the Gn. Muria telepraph

2019年05月18日

A famous Bakso mee shop 行列のできるラーメン店とは、これだ。行列どころか交通誘導員がいる。我がジェパラにもあるんだよ、そういうお店が。

This shop is very requested

IMG_3443_1.JPG

ラマダン期間中なので、夜しかやってないけど、普通は昼間もやっているバクソミーのお店。

IMG_3444_1.JPG

このお店はすごいんだよ、いつも席は満席。だから、そこらへんの床にシートを引いて食べる人も多い。

IMG_3445_1.JPG

ともかくメニューは「バクソミー」の一つしかないから、人が座ったら自動的にどんぶりが来ます。

IMG_3442_1.JPG

中部ジャワ州の、魂の料理、、バクソー。だから、バクソーを売っているお店は町中にあるのに、、このお店に行列を作ってまで人が集まる理由は、もちろん、おいしいからなんだけど、、、

IMG_3448_1.JPG

スープに、たぶん牛の背脂が入っている。スプーンでもすくえるぐらい入っている。だから、けっこうスープに脂が浮かんで、、こってりしている。たぶん、日本だとトンコツ系ラーメンと同類なんだとおもうけど、このスープがけっこう目玉です。もちろん、バクソもおいしいけど。

IMG_3446_1.JPG



| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Local Foods マレーシア料理とサウジ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Coffee in Ramadan ラマダン期間中にコーヒーを飲むと、寝れない度がMAXになる。

Good coffee is sometime strong for weaken stomach.

IMG_3453_1.JPG

ラマダン期間中に、このブログで食べ物の話題が増えるのは仕方ない、、というのも、ラマダン料理?断食明け料理?Buka Puasa料理という、普段あまり見かけない料理が出回るからです。たとえていえば、お正月のお節料理みたいなもの、、珍しくて話題になりがち。

、、そんななか、ありふれているが、、あんまりお勧めでないのはコーヒー、、、寝れなくなる。いやあ、そりゃ、あんただけ。。。と言われると返す言葉もないですが、あんまり食事をとってないのに、おいしいコーヒー(というのはだいたいカフェインが強かったりする)をいただくと、効果抜群、ばっちり目が覚めて、そのまま夜寝れない。もちろん、コーヒーを飲むのは日没後だから、寝るまでの間も短かったりする、、

IMG_3451_1.JPG

しかーし、私はコーヒーが好きで、でも寝た方がいいし、、、悩みどころ。

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Local Foods マレーシア料理とサウジ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Nasi Kuching 猫めし、、とはこれだ。牛めし、鳥めし、、とあれば、猫めしとは?と思うかもしれないけど。

Nasi Kuching is Indonesia version of Nasi Lemak.

IMG_3440_1.JPG

牛めし、鳥めし、ヤギめし、というのはあって、それぞれ対応するお肉が入ってます。でもって、猫めし。最初聞いたときは驚いたけど、べつに猫肉が入っているわけじゃないです。

猫まんま、、、というほうが、猫めし、、よりはわかりやすい。日本の猫まんまはたしか鰹節だったと思うけど、こちらは煮干し(イカンピリス)です。


ずいぶん前から気になってたけど、ともかく量が少ない、、、あ、、マレーシア人並みの胃袋の私はインドネシアの食事はどうも、いまひとつ、量的に足りない感があるのだけど、、ともかく、日本のおにぎり1つ。ぐらいの量。

IMG_3441_1.JPG

ごはんの他には、イカンピリスとサンバル。それに、何故か?麺がサンバルに絡ませてあった、、、
ごはんのほうは、油めし(えーっと、なんというべきか)、マレーシアにある、ナシラマやナシミニャとかと違って普通の白飯(ナシプテ)っぽいけど、私にはよくわかりません。私に味のことなんてきいても、たいして参考にはならないし、、、まあ、そんなもんで、ふつうにインドネシア風おにぎりと考えてもらえばいいです。

ただし、猫飯ナシクチンは、どこにでもあるわけじゃなくて、わりと探さないとないです。

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Local Foods マレーシア料理とサウジ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月17日

Pasar Ramadan お昼過ぎから繁盛する、ラマダンバザール。そこで見つけたのは厚揚げに春雨をはさんだものにしか見えないもの、、食べてみて驚いた、、

Iftar & Sahur foods

IMG_3328_1.JPG

外食の文化のないサウジアラビアに比べて、所せましと食事が売っているマレーシアやインドネシアはやはり外食文化が根付いているよなあ、、とか思います。ラマダーン期間中の「夕方市」。朝市とも夜市とも違った、、あわただしさがある、、そう、、日没に間に合うようにという時間の制限があって、売る方も買うほうもちょっとセカセカ、、

IMG_3321_1.JPG

インドネシアの食事は、マレーシアの食事と違って、、、量が少ない。というか、なんであんなにマレーシア人は大食いなんだろう。インドネシアに来て、はじめてマレーシアの「食べすぎ、、」がわかりました。インドネシア人の食事の量はだいたい日本人と同じぐらい。

IMG_3391_1.JPG

だから、食べ物の見た目がマレーシアとインドネシアで同じでも一回り小さかったりします。コンパクトで可愛いともいえる。。

IMG_3318_1.JPG

あーーー、でも、油で揚げた系が多いのは、どこも一緒。ちなみに、サウジではマアジューンと呼ばれる、小麦をこねて揚げた系列の食品(つまり、ドーナツとか、サンブーサ=サモサとか)とかが主流なのに対して、、インドネシアでは、それも多いけど、けっこう大豆系が幅を利かせているのが特徴。

IMG_3317_1.JPG

IMG_3316_1.JPG

つまり、こういう厚揚げに似たようなやつ、、、

IMG_3323_1.JPG

これなんて、まさに厚揚げに、春雨をはさんだようにしか見えない。ほぼ、日本食みたいな見た目。

IMG_3327_1.JPG

、、、が、食べて驚いた!本気で驚いた!



なんと、厚揚げに春雨がはさんだ、、味がしたのだ。なんと、中身は厚揚げに春雨だった。見た目通りの味がするなんて、想像もしてなくて、ひっくりかえるほど驚いた、、、こんなことって、、あるんだね。

さらにこちら、、厚揚げに細かく切ったタケノコの味がする、、

IMG_3330_1.JPG

、、すごい、私に言わせると、、ほぼ日本食というか、日本食と同じといってもかまわないと思う。
こんなものが、ここにあるとは思わなかった。

IMG_3319_1.JPG

IMG_3320_1.JPG

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Local Foods マレーシア料理とサウジ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

Bakso Mee @ Jawa Tengah ここらへんの人のソウルフードといえば、バクソミーでしょう。バクソがなくなったら、きっとこのへんの人の半数は1週間後立ってられないと思う。

Bakso Mee as soul food in Jawa Tengah

IMG_2859_1.JPG

ほかのところは知らないので何ともいえないですが、中部ジャワ州の魂の食べ物、、それは、バクソー。麺と一緒で、バクソミー

IMG_2766_1.JPG

それがどういうものかというと、検索するとでてきます。肉団子をちょっと見、魚肉団子のようにしたもので、売っている店の一軒毎に味と硬さが違う、、というものです。あまりにバラエティがあって、これが正宗バクソー!というものが無いように思えます。
おいしいかと聞かれると、おいしいバクソーはおいしくて、そうでないバクソーはそんなもん。あまりにもバラエティがありすぎて、一概においしいとか答えられないものです。

肉団子はだいたい、麺と一緒にでてきますが、麺もビーフンからはじまって中国風のものまで差がありすぎ。ましてや、スープも差がある、、どころか、スープがないやつまである。。もはや、バクソミー、、、1種類じゃないので、探して探して探し回れば、きっとあなたの舌にあうバクソミーが見つかるはず。そういう意味では、無敵ですね、、探せば気に入るものがある、、から、「バクソミーは気に入るはずだ」という理論。

まあいいや、、で、
もっとも、魂の食べ物ならほかにあるのじゃない?

IMG_2860_1.JPG

、、というものもあることにあるのだが、食事というには量が少ない、、スナック程度。インドネシア人はマレーシア人に比べて食が細い(というかマレーシア人が食べ過ぎ)。なので、私が選んだ堂々1位のソウルフードは「バクソミー」に決定!

IMG_2862_1.JPG

この州のどこにでもある、、というわけではなくて、バクソーを売っているお店にしかありません。
朝ごはんにはなくて、夕ご飯にはある、、というレストランもありました。バラエティが広すぎ、、


| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Local Foods マレーシア料理とサウジ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月09日

End of Avocado season そして、唐突に終わった、、、アボガドのシーズン。もう、どこにもない。

Suddenly finished the season of Avocado.

IMG_9963_1.JPG

とってもおいしいうえに、体にも良い、、アボガド。インドネシアでは輸出するほど作っている産地で、これはラッキーなところに来たと喜んでたけど、、先週から全くアボガドの姿は無し。

市場からも姿を消して、ジュース屋にもない。

、、、つまり、アボガドの旬は終わったということ。

しかし、日本のWebとか見ると、、体にいいから毎日食べましょう、、とか書いている。えーっとねえ、毎日は無理。だって旬が終わると市場から姿を消す(もちろん、畑からも姿を消しているけど)。もう、旬が終わると、どこにもなくて、また来年まで待つしかないのだった。

そういう意味では、日本から旬が消えて久しいよね、、


| クアラルンプール 🌁 | Comment(0) | Local Foods マレーシア料理とサウジ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Espresso Coffee again 手動エスプレッソ機をまじまじと観察。やっぱり、悶絶するほどおいしいコーヒー。生まれて、これほどおいしいコーヒー飲んだことない。

Visiting my favorite coffee shop again.

IMG_1223_1.JPG

IMG_1225_1.JPG

ジャワ島ライフも1か月を過ぎ、生活が落ち着き、、?いや、もうバイク生活も始まったし、すでに多忙を極めちっとも落ち着かない。ジャワ島に来て、落ち着いたのは最初の1週間ぐらい、、と言っておこう。それから先は、いつもどおりの好奇心丸出しライフです。

ふー、久しぶりのロングライドで疲れた、、、ので、コーヒーを飲みに角のコーヒーショップまで。
このショップのコーヒーは、こんな田舎なのに、絶品のおいしさ。ちっと、ありえなほどです。私はコーヒー好きを自任していますが、これはおそらくダントツ「生涯第一位」のおいしさ。

IMG_1228_1.JPG

まずは、ヤカンでお湯を沸かす。手加減なく、延々と沸騰させつづけているため、空気が全部抜けきって水がタルタルに柔らかい。

IMG_1216_1.JPG

するとどこからともなく、ゴリゴリいう音とおいしいコーヒー豆の香り。ちょうど豆をひいたところ。インドネシアは世界に冠たるコーヒー王国で、その名も高きトラジャコーヒーの産地。強い香りと豊かな味。しかも、甘いんだよ、、それが。

IMG_1219_1.JPG

そして、それをエスプレッソのハンドルに入れる。詰めて、固める。。ドンドンドン。強からず、弱からず、、じゃなくて、けっこう強い。

IMG_1220_1.JPG

ガチっとハンドルを差し込んでセットして、お湯をそそぐ、、

IMG_1222_1.JPG

そして、間髪を入れず、レバーを上下して、お湯を豆のほうに落として、、、何度もレバーを中途半端なところで上下。これでシリンダー内の圧力を高める、、いってみれば自転車の空気入れの要領。そうして、シリンダーの反発も強くなって軽い気持ちではレバーを上下できなくなったところで、一気にレバーを下におろす、、、もちろん反発もすごいから、全身の力をこめて、体重もこめて、でも、レバーはゆっくりしか下がらない、、下までレバーが降りたところで、、、さらにダメ押しの押し込み、、、

IMG_1224_1.JPG

そう、ここはこの1発だけ。なんども上下する2番絞りはやらないのです。

IMG_1226_1.JPG

カプチーノを頼んだので、この一番搾りによく温めた新鮮なミルクを一気に絞り出す、、、やっぱり圧力かけて、、そうして、おいしいコーヒーの出来上がり。砂糖なしでも、本当に甘いのです。

IMG_1229_1.JPG

こうして、だらだらとジャワのナイトライフ(いや、ただ、コーヒー飲んでるだけだけど)の始まり。

IMG_1227_1.JPG


| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Local Foods マレーシア料理とサウジ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月26日

Nasi Kebuli これは地元の人でも良く知らないらしい、新しい食べ物。だ、、、、が、、、!我らが友「ブリヤニ」!なのだ!ところ変われば名がかわる、しかし、味は一緒。

Nasi Kebuli is equal to Nasi Arab or Briyani.

IMG_0299_1.JPG

この時間に忘れさられた、、、タイムポケットのような可愛らしい我が町、ジュパラ、、でも、時の波は押し寄せます。
ほとんどの町民が食べたことのない、新しい味覚、、

IMG_0306_1.JPG

うちの会社の人は、この食べ物の名前も知らなくてグーグルで検索したぐらい。ほんとうだよ、しかも私は一人だけじゃなくて、何人にも聞いたけど、この食べ物の名前を知っている人はいなかった。ひとりだけ食べ物の名前を知っている人がいたけど、「ああ、それはジュパラには無いたべものだよ」とのことでした。

IMG_0302_1.JPG

が、私は食べたのだ。

IMG_9272_1.JPG

おどろくべき、その食べ物の正体は、、、「ブリヤニ」。我が心の友。特に好きでもないのに向こうから追ってくる大親友。私はこれを3回ぐらい生まれ変わったぐらいの量をこの数十年で食べてる。もう、見たくないぐらい食べている、、心の友。ソウルフード、、ブリヤニ。看板のアラベスクフォントは、さすがにマレーシアほど凝ってはないですが、なんとなくアラベスクフォント風。

IMG_0300_1.JPG

もう、ブリヤニは世界征服を果たしたと思っていたのですが、まだまだ。インドネシアでもへき地であるジュパラでは、いま、まさにブリヤニの世界制覇の波が到達したところ。この歴史的な瞬間を見ることができてうれしいです。

IMG_0304_1.JPG

マレーシアでは、ブリヤニって簡単に言われています。ちなみに、Nasi Arabはカブサですが、場所によってはブリヤニだったりします。

IMG_0305_1.JPG

慣れない土地で、大親友(たぶん)に会えたうれしさ。ちょっと興奮ものです。


| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Local Foods マレーシア料理とサウジ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月22日

Lever Manual Press Espresso Cafe in Jepara 見たことないエスプレッソ機でたてるコーヒーのおいしさ。田舎ではあるけど、一応ジュパラ県の人口は百万人もいる。だから、カフェぐらい、、は、ある。とりあえず。しかも、おいしいのだ。

Cafe Late @ Jepara,,, using rare Lever drive Manual Press machine

IMG_9978_1.JPG

ジェパラの我が家から歩いて数分。同じ通りの角にあるカフェ、、

IMG_9976_1.JPG

この通りは、寂れたとおりだけど、このカフェだけがちょっと目を引くセンスの良さ、、

IMG_9973_1.JPG

ちゃんとエスプレッソ機があって、しかも手動だよ、手動。ちょっと骨とう品レベルで使い方を知ってる人だってほとんどいないと思う。

IMG_9975_1.JPG

ちゃんと、香り豊かなコーヒーがでてくる。この装置の名前、、メーカー名のモデル Rok Presso Classicと打つとでてくる。が、使い方がよくわからない、、ハンドルを持ち上げて、圧力をかけてお湯をコーヒーの上に落とす?日本のコーヒー機ってレベルが高いのでも電動だしね、こういう手動のものってよくわからない。同じマニュアルでも、イタリアのものって蒸気の圧力使うし、こういう手で押し込むのって、なんかすごい。

ちょっと意外なほどおいしくて、砂糖が入ってないのに、ミルクの甘味だけで十分なほど。このレベルは日本でもそこいらにあるレベルじゃない。行列のできるコーヒー店レベル。だけど、、この田舎町にこのコーヒーのおいしさがわかる人はどれぐらいいるのか?お客さんがいっぱいいるようには思えないし、、、少なくとも私がインドネシアにいる間は、つぶれないで欲しい。

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Local Foods マレーシア料理とサウジ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

Mie Goreng ? インドネシアで有名な料理にミーゴレンというのがある。が、何をミーゴレンと指して呼ぶか?は人それぞれなのである。ミーゴレンを頼んだら、思ってたのとまったく違うのが来た。

Mie Goreng

IMG_9968_1.JPG

たとえて言うと、カップ焼きそばとは、全然「焼いて」ないのに、焼きそば。
容器の麺にお湯を注いて、柔らかくしたあとに、お湯を切って、ソースをからめるだけで、、どうして焼きそばなのか?どこが「焼き」なのか?というひとは、、きっといないと思う。あれは、ああゆうもので、油でいためた焼きそばもあれば、カップみたいに単に麺をソースで絡めただけの、「お汁なしラーメン」もある。

クアンタンの中華系のお店では、普通の麺のことは「汁麺」、汁無し(つまりカップ焼きそば系)は「乾麺」と呼んでました。。
で、ミーゴレン。

まずは、具を作って(あ、アリが、、)

IMG_9969_1.JPG

袋麺をとりだして、鍋でゆでて、、

IMG_9971_1.JPG

私が気が付いたのが、、ここ。あ!ミーゴレンって頼んだのに、なんで袋麺?茹でて?プチ、、パニック。すると、「硬いままの麺じゃ、食べられないから茹でるのさ、、あたりまえでしょ」

そう、たしかに、袋麺の硬いままでは食べられない、、けど、ミーゴレンって油で炒めるんじゃない?とか、思っているうちに、器の準備。たんに、ラーメンの粉が、、、、底に、、

IMG_9970_1.JPG

そうして、水を切ったラーメンが器に入り、かき混ぜたら出来上がり。
こ、、、これが、ミーゴレンか?ゴレンって「焼き」って意味だろう、これはゴレン抜きのミー(乾麺)、、、、、

、、、とか、言ってはいけない。
ここの人は、これがミーゴレンなのである。焼きのないカップの「焼きそば」と一緒。

「焼き」とあっても、焼きを求めてはいけないときもあるのである。
えーっと、それでミーゴレンの写真は、、、無い。ショックで撮るのを忘れたから。

ミーゴレンぐらいに大衆的な料理は、バラエティの幅が広いということ。
あだ、おろそかにすべからず。

ちなみに下は、私がイメージしていたミーゴレン(これは今日、別のお店で食べたもの)。ミーゴレンというとこれを思い出す人が多いと思うけれど、本場のインドネシアは、これがすべてではないのである。

C052564E-86AE-4855-89A8-18307638ECE2_1.JPG

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Local Foods マレーシア料理とサウジ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

Jawa Curry ハウス「ジャワカレー」というものを、、ジャワにて発見。えーと、なんでわざわざジャワに?というのもあるけど、そもそも、いったい、何がジャワなの?

House "Jawa Curry", why ?

IMG_9278_1.JPG

中部ジャワ州について、まだ1週間たってない。のに、いろんな新しいもを発見するし、インドネシア語を一生懸命覚えるし、なかなか忙しい毎日です。でもって、新しいもの?

ハウスの「ジャワカレー」を、当地で発見。

そんなもん、わざわざジャワに持ってくるなよお、、、というか、豚エキスも入ってるし、そんなもんのどこがジャワなんだよ。だったら、「バリカレー」にしてほしい。バリより知名度の劣るジャワ、、なうえに、豚入りだし、、、

、、って、ともかく、どこらへんがジャワカレーなの?ココナツオイルが入ってるとか、ジャワ島原産の香辛料が混じっているとか?
どっかには、ジャワらしさがあるので、こういうネーミングになったはずなんだけど、どのへんがジャワなんだろう?と思ってハウスのホームページを見てみました。いきなり、、

「よくある質問」に答えがありました。そうか、よくある質問なんだね、、
https://housefoods.jp/inquiry/qa/answer_09_02.html


IMG_9311_1.JPG


Q:ジャワカレーの名前の由来を教えてください。
A:南国風の辛いカレーのイメージで、南の島「ジャワ島」の「ジャワ」を取って名付けています



え?なにか?南国風で辛いから?で、ジャワか?よーわからん、それなら、「四川カレー」とかのほうが、よっぽど私的には辛そうだぞ。四川カレーじゃ、だめなのか?まあ、南国じゃないし?じゃあ、正直南国ならどこでもいいんかい?南国というなら「高知カレー」でもいいのか?

ジャワ、、って10回言うと、辛そうに聞こえてくる?うーん、わからん。音が辛そう、、なんだろうけど、「カラケロン島」というのがインドネシアにあるけど、「カラケロンカレー」、、辛け乱辛れー、、みたいで辛そうじゃない。ジャワよりは、よっぽど辛そうだけど。

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Local Foods マレーシア料理とサウジ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

Avocado Juice アボガドってWikiで調べるとね、言語が10個。そのうち、インドネシア語、スンダ語、マレー語、ジャワ語とここらへんの言葉が4つある。どんだけ関心があるかということ。

Avocado Juice

IMG_9099_1.JPG

ふと止まった道端で、目にしたのがジュース屋さん。アラブでは普通にあるけど、マレーシアでは少なかった。それが、インドネシアにあるとは!うれしくて、みると、、、おおお!アボガドがあるじゃないか。

IMG_9097_1.JPG

どうやら、インドネシアはアボガド先進国。産地、、それもアボガド各種10種類はあるらしい、、、なんと。インドネシア人がアボガド好きでうれしいよ。これから、毎日アボガド三昧な日々だね。しかも、世の中には「種なしアボガド」というのがあるらしい。すごい。
https://factsofindonesia.com/types-of-avocado-in-indonesia

さっそく、ジュース。

IMG_9100_1.JPG

サウジのアボガドジュースは、練乳たっぷりで甘かったけど、、ここはミルクなしで砂糖であまくしている、、さらに、仕上げはチョコレート。昔、甘味抜きのアボガドジュース飲んだけど、、ちっともおいしくなかった。やっぱり、ジュースは甘くしているからおいしい。しかし、、アボガドにチョコとは思わなかった。

IMG_9101_1.JPG

知らない土地で、知っているものに出会えるとうれしいです。
アンデルセンの「絵のない絵本」で、ホームシックの人が昔馴染みの月を見て心が満たされた、、という話を思い出しました。知らない土地で、知っているものに出会うのは本当にうれしいものです。

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Local Foods マレーシア料理とサウジ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

Sherwood Restaurant @ Kuantan シャーウッドはおそらくクアンタンで一番おいしい洋食屋さん。看板はあやしいけど、ちゃんとトリップアドバイザー上位をいつもキープしている。

Sherwood Seafood restaurant is a sister shop of Cherating Steak House. So good.

IMG_4485_1.JPG

クアンタン版の「スーパー成城石井」みたいな立ち位置の「パンタイスラマッ」。その建物と一緒で隣にあたるのが、クアンタンで指折りの洋食屋さん、シャーウッド。とっても有名。というか、知る人はみんな知ってる。知らない人は洋食屋さんに行かない人、、というレストラン。

バイクが納車されて最初に乗った時、タンクにガソリンが無くて道路でガス欠で止まった、、、のが、まさしくこのシャーウッドの真ん前。
バイクがガス欠で止まるというハプニングが無ければ絶対に気が付かなかったはず。ともかく、そのときはこの店さきでバイクをとめて、「なんで止まったんだろう(ガス欠ということに最初気が付かなかった)」といじっていると、お店の人がコップに水くんできてくれた。とっても喉が渇いていたので感謝感激。そして、数日後、こんどはお客としてこのお店に来ました。

IMG_4481_1.JPG

私のおすすめは、まず、ロブスターの濃厚な味のスープ。これは絶品です。日本で飲んだら超高いはず。

IMG_4484_1.JPG

このスープは外せません。そして、シーフードスパゲティ。このお店の売りはステーキなんだけど、わたしはクリームソースのカロリーの高そうなスパゲティが好き。この日ばかりはカロリー無視。

内装も凝ってるし、姉妹店のチェラティンステーキハウスほど広くはないし、うるさくもないし、お酒もあんまりない。純粋に食べて楽しむお店で、仲間とワイワイガヤガヤしたい人には向かない。そういうひとは、メニューが一緒だから、チェラティンステーキハウスのほうに行けばいいと思う。こちらは、大人向けだよ!

IMG_4482_1.JPG

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Local Foods マレーシア料理とサウジ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月30日

Vegitarians 毎日、ベジタリアン系の人達に会うので、あまりの多さに驚く。ベジタリアン系といっているのは、ヴィーガンからヒンズー系、仏教系、その他、いろんなベジタリアンがいるから。なのに、あまりに日本では認知されてなくて、これまた驚くほど。

Vegitarian ,, they are my bro and sis although I am flexitarian.

IMG_4612_1.JPG

私がムスリムだから特に気になるのかもしれないけれど、ハラール食品の話はよく日本でも聞きます。ムスリム観光客の増加や、オリンピック開催にあたってハラールを用意しようという動きも聞いてます。。。でもね、、同じぐらいの熱意でベジタリアン食が語られることはあんまりないのかなあ。

世界中には、いろんなベジタリアンがいます。それはもう各種各様。私が思うに世界中のベジタリアングループの中で最も強固で数も多いのはヒンズー系ベジタリアンだと思う。ヒンズー教の戒律にしたがって、我こそは高徳をめざす、、という人達。

34416407_10214819180546742_7158814105577455616_n.jpg

仏教徒のベジタリアンも多いです。日本も幕末までは仏教の影響で四つ足獣のタブーがありましたが、もともとは鳥類魚類も含めて仏教の信者は五戒の一つ不殺生戒を守らないといけないのです。日本では信者クラスでそこまで徹底している人は稀。でも、中国の仏教徒のなかでは五戒をきちんと守っている普通の信者レベルの人が多くて、マレーシアでも「素食(仏教系ベジタリアン)」の看板を掲げた店は普通にあります。日本だと精進料理。表にもあるけど、野菜の中でも、臭いが濃いものはやっぱり駄目です。小学生の頃、西遊記を読んで、なんで悟空はベジタリアンなんだろうとかって思ったことがあるけど、忠実な仏教徒の彼なら!なのですね。

IMG_4618_1.JPG

私の友人にはベジタリアンがてんこ盛り。もう、うじゃうじゃ、宗教的なベジタリアンもいるし、アメリカ的なベジタリアンも多い。環境団体のTrash Heroにもいーーっぱい。

IMG_3328_1.JPG

そして、ヨガクラスの仲間もベジタリアンがいっぱい。こちらは仏教系なのか、ヨガ系のマクロバイオティックなのか、あるいはリスペクト・ヒンズーなのか?あるいは、ヨガの本場?アメリカ系なのか?一昨日は、私のさよならパーティーでベジタリアン食。

IMG_4585_1.JPG

ツイッターで、いかにも頭の悪そうな人が「ベジタリアンって何食べてるのかわからん。食べるものあるの」とか言って、一時期沸騰したのですが、うーん、正直言うと、普通にものすごいレパートリーがあるのだけど、残念ながら栄養価が低くてカロリーの高いジャンキーものを常食している人にはわからんと思う。もっともそういう人達は野菜の名前すら知らないし、まともな料理だってしないはず。日本でこういったベジタリアン食を食べようとすると、けっこうなお値段がします。手がこんでるしね。ほんと。華人仏教系ならではと思う。これがヒンズー系だと、わりと単調で、飽きてしまうけど。

いかにも鶏のから揚げのように見える、南瓜のから揚げ。超絶美味しい。鳥のから揚げの30倍は美味しい。さすが中華の世界。

IMG_4581_1.JPG

精進料理の定番。豆腐とがんもどき系。

IMG_4584_1.JPG

もちろん、キノコ系も盛りだくさん。

IMG_4583_1.JPG

味付けも、結構濃いものがある、、、

IMG_4582_1.JPG

そういうときは、ご飯がすすむ。

IMG_4580_1.JPG

ヨガ友達のベジタリアンパーティは楽しい!

IMG_4589_1.JPG

この表にはないけど、野菜ジュース系ベジタリアンもいるし、調理しない生野菜ベジタリアンもいる。それに比べたらやや柔軟だけど、いちばん目にする強烈な層が、ヴィーガンと呼ばれる人達。マラッカで出会ったヴィーガンは一緒に食事しても、ちょっと選ぶのが大変。アメリカ人に多いです。さすがに大変だと思う。

他には、ジョンレノンも提唱していた月曜だけ肉抜きベジタリアンとか、ゆるーいところから始められる。ちなみに、私はフレキシビリアン。適当に肉類もたべて、気がつけば野菜食、、、って、ある意味普通か?

ともかく、日本も観光に力をいれたいのなら、ベジタリアン食にもっと専念しなきゃ、もう、全然、今のままじゃ無きに等しい。しかも、「ベジタリアンは何食べてるのか?」「ベジタリアンの子供はかわいそう」とかいう、世界から100光年遅れた発想から変えていかないとどうしようもないね。まるで「鉄の船って浮くの?」とかのレベルで空いた口がふさがらない程度。

まあ、今の日本に「意識を変える」ほどの余力があるかはよくわからないところだけど。
頭固いからね。

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Local Foods マレーシア料理とサウジ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

Yoga and Sushi Today ヨガ教室にいって、教室のすぐ隣のすし屋さんに行ってきた。そして、FBを見ると友達が同じすし屋さんの同じ時間帯にいたことがアップされた写真で判明。気が付かなかった。それに別の友達も別のすし屋さんの写真をアップ。なんだ、今日は、世界すし屋さんデーなのか?

I visited Yoga class after a month and relaxed. Then, visited Sushi shop just next to.

IMG_3881_1.JPG

今日は、本当に一ヵ月ぶりにヨガ教室。

IMG_3878.JPG

マレーシアのヨガは「筋トレ」そのものでしょう?リラックスというより、ヘトヘトになって何も考えられず無我の境地に陥る。なんだかまったりと瞑想できるようなヨガを考えている人は、、「マジで?これって筋トレのサーキットトレーニングでしょ」と思うこと間違いないです。ストレッチと筋トレを足して2を掛けた(2で割るではない)ぐらいの運動量です。マシンを使わない筋トレ=マレーシアのヨガ。

、、としつこく言っているのは、ほっとんどどのポーズもできなかったから。1か月ヨガをやらないと体は堅くなってるし、筋力が落ちてるし、ありえない。日本に3週間いたけど、駅の階段、自転車とか、けっこう筋力も使ったはずなのにおかしいなあ。ヨガのレッスンの半分ぐらいはきつくて脱落してしまった。。。ま、がんばろう。残りマレーシアにいるのは数週間だけど、気合を入れて通うのだ。

そして、ヨガ教室といえば近くの回転すし屋さん。ヨガ教室に行ったときしか日本食は食べません。

IMG_3884_1.JPG

断食で胃が小さくなってるから、あまり食べられません。まあ、過食の気味がある私にとっては良いことです。

しかし、驚くべきはこの小さな町で他に何人ものFB友達がまさしくこの時間帯にお寿司を食べてたこと。写真をとってFBにアップしようとおもったら、しかも同じドラゴンフルーツ巻きの写真が先にアップされてた。ありえん、今日は「クアンタンお寿司デー」か何かか?
気象条件が「なんとなくお寿司が食べたくなる」環境を完璧に作り出していたのか?温度とか湿度とか時間帯とか、完璧なお寿司がたべたくなる条件が整って、みんなが、「よし!今日はお寿司を食べる日だ、お寿司以外は食べたくない!」と決心したに違いない。そうでなければ、このタイミングでみんなが続々とお寿司の写真をアップするなんてありえない。

IMG_3879_1.JPG

世の中は驚異に満ちてる。

付け加えるなら、FBにお寿司の写真をアップしなくても、お寿司は食べられます。空港で写真をアップしなくても、飛行機に乗れます。
みんな、個人情報を氾濫させるのに貢献している。これだけ氾濫してれば、多少の個人情報(どうでもいいレベル)が漏れたところで、どってことないけど。


| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Local Foods マレーシア料理とサウジ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

Pasar Ramadhan ラマダーン月名物の毎日夕方から夜までの市。去年と同じ店が同じ場所にあったりするとうれしい。が、今年はない店もある。どうしたんだろう

Pasar Ramadhan @ Kuantan studium

IMG_3748_1.JPG

ラマダーン月の楽しみといえば、どんな地区にも田舎にもある、ラマダーン夜市。これが、サウジあたりだとショッピングモールに家族で繰り出して、、ということになるのだろうけど、マレーシアは違う。地縁血縁が濃いマレーシアのムスリム社会では、本当に地域コミュニティが密接。さらに、車をもってない人もいるから町のショッピングモールに家族で繰り出すなんてことはあまりありません。
あくまでも、地域にたつ夜市が中心。だってお父さんお母さんの時代、おじいさんおばあさんの時代も、みーんなこの地区コミュニティの夜市で育ったんだし、すごいノスタルジー感があふれていて、そこに近代的なショッピングモールが入り込む余地があまりありません。

IMG_3750_1.JPG

さらに売り子だって近所の人だったり、親類だったりする。そもそもお客とお店が密接(すぎる)な関係なので、もはや当然のようにラマダーンの夜は、夜市だったりします。

IMG_3752_1.JPG

もちろん、食べ物やさんばかりじゃないけど、やっぱりラマダーンのお昼4時半からとくればイフタールが中心になるのも当然。ごはんをたたべてから、夜市に来る人は骨董品とか衣料とか日用雑貨とかになります。私はもっぱらたべもの系で、他のお店にはまず行かない。まあ、ごはんたべたあとの娯楽にはなるけど、とりあえずいいです。

IMG_3746_1.JPG

去年もあったシャム文字フォントのプルートマンゴもお店。お店のひとはマレー系タイ人。住民とか文化とか関係なく英国とタイとの間で国境線が引かれたため、タイ側に取り残されたマレー系の人達のマレーシアへの出稼ぎは多いです。タイ側ではナラティワ県などを「深南部」と呼ぶけど、マレーシアからみたら「隣北部」。地元言葉とマレーシア語はほぼ一緒だし、なにかと遠くで冷淡なタイより近くの他国マレーシア。なのかもしれない。

たべもの屋台をまわっていると、後ろから急になまえを呼ばれて振り返ると、、はて?誰だろう?、、とか思ってはいけない。向こうは名前を呼ぶぐらいだから当然知ってる人。なんとなく話を合わせて、ようやく思い出した。去年もそうだったけど地元の夜市をあるいてると知り合いに会う可能性大。というか、必ず会う。そこで立ち話をするのも、また娯楽の一部です。

IMG_3749_1.JPG

ことしは屋台の会場が増えてる。去年は駐車場だったところの半分が衣料品の屋台になってる。毎年こまかく違う。

IMG_3743_1.JPG

、、というか、毎年お店が増えて、売ってるものも豪華になってきてる気がするんだけど?マレーシアの所得も経済の向上も感じさせます。

IMG_3751_1.JPG

BBQをしながら羊肉を売ってるお店はここでは去年まで1軒だったのに、ことしは3軒もある。羊肉は高いのでそれだけ買う人が増えたということか?まあ、そうなんだろう。でも、去年まで続けてあったお店が今年は来てないと気になる、、、

IMG_3744_1_1.JPG

IMG_3747_1.JPG

サウジだって地縁血縁は強い社会だけど、マレーシアはそれ以上かもしれない。結婚式だって地元コミュニティの公民館か自宅が主だし、もう村中が顔見知りというか親戚なんだろう。

IMG_3753_1.JPG

まだ、それでもラマダーン月がおわるまで、あと2週間。終盤になるとた食べ物が若干変わって来るのでそれが楽しみのひとつです。

IMG_3745_1.JPG

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Local Foods マレーシア料理とサウジ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

Aik Cheong Coffee @ Melaka マラッカといえば、アイクチェオン(益昌)コーヒー。香りが凡百とは大違い。Old Town より倍は美味しい。ネスレより3倍美味しい。

Aik Cheong Coffee, I believe it is the best coffee in M'sia.

IMG_2643_1.JPG

この手のインスタントコーヒーの中ではマレーシア断トツ一位のおいしさが、Aik Cheongコーヒーです。これを飲めば他は飲めません。まず他との違いは、袋を開けた時に立ち上る「香り」。いつも飲んでるAik Cheongの青ラベル(砂糖抜き)が切れたので、Old Townの同じ砂糖抜きを買ったら、あまりの香りの無さにびっくり。あらためて、Aik Cheongの底力が思い知らされました。

IMG_2419_1.JPG

マラッカのジョンカーウオークにあるAik Cheong本店。あまりの小ささにみんなびっくりすると思う。このコーヒーはマレーシア中で有名で我が田舎町クアンタンでもスーパーで買えるほどポピュラーなのですが、本店がこんなに小さいとは知らない人が大多数だと思う。ただし、我が町では、砂糖入りしか売ってないので、マラッカまで買いに来ます。

IMG_2580_1.JPG

ちなみにAik Cheongのコーヒーは何が有名って、本当はちゃんとした焙煎コーヒーをグラインドしたKopi Oです。壁にも店舗にも、「Kopi O」の文字。たぶん、マレーシアのKopi Oの正宗なんだと思う。そう考えたら、むしろ、フリーズドライ製品は邪道かも?いや、私はフリーズドライのほうが好き。

面白いのを見つけた、、、抹茶だって。飲んだらほのかに味がマレーシア風。

IMG_2645_1.JPG

それと、ティタリ。マレーシアの国民茶ですね。これのフリーズドライがあって、お湯をそそぐと細かい泡がでて、淹れたてのティタリ感が強い。美味しい。やっぱり、香りが自慢のAik Cheongだけある。し、さらに、このティタリのフリーズドライはなんと砂糖抜きなのです。砂糖抜きのティタリ。なんべんでも言いたい!砂糖抜きのティタリです。これが欲しかった。

IMG_2644_1.JPG

ちなみに、砂糖は別袋に入って同梱されてますが、砂糖は使わないからいりません。砂糖抜きのティタリが欲しいんです。よかった!

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Local Foods マレーシア料理とサウジ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

Color of Malaysia in Fruits くだものの種類が豊富で、しかも安い。ただし、日本の果物からみると甘くない。輸入物はけっこう甘いけど、、

Fruits cut is a popular sweet in Malaysia

IMG_2631_1.JPG

私がまだ子供だったころ、日本の果物といえば今から考えると全然甘くなかったです。どっちかと言えば酸っぱかった。小学生の頃、たまに甘いリンゴがあると「おお、このリンゴには蜜が入っている」とか言って喜んだ記憶があります。イチゴも酸っぱくて練乳をたっぷりかけて、潰して、練乳まみれ。

きっと甘い果物もあったのでしょうが、小学生が食べるようなものじゃなくて、入院のお見舞いに持って行くようなものですね、、網目のあるメロンとか。甘い果物といえば八百屋さんにあるようなものじゃなくて、庭になっているアケビとか柿とかが甘かった。そもそも、果物の種類そのものが今、スーパーで見かけるような豊富なバラエティなんてなかったと思う。

マレーシアの果物は、、甘くないです。昔の、、何十年も前の日本のよう。もちろん、甘いのもあるけど、酸っぱいほうが多数。私はこっちの酸っぱめの果物が好きです、、。もちろん、甘いタレをつけて食べるのですが、このタレをつけると果物の本来の風味が無くなるのでつけません。

IMG_2630_1.JPG

マンゴーなんて青くて硬い奴売ってる。これは漬物用。マレーシアで果物といえば漬物です。おそらく保存用に発酵が進まないようにしてるんだろうけど、甘酢に漬けて売ってるのは苦手。見た目がとっても綺麗で、いかにも甘そうだけど、食べると甘酢の味(というか、ラッキョウの味だよなあ)、、ま、いっか。

仏様も道教の神様も好きなパイナップル。どうして、お供え物がパイナップルになるのか、、わからん。ちなみに、マレーシア語でナナス、、アラビア語も一緒、フランス語も一緒。世界中ではパイナップルは「ナナス」が標準で、パイナップルって言葉はシェアが低い、、

IMG_2634_1.JPG

仏様には、パイナップル、、、と。

IMG_2416_1.JPG

マレーシアではパイナップルは神聖なのか?なんか、ほんとうに不思議感があります。

IMG_2574_1.JPG

マレーシアで一番好きなのは、このカットした果物。皮むかないで済むし、手が汚れないし、小パックだから、何個か自分の好きなの選べるし、、しかも安いし、、一袋2リンギとかそんな感じ。50円ぐらい。

IMG_2632_1.JPG

日本は果物がとっても高いです。目が飛び出るぐらい。ありえん!と叫んでしまう。日本に帰ると果物はもう頻繁には買えないので、マレーシアでたらふく食べよう。

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Local Foods マレーシア料理とサウジ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

Grandmama's Restaurant グランママは改造マフラーで大音量の排気音が好きです。あ、それからサンダル履きとノーヘルは違反ですから注意してください。

Grandmama loves Customs Bike with exhaust sound. Why No-Helmet & Sandal ?

IMG_2094_1.JPG

ドームカフェと同じ場所にあった、Grandmama'sレストラン。チェーン店で高級モールとかに入っている、高級っぽいお店、、だと思う。入ったこと無いから、味も値段もよくわかりません。が、

、、が、このビッグツインエンジンはハーレーのソフテイルですね。しかも、マフラーは改造して、、、夜な夜な騒音をまき散らかす大音量のパイプじゃないか、、これは大変うるさいです。もちろん、この大音量は彼女の好みです、エアインテイクもしっかり改造しているし、ロングフォークだし、、、改造にだいぶんお金をかけてますね。レストランのお客さんは彼女のバイク改造代のもとで。

FB2BC083-67B6-416F-90E3-D1D99AB3982F_1.JPG

だいたい、いまどきこういう絵は、セルフィーポイントとして、後ろに乗れるようになってるとかいう、フォトジェニック、、な、はずなのに、おばあちゃんの後ろには乗れない。さすが、走り屋、、ひとを寄せ付けない。2ショットになるような構図を探したんだけど、、、なかった。

誰か言ってやれよ、、って誰も言わないけど(笑)。私が言おう、、
1)マフラー改造大爆音、、、は、、どうよ?
2)道交法違反のノーヘルとサンダル履きは、、、まずいっす。捕まっちゃいます。
3)エンジン熱に対しては苦行としかいいようのない服装。特に足元。
4)女性なんだから走行風をうけて背中が丸裸になるような服はどうか?
5)美容の大敵。こんがり日焼けの手袋無し(まあ、顔出し、足だしもあるけど)

えーっと、バイク乗りが革ジャンに身を包んだり、ブーツを履いたりするのは、見た目?じゃないです。そうしないと、まず快適じゃない。むき出しのエンジンの上にまたがるんだから、そりゃ熱いよ。股から足首まで熱い。エンジンにふくらはぎが触ったりしたら、即座にジュ!とか焼けてしまう。構造上足がマフラーの近くになってしまうから、そこも熱い、、事故云々の前にむき出しのエンジンの上に無防備で乗るのだからそれなりの対策しなくちゃ。

いかにもちっちゃな原付みたいなバイクに乗るようなイメージでハーレーの改造ソフテイルに乗ると、怪我の元。運転は安全を心掛けてください。ライダースの服装でいきましょうよ。

こちらは、実際のハーレー乗りのレジェンド。グロリアさん、92歳。75年間バイクに乗って、14台のバイクを乗り継ぎ100万キロ以上を走っています。もちろんバイクの殿堂入り。彼女はツーリングするときはきっちりライディング姿です。それにしても、Grandmama'sの看板と彼女は似てると思う。モデルかなあ?

Gloria.jpg

2.png

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Local Foods マレーシア料理とサウジ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

Dome Cafe @ Intermark, Jalan Tun Razak, KL ドームカフェは私のマレーシアの原点

Visited Dome Cafe after many years.

IMG_2096_1.JPG

私が4年前に来て、最初に入ったカフェがKLのインターマークのGFにあるドームカフェ。
マレーシア生活の原点ですね、、、

4DB6E7A7-F94C-4AA0-B354-E44A6B784F51_1.JPG

今だと、、「わあ、なんて高い値段なんだ、、来るわけないだろう」と思うような価格帯ですが、着たばかりで右も左もわからないから、普通に入って、普通に朝ごはん食べました、、、

D4F5BEAF-6C6D-42E4-A56E-34CC416D5B9F_1.JPG

カプチーノは、、絵がない、、昔からそうだっけ?こんなに洒落たお店なのに、絵がない、、

DC25F943-3A3A-429F-A369-A50C872AA87E_1.JPG

、、ので、自分で絵を描く。題は「うずまき」。

3C103097-6F1B-4C44-B1C3-80AA8D583016_1.JPG

ともあれ、何年も経って、また同じところの、きっと同じ席について、、しみじみとするのはいいですね。

6C3DE16B-C8FB-4AE7-A939-D3247EC538C1_1.JPG

もっとお安いといいのですが、、だったら、下のフードコートに行ってください、、とか、言われそう。

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Local Foods マレーシア料理とサウジ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

Old Twon White Coffee 「オールドタウン」はマレーシアで最大のカフェチェーン。カフェといっても軽食が中心。もちろん、コーヒーはネル濾し

Old Town White Coffe. Maybe the most famous coffee shop in Malaysia.

0D401C01-AEF2-4152-8E03-7677F09E616E_1.JPG

マレーシアには、旅行だったり仕事だったり、トランジットだったり、長く住んだり、いろんな形があるけれど、誰もがお世話になるカフェといえば、オールドタウンでしょう。マレーシアでは知らぬ者のない、カフェです。

A0A10DC5-7A9E-4F3D-AF7F-A9A5F65A2244_1.JPG

もちろん、カフェというぐらいだからコーヒーはあります。今のインドネシアの珈琲ぐらいにはマレーシアも珈琲が知られていたのですが、コーヒーの木の病気と害虫でマレーシアの珈琲産業がほぼ壊滅して久しいです。。というか、マレーシアは昔コーヒー産業があったことを覚えている人の方が少ないくらい。

、、でも、コーヒー道は脈々と受け継がれて美味しいコーヒーが多いです。インドネシアより苦みのない炒り方で、飲み方としてはホワイトコーヒーが主力。でも、言えばいろんなバリエーションをやってくれます。

1)ホワイトコーヒー、、ミルクコーヒーで練乳たっぷり。甘すぎが多い
2)ホワイトコーヒー、シュガーコソン(抜き)、、ミルクコーヒー砂糖抜き
3)コピオー、、、ブラックコーヒーで砂糖は控えめ(だが甘い)
4)コピオーでコソン、、ブラックコーヒーで砂糖抜き
ちゃんと伝わります。メニューに書いてなくても、言えばやってくれるのがマレーシアのカフェ。

あ、でもこのお店は中華系の麺類が美味しいです。

DEE296B7-3622-4A41-91C6-5172465871E5_1.JPG

スタバは値段が高くて敷居が高い。私は滅多なことではスタバに行きません、、だいたい3か月に1回ぐらいかなあ。でも、オールドタウンは非常にご庶民的。けっこう頻繁に行ってます。私はいつも、トーストとコーヒー、、日本的なモーニングセット。トーストが美味しいです。

0390BF99-0C15-47FB-A490-31865F25D338_1.JPG

ここでも、インスタントコーヒーを売ってます。日本やサウジみたいに大手のネスレとかが売ってるのじゃなくて、マレーシアでのインスタントコーヒーは中小コーヒー店が独自に売ってたりしてる。私はAik Cheongのものが好き。でも、クアンタンではどれも砂糖入りになっていて、砂糖なしはネスレとかオールドタウンとかだけ。こんどマラッカに行ったらまたコーヒー買わないとね。

IMG_2137_1.JPG

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Local Foods マレーシア料理とサウジ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

Ark Shell 赤貝はいいのだけど、いつもは真っ赤にサンバルまみれで辛い!だから、単に煮てと頼むと、単に煮てくれる。

Ark Shell without Sambal

IMG_2091_1.JPG

ああ、この1週間というもの遊び疲れた、、そもそも自分ちに帰って寝たのは何日間だろう?というぐらい。
バイクに、バイクに、バイク、、、
おかげで、マラソンはせっかくこれまでにないぐらい練習したにもかかわらず、絶不調に終わってしまったし、マラソンが終わった今は筋肉痛とイベント後特有の免疫力低下でやる気がでない。。

IMG_2090_1.JPG

こういうときは、栄養価のあるものたべて元気ださなくちゃ。ということで昨日はトムヤムを食べて(飲んで?)、今日はまたKLだけど赤貝の煮たの。アサリは中華で生姜煮はあるけど、赤貝は私の知ってる限り真っ赤にサンバルで炒めたものばかり。もう、辛いのはいや。なので、お店の人に頼んでサンバル抜きで煮てもらった赤貝。そもそも、赤貝が栄養価があるのかどうか知らないけど、なんとなく元気がでそう。




| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Local Foods マレーシア料理とサウジ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

Patin Tempoyak Temerloh ちょっと朝ごはんを食べようと誘われたらお店は片道120km先だった、、もう、お昼ごはんの時間だよ。

Visited Temerloh for Patin Tempoyak

IMG_0768_1.JPG

地元のバイク仲間からWhatappで「朝ごはんを食べに行こうよ」と誘われたので、、ああ、いくいく!
近くのガソリンスタンドで集合。そして出発。もちろん、朝ごはんだし、すぐ近くだと思っていたのだけど、、遠かった。ひたすら遠かった、1時間半かかった。

たまたま、別のバイク仲間が車で通りかかったらしくて、走行中の珍しい写真をもらいました。黄色いのが私、、、

747F0605-BD52-45FB-86E0-8DC28CDB8F5F_1.jpg

前から2番目の白ヘル

8CF9C95D-0535-4D13-BF81-348FFE110DE9_1.jpg

そうして、着いた先で、、、お店が閉まってた。ありえん。

IMG_0757_1.JPG

しかし、しばらく待つとお店が開きました。時間的に早かったのかなあ、、、すぐには料理ができないということで、果物とか、、とります。朝ごはんじゃないよね、11時ぐらいにお店があくってことは、、お昼ご飯じゃない?

果物は箱に勝手にお金を入れて物をとる、、値段は蓋に書いてある。無人販売です。よく、「日本は治安が良くので信頼関係による無人販売が成立する」、、という話を聞くけれど、、マレーシアも田舎ではふつうに箱にお金を入れて物をとっていく、、無人販売は珍しくないです。

ふつうです。世界中どこでも、ふつうにあります。別に日本だけの現象ではありません、、

IMG_0760_1.JPG

先にご飯がでて、めずらしいサンバルの味だった、、何が原料に加わってるんだろう

IMG_0759_1.JPG

しばらくして、土鍋が運ばれる、、、グツグツいう音が聞こえる、、熱くてとても蓋は開けられない。

IMG_0762_1.JPG

土鍋を囲む会、、といっても、本当に土鍋の「鍋」を囲んでてもしかたない。ふつう、土鍋を囲むとは、土鍋に入っている「食事を囲む」のであって、鍋を眺めててもしかたない。グツグツのあぶくが下から湧き上がってる、、熱そう、、そして辛そう、、汗拭きの準備。

IMG_0772_1.JPG

中は、テメルロー名物のパティンというナマズです。日本ではちっちゃいのが「シャークフィッシュ」という名前で熱帯魚屋さんで売ってます。あれの、でかい奴。とっても美味しくて、値段もちゃんと食べる前に訊いてないと食べた後ATMに走ることにあるというぐらいなものです。

IMG_0761_1.JPG

とっても、スパイシーで汗が噴き出る。が、美味しくてやめられない。ともかく、ここの名物として知られているし、とっても美味しい。さすが、ナマズ。本当にナマズは美味しいです。

私の足元にいるのはネコ、、こんなに人がいるのに私の足元で待機中。他の人のところには行かない。サカナのお余りを待っているのだけど、なんで私に?もちろん、ネコの野生の直観で私が一番くみやすそうなチョロい奴に見えたからです。何故わかる?そのとおり、わたしはチョロい奴です。ネコにまで見抜かれてしまった。

IMG_0773_1.JPG

120kmかけて来るだけの価値があるご飯です。美味しかった。みんな満足。ネコも満足。
さて、、お腹いっぱいになったし、これから帰りますか。

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Local Foods マレーシア料理とサウジ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sara Thai Kitchen @ Kuantan 我が町のタイ料理といえば、サラタイキッチン。地元じゃ一番有名

Thai restaurant in my town

IMG_0232_1.JPG

トリップアドバイザーにも上位で載っているタイ料理店サラタイキッチン。なんといっても、うちから近くて歩いていけるのがいいです(それはあんただけ)。

IMG_0234_1.JPG

マレーシアにはタイ料理のお店が多いのですが、我が町はまたひときわ多いです。外食で何かマレーシア料理以外のものを食べよう、、というと、タイ料理、、というのが一般的。そしてそこで働いているのはタイ人です。もちろん、パタニやナラティワといったタイ深南部というか、マレーシアに接しているマレーシア北部のタイ側、、の出身の人達で、民族的にはマレー系。見た目はまったくマレーシア人と同じだし、話しているのはマレーシア語(というかジャーウィー)だし、ふつうに、ああ、マレーシアの人達だね、、とか思います。
言われてみないとタイ人だってわからないし、言われてみても、、そう?ぐらいなんだけど。

昔のタイと英国の勢力関係で国境が確定した際、運悪くタイ側に残ってしまったマレーシアの人、、という言い方もあります、、というか、こっちのほうが正解だと思う。

IMG_0233_1.JPG

特に私の住む東海岸はタイ深南部とは関係も深いし、親戚同士が国境のあっちこっちで別れて住むケースもあるし、非常に同情的。だから、、余計にタイ料理のお店が多いのか?とか思います。特に観光地の近くでは、もうタイ料理のお店が軒を連ねている、、タイ料理以外の料理を見つけるのが難しいぐらい。

IMG_0237_1.JPG

このサラタイキッチンは街中にあって、観光客相手というより地元の家族がちょっと洒落た感じの料理をたべたいね!と思ったときに行くようなところ、、お店も大きいし(けっこう繁盛して混んでるけど回転率も速い)、とっても清潔。

別に新しいお店じゃないけど、新しいお店と思わせるほどきれいなのは手入れが良いせい。もちろん、食事は美味しい。さすが、トリップアドバイザー通年上位!とか思います。そして、食事が美味しいと、、、「食べる前に撮る」を忘れてしまうのはいつものこと。

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Local Foods マレーシア料理とサウジ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

Madu Kelulut (6) 針無し君ハチミツの味が、前のと全然違う、すごく甘い!こんなのもアリなんだ。

Taste of Madu Kelulut.

IMG_0932_1.JPG

前に買ったやつ。つまり、オランアスリカーニバルで買ったのは、酸っぱかった。多少、花の香はしてたけど、ひたすら酸っぱくて、、「これじゃあ、ハチミツって感じじゃないよね、お薬だよ」とか思ったものです。
オランアスリカーニバルの針無し君蜜はこちら。この中の色の濃いのを買って、それが酸っぱかったやつ。

IMG_3853-fd277.jpg

でも、これは違う。今回のミーさんのものは色も前回のと違うし、とっても甘い。普通の蜂蜜と全然遜色ない。粘度がサラサラなのが針無し君の特徴だからそれはそうなんだけど、甘い。

サウジのときの養蜂おじさんに、「取ってくる花の種類や時期によって全然違うよ。同じハチなのに味が違う」といって、売り物の蜂蜜の瓶を取り出して、、これはアカシア、これは何、、って別々。それだけじゃなくて、金額も別々だった。同じハチの腹の中からでてきてるのに。。今回もそういうものなのか、それとも針無し君の種類が違うのか?ミーさんのところでも数種類のハチがいるぐらいだから、ハチによっても味が違うのかもしれない。

そういえば、これがオランアスリカーニバルでの針無し君蜜の巣箱の写真。ミーさんのところじゃないけど、似たようなところもあり、違うところもありってことか。

IMG_3848-45824.jpg

とっても勉強になりました。また来ます。

IMG_0926_1.JPG

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Local Foods マレーシア料理とサウジ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Madu Kelulut (5) 巣箱の周りは花畑。それはそれで、とっても綺麗

flowers around the beehive.

IMG_0922_1.JPG

ミーさんから、巣箱の周りの花について説明。たしかに花は多いです。どれもハーブらしいけれど、いいかんじ。

IMG_0913_1.JPG

一番、針無し君が好きなのはこのスィートピーのようにつるがからまる豆の花らしいです。たしかに、ブンブン周りを飛び回っている、、

IMG_0925_1.JPG

いいよね、、ミーさんとセルフィー、、ミーさんはもともと養蜂をやってたのではなく、飛行機関係の仕事をしていたらしいです。確かに、家は空港のすぐそばだけど、、いったいどうして養蜂、しかも針無し君をやろうと思ったのか不思議ですね。今度会ったら聞いてみよう、、

IMG_0931_1.JPG

論文によると、針無し君の飛翔半径はミツバチよりも広く、受粉能力も高いということ。だから、ミーさんの家の周りだけで蜜を集めているのではなく、かなり広範囲だといえるでしょう。でも、大丈夫。このへん森だから、針無し君も好き勝手に飛んで蜜を集めることができると思う。

IMG_0928_1.JPG

IMG_0888_1.JPG

とはいっても、家も広いです。いかにも農家の敷地というぐらい。ちょうど訪問したときは巣箱の移動中で、「あの角に息子の家を建てる」とか言ってました。まあ、家が2軒ぐらいは余裕でしょう。いや、2軒じゃなくて、もっとでもいいけど。

IMG_0917_1.JPG

こういう生活してみたいなあ、

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Local Foods マレーシア料理とサウジ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Madu Kelulut (3) ハリナシミツバチの巣箱、、構造が全然ミツバチと違う。

Beehive is totally different from bee's.

IMG_0906_1.JPG

サウジで養蜂を試みたときの記事はこちら。
http://inlinedive.seesaa.net/article/197359973.html

これがサウジの丸胴式巣箱

2011042120bee20rabigh20024-thumbnail2.jpg

でもって、こっちは、針無し君の巣箱。

IMG_0910_1.JPG

縦ててあります。しかし中を見て理解できた。ミツバチのほうは巣箱を横にしてないと、ミツバチは巣板(ハニカム構造)を縦に作っていくから。そして針無し君は巣箱を縦にしないといけないのは、巣を横に作っていくから、、

IMG_0895_1.JPG

なるほど、、、しかも、きちんとした正六角形のハニカム巣板に比べて、針無し君のほうが巣房(貯蜜ポット)と呼ばれるポットを作っていきます。うーん、見た目も全然違う。

IMG_0914_1.JPG

巣の入り口は丸太のほうだけど、巣は四角くて平べったい(巣房は横にひろがるから)箱のほうです。だから、巣箱というのは立てた丸太ではなくて、その上に載っている菓子箱のようなもののほうですね。

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Local Foods マレーシア料理とサウジ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Madu Kelulut (2) ミーさんは養蜂家。だから、巣箱を開ける時は「逃げてろ」って声かけてほしい。

Opening the bee hive, OMG run away !

IMG_0890_1.JPG

ここの養蜂家のご主人、Hajj Mie ハッジ ミーさんです。入口にはアズミと名前が書いてあったので、ミーさんとは愛称なのでしょう。いきなり現れたへんな人(それは私)を暖かく出迎えてくれました。Kelulutハリナシミツバチ(以下、針無し君)見たい?もちろん見たいとも!

IMG_0898_1.JPG

まあ、こちらに来て、、

IMG_0897_1.JPG

がさっと開ける、雨よけのトタン板の下には箱があって、それにビニルが外から見えるようにテープで留めて合って、、ビニルを一気に剥ぐ!

IMG_0905_1.JPG

ムワーっとまるで雲のように舞い上がる、針無し君の群れ、、

ミーさんが、逃げろ!と声かけ、、もちろん、その前にもちろん逃げ出したとも。というか、箱開ける前に、取りあえず逃げとけ、、と言って欲しい。あそこまで行っとけば大丈夫だとか。もしかしたら、箱を開ける瞬間をぜひ見たいだろうという親切心だったのかもしれないけど、、全然針無し君とはどういうものか知らないから心の準備もできてないし、ひたすら驚いた。まさか、、ハチが雲みたいに湧き上がって体を包み込もうとは想像もしてなかった。というか、養蜂家の人がそんなシーンを訪問者に体験されてくれるとは思っても無かった。

農研の天野さん(論文を書いた人)の論文には、針無し君は安全(針無しだから)とあったので耐える。ミーさんは、「さあ、花の傍に来るんだ!針無し君が花の方に行ってくれるよ」

IMG_0924_1.JPG

なるほど、巣箱の近くは花畑になっている。ミーさんによると、これらは体に良いハーブばかりなんだよ、香りと健康と味の良さが決めてっていうことです。それはともかく、私は体が硬直したまま。動くとハチがさらにまとわりつきそうだし、、、

ハリがないから痛くないかって?痛いよ、針じゃないけどなんか噛むのかなあチクチクして痛い。針無し君の名前に騙されてはいけない。ミツバチほど狂暴ではないけど、なんか痛い。でも、養蜂家を目の前にして蚊のように叩き潰すことはできない。つい数分前にであったばかりの人の持ち物(たぶん)を潰したら怒られるかもしれない、、、硬直して、、「ほら、あっちの花のほうが甘いぞ、、あっちいけ」と心で念じるばかり。

天野さんの論文には「刺針は退化しており」とあるので全然ない訳でもないのか?まあ、最初のショックが過ぎれば、刺された感はなく、痛さもそれほどでもないことが分かったので、なんとかOK.
まだ、ハチがまとわりついているのに、ミーさん、「さあ、巣を見に行こう」

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Local Foods マレーシア料理とサウジ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Madu Kelulut (1) ハリナシミツバチの養蜂家訪問、、丸胴式巣箱に見えるが違う、巣箱は蓋部分。

Visited Stingless Bee (Kelulut) farm @ Kuantan

IMG_0927_1.JPG

前にオランアスリ・カーニバルで買ってきたハリナシミツバチの蜂蜜が無くなったので、この辺で買えるかどうか?を、クアンタンのオランアスリ事務局で訊いてきました。

IMG_0253_1.JPG

こっちが、オランアスリカーニバルでの最初のハリナシミツバチ蜜との出会いの記事。
http://inlinedive.seesaa.net/article/455166610.html

オランアスリ事務所で説明をするんだけど、Stingless Beeという英語がわかってくれない、、、すかさず、携帯の翻訳で、Madu Kelulutと出すと、、一発で理解。ありがとう。でも、教えてくれた電話番号に連絡しても誰も出なかった。

それより、「なんであなたはこの事務所を知っているのですか?」と逆に質問されてしまった。うーん、私はオランアスリにはすごい関心があって、オランアスリ事務所の存在ぐらい楽勝で知ってたのだけど説明が難しいので、、なんとなく、、と答えてしまった。

ウエブで検索すると、オランアスリでない、普通のマレーシア人のハリナシミツバチ養蜂家がクアンタンにもいくつかあるのがわかって、一番近い所にGO.

ハリナシミツバチについては前も書きました。世界中にいろんな健康食品がひしめいているけど、ほとんど最強健康食品の一つ。健康食品というと効用もいい加減で怪しい宣伝のものも多いけれど、こちらは日本の農研(昔で言う農業試験場)、正式には国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構のホームぺージから「ミツバチ蜜とは異なるハリナシミツバチ蜜の持つ特異な抗菌性」という2006年の研究。

国のお墨付きで、「安心安全な健康食品として今後わが国においても利活用され得る。本研究成果は、ハリナシミツバチ蜜の健康食品としての利用性についての科学的な資料となり、その市場開発に資する。」つまり、今後はガンガン、ハリナシミツバチ蜜を生産してほしいし、売るときにはこの研究成果を宣伝に使っていいですよ!というもの。

http://www.naro.affrc.go.jp/project/results/laboratory/nilgs/2006/nilgs06-16.html

もうひとつ、熱帯農業研究に掲載されたやっぱり農研の方の論文。「もうひとつの養蜂:熱帯・亜熱帯地域でのハリナシミツバチ養蜂の利活用」というもの。こっちは読みごたえがあります。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/nettai/1/2/1_78/_article/-char/ja/

そこまで国が力を入れている健康食品などほとんどないです。でも、知られてないのは何故だろう。お昼頃のテレビで宣伝しないからなのか?まあ、いいや。ともかく、ハリナシミツバチ。

以前、スランゴールでやっぱり養蜂家を見たことがあったけど、巣箱は丸胴式だった。サウジは横に寝かせてるけど、ここでは縦なの?あけてびっくり、全然ミツバチの巣と違ってた。そもそも、ミツバチじゃないし。マレーシアではKelulutはKelulutであって、ハチとは全然違う扱いです。日本語の名前にミツバチって入っているから、てっきり騙された。

IMG_0919_1.JPG

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Local Foods マレーシア料理とサウジ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

Dried Persimmon or Hoshi-Kaki 干し柿@我が町

Dried persimmon is popular in this season @ Pasar malam

IMG_5063.JPG

この時期の食べ物といえば、干し柿。こちらでは見かけないので輸入品じゃないかと思うけど、この時期に我が町の夜市で見かけます。見かけるというか、大人気です。種無し柿で、最初はどうして種をとってるんだろうと思ったけれど、そういう品種があるんですね。
種無し柿はほぼすべて渋柿だそうで、日本でもいろんな方法で渋みをとっているそうです。まあ、干すのが一番オーソドックスというか伝統的。でも、日本では脱渋装置があったりするらしい!ちょっとびっくり。

同じように焼き栗もあるけど、これも輸入品だと思う。干し柿といい、焼き栗といい、食べ物の美味しい季節。ああ、それに中国正月もあるし、、ダイエットには辛い時期。

私は干し柿が大好きです。干し芋も好きなんだけど、さすがにクアンタンでは手に入らないか、、

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Local Foods マレーシア料理とサウジ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする