The Redang Telegraph

2023年01月24日

蝋梅ろうばい を見に行ったとこ

IMG_7804.jpg

ロウバイって音だけではなかなか蝋梅の漢字が浮かばないのですが、透かすと蝋のように向こうが優しく透けるところから名付けられたそうです。でも、ウメ科じゃないそうです。まあ、そんなことはどうでもいいのですが、、

IMG_7805.jpg

IMG_7813.jpg

とってもいい香り。去年も、ここ府中郷土の森公園に来て、おんなじような写真をとったことを思い出しました。まだ、本物のウメはほとんど咲いてません。早咲きがちらほらあるだけで、ウメのシーズンにはあと1ヶ月ぐらいはかかると思う。

IMG_7814.jpg

また、来年もこれるといいなあ

IMG_7815.jpg

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月23日

いのちは、みちを見つける

Dr. Ian Malcolm: No. I'm, I'm simply saying that life, uh... finds a way.

わたしが、本当に読んでびっくりした小説は「ジェラシックパーク」でした。
映画じゃなくて、小説です。もしかしたら、前にブログでも書いたかもしれませんが、ジェラシックパークは映画より小説のほうが毛が逆立つ緊張感と、ああ、博士の会話なんだな、、というアカデミックな深さを感じることができます。

いのちは、みちをみつける

、、、とっても深いことばで、タペストリーに織って部屋に飾って標語にしたいほど。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月22日

異次元の少子化対策?なんでも「異次元」ですか?

最近聞いた言葉のなかで、、、いちばんすごいのが、「異次元の少子化対策」
国語教師的にみても、ちょっと異次元すぎる、、
いったい、何が言いたいのかわからないけど、たしかにインパクトはある。

いま「異次元の金融緩和」のワードに「成功」のワードをプラスして検索すると、なにも出てこないけど、「失敗」といれると検索結果がいっぱいでてくる。いや、正確に言うと「成功」といれても失敗の話しかでてこない。
こんな、なにが異次元なのかよくわからない言葉あそびは、けっきょく「異次元の金融緩和」と同じく失敗しても失敗と認めない!老害的結果が待ってるんだろうね。

どうして「異次元」という言葉を使うのか、まずそこから説明してほしい。
円谷プロの異次元怪獣的なものしか、思いだせないです。




| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月27日

もうあと、数日で2023年。ことしも、もうおわりなんだ、、

IMG_2294.jpg

昨日はCOVID19のワクチン5回目終了。もう、5回目。もう飽きた、、、来年の今頃、ワクチン接種回数はどれぐらいになってるんだろう。

IMG_2285.jpg

来年は来年でやりたい目標がいっぱい。
大学院の科目履修生にもなりたいので、英検を受けてきた。なんと授業は全英語(まあ、外国人の先生だし)なので、履修には英検準1級以上の証明を願書に添付するらしいです。おかげさまで合格できたけど、ちょっとヒヤヒヤ。とはいえ、履修生として合格できるかはわからないけど。
これから、進取な勉強をしたいと思ったら英語で授業を受けるしかない、、という時代なんでしょう。

IMG_2300.jpg

それに、研究計画書を作らないといけないし、、、これをつくるのに丸々1週間かかった。ほかのことはすべて止めて、それでも1週間。ほんとうに、なかなか難しいものです。字数制限もあるし。

それに書かないといけないレポートが3つ。この冬休みの間に書こうと思ってたのに研究計画書に思わぬ時間を取られて、まだ全然できてない。これから気合いをいれないといけない。。

IMG_2290.jpg

新年には新年で旅行にも行きたいし、お正月気分を味わいたい。だから師走には師走で、走り回って師走気分を盛り上げるのか、、いや、そこまでしたくもないけど、がんばろう。

IMG_2298.jpg















| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すべての試練を乗り越えたものだけが

IMG_2289.jpg

神代植物公園の向かい、植物多様性センターにあったパネル。
すべての試練をのりこえた植物だけが、「帰化植物」になることができるのです、、、なんと力強い。

昨今の「外来種たたき」の趣旨はわかる。ある意味、もっともだと思うこともおおい。でも、その対象になっているのは、好きで外来種になったわけじゃない。生き残るための試練を経て、力強く生きてきたのだ。それは、それで敬意を表したい。

かけ声だけでも高かった多様性が薄れて、均一な社会に安住したがる傾向が年々増してきている年老いた日本。
これからどうなるのだろう。まあ、なるようにしかならないんだろうけど。










| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月26日

「日本すごい」系動画は、イライラするだけ。

うーん、年末になって突然「日本すごい」系動画を見る羽目になってしまった。
わかってたら見ないのに、なんか突如あり得ない方向から見ることに、、というか、そもそもそれって動画、、ってわからないようなタイトルだったし。
見終わって、すごい脱力感。相変わらず情報不足なうえ、バブル頃の情報がてんこ盛りだし、それって2022年にやる?っていうものです。
もう、人生の半分以上が海外生活の目からみると、とんでもない嘘っぱちなんだけど、、まあ、いい。

今日、見たのは全然本編の関係なく「日本の電車はスケジュールどおりに動くし、ドアの位置もゆらぎがない、日本すごい」というこの系統としてはかなり古い源泉をもつ伝説が挟み込まれていた、、、うーん。

まず、スケジュールどおり?私は京王線沿線に住んでいるけど、この路線はやたら人身事故がおおい。2022年の今日現在で27件の人身事故だそうです。つまり、1か月に2回以上という割合。私も何度も遭遇したことがあります。東京都でいうと2022年(まだ終わってないけど)179件だそうです。うーむ、2日に1度はどっかで人身事故なんですね、、、、。で、人身事故があると1時間ぐらい簡単に不通になります。2時間ぐらいかかるときもある。これのどこがスケジュールどおりなんだよ。私は1日に2度人身事故で止められたことがある。もう、泣きそう。電車なんか乗りたくないと心底思ったものです。それだけじゃなくて、信号故障とか送電系とか踏切内侵入とか、いろんなことで電車はとまる。なんだかよくわからない、停車信号なのでとまる、、というのもある、、それも10分ぐらい止まるときもある。もう一度言うけど、日本の電車はスケジュール通り走る、、なんて嘘っぱち。昔も今も、スケジュールどおりとはいかないんだよ。こんな、「日本の電車はスケジュール通り走る」なんて正気で言っている人は、事故で待たされた経験はないのか?わからん、忘れっぽいやつかもしれん。人生経験ゼロなのかもしれない。

それから、止まるドアの位置も正確?それって、世界中、止まるドアの位置はだいたい正確だと思う。よっぽど汽車かなんかでオフグリッドというならともかく、いまやコンピューター制御されていて、止まるところにはだいたいピタッととまる。そうでなければ、ホームドアとか危なくてつけられないが、2016年時点でシンガポールとバンコクの両都市は100%達成。北京もソウルもたぶんいまは100%達成していると思う。ホームドアは、ドア位置で電車がとまらないとつけられないでしょ。ちなみに東京は100%に全然届かない。地下鉄だけだって、まだまだ。日本は他の国に遅れているのである。しかーも、他の国がコンピューターでドア位置ストップを制御しているのに、日本はけっこう人力で止めようとしている。匠の技、、なんかいらない、コンピューターでいいよ。ユリカモメみたいな無人電車は外国で普通に走っている。人が乗ってなくても、ドア位置はふつうに正しく止まるのだ、、、。人力なんていらない。第二次世界大戦は世界が機械化する中、名人芸に頼った日本が負けてしまったでしょ。うーむ、またしても敗戦か、、、こんな当たり前のこともわからん奴がいるんだね。

そういうことで、2022年の年末になっても「日本はすごい、電車は定時、ドア位置は正確!」というくだらん情報が入った、くだらん動画を見せられてしまったのだ。。。
まあ、そういう怒りがブログを書く原動力になっているといえば、いえるけど。












| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月20日

Kofu 生まれて初めての甲府

IMG_7503.JPG

秋と言えばブドウの季節。
甲府にブドウを味わいに行きました。名前が、、調布や府中に似ているので、意外に親近感が、、ある。

IMG_7433.JPG

しかも、バイクではなく電車で。塩山まではバイクでちょくちょく行ったものですが、甲府ははじめて。たぶん。

IMG_7508.JPG

色づき始めたいろんな木々や、ショッピングの場所、ジュエリー博物館や湯村温泉。どれも満足、、

IMG_7465.JPG

果物だけじゃなくて野菜もおいしいし、食べ物のおいしい「おしゃれな街」ですね。

IMG_7454.JPG

たしかに、「ワイン」「フルーツ」「ジュエリー」がキャッチフレーズの街だから、自然とおしゃれな街作りになるのかな。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月06日

再び グローバル人材について

「世界的な競争と共生が進む現代社会において、日本人としてのアイデンティティを持ちながら、広い視野に立っ
て培われる教養と専門性、異なる言語、文化、価値を乗り越えて関係を構築するためのコミュニケーション能力と
協調性、新しい価値を創造する能力、次世代までも視野に入れた社会貢献の意識などを持った人間。」

上は、文科省のホームページあるグローバル人材の定義、、めざすべきグローバル人材。これから、こういうグローバル人材を育てたいという意思表示。それで、どうやって育てるのか?というのが延々と協議されているのだけどだいたい英語教育に終始している。
さらに、「日本人としてのアイデンティティ」をどう教育するかという部分はほぼ皆無。

だから、文科省は今の子供たちに「主体的で深い学び」で、自分で考えることのできる人を育てる!っていうのが基本なのに、「はい!あなたのアイデンティティは日本人だからね、これもってないと駄目よ」とか言えるはずないでしょ!自分のアイデンティティを文科省から押しつけられて、はい、そうです、、なんていう子供は、ぜんぜん主体的じゃない。ばっかみたい。自分のアイデンティティを自分でみつけるのが、主体的ってもんじゃないですか?まあ、どうせ政治家とか有識者とかいう、なんか頭おかしい人たちが文科省に押しつけたんだろうけど、文科省だってハイハイ言うな!って言いたいです。

グローバル人材の花形ともいうべき、日本のノーベル賞受賞者たちだって、外国の人になっちゃった人だっているぐらい。たぶん、存命中の受賞者のなかで、日本人としてのアイデンティティなんて持っている人ほとんどいないと思う。そもそも、グローバル人材なんていう段階で、国籍とか国境とかいう政治的で仮想現実的なものを入れてくるのが無理があるよね。いまのウクライナをみてロシアがウクライナの領土の自国領土編入とか、あんなことやって、コロコロかわるものにアイデンティティを求めたらえらいことになる。国籍だって、べつに離脱したり取得したり自由自在だし、オリンピック前なんてアスリートの国籍変わりまくり。それでもって、かれらはグローバル人材の代表格にされるんだよ。

グローバル人材に求められるアイデンティティはたぶん「地球市民」のようなものであって、「日本人」じゃない。そもそも、日本人じゃない人は、日本人としてのアイデンティティなんてないし

森鴎外の遺言です
余ハ石見人森林太郎トシテ死セント欲ス


石見人としての強烈なアイデンティティのあった森鴎外で、墓石にもこの言葉どおりに刻まれてます。
今の人の多くは「石見ってどこ?そんな国どこにあったの」レベルでしょう。奥さんはドイツ人だしグローバル人材といってもいい森鴎外ですが、アイデンティティはさまざまです。


| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

急に秋。ちょっとびっくり

IMG_5401.JPG

とうとう10月。今年もあと3ヶ月だけ。長いような短いような2022年です。
昨日の雨に続き、今日も雨。しかも気温が前日より9℃低いとは、もう1日で秋になった気がします。

私が先生のほうの学校では10月からカリキュラムが新編成。ひとつは日本語初級のクラスが新任に!新入学生徒のクラスでみんな日本に来たばかりらしいです、すこし心配だけど面白そう!教えるほうの学校は今のところ3カ所。10月から気持ちを引き締めてがんばろう。

私が学生のほうの学校では、教職課程の最後の科目が今月末に開講。すでに教職の単位はすべて教科も含めて教職申請には十分に足りていて、この科目は興味本位で受講するもの。もちろん単位も取れるけど、認定には関連しないというのは気持ちも穏やかになるところ。それから、来春から大学院に科目履修生として入りたいところがあって、、でも、そこは授業が完全英語なので今から英語の特訓。願書には英検準1級以上の証明を添付する必要があるので、さっそく英検の申込。

しかし、日本の学校で授業が英語だから英検証明が必要だなんて時代が来るとは思わなかった。べつに英語学とかじゃなくて、ふつうに教育学で日本語でもいいんだけど、教える先生がいなくて外国から呼んだそうです。人材難時代?こういう時代なんですね。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月09日

9月!新しい学期!

新学期がはじまって、インター校も新しい児童も加わって心機一転!
心機、新奇、新規、心悸?どれも当てはまりそうですね。

IMG_6354_1.JPG

児童は元気いっぱい、先生の私が疲れているわけにはいかない!
がんばろう、、と、自分をはげますのであった。

みんな夏休みの宿題を提出して、、えらいなあ。
それを採点する私のほうが時間がかかりそう、、


| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月08日

そして9月。日本での生活が再開される、が

IMG_6174_1.JPG

マレーシアから帰ってきて1週間。
帰ってきてすぐに風邪を引いてしまい、しんどかったものの、なんとか立ち直ったところです。
熱が出なくてほんとうに良かった、、これで熱がでたりしたら病院に行くのだって発熱外来で大変だったところ。

、、しかし、この弱っている間に一度倒れてしまった。
生まれて初めて、倒れてしまった。病院に行ってCT検査をうけて、どうも迷走神経の失神だそうです。疲れたりストレスがあったりすると出ることがあるらしいのですが、本当にぴったり症状があてはまる。その数日前から急に汗が噴き出したりして、風邪のせい?なんか自律神経がおかしいなあ、、、と思っている矢先。
まあ、いいチャンスなのでMRIも受ける予定です。生まれて初めてのMRI、、どんななんだろう?

まあ、外国から帰ってきて環境の変化とか、新学期がはじまってプレッシャーもあるし、風邪引いてるし、ゆっくりしないといけないですね。
、、まあ、ゆっくりできれば、、だけど。


| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月11日

私は氷河期世代だから、、といわれて。その2

そういえば、私はどうしてサラリーマンになりたくなかったのか?
私の父は、たしかバス通勤だったです。家から職場まで30分もかからないところに住んでいたし、なんなら歩いても通えました。
まあ、地方都市なんてだいたいそんなものです。しかも、電車はそんなに混みません。

じゃあ、毎日満員電車に乗って、、とか、同じ仕事して、、って発想は、どこから来たかというと、たぶんテレビですね。ああ、東京じゃあ、こんな生活なんなんだ、、、とか。高度成長期の山手線なんてほんとうにひどかったし。テレビの刷り込みかなあ。

どっちかというと、サラリーマンになりたくなかったというより、独立心が強かったから、独立して働きたかったんだと思います。
その独立心とは、小学校のころ学校の図書館で得た猛烈な「国とか社会とか会社とかは嘘ばっかり」という結論から来ています。

だいたい小学校3,4年生頃の男の子って、なんかオタク的に没頭することが多いです。たとえば、電車の名前とか、野球の選手とか、ヒーローものとか、、ウルトラマンとか仮面ライダーとかのカードを集める子供が多かったです。しかし、そのころ、私は全然そんな、みんなが熱中していることに興味がなかった。本当にいまの自分がびっくりするほど、そういうありがちな没頭はなかったです。でも、もちろんオタクでした。それも、変な、、「戦史オタク」でした。まあ、世の中ではマイナーですが、誰もいない!ようなオタクじゃないです、、今では。でも、昔は超レアでした。真珠湾からはじまって敗戦でおわる太平洋戦争に関する本は図書館で読みあさりました。なんなら、生きて体験しているひとがまわり中にいました。私が小学生頃、親世代はみんな戦時中を生きていた。私は戦後17年後に生まれましたから、17歳以上の人はみんな戦争体験者だったわけです。

そんな戦史オタク小学生が得たことは、最初に「国は嘘をつく」でした。大本営発表なんて嘘の塊。なにからなにまで嘘で塗り固めてました。そんな嘘で、、「国民は簡単にだまされる」が2番目に学んだことでした。まあ、もう20年ぐらい振り込め詐欺があるのに、今でもだまされる人の多さを考えればそんなもんでしょう。そして3番目に学んだことは「私利私欲と無知蒙昧な国民が政府の嘘に先導している」です。扇動じゃないです、先導です。

暴走する軍部のまえに、戦争でもうけたい私利私欲のかたまりの国民と、人の成功を嫉妬したりストレスが高まっている破滅願望のある無知蒙昧な国民が戦争意欲をもり立てていました。日露戦争の時の日比谷交番焼き討ち事件とかがそうですよね。大震災のときのデマや嘘だって国民のなかから生まれているし。軍部だって政府だって国民が「否」といえば、まだ機運が盛り上がってないということでやめるのですが(軍部はおもわれているほど強固じゃなくて、わりと世論とか空気に左右される意志薄弱な組織だった)、国民の一部が尖鋭化すると、「ほら、国民も望んでいるし」とか自信がついてくる。だから、小学生ながら「破滅願望のある国民って多かったんだ」と思ったのが3番目です。
結局、戦争というのは、「破滅願望のある国民」「嘘つきの政府」「だまされる国民」が相乗効果でやってたんだ、、というのがオタク的な理解でした。

戦史オタク小学生は中学生、高校生になっても、たいして変わらず、そのまま。国は嘘をつく、、が高じて(こじれて)、当時社会問題化されていた公害問題もあって「会社も嘘をつく」になるのはさほど時間はかかりません。会社がヤクザをやとって労働組合をつぶす(物理的に)なんて日常茶飯事でしたから、まあ、会社の全部がそんなわけではないのですから、中二病的な理解でしょうね。

そういうことで、

政府とか会社とかは自分かわいさの嘘で固まっている
国民の中に破滅願望の馬鹿が思いのほか多く混じっている、真に受けてはいけない
信じ易い(だまされやすい)国民がいる、付和雷同してはいけない


が、得たことで、つまり社会とか世間とかを気にするとろくなコトにならない!政府だって会社だって(軍部だって)元をたどれば、みーんな「国民」でできている。そんな国民の集合の社会とかは大変なもんで注意がいるぞ!

、、それが、サラリーマンになりたくなかった理由なのかな?どっちかというと独立して働きたかったということかもしてないけど。




| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月09日

私は氷河期世代だから、、といわれて。ずいぶん昔のことを思い出した。私は「就職」に興味がなかったんだけど

このブログに10年ぐらい前にコメントを寄せていただいたことを、昨夜、ふと思い出しました。
最近はブログにコメントが寄せられることがなくて、ちょっと寂しいけど、、

10年前のコメントは、要約すると、、
「あなたはバブル世代で、私は氷河期世代。バブル世代が世の中を悪くして、ちゃんと後進の整備をしてなかったから、世の中がこんなになった。氷河期世代としては辛い」みたいな内容でした。たぶん、こんな内容だった、、という記憶です。

それに対して、私の返事は
「えーっと、私はバブルな世の中のときには既に外国にいて、バブルの恩恵も受けてないし、後進といわれても外国のこと?」みたいな返事でした。もう、話はそれっきりで、全然後につながるようなモノじゃなかったです。バブル世代とか、、日本限定の話をされても、、という気がしました。

昨日の夜、ふと思い出したのが、そういえば氷河期世代って、「就職」氷河期だよね。。。ってこと。
そういう文脈でいうと、私はそもそも「サラリーマンには絶対なりたくない」という鉄の意志がありました。たぶん中学生ぐらいから。まあ、中二病的なところもあったかもしれないけど、毎日毎日、満員電車にのって、同じ顔みて、同じコトして(まあ中学生が考えるサラリーマン感)、なんて到底耐えられない。そんなことして老いて死んでいくなんて無理。ということです。高校生のときもほぼ同じ考え。

だから、当時フリーランスの仕事ってあんまりなくて、派遣業で定められた業種なんてたいしてなかったけど、その中に通訳というのがあって、その道を突き進みました。おかげで、特段就職もせず、就職活動とかもなく、ひたすら勉強して通訳みたいなものになって暮らしていきました。そのあと、40代になって縁あってサラリーマンになったけど、「派遣>>>勤務先の会社に就職」というパターンで、それも就職するつもりはあんまりなかったけど、なりゆきで、、、みたいな話でした。

そういうことで、昨日の夜、、、「就職」氷河期世代、、といわれても、そーか、就職かあ、そもそも就職に興味なかったし、、、。若くして、大学生ぐらいの年齢で、就職するって、どういうことなんだろうなあ、、って寝ながら思いました。だから、就職相談とかされたときも、「サラリーマンになるだけが人生じゃないよ」とか言ってしまいます。世の中は広いんだし、選択肢は無限なんだけど、、

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月06日

こうして8月になってしまった

IMG_5119_1.JPG

いつもどおり、あーっという間に時は過ぎ、いまは8月。
7月から新しくオーソドックスな「日本語学校」で非常勤講師を開始。これでインターナショナルスクールが週に3回、日本語学校が週に2回。あわせて、平日は全部仕事で埋まりました。授業の準備がけっこう忙しいので、あんまり毎日はできないのに、、、これも生活のため。がんばろう。

そのせいで、土曜日のボランティア活動は一時休止です。
しかたないけど、、、体がもたない。世の中には、ひまですることがない、、という人もいるそうですが、うらやましいです。

IMG_4993_1.JPG

やすみの日は、体を動かして!飛行場一周。

そして、7月はインターナショナルで久しぶりにアイススケートに行って、江の島にもいって、とっても良かった。
江の島では、野生のリスとか、タヌキとか!

IMG_5310_1.JPG

タヌキは夏毛なので、なんだろう!とか思いました、生徒は「カピパラがいた!」と言い張ってたのですが、すみません、野生のカピパラは江の島には居ないはずです。タヌキです。夏毛なので、ほんとうにタヌキらしくないですが、タヌキです。

期末テストもしたし、サマースクールもしたし、インターナショナルと日本語学校の両方で大きな職員会議があったし、なんとなく学校の先生をやっている気がする。って、やってるんだけど。

IMG_5162_1.JPG

毎日暑いけど、がんばろう。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月18日

Tumulus 武蔵府中熊野神社古墳に行ってきた

ふーむ、古墳というのはTumulusという英語があるんだ、、知らなかった、、、

IMG_5202_1_1.JPG

、、いや、そんなんじゃなくて、府中市の西部、西府にある武蔵府中熊野神社古墳にいってきました。ともかく、府中はそこらへんに古墳があって、私の住んでいる白糸台には「白糸台古墳群」というのがあって、古墳のないところに住んでいる人からみたら、呆れるほど古墳だらけです。
ここは、府中崖線という国分寺崖線の南、多摩川にそって走る崖線があって、そのハケ上にずらっと古墳がならんでいる。

IMG_5184_1.JPG

IMG_5198_1.JPG

武蔵府中、、って、なんてことない東京都府中市のことですが、ややこしいことに府中というのは昔の国衙があったところはみんな府中なので、日本のあちこちに府中という地名があります。「甲斐の国の府中」略して、甲府というのもあるけど、広島にはおんなじ府中市があって、ああめんどくさい。まあいいや。府中市は真ん中に「分倍河原」という場所があって、ここから西はJR南武線文化圏、ここから東は京王線文化圏というふうに2つの文化圏にわかれていて、分倍河原の友人にいわせると、西部と東部はいつも喧嘩しているとのことです。線が違うから交流がない?というところか?

わたしも、実のところ、おなじ市民なのに、分倍河原から西の府中は魑魅魍魎が住んでいるのではないかと思っていたのです。しかし、そんな分断は許さない!分断社会は親の仇!ということで西の西府に訪問。ここの最大の観光名所が古墳なのです。

IMG_5173_1_1.JPG

西府は、JR南武線にある日突如として生まれた新しい駅で、今でもとーってもきれいな駅舎。きれいな駅前。ごめんなさい、魑魅魍魎は私のすんでいる方かもしれないです。

IMG_5201_2_1.JPG

この熊野神社古墳は、古墳時代の最末期に生まれた古墳の粋をあつめた「上円下方墳」です。当時の最新技術で作られており、蘇我馬子の墓といわれる石舞台古墳も、もし土があれば上円下方墳ではなかったか?と言われています。なにせ、古墳時代の末期ということで、現存している上円下方墳は全国でも4か所だけということ。このあとすぐ古墳が作られなくなったそうですから。

その4か所でも、熊野神社古墳は最大で最古。この形式の代表格です(まあ、全部で4個だけど)。

IMG_5167_1.JPG

古墳博物館があった。ここの博物館では学芸員実習の受け入れやってくれないのかなあ。

IMG_5175_2_1.JPG

現在は石室は埋め戻されていますが、レプリカ玄室が建てられて、玄室体験ができます。

IMG_5186_1_1.JPG

IMG_5190_2_1.JPG

IMG_5163_2_1.JPG

IMG_5185_1.JPG

いいですね。博物館もとってもきれい。
修復された古墳もきれい。古墳祭りというのも定期的にあるみたい。

IMG_5200_1_1.JPG

剥いだ地層が飾っている。うんうん、この展示方法は博物館展示論で習いました。

IMG_5183_1_1.JPG

古墳はこのあと作られなくなり、上円下方墳は4つでおわり???いえいえ、私は知ってます。
八王子の大正天皇と皇后の多摩御陵も、昭和天皇と皇后の武蔵野御陵も、「上円下方墳」です。古墳はいまでも作られているし、、いや、新墳というべきか?多摩地区へのオマージュか?上円下方墳が天皇皇后合わせて4つ、八王子にあります。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月02日

近藤勇の宮川家跡 ああ、ブログ更新が1か月以上あいてしまった

ああ、なんとブログの更新が1か月以上も空いてしまった、、6月には一度も書かなかった、、、
最近ブログの更新が滞りがちとはいえ、これはショック。
理由は忙しいから、、、

暇なとき>なんとなくブログ更新する。
ちょっと忙しい>猛烈にブログ更新して、現実逃避する
忙しすぎる>ブログがあることすら忘れる

、、ということで、6月は忙しかった、、、しかし、7月はもっと忙しい、、
8月にはマレーシアに一時帰国の予定。マレーシアに着けばブログは更新するだろうけど。

最近忙しくて出歩けない、、ということはありません。
つい数日前、猛暑の中、日焼けで真っ赤になりながら、近所の散歩。
調布といえば、これ、近藤さん

IMG_5122_1.JPG

いつも散歩している調布飛行場と野川公園の接点にあります。ここも何度も来ました

IMG_5127_1.JPG

宮川家跡です。ここが調布?というぐらい、三鷹との市境にあって、ほぼ調布の飛び地状態。三鷹といってもいいぐらい。地番は上石原(調布)だけど、看板を読むとかっては大澤(三鷹)みたいだったし。西調布駅前に「近藤勇の生誕地!」みたいな看板があるけど、西調布駅前とは全然関係ない、遠く、遠く離れていて、たぶんもよりは西武線の「多磨駅」です。

IMG_5126_1.JPG

ここの写真をとってると、通りがかりのおじいさんが、ガイドしてくれてありがとう。
通りの向こうにあるのが、道場の建物だったけど、気がつかなかった。

IMG_5132_1.JPG

宮川家は庄屋で、敷地は2000坪以上。だから、このあたり、ぜーんぶが、宮川家の敷地だったし、だから、ゆかりの建物が点在しているというか、もともと宮川家の敷地内だったのが道路で分断されて点在しているようにみえるというだけか、、

あ、、2000坪以上の家、、いいなあ。近藤さんて、お金持ちのセレブの家系だったのね。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月26日

大名庭園2 いや、大名じゃなくなった後の前田侯爵邸です。加賀百万石の意地!

IMG_4958_1.JPG

もともと、加賀百万石の屋敷は本郷にあったのですが、明治になって東大を作ったおかげで前田家は引っ越し。
場所は、東大駒場のとなり、、というか、そうか、東大つながりだったのね。ふむふむ。

、、そういうことで、駒場の豪邸は、武家の加賀前田家の大名屋敷じゃなくて、前田侯爵邸です。

IMG_4962_1.JPG

目黒の、浅香宮邸と比べると、、、えーっと、ほとんど同じ。アールヌーボー大好きだったんだね。

IMG_4981_1.JPG

だから、写真をとるとアールヌーボー、、ぽい、なんだか似たようなものばかりになった。

IMG_4966_1.JPG

昔の宮様も侯爵様も、偉い人はこういうの好き!、、私も好き!

IMG_4969_1.JPG

IMG_4975_1.JPG

IMG_4964_1.JPG


IMG_4988_1.JPG

いいよね。殿ヶ谷戸公園も、ちょっとこういう雰囲気はあるけど、時代がそういうものだったんだろう。勉強になります。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大名庭園1 水戸徳川家 小石川後楽園にいってみた

IMG_5044_1.JPG

ぐるっとパスを使わないと期限が切れてしまう!
、、と思っていると、小石川後楽園で花菖蒲フェスティバル!という記事を発見、さっそく見にいってきました。

IMG_5007_1.JPG

いつもながら、咲いてなかった。府中郷土の森の梅まつりの時は、梅が咲いてなかったし、国領神社の藤まつりの時は、藤が咲いてなかったし、まあ、全然咲いてないわけじゃないけど、ほんのちょぼちょぼ。このxxx花まつりは、けっこうフライング。

まあいいでしょう。
大名庭園は美しかった、、、ので、良しとします。

IMG_4999_1.JPG

後楽園ゆうえんちの隣の、小石川後楽園。つくったのは水戸藩主。水戸には偕楽園があるから、江戸のほうは趣を変えてみよう!ということで、「暗くて、深い」、、が、テーマだったそうです。おかげで、まあ、暗いけど、暗さはあんまり感じなくて、木漏れ日が絶品。

IMG_5003_1.JPG

どこもかしこも、木漏れ日が美しい、、、

IMG_5018_1.JPG

暗さと、明るさ、、

IMG_5052_1.JPG

本当に、なんというか、粋だし、ちょっとあり得ないほどきれい。

IMG_5054_1.JPG

これほど、木漏れ日に焦点をあてた庭園ってないと思う。

IMG_5017_1.JPG

五月晴れの明るい日に行ったので、木漏れ日が本当に冴えわたっていた。

IMG_5046_1.JPG

水戸黄門、、やるなあ。

IMG_5062_1.JPG

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月22日

かえるくんと がまくんは ともだち

51ChS-LeEsL._SX329_BO1,204,203,200_.jpg

小学校2年生の光村国語下には、かえるくんとがまくんのお話「お手紙」が載っています。
光村図書の国語科教科書のシェアは圧倒的に強いので、だいたいの子供たちはこの話をしっています。

私は知らなかったのですが、国語科教師なので、しぜーんに知るようになりました。
なんというか、みかけの悪さ(かえるだし、、)とか、ぶっきらぼうな物言い(がまくんのセリフは小学生には難しいレベルなんだが)、むしろ「どーして、小学2年生?」とかおもえるぐらい。セリフの面白さ、、というのは、あると思う。

でも、2人は仲良しだし、おっさん臭いわりに、いい奴だし、なんか不思議。

まあ、こういう話を2年生の教科書に持ってきたのはどうしてなんだろうね。
うーむ。
ただし、このお話を外国人向けとか、継承教育向けとかに回すと、先生泣かせ。
日本人だと直感的にわかる表現が、まだ未修なんだし、、ある意味、ネイティブというのは凄いよね。


| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月21日

Nihon mingeikan 日本民藝館に行ってきた、、割と近い、、

IMG_4951_1.JPG

駒場東大前の「日本民藝館」に行ってきました。
近い、、、京王線沿線住民としては同じ京王線でいけるので楽。

ここは、武者小路実篤を勉強していた時、ひんぱんにでてきた柳宗悦のおこした民藝運動の拠点ですね、、
うーん、それはいいけど、、この博物館は「ぐるっとパス」に加盟してません。入場料をフルではらわないといけない、、うえに、館内撮影禁止だから、あんまり写真も撮れない。

IMG_4947_1.JPG

内容はおもしろかった。うーむ、ああいう戦前の美学者というのはだいたいみんな似たり寄ったりなものなのか?
実篤公園もそうだったし、五島美術館もそうだし、雰囲気はすでに「ああいうやつ」の類型的になってきた。

IMG_4945_1.JPG

民藝運動はおもしろそう。まえに九州の波佐見焼の窯元にいったときも民藝がでてきたし、焼き物といったら民藝とは切り離せないみたい。

IMG_4939_1.JPG

わたしの亡くなった大正生まれの父は、たぶん民藝運動とか白樺派とかにかぶれていた人で、蔵書はその方面のばっかりだった。それで、私も小さい時からそっち方面の本を読んでたから、なんとなく懐かしい。

IMG_4954_1.JPG

なんか、なにもかも懐かしい気がする。
ただ、古いだけじゃないよね。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月16日

国語の教科書を読もう! とっても楽しいし、おもしろい


小学校の国語の教科書も、ほんとうに楽しいです。
読んでないひとは、「えー、あんな子供向けなのに?」とか読まずに思うのか、「教科書なんてコリゴリ、いい思い出なんてない」という拒否反応を示しているか、、まあ、いろいろだと思うけど、大人にこそ読んでほしい。

大人になると、自分の好きなジャンルがあって、そっち方面ばかりになりがちだけど、国語の教科書はいろんなジャンルがあって、普段見向きもしないようなものも、あるから、読んでしまう。私にとって 詩、短歌、俳句なんて縁遠いけど、あるから読むし、読めば味わいがあるのがわかってきて、そこそこ面白い。

読み物ばかり?いえいえ、いろんな言語活動が網羅されています。
とくに、昨今は「読み物中心はダメでしょう」みたいな教育が主流なので、言語活動全般の手助けになるようなことが一杯。考えてみようとか、読んでみよう、、そういったものも、とってもいいです。

IMG_20220516_0005.jpg

中学国語になると、もっと大人も舌をまく言語活動になる。
だいたい、どの教科でも中学で教えている内容をきちんと理解している大人は多くないけれど、国語科もまたしかり。
とーーーっても、奥が深いし、そこそこ難しかったりする。

宮崎駿監督の「書評」なんて、たった1ページなのに、手が込んでいて、内容も深いし、見事です。

| クアラルンプール ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月03日

ぐるっとパス、、、が、変わった、、、ショック。

IMG_4935_1.JPG

東京の博物館の多くを網羅している、割引券ぐるっとパス。
これが、なんと、、今年からカードになった。

去年まで、こんなに分厚かったのに、、、

IMG_4937_1.JPG

まあ、軽くなったといえるけど、味気なくなったともいえる。
ちょっと、さびしいかな、、


| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月30日

神代植物公園は花盛り、、季節も良く、天気も良く、今の時期にいかず、いつ行く!

IMG_4892_1.JPG

それはもう、見事に咲いた花たち。
神代植物公園のことを3回に分けて書いたけど、ネタが無くて分けて書いたのじゃなくて、花がありすぎて手がつけられない!
そのなかで、一番すごかったのが、「ヒスイカズラ」、、という名前だったと思うけど、温室にある、ウルトラ作り物ぽい、、本物の花。
これだったら、ダイソーでうってる造花のほうが、よっぽど本物ぽいのに、なんでこんなプラスチックみたいなのが本物の花なのか、わからん。
というレベルです。

前に行ったときは、マンボウか緊急事態だかで制限があって売店とかいろいろやってなかったのだけど、今回は全部やってる。もともと、こんなに賑やかだんだよね。

IMG_4797_1.JPG

IMG_4801_1.JPG

そして、驚くべきは、、松。

IMG_4825_1.JPG

さいしょ、あれ、あんなところにミストの噴射している?なんで?とか、思ったけど、それは松の花粉だった。もはや、霧とかそういうレベルで、花粉の域を越えてる。あれが、杉だと花粉症の原因なんだね、、、というか、もはや霧の中に立てば前が見えなくなるレベルなのに、人間って良く生きてられる。あんなの吸ったら病気になるのあたりまえだよ、、すごすぎる。

温室の中も外も、きれいな花がいっぱい、、年中いっぱい。

IMG_4903_1.JPG

IMG_4895_1.JPG

IMG_4884_1.JPG

IMG_4820_1.JPG

IMG_4904_1.JPG

IMG_4926_1.JPG

IMG_4878_1.JPG

IMG_4880_1.JPG

IMG_4820_1.JPG

IMG_4919_1.JPG


睡蓮もきれいだし、

IMG_4913_1.JPG

IMG_4915_1.JPG

子どもが乗っても沈まない??(いや、沈むと思う)、、オニバスの花もきれい

IMG_4886_1.JPG

IMG_4885_1.JPG

つつじも盛りだよね。

IMG_4840_1.JPG

IMG_4812_1.JPG

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月29日

藤の花、、は、今年は小さいのかしらん?

IMG_4854_1.JPG

国領神社の藤の花は、どうも今年は小さいみたい?
でも、大きいところもあるし、、、と、思って行ってみたのが、神代植物公園でした。

うーむ、ここも思ったより小さいなあ、ひょっとして、今年はどこも藤の花が小さいのかなあ?

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月28日

サクラソウ 、、 江戸時代からの園芸種で、とーーっても好かれてたんだね

IMG_4792_1.JPG

神代植物公園に行ってきました。
つつじがとっても見ごろ、、という話なので、久しぶり。調布には「つつじが丘」って駅もあって、そこからも神代植物公園に行けます。

IMG_4787_1.JPG

公園のある調布市は市制になる前は、調布町と神代町の2つの町だったわけですが、つつじが丘は「旧神代町」の中心都市(?)、町役場もあったし、公園も神代町に属していたのでこういう名前です。

そもそも、調布も府中も造園業者の多いところで、東京都心の街路樹や個人の庭とかの植木は、だいたいこのへんで作られてたらしい。それに、神代植物公園だって、もとは都の公園とか街路樹用の「苗木、植木の圃場」だったみたい。この間、資料館で調布飛行場の歴史をみてたら、飛行場を建設するにあたって、業者の他に「近隣の植木屋に応援を頼んだ」って書いてあったし。

まあ、いい。
植物園に行って目をひいたのは、サクラソウ。かわいいよね。
てっきり、最近の流行りかと思ってたら、、

IMG_4790_1.JPG

それに、こうやってひな壇に乗せて鑑賞するのって、、

IMG_4791_1.JPG

ずいぶん歴史があるんだね。鑑賞方法にすら、お約束があったとは!ちょっとびっくり。
勉強になりました。





| クアラルンプール ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月25日

もみじの花なんて、はじめて見た気がする

IMG_4724_1.JPG

先々週、武蔵野の森公園に行ったとき、ふと、気がついたら、もみじの花が咲いてた。
もみじといえば、秋の紅葉ぐらいしか思ってなかったので、、、

ああ、もみじだって、花が咲くんだよね、、と改めて思いました。
どうして、もみじの花って、紅葉より知名度がガタ落ちだし、地味なんだろうって、思うけど、違うところに目を向けるっていいことだよね。

IMG_4733_1.JPG

ソメイヨシノがとっくに散っても、枝垂桜とか八重桜とかは、まだまだ咲いてるし、ソメイヨシノだけがさくらじゃない。
桜はいろいろと合わせれば1か月は楽しめる、、、って公園のパンフレットにありました。
そうだよね、、、

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月24日

現実逃避、、、やらなきゃならないことが山盛りある。

IMG_4781_1.JPG

こんなことやっている暇なんて、1ミリもないんだけど、現実逃避でドライフラワーをアレンジしてみる。
もう、なんか、いったいいつまで忙しさは続くのだろう、、?

5月15日ぐらいまでに提出しないといけないレポートが4つあるんだけど、、、もう、無理っぽい。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

藤まつり 国領神社

IMG_4775_1.JPG

うちの近くの調布国領神社で藤まつりをやってました。
先週いったもので、まだ咲き始め、満開には程遠かったですが、きれいな花を香りを満喫できました。

IMG_4760_1.JPG

IMG_4769_1.JPG

東京の藤の名所の一つにもなってます。千年の藤、、すごい名前だ。実際、名前負けしなさそうな、りっぱな藤です。

IMG_4771_1.JPG

いろんなイベントとか、地域のバザーもでて、よかった。テキヤさんとかじゃなくて、地域のコミュニティのバザーなので、その価格がとっても良心的。いまどき、こういうお祭りで200円の焼きそばとか、、ないよ。それに、リサイクルバザーもあったし、アットホーム。
風船すくいとかもあったし、かわいらしいお祭り。来ている人も、近所の人、、ってかんじ。

IMG_4763_1.JPG

まだ、見ごろは続きそうなので、また行きます。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月08日

卒業した日本語学校で講演をする予定

IMG_4519_1.JPG

この間、日本語教師の資格をとるために通った母校に連絡をとったら、次回、卒業生の現在の状況?お仕事紹介?みたいな講演を頼まれました。
全然考えたこともなかったのでびっくりですが、反射的に「喜んでやります」と答えてしまった。

いま、パワーポイントをつくりながら思うのは、講演をうけてよかったなあ、、ということ。
この1年、自分は何をしてきたのか?とか、今の仕事はどんなものなのか?とかを客観的に考えられるチャンスだよ。毎日仕事をしていたら、なんとなく、それで仕事がおわるのだけど、いざ「あなたの仕事はどんなことですか」とか聞かれたら正確には話せないしね。

いろんな統計とか、ニュース記事を引用しながら、ああ、自分の仕事って、こんなことだったのか、、、と、しみじみ感じてます。

よかった、、、って、まだ講演はこれからなんだけど。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マリンダイビングフェア 2022 今年は、すごく人が多くて、、苦しい!というぐらい

IMG_4672_1.JPG

4月のはじめに恒例の「マリンダイビングフェア」に行ってきました。昔から変わらず池袋のサンシャインシティです。
去年はコロナのおかげで8月ぐらいに開催、、そんな時期にブースを出しているところも少なく、さみしかった。

ことしは、例年通りのスケジュールで、コロナ禍最初の「しきりなおしマリンダイビングフェア」、、思った以上に人人人、もう通路も一杯人がならんでるし、、すごい。この混みよう。

とはいえ、いまは潜る予定もないし、機材はマレーシアだし、カメラもマレーシアだし、、、、買うものもないし。

、、ということで、早々にフェアを離れて、水族館に行きました。
きれいになって、はじめてのサンシャイン水族館。

めだまの、くらげ、、

IMG_4677_1.JPG

ライティングが、いいかんじですね。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする