらいだけど)。

同じモデルさんを撮っても、プロはすごくきれい。同じ風景でも、プロはすごくきれい。同じ月でも、プロはすごくきれい。。。なるほど、これだけカメラが世間に大量にでまわって、だれもが写真を撮るのに、プロのフォトグラファーという職が無くならないのも道理です。

2016年11月18日

レダン島のきょうだい

Sister and Brother. There is a big difference @ Redang Island.

おなじお姉さんでも、下が妹と弟では、大違いだということ。

IMG_4979.JPG

お姉ちゃん、、大変。

IMG_4983.JPG

2016年11月17日

Just watch lah. ただ見るだけ

The event I did not participate although I planned it.

RIMG0580.JPG

KLで行われた自転車イベント。
参加しようか、参加しないでおこうか、、と、最後まで決めきれず。
結局は、参加締め切りがきてしまったので、なし崩し的に参加しなかった。

参加しない言い訳としては、その日バイクで出かける予定で、バイクに自転車は積めないからとか、距離が40キロということは、長距離系の私としては短距離スプリンターについていけないだろうなあ、とか、いろいろ自分を納得させることを考えてましたが、結局はダラダラ決めきれず。

場所は、いつもの独立広場=Masjid Mamek。しかも当日、その時間にそこにいた。

DSC00735.JPG

参加者で一杯なのを見ると、、ああ、やっぱり参加すればよかったと思う。
今度から、迷ったら「参加」としよう。参加できなかったら、お金がもったいないけど、とりあえずそれだけだしね。

この界隈の夜から朝にかけては、ホームレスの人がたくさんいます。他にはどこにいるのかKL住民でないので知らないのですが、、、

RIMG0581.JPG

治安がいいのか、悪いのか、よくわかりません。きっと、ものを盗まれたり、怖い目にあったりすると「ここは2度と近寄らない治安の悪い場所」ということになるのでしょうが、ここは大通りで夜中も車どおりが多からず、少なからず、治安は悪くないと思います。ホームレスの人たちも、きっと治安の悪い所は恐くて近寄れないのだと思います。

ともあれ、イベントは朝が早い。朝ごはん。

RIMG0584.JPG

Monsoon モンスーン

2016-2017, "La Nina" may be in this season.

RIMG0546.JPG

例年、マレーシア半島部のダイビングシーズンは10月末でおわり。
そして、11月から来年の3月ぐらいまではシーズンオフで、サービスショップはほぼすべて閉まってしまいます。形だけの営業でもやってません。本当にクローズです。

なんで10月末で?というと、マレー半島東海岸はモンスーンに突入するからです。ちなみに、マレーシア半島部では、ダイビングスポットは東海岸にしかありません。タイは西海岸のクラビ、プーケット、東海岸のサムイとシーズンによって使い分けができるのですが、東海岸にしかダイビングスポットがないマレーシアではいかんともしがたい、、

モンスーンというのは、雨期。梅雨のこと。
特に今年のモンスーンの入りは例年に比べて早く、しかも、今年は、ラニャーニャが発生しているということで雨が多くなる傾向です。実際、ここ数週間、、、もう、毎日雨ばかり。

Wikiによると、下の青いところが熱帯モンスーン気候の地帯。わりと多くない。ちなみに、タイ南部は熱帯モンスーンで、マレーシアとの国境でぴっちり色が途切れてしまう。そんなバカなことあるかい。マレーシアも熱帯モンスーンです。Tropical Monsoon

Koppen_World_Map_Am.png

ちなみに、下の緑のところが熱帯雨林気候の地帯。上と比べると、ほとんど重なってます。マレーシアも重なった、「熱帯雨林であり熱帯モンスーンである」地域です。Tropical rainforest

800px-tropical_wet_forests.png

ちなみに、Wikiの説明だと、、
1)モンスーン:雨期の雨量は熱帯雨林と変わらないが、乾季があって場所によっては旱魃がある。
なるほど、これはインドネシアのヘイズの元凶ですね。。。って、スマトラってモンスーンに色分けされてないぞ!
2)熱帯雨林:年間2千ミリ以上の雨で、年間を通じて温暖であること。
、、って、これだけだとモンスーンとたいして違いはないが、むしろ熱帯雨林を特徴づけるのは、「雨林」の「雨」じゃなくて「林」のほう、酸化鉄を含んだ赤土ラテライトとなり土壌がやせている。

なるほど、モンスーンは稲作や畑によい土壌があって、雨林のほうは農業にはむかないってことね。なるほどx10回。これでタイの農作物は出来が良くて、マレーシアの農作物がいまいちなのも説明つく。マンゴーとかライチーとか露骨にこれだ。

熱帯モンスーンも、熱帯雨林も「雨の降り方」で定義された気候区分なのに、実質の違いは「土壌」にあったとは!勉強になるなあ。マレーシアが熱帯モンスーンに含まれない理由として、土壌が痩せているから、というのであれば、確かにそのとおり。

ともあれ、スペイン語の嫌な奴。
エルニーニョだと夏から秋にかけて、インドネシア発生の煙害ヘイズがひどいのですが、ラニャーニャだと雨がひどい、、特にモンスーンあたる東海岸はけっこう水害が発生します。エルニーニョは自然災害における”悪の総統”的立場、何があってもとりあえずは「エルニーニョだからしかたない」といっとけば、みんなそんなものかと思ってくれます。
ラニャーニャは、比較的知名度が低いのだけど、「今年はラニャーニャだから、xxなんだ」といっとけば、みんな、「なるほど、、、」とか思ってくれるはずです。

ともかく、モンスーンの季節はうっとうしい。アウトドアができない!雨が降るとバイクに乗るのがおっくう。

はやく、モンスーンが終わらないかなあ。

2016年11月16日

Trains in KL KLの撮り鉄?

Photos for KL transportation.

DSC00743.JPG

KL市内の移動は何と言っても電車が一番。マレーシアに来た当初は皆目わからず、タクシーをかなり使っていたのですが、様子がだんだんわかってくると、とりあえず電車。そこから歩き、、か、駅から遠ければ、タクシーに変わってきました。さすがに、Kuantanに住んでる身なので、KLのバスにまでは精通しておらず、電車とタクシーでの移動です。

ただし、そもそも「自分で運転派」なので電車に乗ること自体多くはない。でも、KL市内は駐車場が不案内なので、ともかく馴染みの駐車場に一旦車を停めて、あとは電車、、、となります。馴染みの駐車場は、Masjid Jamek。そういえば、駅名でない、本当のモスクのMasjid Jamekの改修工事も随分すすみましたね。大きくアラビア語で、マスジドジャーミィとモスクに浮彫されています。

DSC00746.JPG

そこから先は、、おっとケラナ線の駅名がちがうぜ。プトラハイツ延長建設時の仮称のまま、、

kl_map_04.gif

使うのは主に、ケラナ線かアンパン線。この日は、マレーシアで最近売り出し中の、困った赤シャツ団のデモがアンパンであるかもしれないのでお巡りさんがアンパン線の駅に張り付いている。

DSC00736.JPG

ともかく、私は「撮り鉄」って自分で書いておきながら、まったく路線に疎いし、自分が乗る電車のホームは駅員さんに必ず確認しています。Masjid Jamekは交通の便がいいけど、その分ホームが幾つもある。

DSC00741.JPG

ホームに自動扉が普通に設置されていますが、ちゃんと動いているかどうかどうか微妙。

DSC00744.JPG

電車の中はこんな感じ、、

DSC00742.JPG

本物の鉄ちゃんならいろいろと詳しいのでしょうが、何ごとにも関心がないと詳しくなれないという性格なので、電車みてもホームみても、いったい自分が何に乗ったのかもよくわかりません。えーっとモノレールはたしか、出先で乗り継いだImbi駅で見たものです。私も回数を重ねれば、もう少しは詳しくなる日もくるでしょう。

DSC00739.JPG

2016年11月09日

Go Malaysia

Pokemon Go is much popular in Malaysia although I don't do it.

RIMG0455.JPG

マレーシアでもポケモンGOの人気はすごいです。
それだけじゃなくて、ポケモンのぬいぐるみとか、シールとか、なんか倉庫に眠ってたようなのが大放出された感もあります。第二次ポケモンブームですね。そのわりに、青とか金とかのゲームは見ないのだけど?
便乗で、「なんとかにGO」とか言うのも大流行り。流行りものに弱いのかも、あるいは、日本で流行っているものはやみくもに便乗する国民なのか、ちょっとわかりません。

おかげで、ムフティがポケモンGOに対して何か言ったような記事も見たのですが、全然誰も気にしている様子はありません。やる人はやるし、やらない人はやらない(私はこっち)。

マレーシアにも何かすごいポケモンがいるといいですね。
相変わらず、観光に力を入れている(その割に成果は今一つ)のマレーシアです。

RIMG0454.JPG

2016年11月07日

検索「マレーシア移住」

DSC00698.JPG

別に私がマレーシア移住するのじゃなくて、検索するとマレーシア人気がとても高く、マレーシア移住を考えている人たちが一杯いて、ちょっとびっくりしたからです。マレーシアに住んで3年なのに、そういう界隈があるとは、あんまり知らなかった。

マレーシア移住について賛否両論いろいろあって、その内容が日本とマレーシアの比較ばかり。マレーシアで生活するのは、マレーシアと日本を比べてもしかたない。日本の人は、「なになにと比べて」というのを小さいころから骨の髄に叩き込まれて、「クラスの誰と比べて」「大学ランキング」うんざりするほど比べてるけど、海外は「自分の考えと現実の比較」ばかり。海外で生活を「比較して、、」では、どっかに破綻がでるし、比較のしようがないものを無理に自分の狭い常識に押し込めて比べてもしかたないとおもう。「そういうもの」と捉えて、それが自分が許容できるかどうかということだけじゃないかな。

だいたい、日本といっても千差万別。マレーシアといっても千差万別。生まれたところ、住んでるところ、年齢、学歴とか経歴とか、全部無視したような比較は、そもそも成り立たない。ジェネレーションギャップは、同じ場所に住んでるのに歴然と存在するし、、、ああ、なんて無駄な比較。

マレーシアの交通がひどいという話題を幾つも見ました、、、が、わあ、超びっくり!マレーシアの交通事情って良くない?高速出口で「列をつくって」渋滞しているのを見たときは感動しました。それに右折レーンとか左折レーンとか、そこそこ従ってるし、なによりもクラクションを鳴らす人が滅多にいないこと。
あー、エジプトの道路はほぼ全部の車の連続したクラクションで道路上がウィーンという途切れの無い壮大な唸りになっていたなあ、とか、サウジみたいにミラーが擦りあうほど自由自在に車線変更して、車線なんて道路の落書き程度しか意味なかったなあ、とか、そういうのが一般だと思ってた。

日本に住んでる人が選ぶ海外移住先として、マレーシアが人気があるというというのは良く分かります。だって、(中東視点でいくと)日本とマレーシアの区別がつかないぐらい。いや、そもそも私が日本のことを良く知らないということもあるのだろうけど、へえー、日本に住む人ってこんなこと考えてるんだーとかいろいろ勉強になります。

検索の内容が、、「日本とマレーシアには違いが一杯ある」的だけど、世界180か国でみると、日本とマレーシアなんて文化的にも生活水準も<ほとんどおんなじ>。なんせ、中秋の名月も、お盆もあるし、節季ごとのお祝いもあれば、お正月もあるし、クリスマスもハロウィーンもある。

日本とマレーシアの比較なんて、人の受け取り方しだい。現実を見ないで人の話で判断するのはつまんないよ。自分の基準や規範をちゃんと認識できる人が、海外でもちゃんとやっていけるひとだと思います。

2016年10月12日

Nine Emperores Festival @ Kuantan 九皇大帝巡境大遊行4

next day.

IMG_5563.JPG

このお祭りは9日間連続して行われて、善男善女はこの間は精進料理を取るそうです。じゃあ、きっと翌日は何があるのだろう!ということでこの町で一番大きな道観に行ってきました。

ああ、いるいる、、昨日トラックに乗ってた神様が、、、

IMG_5569.JPG

もう、所定の位置に戻ってました。

IMG_5570.JPG

しかし、何かお祭りの用意をしている気配はない。時間的に早すぎたのだろうか?

IMG_5561.JPG

それどころか、前日の夜、怪しいドライアイスを霧の中を颯爽と練り歩いた龍神様が、、、

IMG_5565.JPG

ど、、、胴体、、切断中。

IMG_5566.JPG

えーーーっと9日間続くのですよね?とか思うけど、なんだかもはや祭は終わったムード満点。

IMG_5567.JPG

なんだか、私も気合が抜けてしまい、、、もう、いいや、どうでも、、
とはいえ、信者の皆さん、9日間頑張ってください。成就をお祈りしています。

2016年10月09日

Nine Emperores Festival @ Kuantan 九皇大帝巡境大遊行 3

Finally nine emperores arrived.

IMG_5543.JPG

わあ、タイプーサムかと思ったけど、あれはヒンズーだから、これは違うのか。でもやってることはいっしょ、頬っぺたから刀を通してる。見ただけで痛い。痛い。痛い、止めてくれと言いたいぐらい。私は歯医者のドリルの音だけで脂汗がでて失神しそうになるのに、なぜこんなに自発的に痛いことをするのかよくわかりません。

その後に、可愛らしい、斉天大聖孫行者が続きます。落差が激しい、、、

IMG_5551.JPG

ともあれ、フロートも終盤。最後に9人ぐらいの神様が通ります(数えてないけど、このシチュエーションだと9柱でしょう)。

IMG_5553.JPG

そしてぞろぞろ、歩く人。回りの雰囲気でクライマックスらしい。

IMG_5557.JPG

すると、突然、周りの観客が跪いて合掌!びっくり、何ごとか?と思うぐらいびっくり。よく考えたら、これはおみこし巡業みたいなもの(まあ、フェスティバルが「九皇大帝巡境大遊行」という名前だし)、いずれはメインの神様がお出ましになるのですね。



この九皇大帝のお祭りは東南アジアの華人の間で盛んです。中国大陸では一部を除きほとんど知られてないぐらい。なぜこういうことになったのか、よくわかりません。とはいえ、他の道教のお祭りを見てわかることは、中国の悪名高い「文化大革命」が本土での道教系お祭り凋落その一翼を担ったようです。ともかく文革中の毛主席バンザイの時代では宗教はまじめに考える必要無し!でした。とんでもないひどい時代だったようで、マレーシアの華人の少なからずの割合が文革から逃げてきた人たちです。

彼らがこういった中国の伝統信仰を守ったからなのかもしれませんね。

そして、9日間続くというこの行事。翌日は。

Nine Emperores Festival @ Kuantan 九皇大帝巡境大遊行2

Parade contines.

IMG_5548.JPG

なんといても暗い中なので写真があんまりうまい具合にはいかないです。
龍踊りが何組もあり、なかなか楽しいです。それに上手い。長崎とかのじゃ踊りも参考にしたらいいのに、、と思うような独創的なダンスもあり、やっぱり龍踊りがポピュラーな場所ではそれぞれのグループもダンスの特色とか難易度とかを競い合っているのですね。

IMG_5533.JPG

一組の龍が、私の前をまるで鱗が触れるぐらいの近さで飛んで行った!ちょっと驚き。

IMG_5534.JPG

九皇大帝とは?というので、中国語版Wikiには以下の説明がありました。諸説ある上に私の説明は適当です。

1 古帝王説
中国神話の面々で、盤古、伏羲、神農、燧人、黃帝、顓頊、高辛、太昊、少昊等。ユンケルで有名な黄帝も含まれています。もちろん皇帝という言葉は秦の始皇帝が創作した言葉なので、それ以前は皇帝と呼ばれるはずはないです。存在してたかも?という人から、神話上の人までさまざまです。

2 北斗神説
いま中国本土、台湾、東南アジアでポピュラーな説は、こちら「北斗星君」説。もともと北斗七星信仰があったながれで、九星(いわゆる七星+左輔と右弼の星2つ)を一緒に祭っちゃおう的なものです。

3 五斗星與四御神説
そのまんま5つの星と4人の神様説。青玄大帝、長生大帝、紫微大帝、天皇大帝、南斗星君、北斗星君、東斗星君、西斗星君、中斗星君,のあわせて九皇大帝。

4 天地會説
昔、首領が9人いた、天地会という名前の結社があって、、、なんだか難しい説明、、以下略。結構、団結しているという意味ではある意味うなずけるかも。

延々とつづくフロートやぞろぞろ歩く組の人たち。トラックのフロートでは、カラオケ、ミス九皇大帝?、普通にロックバンドの演奏(全然主旨と関係なさそう)、スラムダンクのコスプレ集団、もちろん仏様、神様が鎮座したフロートも多いです。

IMG_5537.JPG

それに、麒麟、獅子、龍、といった聖獣の、、、えーっと「ねぶた祭り」っぽいもの。

IMG_5530.JPG

いろいろあって、本当に楽しめます。

IMG_5541.JPG

おお?何やら人だかりが?
げげげ、、、タイプーサムか?

2016年10月08日

Nine Emperors Festival @ Kuantan 九皇大帝巡境大遊行 1

It is the 50th anniversary of Nine Emperors Festival @ Kuantan.

IMG_5507.JPG

マレーシアの九皇大帝のお祭りは有名です。そして、我が町クアンタンでの九皇大帝のお祭りは通常お寺や道観で行われます、、、が、今年はちょっと違う。かなり大々的にまるでIpoだとか、西海岸のメジャーな都市並みに盛大です。というのも今年はこのお祭りを始めて50周年だからだそうです。記念行事ですね。

でも、九皇大帝のお祭りって何?早速検索してみますが、なんと和文での詳しい説明はありません。ちょっと驚き。これほどのお祭りなのに?それで多言語で確認してみました。

まず、九皇大帝のお祭りは「道教」のお祭りです。仏教とは基本関係ありません。
しかし、盂蘭盆会で調べたとおり、中国も日本の仏教と同じく民間信仰との混交が激しく本地垂迹あるいは、逆に神本仏迹説もあり、どこまでが道教でどこまでが仏教なのかはっきりしません。

日本の本地垂迹とは神様は本当は仏様だったというもので、例えば応神天皇と推定される神道の八幡神が仏教の菩薩と混交して、八幡大菩薩と言われるようなものです。しかも、菩薩なのに、八幡大菩薩の本地(正体)実は阿弥陀如来だったとかいうのもややこしい。中国でいうと、全体枠として道教のお話「西遊記」のメインテーマは仏僧がインドにお経を取りに行くという仏教のストーリーというぐらいなものです。

こうして、私の町の仏教寺院と道教宮観が50周年記念で力を合わせて過去最大のパレードを行いました。

、、、というのに、私は最初道路がいきなり混雑して何ごと?というぐらい、このパレードのことを知りませんでした。バイオリン教室が終わって家に帰る途中、出会ったのは全くの偶然。神様ありがとう。

交通規制で渋滞した車が全く動かなくなったので、道路に車を放棄して(しかもキーを抜いて)、、

IMG_5517.JPG

パレードを見に行きます。こんな体験も初めて、、、やってみるもんだ。チャンスがあれば、車は捨てても楽しまないとね(?)

IMG_5493.JPG

2016年10月04日

It is Saudi Arabia サウジといえば

IT is Saudi Arabia !

IMG_5462.JPG

もちろん、サウジといえば、アラビアコーヒー。いわゆる普通のコーヒーとは全然違って、知らない人が飲めば漢方薬?ナニコレ?といって、絶対にコーヒーだということに気が付きません。これが、「かの有名なアラビアのコーヒー」と力説しても、またー?とか言われること請負です。

そして、コーヒーのお茶うけ、というか、コーヒーうけ、の、ナツメヤシ。

IMG_5463.JPG

鉄板すぎて、涙がでそうなぐらい、「これぞ、サウジアラビア」ですね。

面白いもの見つけた。サウジのペプシ。おじさんに、「言わないでいいから、やれ」という標語が入ったもの。おおおおお、これは是非、私も言いたい。

IMG_5465.JPG

2016年09月22日

China Town Terengganu 登嘉樓唐人街

strolling around Terengganu China Town

IMG_5334.JPG

Terennganuの唐人街です。他は中華街なののなんでここは唐人街なんだろう?ま、いっか。

IMG_5306.JPG

ダイビングの帰りはここによって、お土産をかったりお昼を食べたりするのがいつものこと。いつもの登嘉樓馳名土産店を覗くと、つい数日前に終わった中秋祭、、月餅はありませんでした。ここの月餅美味しいのに、時期が数日外れてしまったのですね。残念。

IMG_5299.JPG

ぐるぐる歩き、、そんなに大きな場所ではないのであっという間、、

IMG_5300.JPG

IMG_5325.JPG

マレーシアの町中は色の氾濫。とっても明るくて気持ちも明るくなります。

IMG_5335.JPG

IMG_5341.JPG

いろんな観光名所にはウオールペイント。マレーシア中の観光地でやってます。

IMG_5346.JPG

IMG_5343.JPG

天妃をまつったお宮。

IMG_5305.JPG

天妃=天上聖母=媽祖娘娘、、いつものとおり人気。特に海岸線は航海の女神ということで余計に人気です。でも、モデルとなった実在の黙娘さんは28歳で仙人になったはずですが、イメージは「おばさん」。これは可哀相ではないですか?でも天后と呼ばれて地位も高いので威厳をださなくてはならず、無理しておばさん化しています。玄天もカメみたいなのから天帝と呼ばれるほど出世したのと同じく、田舎の娘さんが天后にまで出世したのだから、航海とかだけじゃなくて「出世」でもご利益があると思います、、きっと。

千里眼と順風耳の二人の鬼を従える場面、、、

IMG_5307.JPG

このほかに、八仙過海の浮彫があったりして、にぎやか。

IMG_5314.JPG

レストランも人気でどこも一杯。唐人街はこの道路と川に面した道路の2本で楽しめます。