The Redang Telegraph

2020年06月30日

kana 変体仮名が町のあちこちに

hentai-kana

IMG_9776_1.JPG

日本語の勉強をしていると必ずでてくるのが、仮名、かな。
万葉仮名と呼ばれる漢字をもちいた、真仮名まがな。でも、この系統の仮名は、平仮名ひらがな、片仮名かたかなの登場で断絶。今残っているのは、ひらがなとかたかなだけです。いろんな異字体もあったのですが1900年(明治33年)小学校令施行規則改正で整理され、一音一文字。現在の「かな」が決まりました、、そして決定から漏れた かな、、は変体仮名と言われ、、どんどん駆逐され、、いまは絶滅、、、?

、、ってこともないか。
町をあるくと、おもいのほか変体仮名を目にすることもあります。
探しながら歩いているせいもあるのかな?

かなの歴史は面白いです、明治以降も、語の先頭の「し」は「志」と表記するのが規則だった時代もあったようです。古今亭志ん生とかですね、、、だから、志ん生師匠の「志」は漢字じゃないです。しと発音する「かな」。ある意味、真仮名の復活だったのかも。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Making a book (7) 最後の三冊を終わって、本づくりはひと段落

Completed a set of books

IMG_9778_1.JPG

本をバラバラに切って、スキャンして、もういちど本にする作業。

どうして?本をがばっと開いて、スキャンすれば、バラバラにする必要がないんじゃないか?という意見もある、、そう、そういう手もあったか。実は最初はバラバラにしてスキャンして実際の本は捨てるつもりだったので、頭の中には、「バラバラ」の文字しかなかった。

、、って、ふつう、バラバラにしないでスキャンするでしょう。

うーむ、なんの因果か、最初からバラバラにすると思ってたから、そうしたんだけど、全部おわってから、はて?そういえば、バラバラにする意味ってあったっけ?

まあ、いいでしょう。バラバラにするとスキャンの写りがきれいになる、、。ということにしておきましょう。
わりと面白かったし、製本ってこんなことするんだ、、という勉強にもなった気がする。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月29日

Roka Koen 蘆花公園、芦花公園、蘆花恒春園、、ぜんぶ同じもの。花壇がきれい

Visited Roka Koen @ Setagaya

IMG_9760_1.JPG

徳富蘆花の旧宅である恒春園は、夫人の愛子氏から東京市に寄贈され、公園となりました。
でもって、ついでに周囲一帯も公園化。

IMG_9707_1.JPG

だから、旧宅の向かいにあった墓地も、いまや公園の一部。八幡神社とかもそう。ついでに隣接する農地も買い取って、いまじゃ大きな公園になっています。だから、本当は「蘆花恒春園」という登録上の公園の名前は、あんまり正しくなくて、むしろ駅名になっている芦花公園のほうが、まだいい気がする。恒春園+隣接地=芦花公園でしょ、正しくは。もっというと、公園内に保育所もあったりします。まさしく、ゆりかごから墓場まで?

IMG_9758_1.JPG

蘆花、、の、俗字が芦花。日本の漢字は繁字体と思っている人もいるかもしれませんが、実際の中国の繁字体とはちがって、日本風簡体字(俗字)が多いです。俗字でも常用漢字になっているものが多数。むしろ、正字が常用漢字に採択されてないケースのほうが多いかも。そういえば、マレーシアで住んでいたクアンタンも漢字で書くと、クアンは「關」。日本の「関」の正字です。

公園の隣接地部分に作られた花壇がとってもきれい。いまはラベンダーのシーズン。

IMG_9745_1.JPG

とってもいい香りと、ミツバチに癒される、、、

IMG_9771_1.JPG

むこうから歩いてきた30歳ー40歳ぐらいの、ご夫婦。

妻 「この花なに?」
夫 「ラベンダーだよ」
妻 「え!これがラベンダーなの」
そしてありえない一言、、、
妻 「トイレのにおい」
(これは実話だよ、残念すぎる)

あのなあ、こんなのひどい。しかたない、ラベンダーの花=トイレだと思う人がいてもいいけど、それを口にするなよ、、、まあいい、世の中は広い。

気をとりなおして、花壇の花(頭の中はさっきの会話がまだ残ってるけど)

IMG_9740_1_1.JPG

いろんなアジサイが咲き乱れてる。しかも、花壇だから花の名前のプレートもある。よく見かけるわりに、名前がわからなかったものも、ここでおさらい。アジサイは手のかからない花だし、園芸用品種がすんごく増えてる。そして、花壇らしいつくり、、

IMG_9765_1.JPG

きれいな花壇、、ほんとうに ひな壇がた。

IMG_9761_1.JPG

満開のラベンダーとあじさい、、いやされました。

IMG_9762_1.JPG

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Tokutomi Roka 蘆花公園に行ってきました。実篤公園と何かとくらべてしまった、、

Visited old residence of Tokutomi Roka

IMG_9718_1.JPG

うちから実篤公園は、ほぼ近所という距離。まわってみて良かったので、蘆花公園に行ってきました。こちらはさすがに近所というわけにはいきませんが、徒歩圏内(というか実際徒歩で往復したし)。

昭和の文豪 武者小路実篤と、明治の文豪 徳富蘆花との違いは、なんといっても時代の違い。今から見るとどっちも昔の人?に見えるけど、やっぱり全然違う。そもそも実篤旧宅のほうは「住宅地感」があるのに、蘆花旧宅は「農家感」。つまり、東京の武蔵野のこの地は、明治時代から昭和にかけて、農村から宅地に急激に変化したのでしょう。両旧宅の間はまさしく徒歩圏内で、同じ文化圏といってもいいのに、これは!と驚くほど。

IMG_9710_1.JPG

蘆花旧宅は現在蘆花公園として、旧宅(恒春園)以外に周辺も含んでかなり大きな公園となっています。
とりあえず、恒春園のほうはこちら。敷地面積は実篤公園とそれほどかわらないと思います。

IMG_9737_1.JPG

そして、恒春園での蘆花は、作品「みみずのたわごと」というエッセイに詳しいのですが、まるっきりこの辺が農村だったのがまるわかり。世田谷、、田舎すぎる、、声もないほど田舎すぎる。。。。蘆花はこういう生活に憧れてわりと早いうちにこの地で暮らし始めました。

IMG_9724_1.JPG

トルストイの影響を強くうけたそうです。実際に世界一周したり、世界半周してトルストイに会って一緒に過ごしたりとか、行動力あふれた人。旅行が好きでお金があると旅行にでかけたそうな。

IMG_9716_1.JPG

彼の著書「不如帰」は明治のベストセラー。9年間で100版を超え、出版から30年で185万部突破。ちなみに村上春樹の「ノルウェイの森」は単行本上下で200万部。当時の人口や読者数を考えると、すさまじい人気作家だったのですね。ちなみに農村暮らしエッセイの「みみずのたわごと」ですら、11年で108版。ちなみに、このころはペンネームを徳富蘆花から本名の徳富健次郎に変えています。

IMG_9720_1.JPG

蘆花というペンネームは、清少納言の枕草子に蘆の花は見どころがない、、というのに由来するそうです。漱石といい、鴎外といい、明治人のペンネームは洒脱すぎて、とってもいい。恒春園の名前の由来もおしゃれ。

IMG_9725_1.JPG

蘆花につきそった夫人と一緒のお墓がすぐ隣にあります。たまたま、旧宅の隣が墓地だったという絶妙なロケーション。蘆花は恒春園を、とっても寂しいところと書いてますが、さもありなん。

IMG_9734_1.JPG

墓誌は兄の蘇峰が書きました。臨終にたちあった彼が「なみだをぬぐいながら書く」というのが心にしみます。蘇峰と蘆花は思想の違いから断絶していたのですが、最後に和解。やっぱり兄弟なんだなあ、、

IMG_9731_1.JPG

蘆花公園は実篤公園と違って高低差がなく歩きやすいですが、蚊が多いのは同じ。うっそうとした林の感があります。住宅地風の実篤公園にはきれいな庭園や池があるのですが(野川の河岸段丘のど真ん中でそもそも傾斜地)、農村風の蘆花公園にはそういった庭園や池などなく、高低差がないのも畑だったからに違いないです。

とても興味深かったです。明治の文豪のなかでも、とりわけイケメンな蘆花は、性格も文章も生涯も見た目もかっこいい。うらやましい。。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月27日

外山滋比古はひどい、、独断的すぎる。昔はそれでよかった?いや、間違いや偏見はだめでしょう。

IMG_9694_1.JPG

外山滋比古、、ってWikiでみると、「国語教科書や各種入試問題の頻出著者としても有名」というエッセイストだそうです。そうだと思う。中学国語の問題集だって、こうやって彼の文がでるのだし、、、しかも、間違ってるし。

これをチャンスにいろいろと彼の著作を読んだけど、、なんというか独断的偏見がおおらかにでていて、今でいう老害を昔から実践していたとしかいいようがない。こんなのが、令和の時代になっても堂々とまかりとおるのだから、知的に衰退してる。

たまたまみた、中学国語の問題集が、上の写真。外山滋比古「ちょっとした勉強のコツ」より、、らしいです。が、書いてあるのは、盛大な間違えなうえに、レイシスト並みな人種偏見。これが、令和2年の中学国語の現実なんだろうな。だれか事実をしらべて、これは中学生にはまずい、、とか思わないほうも、よっぽどひどい。もちろん問題集を解く人の中には雪のふらない国の人もいる。問題集を買ってくれる顧客をなんだと考えているのか(なんにも考えてない)。

全文書き起こすと、、(私が文ごとに数字をふりました)

1 ヨーロッパの人は、雪の降らない国の人間を信用しないらしい。
2 はっきり口に出しては言わないが、寒いところの人間がすぐれた仕事をするのだと考えている。
3 文明はみな申し合わせたように、北緯40度以北の雪の降る国々で栄えてきた。
4 寒いところの人は考える力がつよい、とヨーロッパの人はひそかに信じているらしい。
5 熱帯地方はなるほど、哲学者が生まれるのに適していない。


ヨーロッパの人達は、「雪が降らない国の人」というだけで、他人を信用しない。

そんなことあるか、、、外山がこれを書いたとき、だいたい70歳。70年も生きてれば、これぐらいわかりそうなもんだけど、、「らしい」ということで逃げてる。全くの持説なので逃げる必要がないんだが、推定(推測して判断)している。


まず、外山は外国に行ったことがないのを自慢にするほどの人物だそうです。だから、1の文は全くの判断ミスか、日本にきたヨーロッパの人というサンプリングで得た知識でしょうが、たぶん根拠のない独断でしょう。これが伝聞や憶測でないことは一番下の文法で示しました。外山は国文法の大家というのが本業なので、自分の言葉が何にあたるのか、自分の専門分野で考えさせましょう。

なので2のように「はっきり口に出しては言わないが」というように、誰からもそんな話聞いたことがきいたことがない。口にだしてない意志をどうして海外経験のない外山が察することができたのか?は、不明。だから、これは外山の考え。ヨーロッパ人うんぬんは意味のないつけたし。
たしかに、そう思っているヨーロッパ人がいないとは思わないけど、どんな国のひとでもわけのわからないことを考える人は一定の割合でいる。

3は、外山が若いときからはっきりとわかっているのだけど、あきらかに間違い。完璧な間違い。北緯40度ってどこ。

1.jpg

えーっと、世界4大文明という、メソポタミア、エジプト、インダス、黄河のあたりは北緯15度から30度ぐらい。外山のいう40度より低緯度です。世界宗教のキリスト教、イスラム教、ヒンズー教、ユダヤ教、仏教、道教、、も、だいたいそのあたり。この緯度帯は文明のゆりかごといってもいいぐらい。この時代の北緯40度以北は、、残念ながら比べられるような文明はありません。ギリシャの百花繚乱の諸賢哲も、ものの数に入らないらしい、、、残念。

いや、ヨーロッパの?と1万歩ゆずっても、ギリシャのアテネ(座標は緯度37.9666で、経度23.7166)やペレポネソス半島は北緯40度より南、ギリシャ文明やペルシャ文明の栄えた東地中海も軒並み40度以南です。(ヨーロッパ人である)アレキサンダー大王なんて、そもそも北緯40度以南が専門。かれはヘレニズム文明ともいえる世界観を創出しました。もちろん、外山は知らないだろうけど、どれも世界史には必出です。そもそも、16世紀ぐらいまでは地中海がヨーロッパの内海で、スペイン(アンダルシアは40度以南)、ジェノバ、ベニスといったイタリア諸侯国、フランス南岸、そしてオスマン帝国が地中海の覇を争いました。1571年のレパントの海戦はその頂点といってもいいでしょう。地中海を制するものがヨーロッパの覇者という時代。いっておくと、地中海のほとんどは北緯40度より南です。

北緯40度以北のヨーロッパ(特にヨーロッパ半島北岸)が文明の中心地になっていくのは、こののちです。のちの大航海時代をささえるオランダはスペインの植民地でしたが1609年に独立。17世紀からがやっと、外山のいう「文明は北緯40度以北の雪の降る国々で栄えた」ということになり、たかだか300-400年ぐらいかな、、、歴史もしらない、、なさけない。

2.gif

4だね。。。「寒いところの人間」というけれど、別に北緯40度以北が寒いのではない。メキシコ湾流のおかげで緯度のわりに暖かいヨーロッパ沿岸部より、内陸部のほうがよっぽど寒い。ああ、もう言うのもばからしいけど、、あたりまえだけど、高地高山も寒いのだ。ヒマラヤとかK2とか万年雪が積もる寒いところなのです。そんな北緯40度まで行く必要もない、、日本で北緯40度というと秋田県だけど、、秋田県より南の人間は考える力が弱いらしい。
寒いところの人間は考える力が強い、、と外山は思っている(ヨーロッパの人はそんなこと、、口に出していわない、、って2行目に書いてる)。あきらかに、レイシズムというか人種偏見が強い。そもそも、留学をみそくそにけなして外国に行かないのが自慢の外山にとって、ヨーロッパ人は、、、すごーく雲の上の人らしい。日本自慢と白人崇拝の間を行き来してるのか?まあ、最近はそういうのよく見かけるけど。

5、、熱帯地方は哲学者が生まれるのに適してない。断定です。ついに推量もなく、断定されました。。。。いきなり熱帯地方?北緯40度より南は熱帯地方なのか?日本は熱帯地方なのか?雪が降らないと熱帯なのか?温帯やモンスーン、サヴァナ、いろいろあるけど、飛び越えて熱帯!外山はいろんな気候区分をあるのを知らないのでしょう。冬季オリンピックをおこなった長野も北緯40度以南だから熱帯だね。

外国に行かないことを自慢にする外山は当然、熱帯地方にも(もちろんヨーロッパも)行ったことがないのだけど、どうして哲学者が生まれないと断言するのか?現代の社会構造で熱帯には搾取され、ないがしろにされる人たちが多い国もあるけど、そんな経済と哲学は無縁で、熱帯にも端倪すべからずという人も、少なくない。

なんだか、ヨーロッパは偉い!熱帯はバカ!といいたいだけ。いまどき、そんなアホなこと言うほうが頭おかしいし、それを嬉々として教科書や問題集(私はいまそれを目の前にしている)、入試問題にしているほうも、そうとう時代に逆行している。秋田県以南の日本人など、ものの数にははいらない、、と、愛知県出身の外山は言外に言ってるのだが、

、、なるほど、中学の教科書とか問題集で、こういう思想を少しづつ刷り込んできたわけか、、。この「ちょっとした勉強のコツ」が出版されたのは2000年。文庫版は2008年。ブックレビューはとっても高評価なのがすごい。なかには、論理的、、と評価してるひともいる。これが「勉強」か?こんなのが勉強か?

ちなみにこれは中学国語国文法の助動詞の問題集。さて、一番最初の問題。これが伝聞でないというのは、、

彼が書いたのは、これ
雪の降らない国の人間を信用しないらしい=助動詞「らしい」(推定)には外山本人の判断が入っている。
これは参考例
雪の降らない国の人間を信用しないようだ=助動詞「ようだ」(推量、意志)には本人の判断が入っている。
どうせ書くならこれにすべきだったのに、、
雪の降らない国の人間を信用しないそうだ=助動詞「そうだ」(伝聞)には、伝聞として本人の判断は入ってない。どうせなら、「そうだ」と書くべきだったのだが、、

情けなくて、泣きそう。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Tokyo Governer 都知事選だけど、私は帰国して1か月なので選挙権がない

lost voting chance due to overseas returnee

IMG_9578_1_1.JPG

東京都の選管によると、、

選挙権のある人でも、区市町村の選挙人名簿に登録されていなければ投票することはできません。この選挙人名簿の登録は、3月、6月、9月及び12月の年4回、それぞれ原則1日に行われます。各月の1日現在で引き続き3か月以上その区市町村の住民基本台帳に記録されている満18歳以上の日本国民が登録されます。その他に、選挙の公示日(告示日)前日にも、同様の要件で登録されます。

つまり5月20日に日本に帰ってきた私は、まだ都民になってから1か月ちょっとなので選挙権はありません。
選管のHPを読むと、9月1日になってはじめて選挙民名簿に載るということ。3か月じゃないじゃん、3か月と10日ということ。まあ、公示日の前日でも同様な登録があるということで、いいか。どっちにしろ、1か月ちょっとの私には今回の都知事選は無理。在外選挙登録もしてなかったし(あたりまえだ、トレンガヌからペナンまで飛行機を片道でも乗り継いで、、投票にいけるか!)。

看板をみると日に日にポスターに貼られている人数が増えていくけど、、、まあ、いいや。

オリンピックを止めようとみんなが言ってくれるといいな。暑さ対策について結局なんの対応もでなかったし、、、ほんと、コロナの陰に隠れてるけど、オリンピックの暑さ対策なんて結局でないまんま。来年の今頃、「暑さ対策どうしよう」とかダラダラ言ってるんだろうな、、もちろん、言ってるだけで、当日を迎え、そのままダラダラ過ぎて、無策のままダラダラ終わるのを待つだけ。

頭をかかえるのは、もう、コロナだけで十分。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月26日

Auxiliary verb 助詞とか助動詞とか、難しすぎる。日本語文法をマスターしている外国語話者は天才かもしれない

so difficult Japanese

IMG_9603_1.JPG

あーー、中学からの国文法を振り返っているのだけど、問題集をやると、けっこう間違う。
普通に話せるじゃだめで、文法がわかってないといけないのだけど、難しい、、難しすぎる。

そもそも、用語が「連体」「連用」とか、、体と用は鎌倉時代の連歌のきまりごとからきた言葉らしい、、なんで令和になってもまだこんな言葉を使わないといけないのか?もう、文法用語が古くさすぎて、これだけで嫌になるひとがほとんどだと思う。

れ、れ、れる、れる、れた、れろ、れよ、、、とか覚えるしかないのか?でもって、「れる」とは?って聞かれたら、それは助動詞で、基本形「れる」の終止形と連体形です、、とか答えないといけない、しかも動詞の未然形につきやすいわりに、五段活用の動詞にはめったに使われない、、と、きたか、、、、ふー、中学生、、やるなあ。

私には覚えがあるが、中学時代は国文法がダメダメだったし、そんなに勉強もしなかった。そんなに勉強しなくても中学は卒業できれたし、まあ、いいや、、、というわけにはいかない。あれから、何十年もたって、いま、江戸の仇を長崎で討たれた気分。いずれ帳尻を合わされるということか、、、

やるべきことをやるべきときにやってないと、いずれ倍返しでやらないといけない。。。という教訓を毎日感じてる。


| クアラルンプール ☔ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月25日

Okinawan war 沖縄戦の祈念日なので、久しぶりに太田昌秀さんの本を読んでみた

Reading a book written by Ota sensei

IMG_9665_1.JPG

沖縄戦の祈念日ということで、倉庫にあった太田さんの本を引っ張り出してきました。ほとんどの本は処分したのですが、沖縄土産として買ってきたこの本はなかなか捨てられない。この際だし、この本もスキャンで電子化しましょう。

読み始めると、すぐに没頭。

IMG_9668_1.JPG

沖縄戦を体験し、そのあと知事として沖縄の面倒をみた太田さんの言葉は奥が深い。
なんというんだろう、あのときの日本人と今の日本人のあまりにも、違いのなさ。

安倍某や麻生某という生きた見本のおかげで、破廉恥でもたいして生きていくのに不自由はない、という理解がすすみ、思想の深化がなかなか進まない今、こういう本は貴重だと思う。

IMG_9666_1.JPG

というか、このままだと、この先、こういう本は禁書になるかもしれない?別にありえない話じゃないと思う。

政治が行き詰まると、芸能人が逮捕されて大きなニュースになるけど、いまどきの芸能人は「緊急時の逮捕要員」として飼われているようなかんじ。みんながそっちに目くらましされて、ますます思想の深化がすすまないよ。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Saneatsu Koen 近くの実篤公園が開館してた

Visited Saneatsu Koen

IMG_9647_1.JPG

久しぶりに近所の実篤公園に行ってみました。
実篤公園の前はひっきりなしに通っているので、中にはいったというべきか。なかなか、門の前を通っていても中に入ろうとは思わないものです。

IMG_9628_1.JPG

庭がとってもきれいで落ち着く場所(蚊さえいなければ)、なにかきれいな花でも咲いてないかな。

IMG_9640_1.JPG

でも、アジサイ以外の花はなし。そもそも、武者小路実篤先生、、観葉植物派だったのか花はすくない。あ、先生は「野菜派」でしたね。でも、公園では野菜はありません。

IMG_9641_1.JPG

園内も、無粋な赤とか青とか、、、コロナのせいだ、、

IMG_9630_1.JPG

でも、さすがに緑はきれい、、

IMG_9642_1.JPG

たぶんボランティアで庭を掃除されているかたがいました。ここにはいろんな生き物がいるよ、、蛇とか。なるほど、、仲良きことはうつくしきかな?の精神ですね。下の池に行ってみました。中にいるのは、、コイ。

IMG_9634_1.JPG

上の池は、、

IMG_9649_1.JPG

のぞくと、、

IMG_9651_1.JPG

ニジマス、、池にニジマスを放している庭園は珍しいと思います。

IMG_9653_1.JPG

文豪のおうちは閉館中?

IMG_9650_1.JPG

裏のやまのおかげでそれほど日当たりはよくないのだけど、緑がきれいな実篤公園。二つとなりの駅には蘆花公園があるけど、こっちのほうが小さくて、行きやすいです。庭園だけまわるのは無料だし。

IMG_9632_1.JPG

さっぱりしたお散歩でした。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月24日

Going to Tax authority 税務署に行って確定申告をする、、帰り道は無言。。ちらっと、、行かなきゃ良かったとも思う。

Application submission

IMG_8629_1.JPG

確定申告でわからないことがあったのであらかじめ予約して税金相談に行ってきました。
あらかじめ作っておいた確定申告をみせて、添付とかいろいろみてもらって、問題ないということで、提出。

、、、最初は「お!払い過ぎの税金が戻ってくる。がんばって提出しなくちゃ」ということで作ったのだけど、、、、
、、、、どうやら、戻ってくるどころか、払わないといけなさそう。
、、、、、帰り道、、異常な無口になってしまった


、、、、、、どうも、余計なことをしたような気分。
、、、、、、、でも、取られたとしても、それは払う義務があるぶんを払うだけだから、、、しかたない、、
、、、、、、、、でも、ほったらかしにしてれば良かったとか、いろいろな考えが頭の中を駆け巡るけど、、、

なんか、最近の税金の使われ方を考えると、よけいに無口になってしまう。
まったく、なんというか、、払うべきものを払うべきときに払うというだけのことなんだけど、

すっごく損した気分。無口になる、、

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Medical check 検診の結果がきた、、うまれてはじめて肝機能が正常値からはなれてる

Having a medical check after returning

IMG_9611_1.JPG

帰国時に健康診断をうけるのはいつものこと。
自主隔離が終わったところでうけた検診なんだけど、、

え?
肝機能で正常値から離れたところがある。
こんなのはじめて。いつも、肝機能はパーフェクトに調子よかったのに(たぶん)

おかしかった項目を調べたら、サプリメントの取りすぎでなることがある、、という箇所を発見。そう、特にコロナ期なので基礎体力をあげないといけないと思って積極的にサプリメントをとってたのだけど、どうも、サプリメントの取りすぎは良くないらしい。

、、しかたないので、一時中止。様子見て徐々に再開するけど、いままでみたいな取り方はしないことにしました。
なにごとも、ほどほどに、、ということ。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Making a book (5) 表紙に「チヂミ?風の布」を張って強化

making a cover

IMG_9612_1.JPG

製本がすんで、あっちこっちに持ち歩いたところ、表紙の厚紙の端っこが捲れて、べろべろになってしまいました。
あー、、やっぱり画用紙程度じゃあ本の表紙にはならないんだ、、、、どうしよう、、

、、と思ったところ、ふと寄った百均で、「ちぢみ風の布(シール付き)」みたいなものが売ってました。おお、これは便利そう。画用紙の上から張り付ければこれ以上のダメージは防げそう。さっそく、購入。

、、しかし、、寸法が微妙にあわない。一枚じゃ、たりなかった。ので、色違いで2枚目を購入。寸法がなんか難しいけれど、面積的には買ってきた2枚があれば十分。なので、とりあえず何も考えず適当に切って貼る。

IMG_9613_1.JPG

なるほど、ちぢみ風というだけあって、この布はけっこう伸びる。あんまり伸びてほしくないのだけど、、、。2枚を張り合わせて、寸法が足りなかったり、余ったり。。貼るときに伸びたらしい、、、むむむ、、、

、、、ということで、切ったり貼ったりして、まるでパッチワークのようになってしまった。
まあ、いいか。最初からこんな出来上がりを計画してました、、、という言い訳をしながら、完成。

けっこう持ち歩いたけれど、この強化表紙はすごく調子がいい。表面のすべりがよくてカバンの中でひっかからないうえ、もう捲れたりしないし、よごれもつかない。

とりあえず、満点。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月23日

Dentist 歯医者さん通いは今日でおしまい。ここの歯医者さんは全然痛くなかった

Kyodo dental care clinic

IMG_9627_1.JPG

マレーシアで歯を欠け、そのまま行動制限令で歯医者さんにも行けず、日本に帰ってきてから歯医者さんにダッシュ。
歯医者さんに行くのは日本に帰ってくる理由の一つでもあったぐらい、、(たぶん)

そして、今日、無事に冠をかぶせて終了。
何回も通ったけど、ほんとうに上手なお医者様でよかった、、、ほんと。

マレーシアでもインドネシアでも歯科選びは大変だったし、日本だってうまい下手は歴然とある。
涙を流しながら手当をうけてたこともあった、、けれど、、

ここのお医者様は、ほんとうに痛くない。
痛くない、、って評判を聞いて行ったけど、本当に痛くなくて神経なんてあっという間に抜いてくれてびっくり。
ふだんなら、泣きわめくのに、、

家に帰って歯をみると、イーってしたときに銀歯が奥に見えてしまう。まあ、しかたない、保険できく丈夫な歯といえば、銀歯の一択です。まえにマレーシアでつくったやつは、銀のうえにホーローだかなんだかをかぶせたもので取れた時歯医者さんでみせたら「良い歯ですね、日本だと保険適用外の歯です」といわまれました、、良い歯なのに立て付けがわるくて(しかも泣き叫ぶほど治療は痛かった)、結局日本に帰ってきたとき取って、基礎を整備しなおしてあらたに安い銀歯をかぶせてもらいました。。。。良い材質なのに、うまくできない、、、マレーシアあるある、、です。

まあ、今回は痛くなくて良かった、、

次も必ず行きます。
でも、歯を大事にして、行かなくても済むように頑張りたい。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月22日

Arab Restaurant "Zenobia" @ Hiroo, Tokyo 広尾にあるアラブ料理店「ゼノビア」

Visited "Zenobia"

IMG_9602_1.JPG

東京の広尾駅から歩いて5分ぐらいのところにある、アラブ料理店「ゼノビア」に懐かしい友達と行ってきました。
ゼノビア、、、古代パルミュラの女王。古代パルミュラ王国はシリアを中心にエジプトからトルコにわたる広い王国で、版図内でこんな半独立した王国を見逃すほどやわじゃないローマ帝国に「なにやってんだ」と攻められ盛大に戦争をやったのち滅ぼされました。

女王ゼノビアはとらえられ、ローマに連れていかれ、戦利品としてひきまわされました。。。。。だが、
だが、、ここでは終わらない。捕らえられた後は、美貌と野心の英知でローマで優雅な生活を送り、戦ったローマ帝国皇帝より長生きしたということです。

そんな女王の名前のお店。。が、東京には何軒かある。てっきり広尾のお店だけかと思ったけれど、そうではないみたい。まあ、女王は有名人だし、あやかろうという人は多いはず。

IMG_9591_1.JPG

場所が広尾にあって、東京の真ん中。このコロナ禍では、人が避ける東京の中心であることで、経営が大変みたいです。みんなでたべて応援しよう。とっても美味しいです。アラブ人のお店なので、味はまるっきり本場そのもの。むしろ、本場よりおいしいかもしれない。

IMG_9599_1.JPG

良く知っている料理もあれば、、、

IMG_9594_1.JPG

初めて見る料理もありました、、これはマンドゥのヨーグルトスープ。

IMG_9595_1.JPG

サウジにもマンドゥはあるけど、こんな食べ方はしないです。
たぶん、このブログでも10年ぐらいまえの記事でマンドゥの歴史を書いたけど(もはや自力でも探せない)、日本でいうところの餃子。なんで?日本はマンドゥ(饅頭)と言わないのか?きっと、まんじゅうが既にあって、いまさら饅頭=マントゥとは言えないのか?ちなみに朝鮮半島から東はサウジアラビアまでほとんどの国でマンドゥ(マントゥ)と発音します。むかしのモンゴル帝国の置き土産。ただ、インドからネパールに入った時点で、モモって名前になってる。

そしてクナーファ。クナーファはアラブじゅうにありますが、見た目も味も全然違ったりする、、名前は一緒、中身は別物、、なお菓子です。

IMG_9598_1.JPG

とってもたのしくアラブ料理フルコースをいただきました。
話も尽きず、遅くまで、、えーっと4時間ぐらいお店にいたのかな?

また来たい。そして、みんなで行きましょう。

IMG_9600_1.JPG

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Islam Lane 「イスラム横丁」と呼ばれている場所が新大久保にあるらしい、、行ってみた。

Visited so to call "Islamic Lane" @ Shin-Okubo, Tokyo,, but,,

IMG_9607_1.JPG

存在は前から知っていたけど、別に行くほどのものでもないから後回しになっていた、、通称「イスラム横丁」に行ってきました。
新大久保駅近くで、どっちかというと韓国系のお店が多くて、、最初は行き過ぎてしまったけれど、引き返して、、

見つけました、、、たぶん、間違ってないと思うけど、あんまり自信はない。

IMG_9608_1.JPG

えーっと、行く前のイメージとしては「アメ横」で、ああいうかんじにハラール食材やらイスラーム関係グッズが売ってたり、レストランがいっぱいあるのかと思っていたけど、、、実際はそんなに、、すくなくともアメ横なんてほど遠いほどでした。あんまり期待してはいけないという教訓。

雨が降ってたうえ、月曜日の、午前中という、、お店が開いてないにもほどがあるタイミング。まあいいや、開いてるスーパーに入って、、安いけど、暗くて、狭くて、あんまりきれいな感じじゃない。。むしろ、南アジアあるある系の雰囲気。そういうのが好きな人なら楽しめると思うけど、私はふつうに、明るくてきれいでゆったりしたお店がすき。
去年、大泉のブラジル系の人の多い町に行ったし、スーパーもいったけど、あっちのほうがよっぽど雰囲気よかった。

IMG_9610_1.JPG

そういうことで、そうそうにお店を出ようとしたら、、、、傘が盗まれてた。お店の人に訊いたら、南アジア風の人が持って行ったって。
ありえんなあ、そこまで南アジア風なんか、、、。雨はひどく降っているし、お店の人の傘をもらってでていきました。

外国人が多いと治安が悪くなる、、とか、騒いでいる人がいて、、「そんなの偏見、ヘイトだよ、それ」とか言って弁護してたけど、、なんだかなあ、いざ自分のものがなくなっているのをみると、なんともいえない気分。

しかも、イスラム横丁、、、イスラームが売りの場所なのに、、

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月20日

my Blog 5,500 articles 「紅海だより」は5千5百記事を超えた、、記念。 

My blog entry count reached 5,500 articles.

IMG_9575_1.JPG

ふと気がつくと、ブログ記事数が5,500を超えてた。この記事で5,502記事目です。
多いよね、、一朝一夕ではさすがに書けない数、、、なんかびっくり。

そして掲載された写真は2万枚弱。もはや歴史的価値を生む古い写真もあるよ、、

、、どこまでいくのだろう?ま、いっか。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Stamp unused 未使用の切手に懐かしさを感じる。毎日エアメールを書いてた日々

Before internet age, I wrote airmails a lot.

IMG_9513_1.JPG

私が最初に海外で暮らし始めた1980年代初め。
もちろん、インターネットなんてなかった。もしかしたら、どっかにあったかもしれないけど、そもそもワープロさえなかったし、当時は「電子式テレックス」というのが時代の先端だったんだと思う。ファックスすら見たことなかった。

国際電話というのはあったけど、それはセレブの使うものでご庶民が気軽に使えるものではなかったし、交換局に電話番号を伝えてつなげてもらわないといけなかった。だから、もっぱらエアメールが普通に使われたし、安上がりにしようと思ったらエアログラムという「便せん付き切手」というのがあったものです。レターセット、絵葉書とか、いろんなものが売られてたし、、、いまは、エアメール用のぴらぴらの薄い便せんなんて売ってないんじゃないかなあ。

IMG_9548_1.JPG

ほぼ毎日エアメールを書いていた、UAE時代。切手は大量に買って、書いては貼り、書いては貼り、、手元にのこったのがこちら。倉庫を整理して見つけました。エアメールはもう手元にないけど、未使用の切手に郷愁をそそられます。

そしてエジプト時代。
猛烈に切手が余ってる。このときも、書いては貼り、書いては貼り、絵葉書も多く出しました。エジプトは観光地が多くて、いろんな絵葉書があったよね。そして、、

IMG_9552_1.JPG

エジプトの切手とまじって収入印紙がある。そう、エジプトは収入印紙をはりまくりの国。常日ごろから収入印紙を持ち歩いてないと、困ることが多かった。今、話題の小池東京都知事の卒業証明書に収入印紙が貼ってあって、「そうそう、こうだったんだよ」とか思いだしました。

そして、パキスタン。なんでこんなにいっぱい切手が残ってるんだろう、、

IMG_9555_1.JPG

さらにブルネイ時代。ブルネイはきれいな切手を発行することでも知られていて、自分で使う分以外に、コレクション目的でも買ったような気がする。

IMG_9554_1.JPG

そして、サウジ時代。最初はほんとうにエアメールだしまくりだった。

IMG_9549_1.JPG

でも、サウジ時代に、、ついに1995年を迎えました。そう、私の歴史史上最大の革命、、ウインドウズ95が発売された年です。
それいぜんのウインドウズ3.1も使っていたけど、使い勝手が悪い上に、ネット回線とか考えたこともなかったけど、ウインドウズ95は脳天にひびくショックで、1995年からさっそくメールを開始。

そして、もう切手を買うこともなくなり、、、、

使わずに余った切手が、郷愁をさそいます。送りたかった手紙、送れなかった手紙、、、いろんな気持ちを載せた手紙たち。どの切手のデザインも、見ると泣きそうになる。


| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月19日

Kumbang Tanduk Panjang ゴマダラカミキリ、、懐かしいなあ。子供の頃、昆虫採取したよ

Found in Nogawa walkway

IMG_9581_1_1.JPG

野川散歩道を歩いていたら、こどもたちが網をもって昆虫採取してた。
ああ、懐かしいなあ、私は、、すっかり忘れてたけど昆虫少年でした。捕虫網もって、カゴ持って、こういう姿は何十年たっても、あんまり変わらないものですね。でも、カゴの中身はほぼ空。イナゴが一匹、、、

まあ、そんなこともあるよね、、って思いながら歩いていると、、そこから50mぐらい離れた手すりの上に、、、
大きなゴマダラカミキリが、いた。

おお、触角の立派な個体。これ、、って、私が昆虫少年当時、とっても集めたやつだ。
しばらく見てると飛んでいきました。さすがに体が重たいのか、あんまり飛べないみたい。

子供たちのほうまで、とうてい飛んでいけるわけでもなく、2mぐらい離れたの草むらに消えていきました。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月18日

Japanese Grammar 急がばまわれというけれど、先生になろうかという人が中学生からやり直しはあんまりな気がする

Japanese Grammar basic learning

IMG_9585_1.JPG

日本語の文法は難しい。
、、とはいえ、これって中学生のときに習うんだよ。国文法として。

日本語文法と国文法(学校文法という)は微妙に違っていて、テキストでも、、「学校文法では、xxxといいますが、日本語文法ではそれは、xxxとします」みたいな違いの説明がある。たとえば、形容動詞みたいなの、、、

国文法は中学で習う。高校では?高校では古文文法を習うのだ、、だから、中学の国文法は、高校の古文文法と結びつくような同じ枠組みになっていて、延長線にあるもの(古文)を見据えた教育法になってる。
でも、日本語文法は完全に古文を切り離して、現代日本語に特化しているから、そもそもアプローチが違う。。。

、、とはいえ、日本語文法を作った人たちも国文法の大家だったわけだし、そもそも義務教育の中学で国文法をやったでしょ!というのが前提にあるので、どれをとっても「国文法はこれこれ、日本語文法はこれこれ」。

IMG_9586_1.JPG

そして、国文法などチリほども覚えてない私は、、、
まず、中学生からやり直さないといけないということだ、、なんと。

なんと、、、回り道すぎる。。。回り道すぎて、最終目標がなんだったか途中で見失う可能性が高い。というか、回り道で迷路に入り込みはしないか?わからん、、なんと、、遠回りな道に乗り出したのだろう。

、、でもね、こんな遠回りでもやっとかないと砂上の楼閣なんだよ。
時間との勝負だし、中学の国文法をざっくり袈裟懸けに切り倒して、ラスボスをめざすのだ、、、とほほ。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月17日

Book Store 久しぶりに本屋さんにいってみる。アマゾン購入ばかりだし。本屋さんは好奇心のるつぼだった

Visited Book Store

IMG_9509_1.JPG

久しぶりに本屋さんに行ってみました。
海外に住んでると、電子版書籍を買うことが一番多い。その場で読めるし、手軽だし。
その次が、一時帰国の時期にあわせてアマゾンで買って、留守宅に送ってもらうこと。空港から家につくと、もう買った本が机の上に積んである。

そもそも、一時帰国休暇ってあるけどほとんどの企業は1週間から2週間しかくれない。渡航日も含めて1週間というところもあったけど、正味日本に居れるのは4−5日だよ。そんな短い間で何ができるのか?観光客のほうがよっぽど長い!とか叫んでみる。会社としては「それに有給休暇をくっつければ多少は長いでしょ」というのが関の山。なんと助にもならない。
だから、本を含めて買い物は日本到着前に終わらせてないと、もう、なんにもできない。昔はオンラインショッピングなんてないから、ほんと、寝る暇もないぐらい忙しかった。ぜんぜん「休暇」にならないどころか、仕事より忙しかった。

、、が、今回。

今日で成田空港に到着して27日目。1か月弱というところですね。
これぐらいあって、はじめていろんなことができます。1か月、、こんなに長く日本にいるのはほんとうにひさしぶり。

だから本屋にもてくてく歩いていく。
欲しい本がなければ取り寄せてもらうし、関心のないコーナーとかもゆっくりみてまわり世の中はこんなことになってるんだ、、と知ることができるし、、、思わる発見だってある。

ついでに本屋さんじゃないところも周れるし、

IMG_9510_1.JPG

なんかいいことづくめ。
それにしても、日本企業の一時帰国休暇なんて短すぎ、、、ってつくづく思いました。





| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月16日

Nail shaping 割れる癖のついたツメとはおさらばだ!と思った。が、道のりは遠かった

Shaping nails

IMG_9505_1.JPG

私のツメは昔からとっても、、割れやすい、欠けやすい、裂けやすい、、。
悩みだったけど、そういう生まれつきなので、しかたない、、というか、どうにかできるものとは思ったことなかった。
特に、ダイビングで海に入った後、柔らかくなって割れやすい、、、脂分が抜けてカサカサになって欠けやすい、、、と、いっこもいいことなかった。
それで、ハンドクリームでツメを丹念に塗るだけで終わってたのですが、、、、

百均で、「割れるツメを強化するベースコート」なるものをマニュキアとかが置いてあるところでたまたま発見!
それがなんなのかよくわからないけど、雰囲気からして塗れば、たぶん「液晶保護ガラス」みたいな感じでツメを保護してくれるものに違いない。。。なんと!そんなものがあるとは知らなかった、、即、購入。



トライアル1
さっそく塗ってみる。ベトベトする上、瞬間接着剤的な匂いがする。あー、あんまり想像したのと違うなあ、、、。乾いたかどうか触ったら、ツメにくっきりと指紋がついてしまった、、あれー!みっともない!テッシュペーパーで拭おうとしたら、ペーパーの繊維が、びったりツメについてしまった。最悪。石鹸では、ベースコートは落ちない。こうして、指紋+テッシュでデコられたツメができあがり。


トライアル2
痛い経験から、乾くのに時間がかかるから触ってはいけない!という貴重な経験を得た。そこで、しばらくしてベースコートが落ちた頃、、たっぷり塗って、乾くまで触らない!を実践。たっぷり塗ったのは、トライアル1の塗りがなんかすごくみっともなくて、いろいろ考えた末、塗りが足りなかったという結論にたどりついたから。
けっか、今回は指紋がついたり、テッシュがついたりすることはない。一歩前進。しかし、まるでラメでもいれたの?というほど、ツメが乱反射している。まったく均一な光はない。

ここらへんで、ツメを強化する、、という当初の目的は霧散してしまい、、ツメをきれいに光らす、、という目的に転じてしまった。もちろん、ベースコートを塗れば強化されるのだし、こんなラメ入り風なツメじゃ人前にでれない。


トライアル3
ここではじめて、Webで「ツメの作り方」を調べる。。なんと、xxxこういうことはやってはいけません、、ということをこれまですべてやってきたことが判明。まあいい、しかたない。
調べると、やすりできれいにツメを磨く!すべすべのツメにすると均一な光沢をもったツメができるらしい!そうだよね、私のツメは凸凹で溝があったり、割れた後があったり、ボロボロだもん。この凸凹が光りを乱反射させる原因。
これを包丁を研ぐ要領で粗目から仕上げまでいろんなやすりで磨く。これがきちんとできれば、だいたい良いみたい。。


<<< ということで、いま、ここ。

ツメをきれいに磨いて顔が写るぐらい艶がでてる。ツメ用のオイルつけたり、ハンドクリームでマッサージたりしてとりあえず、このまま磨いて養生をくりかえして、1週間ぐらいおいておこう。
ベースコートやトップコートを塗るのは、まだ先にとっておこう。

なるほどね、、ツメを作るというのは大変だよ。ネイリストという人がいる意味わかる。自分でやるとちょっと上手くいかなかったりする。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月10日

Education 邑に不学の戸なく、家に不学の人なからしめん

Common education order by government in 1872

IMG_8845_1.JPG

このコロナ自粛、、、、いや、正直に言うと「コロナ無職」の間、、いろんなことをして、考えて、今は勉強してる。ともかく、この期間は、日本においている荷物は徹底的に整理して、勉強をしなくちゃね。

いまの勉強は前からやりたかったけど、まとまった時間が必要なのでなかなか始められなかった。けれど、いま、まとまった時間があるので、やらない口実はひとつも思い浮かばない。

平均してコース終了まで6か月かかる、、、と聞いた。基礎部分は「うーん、平均すると一か月半ぐらいでやる人がほとんどかな」ということでした。そして、今、ちょうど1か月ぐらい、、、、

IMG_8848_1.JPG

おい!ちょっとまて!ぜんぜん、ちんぷんかんぷんで、ひととおりやっても全然身についてない!
たぶん、きちんとわかるには最低でも3か月ぐらいかかると思うけど、「平均すると一か月半」!って何者なんだよ、いったいどんな天才秀才がそろってるんだ、、わからんなあ、ありえんなあ、、、

ああ、、いつもどおり、、、か。

IMG_8846_1.JPG

明治に入り、学制令が施行され、不学の人なからしめん!という 気概がありました。なんにもない遅れた国では教育こそが国の柱で、人材が国富でした。小学校跡地で、この若々しい時代のパワーがすこしでももらえたらいいな。
なんにもない人では、教育こそ立つ寄る辺だと思う。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Good morning 新しい世界に、おはよう。いい天気すぎて、悩みはすべてふっとんでいく(みたい)

Ultra fine day

IMG_8963_1.JPG

日本は朝4時ぐらいから明るくなって、5時頃には働けるような明るさ。すくなくともインドネシアのジュパラだったら、この明るさだと、もうみんな一仕事始めてる。仕事にとりかかってなかったら怠け者だね、、仕事は朝いちばんが勝負!漁師だったら、漁を終えて水揚げ最中かな?田んぼ仕事だったら、田に入ったぐらいの時間。インドネシアの人はほんとうに働き者。

えーっと日本。
この写真を撮ったのが朝の6時ちょうど。
とーっても爽やかな朝、自分の部屋に朝日がちょうどいいかんじに入ってきて、まるで新しい世界がはじまったよう。
マレーシアの外国人入国についていろいろと噂は飛び交ってるし、コロナ以降の自分はいったいどうなるんだろうという気持ちもあるけど、なんでも、ま、いっか、、という気持ちになるような爽やかさ。涼しいし、この時間に寝てる人は、ほんとうに損してると思う。

早起きは三文の得、、じゃなくて、寝坊は三文の損だよ。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月09日

Making a book (4) こうして本が再生。まったく普通のページめくり感覚。

Finally my book was reborn.

IMG_8947_1.JPG

こうして本の再生が終了。
業者に頼んだら、捨てられた本が自炊することによって再生!うれしいです。
出来栄えも満足だし、なんといっても自信を失いかけた「音韻音声」にたいして、、、

おまえをバラバラにして、しかもまた組み立てた、、、という、言われなき上位感、、なんとか苦手な科目もがんばれそう。

ついでに、巻末のおまけでついてた参照図を拡大コピーして文中の必要なところに入れなおしたり、、

IMG_8945_1.JPG

本そのものもカスタマイズされてる。
よかった、よかった、、

IMG_8946_1.JPG

気を付けないといけないのは、乱丁落丁。これがあると、テンションが盛り下がること間違いなし。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Making a book (3) 表紙をつける、、アイロンで。アイロンかけるのがミソだよ!グリューが一旦トロトロに溶ける。

Apply a cover jacket

IMG_8940_1.JPG

特盛した本は、そのまま冷えて固まるまで放置。

IMG_8938_1.JPG

固まったらクランプをはずして、みる、、うへーー、凸凹がみっともない。でも、ちゃんと糊付けされてる雰囲気。
でもねー、やっぱり糊が甘い。くっついてないページや場所もある。

IMG_8939_1.JPG

表紙の色画用紙を本のサイズに切って、、もういっかい表紙ごとクランプでしっかり挟む。
そして、アイロンで背表紙を押し付ける、、、

IMG_8941_1.JPG

これが良かった!
グリューガンでいまいち糊の載りが悪かったところ、溶けきれずにページがはがれたところも、アイロンの高温で一回トロトロに溶けて、こまかい隙間に流れていく。グリューガンよりアイロンのほうが温度が高いからこその技。

しっかり、いっかいトロトロにして、背表紙と密着させて、そのまま放置。
冷えてからとりだすと、、、ほとんど新品と同じ本のページの取り扱い手触り。ぜんぜん本としての違和感はありません。ページが抜け落ちることもないです。かなりしっかりしてる。

こうして、できた本を再び棚に戻して、、おわり。

IMG_8944_1.JPG

所要時間はたぶん1時間ぐらい。グリューガンも新たに買ったけど、たぶん購入材料費は全部あわせて2000円ぐらい。
これで本ができるのだから安いもの、、、

あと、、6冊ある、、、ふーーー。ま、いっか。気分転換が必要なときにやろう。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Making a book (2) 製本機の自作。百均だけではむりなので島忠ホームズで追加の購入。

Prepaired for book making

IMG_8937_1.JPG

Webで見た製本機や製本動画をみて、ああ、これなら全然自作できるよ、、ということで、百均にいくけれど、近くのお店はそんなに大きくないので思ったように材料が手に入らない。大型の百均店ならそろうだろうけど、行くのもメンドクサイので島忠で追加購入。だいたい、百均半分、島忠半分ぐらい。

IMG_8936_1.JPG

ヒノキの棒を切ると、、部屋中にヒノキのいい香り、、、。端材でいいのだけど、こういう立派な木しか売ってなかった。

IMG_8927_1.JPG

そして、クランプで挟んで、、背中の凸凹をカッターで削る。
しかし、鉋とかあれば別だけど、カッター程度だと全然綺麗にならない、、ほとんど凸凹のまま。まあいいや、めんどくさい。

IMG_8933_1.JPG

一度クランプをはずして、こんどは、、
背中を製本機(?)とギリギリの面合わせをして、グリューガンで特盛。

IMG_8937_1.JPG

たぶんチャンスは一度きりなので、ケチケチせずに盛ってます。接着ってなんどもできない(たぶん?)ので、あんまり少ないとあとで追加するのが大変そう。





| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Making a book (1) 自炊してバラバラになった本を百均材料で製本する。

Making a book using a glue gan

IMG_8930_1.JPG

持ち運びできるように、重い本を電子化する!
しかし、業者にスキャンを頼むのはちょっと怖い、、合法化?というのもあるけど、評判を聞くとムラがあって表紙しかスキャンされてなくて本体は破棄された、、とか、2週間でできると聞いてたのに1年かかった、、とかある。

それだけじゃなくて、本そのものは破棄されるのが普通。
だから電子化も欲しいけど、紙ベースとしてももっておきたい、、というか、捨てる意味がない。なんで電子化したら捨てるの?これは教科書と問題集だから書き込みだってしたいのだ。

そういうことで、自分でバラバラにして、スキャンをする。
だいたい一冊が130ページぐらい。あっという間におわって、クリップで挟んで棚に戻す、、

IMG_8929_1.JPG

しかーし、見栄えがよくないうえに、こう、、、、なんか読みにくい。
こうなると、手に取るのが億劫になってしまう。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月08日

Kitkat 「こんなはずじゃなかった」x100回繰り返そうと思ったけど、5回ぐらいでめんどくさくなった

Sure, we shall overcome it.

IMG_8920_1.JPG

おそらくこのコロナ禍で、「こんなはずじゃなかった」と呟いている人は世界で80億人ぐらいいると思います。
もちろん!私もそのひとり。

昨日、マレーシアで政府発表があって、それをうけたペナン総領事館からのメール。

「6月7日,マレーシア政府は,現在実施している条件付き活動制限令(Conditional Movement Control Order:CMCO)に代わり,新たに,6月10日から8月31日までの間,回復のための活動制限令(Recovery Movement Control Order:RMCO)を実施することを決定した旨発表しました(同声明において,ムヒディン首相は,強化された活動制限令が宣言された地域を除く,州を越える移動の緩和並びに散髪や美容院,オープンマーケットや朝・夜市及びフードコートなどの再開について言及する一方で,現状としては,多数のサポーターや観客が集まるスポーツ・競技大会や水泳そして接触プレーの多いラグビー,サッカー,バスケットボールなどのスポーツ,国外旅行並びにパブやナイトクラブなどでの活動については,引き続き認められていない旨発言しております)」


ダイビングはOKみたいなので、うちのリゾートのみならず、同業の友人たちも再開で忙しそう。まずは目先にやることがあっていいのだけど、、私は8月31日までの(回復なんちゃら制限令)のおかげで入国できそうにないです。日本での用事もすんで、さて、そろそろMCOも解けるだろし、マレーシアに帰り支度だね、、と思ってたら、超絶甘かった。

無事、座礁確定!船底がおおきく砂州に乗り上げて、キールもろだし、船傾いてるし、、、陸では子供たちが指さして笑ってるし、スマホで動画撮ってる人もいるし、、、というぐらいな気分。



しかも、座礁期間を有意義にすごすためにはじめた日本語教師の勉強があまりにも難しすぎて、砂州に乗り上げたうえに、岩にひっかかって船底がギリギリギリー、、、って裂けて穴があいた気分。

座礁だけなら大潮のときに離岸できるのに、船底に穴があいちゃしかたない。あーーーあーーー

そういう気分です。
どこをとってみても「こんなはずじゃなかった」の具体例です。今は穴ふさぐこと考えないとね、、浸水してしまう。
ま、どうしようもない気がするけど、良くか悪くかわからないけど、どうにかなるでしょう(笑)。


| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

vintage 物置を掃除すると、でてくる。捨てるに捨てられないもの。

I cannot throw but cannot store.

IMG_8849_1_1.JPG

マレーシアにいる間、私の日本の荷物はレンタルルームにいれています。
エアコン付きなので、皮のライダージャケットやライダーパンツ、それにライディングブーツもカビが生えません。ありがたいことです、、が、もうバイク持ってないんだけど、、、ま、いっか。

できれば、レンタルルームを全部空にして、もう毎月お金を払うのは止めにしたいのだけど、掃除すると次々にでてくる、、捨てるに捨てられないもの。たとえば、古いパスポート。
どうせ、無効になってるのだし、捨てても全然平気なんだけど、いっときはそれらが命の次に大切だったりしたものだし、無効になったからといっておいそれと捨てられるものではないです。いや、本当は捨ててもいいのだけど、断捨離だね、むずかしいけど、、

それから、予防接種証明書。
破傷風、狂犬病、肝炎、コレラ、、、最近は打たないけど、昔は渡航のたびに打ってた気がする。日付をみるとどれも20年以上たってるので、体内に効果が残っているのかは微妙。捨てられないというか、また新たに打つときこれを持っていけば、次の欄にハンコ押してくれる。
スタンプラリーのように、途中までやってると、なかなか捨てられない。

IMG_8851_1_1.JPG

それから古い紙幣。これが難物中の難物。
旅行の後に財布に残っていたお金をてきとうにそこらへんの封筒に入れていたら、厚みが15センチぐらいになるまで溜まった。しかも、きれいなお札じゃない!どれも使ってたのがそのままなのでボロボロ。半ば破れたのもある。
お金だから捨てるわけにはいかない!ちゃんと使えるのかどうかわからないけど、どうなんだろう。40年ぐらい前からのお金があるから、一部はすでに骨とう品レベル。両替商にもっていってちゃんと両替してもらえれば、全部両替したい。でも、むりだろうなあ。
いろんな国のお金で、20か国ぐらいある、、、

そもそも、少額紙幣ばかり。1枚でだいたい1円相当ばっかり。なかには10枚でやっと1円になる通貨もあるし。。。財布に残る紙幣なんてだいたいそういうものなんだよ、、

IMG_8957_1.JPG

そして、ダイビングのCカード。個人の歴史であると共に、、、カード進化の歴史でもある。最初は紙にプリントアウトしたものを写真とともにパウチにしたもの、、それが、プラスチックになって、、、、と、ここ30年ぐらいの「カードの進化」をビジュアルでみることができる。
ダイビングのカードだから捨てても、その気になれば再発行だってできるけど、昔の製法では再発行してくれない。

IMG_8898_1_1.JPG

そして、ダイビングのログブック。
最近は電子ログもあってペーパーレス化が進んでるけど、私は生まれて初めての最初のダイビングから、ほぼすべてのダイビングを網羅して現在のまで持ってる。ログブックはつけないと、そうとうな損。そもそも、パディではログブックをつけることは基準の一つだしね。

IMG_8894_1_1.JPG

こうして、捨てられないものが、、けっこうある。
捨てられないものでも、物置にいれておいて、しばらくたつと愛着が薄れて捨てられるようになる。だから、今、捨てられなくても、しばらく置いといて愛着が薄れるのを待つだけ。

死んでしまえば、愛着もあったもんじゃないし、全部捨てられるのだし、なんとかしないとね。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月07日

Visited HD Mitaka as pillion rider ひさしぶりにハーレーに乗せてもらって、ハーレーに触って、懐かしさあふれる。

Visited authorized dealer HD Mitaka as a pillion rider

IMG_8909_1.JPG

インドネシアでのPCXも売ってしまい、日本でのハーレーも売れて、もはや乗るバイクは無い状態。
マレーシアの島暮らしでは、そもそも道路らしきものがないのでバイクも自転車も縁遠い日々。

しかし、日本に一時帰国で、ハーレー乗りの友達からさそわれてピリオン乗り。
バイクは売れても、ヘルメットは3つもある。こんな汗臭いのって、売れそうにないよね。大きいし、倉庫の場所ふさぎ。

IMG_8907_1_1.JPG

でも、今日はお役立ち。
いっしょにお昼をたべて、なつかしのHD Mitakaへ。おお、懐かしい、スタッフも、お店も懐かしい。でも、マスクとか消毒とか、さすがにcovid19のご時世。営業時間も短いらしいです。

それでも、日曜日だし、天気も良いし、大勢のライダーが集まってとってもアットホーム。

IMG_8911_1_1.JPG

乗りたくなるよね。
いつまで日本にいるのかわからないけど、、、

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする