The Redang Telegraph

2021年07月07日

Summer holiday ? no busy days 「チャレンジの夏」とはよく言うが、チャレンジも程々にしないと

All brand-new challenge。

IMG_3013_1.JPG

そういえば、去年の夏、、ちょうど今頃。日本語教師になるべく猛勉強中だった。
ちょっとありえないほど勉強して、もうあんなに勉強することは一生のうちもうないだろうと思っていた。
しかし、人生は甘くない。

筑波大学のセミナーがあるので受講。

IMG_3017_1.JPG

しかーし、こんなものでは終わらない
もちろん、そのほかにインター校の社会見学や高尾山登山の引率はある。
でも、それが息抜きに思えるほど、ハードな、、


大学に教職課程で入りなおしたからには、夏こそはレポート書いたり単位を取る絶好の機会。
、、ということで、あと1か月半の間にあれこれ、、


IMG_3011_1.JPG

法学のレポートのため、六法を購入。学生時代に買った人も多いと思うけど、私は「人生初」の六法購入。この歳になって、六法を買うとは思わなかった。もちろん、このほかにもレポートがあと4つあるのだが以下略。書道、、なんてものもある。

そして、夏期スクーリングでは教育学がてんこ盛り。

IMG_3014_1.JPG

ニュースとかで「学習指導要領」というのを聞いた人は多いと思う。でも、買って手に取る人は少ない。私は、生まれて初めて「学習指導要領」を買ったし、正直言うと、中身をみたのもはじめて。というか、表紙をみたのもはじめて。人生、なにがあるかわからない。

もちろん、指導するためには教科書もいる。インター校では小学校の国語の教科書は全部あるけど、中学校はない。なので、購入。しかも、ヘッセの青年小説、、という、こっぱずかしい名前の小説も購入。いってはなんだけど、こういうのは、私が絶対買わないジャンルの本です。でも、勉強のためにはしかたない。

IMG_3015_1.JPG

そして、学芸員のコースもとっているので、博物館経営というレアな本も買ったし、、、あ、おもしろい。ミュージアムショップで売り上げを上げるとか、博物館のレストランで売り上げをあげる、、とかいうのもある。そういえば、金沢の博物館?美術館は、とっても美味しかった。そういえば、あそこには国宝もあったよねえ、、とか思いだしてしまった。

そして、特別支援教師も狙っているので、こちらも受講。

IMG_3016_1.JPG

さらに、学校教師のための必須、介護支援実習も受けないといけない。

IMG_3018_1.JPG

ちなみに介護支援のための本は、全部アマゾンの古本。新品より全部で1000円ぐらい、やすくなった。
それだけじゃなくて、ほぼすべての大学教科書以外の市販本は古本です。中に書き込みや折りがありますよ、、でも全然平気。前の人が勉強して線がついてるのは、重要なところの証!!!
そういうところを重点的に読む、、という荒業をこなしてきました。むしろ、私のために書き込みとか線とかどんどん引いていてほしい。

そういうことで、これら全部、、、が、1か月半のうちに全部やるのだ。
たらたらやる、、じゃない、8月の終わりまでには、全部終わらせるのだ。なんと無謀な。なんと馬鹿な。

いや、延ばします、、なんて、最終テストとかあるから無理なんです。8月中には全部おわるのです。
がんばれ自分。先は暗いぞ。

もちろん、普通に仕事がある、、、というのがミソなのだ。


| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月05日

a week 一週間が経つのが早すぎ。何か寝ている間に操作されてない (2時間削られてるとか?)

IMG_3008_1.JPG

毎週月曜日に1週間の計画を立てるのだけど、1週間がまわってくるのが早すぎて、「スケジュールを作るのが間に合わない」状態。
予定していたことが、できないとか、間に合わないとかじゃない。

スケジュールを立てることが間に合わない、、のだ、、、

なんか、もう、もはやこれまで、、のような気がする。
もう、嫌になるなあ、、、



| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月04日

Refill 久しぶりに替え芯をかいました。安いし、エコだし、気に入ったボールペンをずっと使える

209579144_4777163808977128_5425100783044992801_n.jpg

愛用のボールペン、、といっても、高いものじゃないです。
というか、そもそも、買ったものじゃない、、銀行で「これ、長い付き合いのお客様に配ってます」といってもらった、支店開設xx年記念という文字の入った2色ボールペン。

これが、思いのほか指になじんで、ずーっと使っていたら、インクがかすれてきた?
え?と思ってみたら、インクがゼロ残量。こういうボールペンというと、途中でインクがでなくなって捨てたり、途中で無くなったりすることだって、多いのに、、、最後まで使い切るとは、、、

、、いや、最後にしない。
ということで、大塚駅前の24時間オープン??の本屋さんで、替え芯購入。
もちろん、どうやって買っていいかわからなかったらから、お店の人に現物をみせると、ボールペンに書いてある番号を読み取って、すぐに見つけてくれた。

すごいね、、

、、ということで、ボールペンは復活。
これからも、よろしくお願いします。
| クアラルンプール 🌁 | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月27日

あじさい いまはいろんな品種があるんだね

いまは、あじさいのシーズン。
昔はなかったような品種が、道をあるいていもいっぱい見かけます。

IMG_2994_1.JPG

八重のガクアジサイ!そんなのがあるんだ、、

IMG_2990_1.JPG

しかも、色違い

IMG_2993_1.JPG

まんまるくて、ボールみたい

IMG_2979_1.JPG

そして、ベタだけど、梅雨と言えば、アジサイとカタツムリ

IMG_2968_1.JPG

いろんないろがあるよね

IMG_2964_1.JPG

IMG_2958_1.JPG

いまは、アジサイのシーズンです。

IMG_2974_1.JPG

IMG_2999_1.JPG

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月12日

House plate 売った家の表札を送ってもらった。表札の思い出


IMG_2943_1.JPG

多くの人が家を買って、新しい家を見上げたときに、、「表札」が欲しいと思うのかもしれない。いまどきはセキュリティの問題とかあるので、どうかよく知らないけれど、私は新築の家に入る時、、やっぱり、表札が欲しいと思いました。一城の主感ですね。もちろん、表札用の切れ込みが門柱にすでにあったし、そこを空白で空ける気にならなかったし。

そこで、表札を作ってもらい、石材とか書体とか気に入ったやつにして、意気揚々を門柱の前に立った時、、

「はて?いったい、この重い石の表札をどうして、コンクリの門柱につけるんだろう?」

いろいろ聞いて、ホームセンターで接着剤を買って、家族に後ろで見てもらって斜めになったりしないか言ってもらって、、ぎゅっと押し込む。

はっきりいって、あの時の手の感触はいまでも覚えてます。これから何十年もローンを払う家。これから、一生住む家。これから、いろいろなことが起こるはずの家。新築で、清々しい家。

30年近く、、表札は重い石なのに、決して落ちることもなく、、門のところでがんばってくれました。が、
家は売り、後は一旦更地にして建て替えるということで、売買契約のとき業者さんに「解体するときに、表札だけ、なんとかとってもらえますか?」

じつは、引っ越し前に自力で剥がそうとしたのに、ビクともせず、まったくどうしようもなかったけど、建築業者のひとだったらなんとかなるかな?この人は親切そうだし、お願いできるかな?とかいろいろ、、

そして、昨日、不動産屋さんからメールがあって、「解体が終わって、表札をきれいに取ってくれましたよ」。
ありがとう。さっそく不動産屋さんにいって、丁寧に梱包してあった表札をうけとりました。

表札の表は、これまでもずっとみてるから知ってる。
でも、裏、、、何十年ぶりに、あの時以来、はじめてみた、、接着剤の跡。 

、、みてたら、泣けてきた。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月18日

Chofu Airport 調布の端から端への引っ越しで、空港が近づいた

walk around airport

184913455_4645982832095227_7746031150189516234_n.jpg

前に住んでいた仙川の家は、世田谷区と市境を接していて、うちの前には「成城xxx」と冠する建物とかお店とかがいっぱいあって、ひとりでぶつぶつ、、「調布市入間町のくせ、、、成城を名乗ってるなあ」とか思ってました。狛江市も道路の反対側。

今度は府中市白糸台。ここは、府中と言えど、道路一本向こうは調布市、そしてすぐ行けば三鷹市。私は、なぜか???こういう市境に住む運命なのだろうか??と思わざるを得ません。いつも使う駅は京王線「飛田給」で調布市、、でも、住むのは府中市。

ま、いいや。飛田給というべきか、味の素スタジアム前と呼ぶか?は微妙だけど、旧米軍調布基地の跡地は、りっぱな公園、武蔵野の森公園です。中央にどーーんとあるのは、調布飛行場。

武蔵野の森公園は、調布、三鷹、府中にまたがっているので公園管理事務所は、それぞれの市の建物があります。ひとつの公園で管理事務所が3つ、、あたまがクラクラしそう。

183461046_4645982968761880_6422728847861769946_n.jpg

滑走路に平行している遊歩道は圧巻で、全部で2キロ?くらいあるうえに、直線。こんなに直線なのか、、、と思うぐらい。

186453530_4645983048761872_2559239630006898179_n.jpg

公園を全部歩こうとしたら、7キロぐらいありました。ここは、自転車がないと気楽にはこれないですね。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月02日

moved 新しい部屋、、は、もうほとんど片付いた

mess on moving date

IMG_2825_1.JPG

一戸建てから、ワンルームへの引っ越しは、そーとーに大変。そもそも、新しいところは家具付きアパートなので、家電製品ほとんど処分。けっこうお金がかかったけど、、、

捨てて、捨てて、捨てて、捨てて、、捨てまくる。断捨離なんてもんじゃなくて、なんだろう、「捨」の一文字。

そーして、こんどは住所変更の手続き、、、まるまる3日かかったよ。
さらに、前の家の売却のために、不動産屋さんの事務所に書士さんとか含めて大勢集まって、大署名大会。
、、落ち着いたかって?

まあ、当分むりだと思う。
なんだか、次から次といろいろあるけれど、世の中は緊急事態宣言で、あんまり出歩けなかったりするので大変。


| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

May 住み慣れた家を売って、アパート暮らし

moved

IMG_2817_1.JPG

4月の後半に、住み慣れた我が家を売って、賃貸マンションに引っ越し。
段ボールがあるとゴチャゴチャしていたけれど、引っ越し屋さんのトラックに乗せると、がらーんとした家。
たぶん、こんなにものが無いのは、、はじめて。もちろん、家にものを残してはいけません。

IMG_2812_1.JPG

新しくこの家を買った方は、この家を取り壊して新しい家をたてるそうです。だから、この家に住んだのは新築で住んだ私たちの1代だけ。
もう、この家も無くなるのかと思うと、さびしい気が押し寄せてくるけれど、まあ、しかたないです。

お世話になりました。

朝日が差し込んで、とっても爽やかな朝風呂が好きだった。

IMG_2777_1.JPG

そして、最後のオンライン授業はこんなかんじだった、、

IMG_2776_1.JPG

まあいい。万物は流転するし、形あるもので永遠というのはないし、、

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月07日

Entrance ceremony 入学式の準備は空から降ってくるわけではなく、地味にがんばってるんだよ。地味だけど。

さくらの咲くころ入学式、、、でも、温暖化?東京では桜が散るころ入学式です。
東北とかだと、ちょうどいいのかもしれないけど、、、

IMG_2582_1.JPG

そして私が勤めるインターナショナルスクールでも入学式。
そうして、先生たちは未曾有の忙しさになります。

「ああ、机の数が、、」
「下駄箱、上履き、、、」
「ああ、教科書が届いたけど、仕分けの時間がない」
「ああ、誰か教科書持って行った?」
「ああ、なんか宅急便が届いた」
「新一年生への寄贈があるそうです!」

教室は大変、、職員室は、いろんなものの山。
ひとりでに片付くわけでなく、夜中に小人さんがでてきて整理してくれるわけでもない。
まあいいでしょう、がんばりましょう。

しかも、入学式。
入学式でもっとも大切なのは、入学式の立て看板。「祝 入学式」というもの。この立て看板がなければ、入学式ではない!というぐらい大切なもの。

日本中でもっとも、重要な立て看板といえるでしょう。

もちろん、この看板も空から降ってくるわけでなく、先生たちが手分けしてつくるもの。
明日は、みんなで紅白の花作り。そしてあさっては、入学式。

新入生の笑顔をみるためだけに、どれほどのひとが時間を費やしているのか、ほんとうに頭が下がります。
、、、って他人事じゃないんだけど。がんばらなきゃ。新一年生と保護者の笑顔だけが、目標です。


| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月06日

豆苗のジャングル化、、すっかり収穫を忘れてた

芽を切っても、水につけとくとまた収穫ができて楽しい豆苗。

IMG_2578_1.JPG

しかーし、私はすっかり収穫を忘れてしまってた、、

豆苗の存在を忘れてたのじゃなくて、ちゃんと毎日水をあげて、、、そう、頭の中では「観葉植物」になってしまってた。

毎日、水をあげながら、大きくなーれ、、と言ってた、、完全に収穫を忘れて。
おかげで、ツルが伸びて、うーむ、なんか支えが必要だね、、豆棚になるのかなー、、とか思ってたとき、ふと、あれ、これって食べるために水やってたんだ、、、ということに気がつきました。

おそるべし。


| クアラルンプール ☔ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そもそも、春のこの時期に私が日本に居ることは珍しい、、チューリップは10年以上は見たことが無かった

もう、あと2か月で日本に帰ってきて、1年になります。
コロナ禍がなければ、日本に帰ってくることもなかったし、日本語教師になることもなかったし、いろんな出会いもなかったはず。
なんか不思議、、、

不思議なのは、私がこの時期に日本にいるということ。
日本で誕生日を迎えるのは、もうレアケース、、例外というレベルなんだけど、今年はこうして日本にいる。
そして、これも、、久しぶり過ぎて名前も忘れそうだった、チューリップ

IMG_2500_1.JPG

昔はもっと背が高かったような気がするけど、

IMG_2538_1.JPG

いまどきのチューリップは背が低いのかな?

IMG_2501_1.JPG

それとも、これはそういうので、背が高いのは別にあるのか?単に私がチューリップを忘れたのか

IMG_2536_1.JPG

どの花見ても、とってもきれい。

IMG_2497_1.JPG

やっぱり春は、チューリップだよね。

| クアラルンプール ☔ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春の交通安全週間、、で、いろいろともらってきた。いろんなグッズと青切符。

1週間に2回も青切符をもらってしまいました。
35年間無事故無違反だったし、SDカードのデザインも30年以上のひとだけのキラキラなやつだったのに、、、しかたない。

IMG_2622_1.JPG

しめて、4点で1万3千円。安全第一な私としては、速度違反などありえないし、無謀な運転ではなくて、みんなが「え、そんなので」というようなしょぼい違反です。しかし、違反は違反、こころをこめて運転せねば、、、もう、後は無いのだ。

しかし、1万3千円は、いたい、、、

しかも、今日、町を走っていたら、お巡りさんからぴぴー!と言われて警察署の敷地内に誘導されてしまった。


もう、顔が真っ青。2点で免停、、もう、だめだ、しかし、なんだろう?
警察署の敷地内は、なごやかな顔のおじいさんがいっぱい、、、なんなんだ、、、

「さいきん二輪車事故が多くなっています。安全運転のお声がけです」、、

そう、違反じゃなかったのね、よかった。
おじいさんたちが、手に手に、警察グッズを持ってきてくれる。ありがとう、なんかタラップから降りて、アロハ、、といいながらレイの花束をもらっている気分。おじいさんだし、警察グッズだけど。。

IMG_2618_1.JPG

いまは、春の交通安全週間。
街はお巡りさんであふれかえり、むせるほどの桜吹雪、、

IMG_2619_1.JPG

いろんなグッズのなかで、タオルが一番うれしい。
グッズの総額は合わせて千円ぐらいだと思う。

これで、罰金1万3千円のうち、千円分は取り返した。




















| クアラルンプール ☔ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1st April 新年度に誓う、、いつものこと。

もちろん、正月にも誓ったし、旧暦正月にも誓った。
そして、誕生日にも誓ったし、また思いを新たにして、新年度に誓う。

、、ダイエットの成功。


どよーん、とした空気が流れるが、まあ、いい。来週からはラマダーン月が始まるのだ。そして、ラマダーン月にも、もう一度誓うぞ!

それとは別に、バイオリンのお稽古の再開も誓いました。

IMG_2617_1.JPG

マレーシアにおいてきたバイオリンの代わり、、二号?、、とはいえ、あまりにも、ほったらかしにし過ぎる。
わたしのバイオリンへの愛は消えたわけではないので、あらためてチューニングして、ソルフェージュをがんばって、そして練習曲を思いだしながらがんばるのさ。

そのためなら、指おきマークを付けることさえ辞せず。

いろいろと頑張ることが多すぎて、どれから頑張ればいいのか、スケジュールをつくってみることにする。

| クアラルンプール ☔ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

引っ越しの日取りもきまった、、段ボールも届くはず

165208878_4494697447223767_608922956577291232_n.jpg

引っ越し先もきめてきて、引っ越し日もきめました。
そして、先週とった我が町仙川の写真。ちょうど桜が満開で、昼間なら桜の写真を撮る人がおおいのに、、夜だったので他に写真を撮る人もいない。

わたしはいつも外国にいたからこの家にどれほどいたの?と、訊かれると辛いけど、この家をきめて、登記簿に名前を載せて、毎月お金を払ったのは紛れもない自分。思い入れがないはずがない。

164594960_4494697493890429_3120746971903557535_n.jpg

、、といっても、引っ越し先は、ここからそんなに遠いわけではないし、これからもちょくちょく来ることはあると思う。
さくらは散っても、また来年には来年の桜が咲く。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月25日

Sakura さくらの咲くころ、新しい生活。この言葉は陳腐だけど、重みがあるんだよ

IMG_2559_1.JPG

来月から、長年住んでいた調布を引っ越します。
そういえば、家を買ったので、これまで25年ぐらい引っ越しとは無縁だった、、

来月から、新学期、インターナショナルスクールでは、科目教師として新たな学年も担当。
それにつれてオンライン教師の仕事は少し減らして、、

来月から、教職課程をとるので大学に入学しなおし、、で、大学生。

そういうことで、バイトもひとつ辞めることにして、
来月から、住むところも、仕事も、勉強も、ぜんぶ新しくなる、、、あたらしい生活。

IMG_2569_1.JPG

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Paypal vs Payoneer 伝統のペイパルか、新興のペイオニアか?

1.jpg

外国からの入金は誰しも頭を抱えるところ。
外国から銀行に入金があると、、、とーっても面倒。
このお金はなんですか?とかいう質問が銀行からあるし、、、そもそも送金元から自分の銀行に来る間に、コルレス銀行があって、がっぽり手数料を知らない間にとられるし、、もう勘弁というぐらい。

手数料の安いのは伝統のPaypal。もはや海外生活のお供。
はっきりいって、Paypalなしには暮らせないほどだった、、、、が、今は日本。
日本では何がいいのだろう?

そういうことで、ためしに使ってみました。

Paypal の場合、500USドルを送ってみると、手元にに連絡があった送金額が490.2ドルに。約10ドルがPaypalの手数料でとられていました。
Payoneerの場合、500ドルを送ると、連絡送金額が497ドル。なんと手数料は3ドル。うーむ、これはPayoneerの勝ちかな?

でも、たまたまだけど、Paypalは、日本円の口座に、、当日のレートで入金。銀行のレートは悪いけど、まあ、しかたない。ちゃんと入金。
Payoneerは、外貨預金口座にそのままの金額が入金されて、レートの悪いのは関係なし、、と、思いきや。。

SMBC外貨口座だけど、、、とーっても手数料が高い。外貨取り扱い手数料で、なんと4500円取られてしまった。手数料40ドル相当!ありえんだろう、、そのほかに通常の手数料もあるし、外貨がダメなのか、SMBCがダメなのか、、わからん。

ちなみにPaypalはSMBCとは仲が悪いらしくて、取扱中止になっています。

結論は、送金にPayoneerをつかって、外貨預金は使わない。SMBCは微妙、、ということ。


| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月16日

残念過ぎる昭和な人 「マスター、いつものやつ」が通じるか!

IMG_0310_1.JPG


うーむ、この光景を令和になってみようとは思わなかった。

ある、しゃれた駅前のパン屋さん。
よくあるチェーン店じゃなくて、独立系のおいしいパン屋さんで、店内にはちいさなイートインコーナーがあるお店。
まあ、ありがちな光景かもしれないけど、そこで目撃したのは、、令和では珍しい、、が昭和では、ありがちだったこと。

年配の男の人が、タバコ臭いからだでお店にはいり、、いきなりのコーヒーだけ注文。
まあ、パン屋さんだから、ふつうのひとはパンを買ったうえでコーヒーを頼むのだけど、まあ、それはいいでしょう。メニューにもあるし。
しかし、男の人はメニューにないことを言う。

年配の男  「コーヒー」
店員さん  「コーヒーですか?ブレンド、アメリカン、カフェラテ、いろいろありますが」
年配の男  「いつものやつ」
店員さん  「は?」
年配の男  「俺のいつもの注文のやつだ、なんで知らないんだ」

えーっと、喫茶店とかにはいって

「マスター、いつものやつね」

、、というのは、昭和な映画やTVなどでおなじみの光景。客と店員の距離感が近く、人間関係が濃密な地域ではあったこと。
でも、いまは令和だし、、東京の都会の、こじゃれたパン屋さん、、しかも、テークアウトが主流の先払いのイートインで、そんなもん通用するわけがない。店員が重ねてメニューを客にみせてどれにしますか、、と聞く。そりゃそうだ。いくらパン屋さんとはいえ、コーヒーはホットとアイスの別はともかく、メニューには5−6種類ある。それを「いつものやつ」で済ませようとするのは無理。

「おーい、xx。いつものやつだ」

と、店内奥にいた店員を名指しで大声をだす。これには、店内にいた全員がびっくり。怒鳴り声だすか?ふつう。
でも、xxさんは、さっとでてきて、さっさとその場をとりまとめる。うーん、プロの技。

そして、その老害は、新聞をもってイートインコーナーを占領。
いってはなんだけど、「新聞」って久しぶりにみた。昔は電車で小さく折りたたんで新聞読んでいる人はいた。いまでも喫茶店で新聞を読むひともいる。でも、それは「昭和レトロ」の、ルノワールとかドトールコーヒーとかで、あって、こんなお店で見かけることは滅多にないのでびっくり。もちろん、新聞を読んではいけないとかないから、ただ、おどろいただけなのだけど、そっか、世の中には新聞ってまだあったんだね、、とか、再認識してしまった。

たまたまお店の人は知り合いで、その後を聞いてみたところ、、
そのパン屋で、コーヒーと新聞の老害、、、しつこく長居して帰ったそうな。それだけじゃなくて、パン屋のアルバイト女性とかの体を触りたがるため、もう誰も、その老害に「いらっしゃいませ」とか言わなくなったらしい。

なんだ、、、痴漢までするのか。
まさに老害。まさに老害というか、痴漢、、そりゃ犯罪者だろう。

なるほどね、もはや時代もかわっても、昭和を引きずる、、というか、無理やり令和に当てはめようとする人はいるということね。
あたまが痛い。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月05日

Darma Market 深大寺のダルマ市。。。調布に住み始めて初めて行きました。

Visited Jidaiji Darma Market

IMG_2383_1_1.JPG

仙川に家を買ってだいたい25年。
名実ともに調布市民。「ふるさとはどこですか?」と答えたら、調布です、、って答えてる。
でも、ちかいうちに引っ越しする予定、引っ越し先は未定。

そうこうするなかで、深大寺のダルマ市が3月3,4日に開かれました。

もちろん、スケジュールはとっくに知ってたし(駅にポスターが貼ってたし)、でも、行くかどうかはまよった。
最終的には、もう調布市民じゃなくなったら深大寺に行くチャンスもないかも?と思ったから。今を去ること大昔、18歳で三鷹に住み着いてからずーっとこのへんにいる(いやちがう、外国のほうが圧倒的に長い)、授業をさぼって神代植物園に行ったこともあるし、深大寺散歩もよくしたものです、、もっとも、昔は今のようにはきれいじゃなくて、もっと薄暗かったけど、、

IMG_2335_1_1.JPG

深大寺は天台宗のお寺。
ダルマ市のダルマ、、、達磨禅師、、はインド人(ペルシャ人説もある)で禅宗の開祖。菩提達磨( Bodhidarma)と言われます。バリバリのアーリア人種だし、えーっと、、、そもそも宗派が違うのではないかという気がするけど、そんなちっちゃなことは気にしてはいけない、、

IMG_2343_1_1.JPG

ダルマさんは、インド人だから髭も濃いし、顔も濃い、くりっとした大きな目、しかも、イアリングしてる。目が大きいから、目を入れるとか、いろいろな芸当ができるので、目が細いとそんなこと考え付かないと思う。。。。。だるまさんは、わりと、写実的にインド人だと思う。私は南インド出身説のほうがペルシャ人説より、顔をみるかぎり強いと思う。ペルシャ人といえば、安史の乱、、安禄山、、がペルシャ人で、バリバリのペルシャ人顔してる。

330px-Himeji-jo-112113.jpg

IMG_2377_1.JPG

コロナで規模を縮小して、平日開催だし、もっと来ている人は少ないかと思ったけど、そこそこの人出。これですくないんだったら、例年はもっとすごいんでしょうね。私はバイクでいったけど、そういうときはバイクを停める場所もないようなきがする。

IMG_2380_1_1.JPG

それでも、人出がすごいと思って午後から行ったのだけど、けっこう人が「ダルマの目入れ」にならんでました。境内でダルマを買うと、お坊さんが目を入れてくれるサービスです。たぶん、、無料?

IMG_2345_1.JPG

IMG_2342_1_1.JPG

初めて行って、おもしろかった。もちろん、いろいろ買いました。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月04日

何度も何度も、、電車には駆け込まないでください、、というのは多くの人が駆け込んでいる証拠。と、外国の人に指摘された

IMG_2304_1.JPG

2)急に雨が降ってきたので、急いで近くのコンビニに(    )。
3)東京駅で人が大勢(    )来て、電車は満員になった。

という設問が私が良く使う日本語中級のテキストの問題にありました。
全部で5問なんだけど、端折って2問だけ、、上に書いて、、

下の「  」から適当な言葉を選ぶのだけど、その中には、乗り込むと駆け込むがあった。

まあ、順当に考えると2)が駆け込むなのはわかるし、3)が乗り込む、、なんだけど、ロシアのイワン君(仮名)は、そんなはずはないと自信たっぷり。彼は、とーっても日本語ができるので、中級なんて朝飯前なんだけど、、、

イワン  東京駅で人が大勢(駆け込んで)来て、電車は満員になった。だろ
わたし  うんにゃ、電車とか車はね、乗りこむだよ、、
イワン  そんなことはない、駅のアナウンスで「駆け込まないでください」って言ってるじゃないか
わたし  そりゃ言っている。でも、それは危ないから注意してるんだよ
イワン  わざわざ、外国人でも覚えるぐらいなんども注意してるってことは、みんなが普通にしてるからじゃないか
わたし  そ、、それは、、そんなバカもいるってことで、、
イワン  それだけじゃない、駆け込んだからこそ、電車が満員になったのだ。みんながテレテレ歩いていたら、満員にならないじゃないか
わたし  ぎゃふん。


、、という会話がありました。実話です。




| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月02日

Age 62? 62歳って、こんなんだっけ?いや、もっと若いと思うよ

Hirokosan no tanoshii Nihongo

IMG_2301_1.JPG

子供向けの日本語教材として根強い人気のある「ひろこさんの楽しい日本語」。
9歳のひろこさんを中心に、両親とおばあさんと、兄と弟のいる6人家族が舞台です。

この教科書が作られたのは、インドシナ難民を前に、頑なに難民の入国を拒んだ日本が、はじめて門戸をひらいた1980年代のはじめ、神奈川県の大和定住促進センターをつくったのが契機になっています。

たぶん、現代日本がはじめて外国人に本腰になって日本語教育をしようと思った最初の契機。
それまでの日本語教育というのは、外交官、欧米大企業の駐在員とかだったようです、つまり教養も学歴もある裕福な人のイメージ。しかも、こども、、、の視点はないです。

、、、ベトナム、ラオス、カンボジアから、難民が来る!職もお金もない人達、、
しかも、日本に住み着く!、、というのは、衝撃でした、、なんといっても私はリアルタイムでそれを知っているし。
つまり、、私はそういうことを知っているほど、、えっへん、若くないということです。

「ひろこさんの日本語」はインドシナ難民の子供たちを前に孤軍奮闘、日本語が母語でない子供たちに日本語を教えるという分野のパイオニアとなった本です、、、が、、

えっと、ひろこさんのおばあさんは62歳。たしかに、ひろこさんたちの孫がいる世代ではありますが、、

IMG_2302_1.JPG

、、ちょっと、おばあさんすぎやしない?
いまどきの62歳は、もっと若々しいよ?
というか、私がそろそろその歳なので違和感がある、、

この本は、2001年に改訂版がでてますが、、この絵は、、改定されないのね、、ふむ。
それに、おばあさんの部屋、、なんと、伝統的な和室、、6畳の和室、、座布団だけで椅子がないし、、

、、なんか、時代?
それとも、1980年代は遠くになりにけり、、ということ。
複雑な気持ちがします。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月22日

石原プロ、、って、石原プロモーションの略だったのか。てっきりプロダクションだと思った。解散した後に気がついた

IMG_2281_1.JPG

調布市民センターの「たづくり」。
いま、毎週日本語を教えに行っているところです。ちなみに、たづくりは、煮物とも農作業とも関係がありません、調布の古い名前みたいです。

調布といえば、映画の町!って宣伝しています。市内に日活と角川大映があるからで、その他にも映画のスタジオがあります。でも、石原プロが調布にあったっていうのは知らなかった。最近、石原プロが解散して、国領駅のホームでは、西部警察と太陽にほえろの音楽が電車が近づくとなるらしい(まだ、国領に降りてないし)。

そして、「たづくり」のロビーに、、舘ひろし専用車、、の展示。

IMG_2280_1.JPG

わあ、きれいにしている、、カタナです。伝説の名車。西部警察で使われていたということで、カメラ(キャメラというのか?)と一緒に展示。

IMG_2279_1.JPG

石原プロが解散して、はじめて国領に石原プロがあったことも知ったし、西部警察にはカタナが使われていたことも知ったし、いろんなことがわかるんだね。ちょっと残念。いろんな意味で残念です。

IMG_2278_1.JPG

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sakura 調布市役所のまえの桜が満開。市政だよりで知って、見に行ってきた

Sakura blooms

IMG_2283_1.JPG

市政だよりって、市の広報誌。よく郵便受けに入っている新聞みたいなもの、どこの市町村でも発行しているから知っている人がほとんどだと思います。でも、じっくり中まで読む人はどのくらいいるのだろう?

わたしは、じっくり端から端まで読みます。
それは、一語一句漏らしてはいけないというほどの気合のいれようです。市の催し物とか、いろいろとためになることが書いてあるから。というか、市の広報誌なんて、「ためになること」しか書いてない!といってもいいほど。読み落とすと、健康診断の申込だって忘れてしまいます。

、、、ということで、一番あたらしい市政だよりには、「調布市市役所の前の河津さくらが満開です」というのがあって、調布市市民センターで日本語を教えにいった帰りに桜を見てきました。

IMG_2284_1.JPG

おーーー、すごい。よく咲いているよ、、びっくり。調布市が友好都市?だか、なんだかになった記念にもらったものらしいです。
これをみて、ほんとーに、涙がでそうになった。

コロナ騒ぎが収まらない昨今、人間の狂乱とはまったく違う次元で、ちゃんと季節は移り変わり、冬から春になるんだ。確かなこと、、ってこういうことなんだろうな、、って思います。

IMG_2282_1.JPG

ありがとう、桜の花。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月19日

ここ数カ月、ブログの書き込みがものすごく少なくなったので、とりあえず毎日書く習慣。

去年の11月は1か月を通じて、ブログ書き込みがゼロ。
そのあとも、3か月分合わせても、以前の1か月分にもみたないありさま。

、、えーっと、じゃあ、どうしてブログを書くのか?と聞かれたら、ほとんど習慣。朝歯を磨くとかとおんなじで、歯をきれいにするというより、習慣、、、というか、そうしないと気持ちが落ち着かないから、、と、、、どうしてブログを書くのか、、というのが同じレベル。そもそも、どうしてブログを書きだしたのかさえ、今ではあんまり覚えてません。

それでも、ブログを書くメリットはいっぱいあります。
まず、「書く」という習慣。書くというより、打つ、、というほうが正しい。ま、どちらにしろ、作文、、というほどのものでもないけど、作文すると考えもまとまるし(まとまらないことも多いけど)、作文のプロセスをつうじてその意図を確認することができるし(意図そのものがないことも多々ある)、、、、そんなところかな。

うーん、そういえば、、

1 作文するのが苦じゃない。
2 そして、記述試験で評価はわりと高いことが多い、
3 それに、タイピングスピードの維持にもなる、、、かな。

たぶん、これがブログを書いているメリットかもしれない。

ああ、それに怒りの発散というメリットもある。むしろ、怒りこそが、行動のエネルギー源というところもあります。
とはいえ、昨今のオリンピック狂乱をみると、オリンピックというよりはインパールですね。死屍累々として、責任者は無罪放免。
怒るというより、諸行無常の響きがあります。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月16日

ちいちゃんのかげおくり、、で、先生が泣きながら生徒の前で読んでしまった、、

IMG_2266_1.JPG


今、光村の国語の教科書を使ってインターナショナルスクールで国語を教えています。他の科目は英語だけど、国語科だけ日本語をつかった授業。そんなある日、3年生の児童から、

「せんせい、どうして ちいちゃんのかげおくり をやらないの」

、、と聞かれてしまった。
3年下の早いところに、「ちいちゃんのかげおくり」があるのだけど、ことしはコロナとか休校とかで教科書も遅れがち。
漢字だけはしっかりやってないと、4年生になったら4年生で習う新しい漢字があるのだ、3年生の漢字を4年に引きずるわけにはいかない、、ということで、漢字中心で教科書の読み物は間引き運転。

先に「三年とうげ」など短い読み物をやってたのですが、まさかの児童からのリクエスト、、「ちいちゃんのかげおくり」

えーっと、このお話は長いからね、やってたら先に進めない、、という、もっともそうな理由もあるけど、
ほんとうは、この物語を読むと、、泣くんだよ、、私が泣くんだよ、、
最初読んで泣いたときは、1回泣いたから2回目からは平気だと思ってたら、、、なんと、2回目も3回目も泣いてしまった。ストーリーなんてわかっているのに、毎度泣ける、、

、、てか、ストーリーが分かっているから、読む前から泣ける、、という副作用まである。

先生がそれぐらいのめり込んでいる読み物だから、もちろん児童には読んでほしい。しかし、毎回生徒の前で泣くわけにはいかない。しかも、、、ああ、もういい。児童の前でみごと泣いて見せようではないか。


そして、授業。もちろん泣く。それは、いい。わかってた。
しかし、泣いて言葉がつかえて出てこない、、というのは、想定外だった、、、「せんせい、漢字がわからないの?」とか思われたらどうしよう。

それにね、、目の前の児童が、主人公のちいちゃんと重なるんだよ、、同じ年ごろだし、ほんとう。まるで、ちいちゃんの目の前で読んでいるような気がする。これも、想定外。目の前の子供たち。こんな子供たちが死んでしまうなんて、戦争は 本当に 嫌だとつくづく思う。

ちいちゃんのかげおくり、、、すごすぎる。















| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月13日

確定申告、、おわった。1年に1度なので何度やっても慣れないよ。。

白色申告なのに、青色申告で作ったりして、いろいろと間違ったので結果として3日かかった確定申告。
きょう、ようやく記入は終了。あとは、貼って提出するものに糊付けしたり、印鑑押したり、自分の保存用のコピーとったり、するだけ。
ふー、、1年に1度じゃ、やりかたを覚えられないよ。


| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月11日

PaypalとPayoneer,,, ふーむ。もうマレーシアにある口座を終わらせたいのだけど、、、今は無理

ダウンロード.png

いま、オンライン授業の受け取りをPaypalでやってます。
昔からの信頼と実績のPaypal。重宝しているけど、私のメールアカウントに紐づいているPaypalのアカウントはマレーシアの口座です。
もう、いまや塩漬け状態。コロナが発生してから、もはやいかんともしがたい、私のマレーシアの口座、、、そんなもんに紐づいてどうする、、、。もうやめたい、、

、、ということで、新しくメアドを作って、日本の銀行に紐づくようなことをやったけど、あんがいPaypalは日本の銀行とは相性が悪いらしく、ほんの数社しかやってません。たまたま口座があった三菱UFJとは提携してたからよかったけど、メインでつかっているSMBCとはダメらしい。

うーむ、マレーシアの口座のほうはどうにかしないといけない、、けど、ともあれ、Paypalとマレーシアの口座との紐づけは解いてあげて、、、
あたらしく、Payoneerというのを立ち上げました。

まだ口座をつくっただけで、実際にはまだ使ってないけど、こっちのほうがオンライン画面がサクサク進む。
容量の少ないHPというだけでもありがたいです。
そういうことで、次回のオンライン授業の受け取りはPayoneerの予定。
まだ、稼ぎが微々たるものだから、全然生活費の足しにはならないけど、いずれ大きく育ってほしいものです。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ていねいに生きる ふたたび

IMG_2246_1.JPG

去年の暮れから、ずーっと考えていることは「ていねいに生きる」ということ。
もう、寝ても覚めても、そればっかりな気がする。

50歳代も終わりに近づき、これから先どうなるか、多少はわかるようになると、考えるのは、体が動かなくなったら、「ていねいに」生きることなど、とうてい無理。
亡くなった母が介護施設に入るまで自宅にいて、訪問介護のお世話になっていたけど、、

「あの壁の汚れが気になる」
「どこ?」
「昔、壁時計をおいてたところが黒くなっている」
「ああ、そうだね」
「訪問介護の人は、家政婦じゃないから壁の掃除までしてくれない」
「ああ、そうだね」
「だから、あなたにやってほしい」

、、ということで、やってあげたけど、シミは取れない

「とれないよ」
「そんなことはない、一生懸命やればとれる」

という押し問答。母は体が動けば自分でやってみたかったはず、
それで、やっぱり無理というのを自分でわかってみたかったはず。

でも、体が動かないとどうにもならない。

べつに今は私が、壁のシミとりをしたいわけじゃないけど。
自分だって、あれをやりたい、これをやりたいと ていねいな生き方を望んだとしても体が動かなければ、どうしようもない。

だから、今、ちゃんと考えて、体が動いているうちに、ていねいな生活をしてみたいと思っています。
たとえば、いままでいい加減だった漢字の筆順をもういちど勉強しなおす、、とか、
天気のいい日には、かならず布団を干すとか、
ジムで体を毎日チューンアップするとか、
健康的な食事をとるとか、
わからなかったことは、検索するとか
家計を管理するとか

そうじも、片付けもきちんとやって、一日をきちんとやって、翌日の仕込みも終えておく、、、

そんなことやると、本当に、あっという間に時間がたって、ちょっとあり得ないぐらい忙しくなるのだけど、、
いまやらないと、もう、あとがないんじゃないかと思ってます。














| クアラルンプール ☔ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月07日

確定申告のシーズン

いろんなところから、源泉徴収票や、控除用の領収書がとどいて、確定申告をしないといけないのだけど、なんだかやる気が起こらない。
まあ、いいや。そのうち、起こる日もでてくるだろう。
| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月04日

ていねいに生きようとすると、時間がたりない、、気がするのは何故?

うん、タイトルに書いた通り。
もう、写真も長いこと撮ってないし、よく考えたら12月から今日まで、写真らしい写真は一枚も撮ってなかった。

IMG_2203_1.JPG

ほんとうに忙しい日々。
いや、ていねいに生きようとすると、とっても忙しくなるというほうがいいのかな。
よく、定年退職後にすることが無い、、という話を聞くけど、いったいどこの星の話かな?と思ってしまう。
会社の仕事がなくたって、丁寧に生きようとすると、ほーーんと、朝から晩まで忙しい。

どうして、「たいくつな人生」というのがこの世にあるのかわからないぐらい。
ある意味、うらやましいぐらいだけど、ぜんぜんしたくない。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供むけの日本語教育の本

あっという間に2月、、、ほんとうに、この間、あけましておめでとう、、って言っていたのに、もう2月。
東京は緊急事態宣言もでて、スティホームになりがちな日々、、というか、寒いから出不精になるというほうが正しいかもしれません。


まーだ、子供向けの良い日本語教材を探しているところ。

IMG_2254_1.JPG

ほんとうに、ないんだよ。
あるのは、日本に暮らす外国人向け。

つまり、教室とか、給食とか、どうやったら日本の生活、学校生活になじめるか?というのばかり。
だから新出語彙が、「うわばき」「きゅうしょく」「リコーダー」とかばっかり、こんなのは、外国で暮らす日本語を学びたい外国人には、ぜーんぜんいらない、、どころか、混乱を招くだけだから、注意深く省くしかない。

世の中、ほんとうに、
「日本語を勉強する日本語ができない子供」といえば、インドシナ難民の子供だよね、、というところからはじまったのが、子供のための日本語教育で、それから、一歩も外に足を踏み出してない。もう、昭和感あふれる教科書。

いま、日本で英語を勉強する小学生とか、全然珍しくないけど、それとおんなじぐらい、外国で日本語を勉強する外国の人も多いということを全然わかってないのかなあ、、、

もう、本当に困ってしまう。
たまにいい本があっても幼児向け。。。。

子供って、4歳ぐらいから14歳ぐらいまでいるんだよ。
絵本だけで中二が納得するか!


そして、けっきょく「ひろこさんのたのしい日本語」になってしまう。
古典的名著、、生き残ってるにはわけがある。これしか、ないんだよ。ほんと。



| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする