The Redang Telegraph

2012年10月16日

足を長くみせる

足を長く見せて、美脚効果を狙う。

べつに昨今の風潮ではないです。

「草摺短か」に甲冑を着用する、、という言葉があります。
「草摺り」は剣道でいうとタレに相当するもので腰から太腿あたりを守る防具の一つで、平安時代から鎌倉時代までは、草摺りは長めでふとももの大部分を覆うのが美しいとされていました。しかし、時代が新しくになるにつれ、草摺りを上のほうで縛り、ふとももの露出部分を増やす傾向がつづきます。
(現代例訳:ヒザ丈のスカートが美しいとされていたのに、時代と共にミニスカート化されてきた)

ひとつには佩盾というヒザ部分を保護するニーガードを着るようになったこともありますが、それだけでなくハイウエストで草摺りを着用して、美脚効果を狙うと文正記(1466年)にあり、室町時代では草摺りのハイウエスト化にあわせて鎧の丈もだんだん短くなります。
(現代例訳:ひとつはハイソックス、ルーズソックスの流行ということもあるけれど、美脚効果をあげるためスカート丈が短いほうが全体に足が長く見えるということ)

足が長いほうが格好いい!

、、、というのは、鎌倉時代後期ぐらいからの共通認識で、足が長く見えたほうが、活発に見えるし、足さばきも良く、なんといっても格好いい!こうして、男性の美脚へのがんばりははじまります。

しかし、実際に「足を長くする試み」は見当たりません。装いで、見た目だけ足を長くしようというチープだけど、心情的にとーーーっても良くわかる対応だけですね。

鎌倉時代から実際に足を長くする試みがあれば、今頃私の足は、、、、、
ズボンの裾上げのたびに思う、あれは、、、、
写真を見るたびに思う、あれは、、、

今からでも遅くは無い、千年後の子孫のためにも、足を長くする何かを見つけて欲しい。


2012年10月04日

北オブフル文化

ジェッダには、いろんな地域があって、それぞれに地域文化があります。有名なのが、

1 バラド文化
2 タハリヤ文化

これには異論はないと思う。東京でいうと、

1 浅草文化
2 表参道文化

というものにあたるでしょう。ジェッダなんてどこも一緒だ!と思っている人は、まったくわかっていない。東京だって、浅草、白金、銀座、西日暮里、御茶ノ水、秋葉原、新宿、原宿、表参道、渋谷、吉祥寺、下北沢、荻窪、練馬、、、名前をあげていけば、「ああ、あそこは、ああいうところだね」と思い当たる節があるはずです。まさか、浅草も表参道も一緒くたにしている人はいないと思う。似たような側面を持つ「銀座と新宿」だって、違いは歴然とあるものです。

にも、かかわらず、ジェッダは一緒?とんでもない!バラド、タハリヤ、キングロード、北クルニシ、シッティーン、キロ数字、ダホバーン、オブフル、フィラスティーン、、どこも、いっこも似てないのは東京以上です。あるいみ、同業で固まる(秋葉原みたいな)ことが多いので、それぞれ個性が強いのかもしれません。

さて、その中のオブフル。ご庶民レベルの南オブフルはおいといて、北オブフル、、私がきっと属している文化です。北オブフル文化とは、きっと湘南文化というものと似通ったものです。ここでは、以前にも紹介した北オブフル文化をさらに、北オブフル(高)文化と北オブフル(低)文化に分けてみます。

高と低は、文化が高尚とか?うんにゃ、年齢が高いと低いの違いです。同じ北オブフルを根城にしている人々でも2種類のだいたい年齢で人種に分けられます。

今回のフルークタークは開催会場がまさしく北オブフルです。主催者も参加者も、北オブフル(高)が多数参加しています。たとえば、この写真。

20121003 flight day 002.jpg

何気にとった写真ですが、超短髪が多いのがわかります。これはサウジの一般ではないにもかかわらず、北オブフル(高)の特徴です。

北オブフル(高)は、フルークタークに参加したがるような人々、短髪、ハーレーに乗る、ダイビング、カフェ好き、洋楽好き、タバコと革ジャン、スケルトンデザイン好き、マリンスポーツ、カメラ好き、映画ダイハードの体現者、、ちなみに私のことではありません。私はタバコ嫌いだしスケルトンも好きじゃないです。

北オブフル(低)は、ペイントボール好き、マスタングに乗る、ロンゲかアフロ、ビーチバレーが狂ったように好き、ボデイビルダー、モーターボート、ラップミュージック好き、夜更かし、ダンス、アフリカ系アメリカ文化の信者、、北オブフルの驚異のマスタング率はこの人たちの産物です。

湘南文化でも、葉山文化というのがまた違うのと似ているところがあるかもしれません。私はどちらにも疎いのでよくわかりませんが、、、

2012年09月11日

手芸部 レッグポーチ

よくバイク乗りが太ももにつけているレッグポーチ。
雰囲気はこんなかんじ。
http://ascii-store.jp/bag/p/2010021451001/

あれがあると、いつも置き場所にこまる手袋や眼鏡を入れておけるのだけど、、サウジじゃ売ってないし、、

えい!
つくっちゃえ

、、といったところでバッグから作れない、それは今後の課題として、今の技能でできるのは、すでに購入済のバッグの中から手ごろなバッグを改造すること。

それで選ばれたのはセンターポイントで買った小型のショルダーバッグ。荷物の多い私には小型過ぎてお蔵入りになっていたもの。

20120910 bike 013.jpg

これに太ももで止めるベルトがあればバッチリでないか?、、と思ったけど、そうは簡単ではなかった。ベルトとバッグをもってカーテン職人さんのところに持ち込む。ここでは厚手の布地一般の裁縫をやっているのです。

20120909 town 019.jpg

すると、「うーん、このバッグは内袋と外袋の二重構造になっていて、うちのミシンだと外袋だけ縫うこともできないし、二重にして縫うには馬力不足」といわれて、一旦はひきあげました。

家で考えたこと、、そっかベルトを袋に縫いこまず、ベルト用のループを別にしたらどうだろう。そうして、カーテン屋さんに再訪。いろいろ見せて、端切れを取り出して、あれこれ話し合って縫ってもらいました。

20120910 bike 012.jpg

20120909 town 012.jpg

そして、ベルトを通す。

20120910 bike 010.jpg

20120910 bike 011.jpg

うーーん、いい感じ。ありがとう。ベルトはカーゴパンツを買ったときについてきたやつ。何本も似たようなやつがあるので、どーでもいいのを使います。ついでに、太ももの太さにあわせて裁ちばさみで切って、端をミシンがけしてほつれないようにします。

腰周りのベルトも考えたのだけど、ついていたベルトを縫い目から解いて取ってしまい、代わりにスクールベルトに、こないだバイクの荷台を作るときに余分に買っておいたキーチェーンを通してベルトから鎖でバッグを吊るようにしました。

20120910 bike 014.jpg

ベルトと鎖とでロックなテーストもOK。鎖をつなぐのにはビーズ細工用の工具が活躍。うーん、これまでの技術の結晶ですね。革はどれも人工皮革。リアルファーやリアル革はなるべく使わない主義にしているので、合皮やファブリックモノが一番。

ちなみにカーテン屋さんでは、クッションも作ってくれるし、家具の新品や張替えもやってくれます。

20120909 town 015.jpg

見本が山のように積んである。

サウジはいろんなものがすぐ壊れます。でも、それを修理するインフラが整っているので、それを逆手にいろんな一点ものを作れます。じつは昔の日本だってそうだったのですが、既製品の拡大と壊れないモノヅクリ、そして多くのものは壊れたら修理するより新品を買ったほうが安いという事実の前に、こうした様々な修理産業が失われてしまいました。私の母の世代は洋裁は必須技能で、子供服は親が縫うのが珍しくなかったのですが、今は服でも家具でもなんでも業者が作るのであって、個人が作るものではないと思い込んでいる人も少なくないです。

そうして、今では服の詰めだしとか、けっこうなお金がかかる趣味の領域です(私は実際日本で頼んだけど、料金で目を剥いた)。だから、ジッパー交換とかズボンの裾あげとか、いろんな服の手入れはサウジまで持ってきてやります、、本当に安いものです。

20120909 town 016.jpg

2012年08月15日

美肌と小顔

この間、なにげなく立ち寄ったHPを閉じるとき、手が滑ってアフリエイト広告をクリックしてしまいました。
化粧品の広告で、なんとなく読むと「美肌」と「小顔」が、いかに大事であり、人々はこの件に関して非常な熱意をもっている!

そして、Webを続けて別のページで消費税値上げで腹が立ち、しかし一体全体、野田首相ってどんな顔していたか忘れたので検索してみると、、野田君、、君、顔、、大きくない?しかも肌が辛いよ!カメラマンがライトアップし忘れたのでしょうか、報道事故だと思います。

美肌を追求する人に、このい写真を見せるとさらなる美肌道に励むことになると思います。

野田.jpg

(引用はじめ)「政府のがん対策に絡み、公明党の松あきら氏が愛煙家の首相に「率先垂範して禁煙宣言してはどうか」と迫った。これに対し、首相は「いや、参りましたね。喫煙率が下がっていくことは望ましいと思いますが、私、18歳からずっとやめたことなく貫いてきてしまいました。受動喫煙には気を付けたい」と笑顔で答弁。場内がざわめき、問題発言をしたことに気付いた首相は、青ざめた表情で「あ、すみません、二十歳からです」と訂正した。」(引用おわり)時事ドットコムより現在はリンク切れ

肌に気をつけたい人、上の写真と野田君の国会答弁を合わせて読むと興味深いです。もちろん20歳未満の喫煙は犯罪で、未成年アイドルが次々と引退に追い込まれている原因です。こんな調子だと野田君の生活リズムもそうとう乱れてそうですね。肌に悪いことこのうえないです。

ちなみに歴代首相はこちら。野田君以前の愛煙家は麻生某らしいです、、国会でこういう発言をするところなど共通項はありそうです。ちなみに隣に写っている人たち?まあ、定点観測だと思ってください。同じ撮影下ですから、比較があったほうがいいでしょう。脳みその出来まで写らなくて良かったですね。

野田君は1957年生まれの55歳。イ大統領は1941年生まれで70歳、温首相は1942年で69歳。一番若いのに、、、スタイリスト泣かせだね。

菅.jpg

鳩山.jpg

麻生.jpg

福田.jpg


2012年05月03日

ステン、、なんだっけ、石鹸屋さん

そうそう、ステンダース。

レッドシーモールの2階の端にある、せっけんとかボディバターとかのスキンケアのお店です。

20120405 sakura 003
20120405 sakura 003 posted by (C)abu naoki

お店の前は、手作りせっけん屋さんの強烈な甘い香り。特に香りがよくて、ついふらふらっと入って行き、スキンケアに魂を打ち込んでいる?サウジ人のおじさんから、あれこれ勧められて、あっというまに購入。

20120405 sakura 001
20120405 sakura 001 posted by (C)abu naoki

お店のなかに洗面台が、どーーんと真ん中にあり、あれこれ手につけては洗って(せっけんだから)、ものすごい保湿力を実感です。これでは砂漠でも、つやつやかもしれない。家でさっそく使っています。シャワーのたびに、バスルーム中がいい香り。これだけでも価値があるかもしれない。

20120405 sakura 002
20120405 sakura 002 posted by (C)abu naoki

検索すると日本にもステンダースのお店があるようです。本当にお店に入ったときは有名なお店だとは知らなかったんだけど、なるほど。
「Stenders Japan バルト三国 ラトビアから香りと保湿の石鹸 ステンダース」のHPは下です。
http://www.stenders.jp/

生きてるうちは、香りも楽しまないとね。

2012年04月30日

アバーヤ ON ボート

オブフルクリークでボート遊びをするのはジェッダっ子の楽しみのひとつ。
遊覧船でまったりクルージング!

IMG_4979
IMG_4979 posted by (C)abu naoki

いやいや、超本格派?

IMG_4994
IMG_4994 posted by (C)abu naoki

屋形船、、、サウジだからダウ船モチーフ。

IMG_4991
IMG_4991 posted by (C)abu naoki

クリーク内はガソリンステーションも完備だし、

IMG_4992
IMG_4992 posted by (C)abu naoki

女性グループも多い。

IMG_4981
IMG_4981 posted by (C)abu naoki

みんな楽しそう、実際、笑い声が良く聞こえる!
これはチャレンジャー、、な方の、絶叫マシンに望む姿勢ですね

IMG_4980
IMG_4980 posted by (C)abu naoki

いまでも、サウジのアバーヤを見て、「イスラムがうんぬん」という人もいるけれど、サウジの紫外線や女性のお洒落や肌への気配りという視点が、どうして?すっぽり落ちてます。きっと思い込んでいる本人が、スキンケアだとか、想像したこともないからわからないのでしょう。イスラームうんぬんより、まず「必要があって支持されている」という事実に目をつぶっているのですね。女性用イスラーム服と呼ばれるものは、ムスリム圏のあちこちにありますが、別段アバーヤのような外套式のものがポピュラーなわけではありません。

これは日本の通販サイトで見かけたもの、、アバーヤまであと一歩です。必要に迫られると違う地域や人種でも同じ方向に進化するのを、収斂進化と呼びます。もちろん黒が一番紫外線カットに良いようです。

uv_borero_02.jpg

418_s00.jpg

サウジは風が強いのでツバがある帽子だと、あっという間に飛ばされてしまいます。
こちらのサイトの帽子は紫外線カットと、飛ばされにくさでも、いいのかもしれません。
http://www.bellemaison.jp/100/pr/2002012B/389585/?source=becomejp&DM2_KBN=bcm_1

2012年04月19日

サウジのゆるきゃら?

サウジでみつけた、ゆるきゃらです。
名前は、、えーっと、ラクダ君です。

20120405 sakura 027
20120405 sakura 027 posted by (C)abu naoki

ひたすら、ゆるいキャラです。ちなみにコブはありません。サウジでゆるいのは懲り懲りだと思うひとにはうけません。

20120405 sakura 026
20120405 sakura 026 posted by (C)abu naoki

こちらは、ラクダさんです。

20120405 sakura 025
20120405 sakura 025 posted by (C)abu naoki

そのほかに、ちっちゃな子バージョン、らくだちゃんがいます。、、と思うけれど、もしかしたら花嫁さんバージョンかもしれない。微妙です。きっと、こまかいことを言ってはいけないのだと思います。

20120405 sakura 029
20120405 sakura 029 posted by (C)abu naoki

見る人に「ゆるさ」を強いるような気もしないことはないですが、なんか、すごいです。

2012年03月20日

キティちゃん哀歌

サンリオの業績は、売り上げが下がってる。ただし、ライセンス契約が好調なので利益自体は年々増え続ける。

サンリオの財務報告から
http://www.sanrio.co.jp/corporate/ir/highlight3.html

graph13_s1.gif

しかも、借入金が莫大でなんかで躓くと、いきなり会社存続の危機になる。サンリオ、、商売上手とはとてもいえない。ライセンス契約だけが頼みの綱。

graph15_s1.gif

ライセンス契約。つまり、サンリオの命綱とは、彼女のことだ!

419_xe9jn_o.jpg

日本全国、ヘンなものを被らされて、着せられて、店頭で売られていく。青少年の育成に差し障りのあるやつはライセンス契約しないはずだったのに、、、中央競馬会とかギャンブルにのめり込まされていく。

noclear.jpg

これも、それも、産みの親のサンリオ父さんが商売が、むにゃむにゃで、借金好きで、大分のなんとかランドみたいに赤字のところもあるのに、どうも上手くいかない、、、から、孝行娘に出稼ぎと世界巡業をさせるんだ(へんなもん被らせて)。「非実在動物愛護法」で取り締まるんだ。。。

キティちゃんに肩のうえに(どこらへんが肩かよくわからないけど)、サンリオ父さんの借金が、食い込んでいく、、!育てのねえさん、山口裕子取締役キャラクター部長殿!役員の権限でお慈悲を。

おや、ねえさんの本名は崎山だったんですね。役員リストはこちら。
http://www.sanrio.co.jp/corporate/about/overview/index.html

ついに、泣き言をいう口を持たないはずの、キティちゃんが、語る日がやってきた。そして、、倒れる日が、、

(爆泣必至、ハンカチの用意)



辻社長、なんとか、借金を減らしてキティの荷を軽くしてあげてください。サンリオの777名の社員(なんと区切りの良い社員数。わざと?)も、頑張れ。


2012年02月21日

ジェッダ征服もそこまで

日本からの恐るべき侵略者。

世界征服をもくろむ、口数ない、物静かな奴。

しかし、ジェッダの征服は進行中。

あれに見えるはティハーマブックストア!ジャリールのライバルのはずなのに、、

20120218 jeddah 002_1
20120218 jeddah 002_1 posted by (C)abu naoki

ジャリールとは契約が終わったのか?
いつの間にかティハーマに乗り換えていた白い奴。

20120218 jeddah 006_2
20120218 jeddah 006_2 posted by (C)abu naoki

20120218 jeddah 005_2
20120218 jeddah 005_2 posted by (C)abu naoki

ほんとうなら、ケロロ軍曹にかまっている暇など無い、この蔓延する征服者にもっと注意を注ぐべきだ。

20120218 jeddah 004_2
20120218 jeddah 004_2 posted by (C)abu naoki

日本からきたブランドの中で、老若男女じゃないな、、、若と女に特化して人気がある。きっと、この子が日本製だと知っている人は少ないはず(ただし、生まれはロンドンだけど、、ややこしい)。

20120218 jeddah 003_2
20120218 jeddah 003_2 posted by (C)abu naoki


2012年02月01日

サウジのプリンセス!

世界中、セレブは国民の憧れの的!とくに、ファッション関係は!
もっちろん、サウジのセレブといえば、お姫様たち!

いま、お姫様の中でももっとも注目されているのが、アミーラ王女。アミーラというのは割とありふれた女の子の名前で、かつ意味的には王女というので、アラビア語では、アミーラ アミーラと書かれます。しかも、苗字がアル・タウィールで「のっぽ」ですが、アミーラ王女は普通の背丈です。下の写真は昨年の英国のウィリアム王子の結婚式に出席したときのもの。

Beautiful Princess Amira[1].jpg

こちらは、女性誌「Under Your Abaya」でのコラージュ、みんなアミーラ王女です。ちなみにこのサイトは、<アバーヤを着たファッショニスト>つまり<女性のお洒落さんネタ>のサイトです。
http://underyourabaya.blogspot.com/2010/09/lookbook-saudi-rose-princess-amira-al.html

ameera[1].jpg

他にも、いっぱい有名なお姫様がいます。社会改革派の活動家として知られているディーマ王女。サウジ女性の社会進出の旗頭にもなっています。

805436906[1].jpg

同じく活動家のラルワ王女、ほかには、こちらもファッションアイコンとしても登場するリーム王女、美人双子として知られているサラ王女とノーフ王女。まだまだ一杯!調べると、お姫様たちの活動は盛んで、けっこう雑誌にも出てます、が、むしろ日本では知られてないのは何故だろう?

1 関心はあるんだけど、サウジの女性誌など読まないから?
2 ひょっとすると、サウジのお姫様には近寄らないほうが良い、、というような暗黙のわけのわからないコードでもあるのかしらん?
3 それとも日本では「サウジの女性は家に閉じ込められて、うんぬん」という都市伝説を堅持してサウジ非難のネタに使いたいのだろうか?
4 サウジのお姫様など関心ない

私的には、「アラビストと称する一連のおっさん達は、ファッションに縁遠く、誰もアラビア語の女性誌など読まないから世界の常識から3光年遅れてる」に一票!

私?私はアラビスト!(笑)じゃないから、




2012年01月25日

全アラブ女性のアイコン!ミス・ユニバース

アラブのおしゃれアイコンといえば、このサラさん。

2011年ミスユニバース エジプト代表です。
でも、育ったのはUAEなので、現在モデルとしてドバイで活躍中。
http://www.youtube.com/watch?v=3SBVHezrl6M

Egypt - Sara El-Khouly-6.jpg

全アラブの若い女性の支持をうけている、カリスマモデルです。
おしゃれ総番長!

Egypt - Sara El-Khouly-9.jpg



2012年01月17日

まつげ、、、

ジェッダのタウン誌「Destination」では、今月のおしゃれは「まつげ」だそうです。

ふーむ。よくわかんないけど、アラブ人のまつげは結構長いと思うけど、それ以上に長くする必要があると思う人には、そういう訳があるわけですね。

20120116 honey 010_1.jpg

なかなか大変ですね。

20120116 honey 011_1.jpg


タンジェリン・タンゴ!

去年の末に発表された、2012年の色!

タンジェリン・タンゴ!
・・・・・ぜんぜんわからん?

去年のハニサクルピンクは、とってもいい感じだったので、名前は??でもきっといい色に違いない。

tangerine_tango.jpg

タンゴだ!オレンジ色のタンゴなんですね。

http://www.pantone.com/pages/MYP_mypantone/mypInfo.aspx?ca=75&pg=20946

pantone-300x235.jpg

タンジェリン、、で調べると、「かんきつ類の種類で、<みかん>の仲間」

tangerine.jpg

なんと、タンゴ!なんていうから、どんな色だろうと思っていたけど、「みかん色」だったんですね。みかん、みかん、去年はピンクで、今年はみかん色!

わりと、青系と赤系が交互に選ばれたような気がしたけど、ことしは赤系が2年連続です。
みかん色、、って、なんか暖かいよね。タンゴ!まではテンションが高くないけど。

それとも、みかんをタンゴまで熱くする何かが2012年にはあるのか!
ちなみに風水だと、なんか子宝と健康と金運と旅行運とくじ運と(以下略)、勢ぞろいで運のいい色だそうです。

明るい色だし、なんか一つぐらいみかん色があってもいいよね。

2011年12月18日

つまりアバーヤを着るということ

これが通常の日本人ビジネスマンの考える、サウジの女性がアバーヤを着るということ。
つまり、宗教があーたらで、こーたらで、保守的で、うんだらかんだら。

20111217 riyadh 021.jpg

下が通常のサウジ女性、つまりアバーヤを着ている本人たちの、おおまかな本音。
「アバーヤさえ引っ掛けてれば、すぐに出かけるとき服のこと考えなくてすむもんるんるん

もちろん、以前に記事にしたとおり、アバーヤさえ引っ掛けてれば、下はパジャマで済むという多くのサウジ女性に支持されている意見もあります。サンダルとハンドバックさえ気合を入れていれば、メイクもそこそこという意見もあります。
当然、ばっちりメイクで決めたときは、勝負アバーヤを着るというおしゃれの楽しみもあります。

20111217 riyadh.jpg

私の考えでは、男性ビジネスパーソンの考えそうなこと、「つまり、女性はおしゃれを楽しむものであるという視点も、めんどくさがりな女性も少なくないという視点も欠落して、、、というか、全然女心のわかってない男性が、アバーヤを、自分のわかる狭い範囲で説明すると上の文のようになるという代表だろなあ」

だいたい、見も知らぬ人から「どうしてアバーヤを着ているのですか?」と聞かれて、「だって、これさえ着てれば楽だから」と答える、とぼけた女性などいないということがわかってない。誰だって見知らぬ人から、なんかどーでもよさそうなこと聞かれたら「アバーヤはイスラームのうんぬん、かんぬん」ぐらいのこと、適当に答えるのが普通だと思いますけど。
(もちろん、ずぼらでない女性のほうが多数だと思いますけど)

私だったら、本来作業着としてフォーマルな場ではご法度だったジーンズが女性の間で認知され、公の場でも通用しだした時期と、アバーヤが注目を集めて着る人が増えてきた時期が重なっていることに注目します。宗教云々もあるけれど、当時の全世界的なラフさへの試みだという切り口のほうが現実的だと思うんだけどなあ。そして、それがシルエット的なおしゃれに変化していったことも。

ほとんどの、アバーヤ紹介が、宗教うんぬんとしか結びつけてなくて、「女性が身につけるおしゃれ」と「直射日光や埃から体をまもり、肌へのダメージをくいとめるボディケア」という、むしろ、普通ならこっちしか考え付かないような視点がすっぽり抜けてます。

これはサウジの後進性という思い込み、女性蔑視社会だという見当違い(ほんとうは女性上位なのに)、そもそも、西アジアのわからん国(まあ、イランとかアフガニスタンとかも)で、テロだとか餓えだとか、生活が脅かされている野蛮な国に、おしゃれなんてあるはずがない、女心なんてあるはずがない、という認識が間違っている上に馬鹿としかいいようのない断定が蔓延していること。


アバーヤがどうたら言うのって、大昔、どっかの女子大かなんかで、ジーンズを履いた「進歩的な」女子学生の受講を拒否した頭の悪い講師のことを思い出しました。ジーンズにケチをつけた人が、アバーヤにもケチをつけているわけです。あれは、「保守的」だって。アバーヤを着ないのが先進的だっていうわけです。女性のファッションにケチをつける野暮なことは言わないほうがいいのに。

だいたい、母にはマザコン、妻には尻にひかれ、姉には下僕のように使われ、娘には反発されている(独断と偏見だけど)サウジの男性に女性への影響力があんまりあるとは思えないけどなあ。こと女性の服装について発言力の無いサウジ男性の言うことに従うサウジ女性がいるとは思えない(まあ、世界中そうだと思うけど)。アバーヤに関しては女性が自発的に着ているのは間違いないところですね。

もちろん、私には女心がわかりませんから、どうして着るようになったのかわかりません。が、女性の服装に、あーだの、こーだの、いまさら宗教だの社会だの解釈するようなことは、ピンボケだと思います。何故着るようになったのか?

それは、「着たかったから」じゃないですか。ふつーに。

上の写真はDestination誌の「10 Things We Love about Jeddah」の8位に入っている項目です。これを読む限り、ふつーにファッションを楽しんでいるようにしか思えないし、実際そのとおりだと思う。

ちゃんとアバーヤ着付け指南?もある。

20111217 riyadh 022.jpg

アバーヤはシンプルに着ること。いくらブランド物でも、ロゴがついているのは頂けないようです。

20111217 riyadh 023.jpg

日本で、娘さんが浴衣の新作を毎年買いたいとか、言うのを、「伝統衣装で保守回帰だ!」なんて言ったら、、おお!おそろしいこと(つまり、2度と口きいてもらえなくなること)になるのに。

下のようなクラッシックな着付けだと、伝統、、といっていいと思います?(by Leila Al Marashiさん、同じDestination誌に掲載)

20111217 riyadh 024.jpg


2011年12月10日

サウジ女性には白い歯を!

サウジ人に限らずアラブ人は無類の新聞好きです。
基本的に活字は好きなんだけど、本の類はダメなので、新聞がみんな大好き。

特に週末版は、雑誌?というぐらいの厚みで、本誌のほかに折込がすごい。日本の元旦特別号の新聞が毎週末あるイメージです。

新聞付録の中の、タウン版、、自動車売りますとか、求職欄とか、安売り情報とかと並んで、、目をひくのは「審美歯科」。わあ、上から3段、みんな審美歯科の宣伝だ。

ちなみに、審美歯科はピンクの広告です。調べたら、日本の審美歯科のHPもピンクが多い。ふーむ、そういうものなんでしょう。

20111209 fal 178.jpg

値段も安くて、これだけ盛んなら、ちょっとジェッダでやっていこうか?という気になります。
綺麗な歯で、真珠も真っ青?じゃなくて、真珠より強い歯?真珠色の歯!なんでしょうね。インパクトのある写真です。

20111209 fal 176.jpg

この折込を持参なら40%オフ!いや、うちは50%オフという文字が躍ります(持っていかなくてももちろん同じだけオフ。みんな律儀に持っているわけないもん)。

気になるお値段。
ホワイトニング+タバコの脂取り+口腔衛生で、しめてSR200のお店からSR500のお店まで!
その他に歯列矯正もあって、こちらはSR700からSR1100ぐらいみたいです。

特筆すべきは、Lumineerが50%オフで受けられること。
これは、削らない、磨かない、で歯に傷つけることなく、コンタクトレンズというべきかスカルプチャーというべきか、歯に充てモノをしてなじませる方法がありますが、ジェッダではけっこう盛んなようです。

LumineerのHPはこちら。
http://www.lumineers.com/

beth_large[1].jpg

Lumineerのプロモーション動画はこちら。
http://www.lumineers.com/cms__Main?name=smileoutloud

そういえば、サウジで最近歯列矯正している人を良く見かけるけど、アメリカ人に見習って、そのうち「サウジ人は歯がいのち♪」になるのでしょうか。

20111209 fal 177.jpg


2011年11月23日

全自動洗濯機

うちは、最初から二槽式洗濯機です。それは私の選択で、構造がシンプルで壊れにくいからです。
数日前、使わなくなった従業員宿舎用の全自動洗濯機を事務所にもってきました。

ならべて設置。
全自動だと、脱水のたびに入れ替える必要がなくて、便利だよ。。。

IMG_1627.JPG

しかし、使い方がだれもわからない。脱水のボタンがない。
もちろん、私もわからない。
あれこれいじって3日間。ようやく使えるようになりました。

IMG_1628.JPG

仕上がりは、生地にはやさしそう。脱水能力は甘い。ぎりぎり絞らんかい!
みると、送風して脱水というボタンがあった、これを使うべきだったんだろう。



2011年11月17日

こんなところにEnas姉が

「Destination」誌の編集長、Enasさんが、Arab Newsで記事になっていたのをたまたま見つけました。サウジアラビアの女性トップ20というシリーズです。

One of the most popular of the ventures that the media house has recently launched is Destination Jeddah magazine as well as a social networking site called Fanaik.com.
2009年の記事です。

http://archive.arabnews.com/?page=15§ion=0&article=123102&d=17&m=11&y=2011


サウジのアバーヤ

昔、サウジのアバーヤを男尊女卑の象徴で女性はアバーヤに押し込められないようにいるべきだ!、、という、なんだかなあ?という話を聞いたものです。最近もあるかもしれません。


アバーヤを脱げといわれたら、、(以下はひとりごと)

あの下にパジャマを着ているずぼらな娘さん達は大変だろうなあ。よそのお宅におじゃましてアバーヤを脱ぐのであれば、パジャマで十分とおもっているひとたち、、昔は親が「誰も見ないからといってパジャマは止めなさい」と言ってたけど、今はあきらめてお母さんだってパジャマだったりする。

それに、日焼け対策。
アバーヤは日傘をすっぽり着ているようなものだから、あれを脱げと言われたら、泣いちゃうよ、、あんなに美白の肌にこだわってるんだから、というか、色白にこだわりすぎだけど、そこは女心をわかってあげないと。UV対策クリームだって肌に合わないとか、アレルギーとかだって言うひともいるし、だいたい髪の毛が焼けて枝毛がでてきたら誰の責任だ!とかいわれること必至。それに紫外線は体に良くないことは誰もが知っていること。肌の老化も、体の変調もある。

オーストラリアのこういう帽子も日本で売ってる。機能を満たそうとすれば形状が似てくるのも当然。
http://item.rakuten.co.jp/sunglobe/731900/


埃よけにもなるし、人からじろじろ見られることもないし、体型もばっちり隠せるし、ぎゃくに体型をアピールしたい人は、そういうアバーヤがあるし、、最新モードのアバーヤをきると結構自慢だし、、、


「アバーヤの新しいの買って!値段高いけど、、」
わあ、お父さん達、たいへん。


2011年11月10日

FMラジオで巡礼のはなし

昨日で、メッカ巡礼も、巡礼明けの休日も終わり。
今日から仕事、仕事。
4日間お休みだったので、朝から仕事に追われてます。

昨日は日本のFMラジオ局でメッカ巡礼についての話をしました。
アーカイブで音声も聞けますが、私には自分の話を聴く勇気などありません。恥ずかしさ200%全開です。放送用撮りおろし(?)写真もありますので(自分の写真を見る勇気もありません)、どうぞこちらに、
http://www2.jfn.co.jp/blog/wfn/

FMラジオのパーソナリティは、とってもさわやか。chigusaさんです。
http://www2.jfn.co.jp/flowers/2009/03/chigusa.html

日本のFM局をむすんだ「flowers」。月ー木のお昼1時半から4時45分までのワイドな音楽・情報番組です。お楽しみください。
http://www2.jfn.co.jp/flowers/

いまや、リクエストやお便りもみんな上のURLからできます。投稿で花の写真も送れるし選ばれると景品もいただけます。さっそく送らないと!


(おしゃれな空間に私だけ異質かも、、)


2011年10月15日

Sun Silkシャンプーと山下ユウコさん!

インドネシアの石鹸「しんずい」から数年、、、今日は、世界中にその名をとどろかす、Sun Silkシャンプーです。もちろん、ユニリーバ社が総力をあげてブランド力を高めてます。

このSun Silkがベストビューティサロンという企画をFace Bookで行い、5万人の投票から、ジェッダの美容院が選ばれました。おめでとうございます。そして、美容師モナさんは、トーキョーに行き、ストレートヘアのエキスパート、ヤマシタ・ユウコさんに会います、、と「Destination」誌に載ってました。

IMG_0772.JPG

ん!ちょっと待て!
ユニリーバは日本でダヴ(DOVE)シャンプーとモッズ・ヘア(Mod's Hair)を販売しているけど、サンシルクは販売してなかったはずだよ!!!あれ?

P&Gが、洗剤のアリエールとボールドとさらさ(昔は全温度チア)を日本で販売しているけど、タイドを販売してないのと一緒で、同一市場でのブランドの共食いを避けるため、ユニリーバは、一般向けダヴと高級向けモッズヘアに専念してSun Silkは見送っているものだと思ってたのだけど、、、

どうして、ヤマシタさんに??って、いうか、どんな人?

IMG_0773.JPG

Sun Silkが選ぶ、世界7人のCo Createrの一人です。
ちょっとすごいです。山下ユウコさんの紹介はこちら!

http://www.sunsilk.com.my/expert_studio/expert_yoko.aspx

探して、探して、やっと!
山下ユウコさんの、ホームページも見つけた!かっこよすぎます!
よく読んでわかった、山下ユウコさんは、世界の山下さんで、たまたま日本にいるんだけど、Sun SilkのCo Createrというのは名ばかりじゃなくて、、、すごい。うれしくなるぐらい、いい感じです。

http://www.yukoyamashita.com/jpn/index.html

くせ毛矯正とか、ストレートヘアに対するサウジ女性の熱意は、それはそれは大変なものがあるので、モナさんや同行する美容師さんたちも、山下さんのユウコシステムをサウジにどんどん取り入れるといいですね。そーーーーーとーーーーーな需要だと思います。
山下さんのHPを読むと、髪にかける熱意が伝わって、元気がもらえること請け合いです。

ちっちゃな雑誌記事だったけど、深く調べると、いろんなことがわかった日でした。



2011年10月13日

ジェッダのラブリーな10のモノ♪ 6−10位

ひきつづきジェッダの情報誌「Destination」から、6位です。

第6位!「一年中日光浴できる」
これが、なんで?と、思う人!サウジがわかってないです。サウジの緯度は一番北で鹿児島ぐらい、ジェッダで沖縄ぐらいです。緯度的にみても、寒いときは本当に寒いし、北だと「記録的な大雪で積雪1メートル半!」ということだってあるのです。砂漠は、土地が砂漠で乾燥しているというだけであって、熱帯とは違うのです。そら、暑いときは暑いけど、寒いときは猛烈に寒いのです。

そんななか、ジェッダは年中通して温暖という、サウジでは稀な気候なのです!
(とはいえ、サウジの人は日光浴はそれほど好きじゃない、むしろ日焼け嫌い)

IMG_0802.JPG

7位は??「超うまうま!PAULのフレンチフライ」、、、
私はフレンチフライにそれほど興味がなかったので知らなかった、、、PAULというレストランも知らなかったです。

ちなみに英語で、デリシャス=おいしい(美味しい)、ヤミYummie=うまい(旨い)、、です。ここでは、Yummiestだから、「超旨い」でも、ヤミヤミは赤ちゃん語なので、「超ウマウマ」なのかな?

IMG_0803.JPG

8位は、、「ハッジャのリサイクル」、、これは、、、説明が長々いります。
まずは、編集長のEnas姉さんとお洒落大将連は、1おいしいものが好き、2お洒落な服や雑貨が好き、、、、そして、3つめは「エコ戦士」なのです。そして、共通するのは「そだちの良い、素直な、好感度の高いお嬢さんたち」

何かと汚れ勝ちな発展途上国にあって、彼女たちのエコ戦士ぶりは、「エコ戦記@ジェッダ」と特筆すべきことです。が、、、周囲は環境に無関心な人ばかりなのでエコ思想が先鋭化して、多少、エコ原理主義の気もなきにしもあらず。しかし、何かと環境汚染の多い国にあっては、彼女たちエコ戦士の存在は重要です。

ここでいう、ハッジャとは、、ジェッダの貧困層のお母さんたちです。貧困層男性は甲斐性がないので、お母さんたちが町の中をベビーカーを押して、ダンボール回収、アルミ缶の回収をして生計をたててます。非常に貧困で、日本ではホームレスと呼ばれてるレベルです。編集のお姉さんたちは、ハッジャのリサイクルぶりをエコ戦士の目からみて、非常に優れていると認めているわけです

が、、、、当のハッジャたちは、生活のため、やっているのであって、、、、うーん、育ちの良いお姉さんたちの、びみょうな勘違いな気もします。ちなみに、首都リヤドあたりでは、このような貧困層は見ることがほとんどないといって良いと思います。そもそも、ハッジャ達がいる!ということが、ジェッダの名物になっている(それが8位の理由?)と深読みをすればできないこともないです。

IMG_0804.JPG

9位は、「ジェッダの人の好感度」
半分はお国自慢な気もします、が、1400年の商都ジェッダは、ほんとうに「こなれている」。

他の堅苦しい(律儀な?)ダンマンやコバル、性格理科系?都市ジュベイル、やりっぱなし!か、ガチガチの両極端のリヤド、、、、といった他のサウジの都市に比べて、「まあ、かたいこと言うなよー友達だろーー♪」というか「じぶんなー、きにせんでええねん」という大らかさは、サウジ中が認めているところです。ときどき「あんたはええけど、うちはどーやねん?」とつっこみを入れたくなります。ともあれ、「いちゃればちょーでー」的フレンドリーさ!(ああ、きついジェッダの訛りは、サウジ中、どこにいてもわかります。)

IMG_0805.JPG

そして10位は、ガソリンステーションのどこにでもドライブスルーのコーヒー屋がある。
ちょっと待った!サウジ中、どこでもそうなんじゃない?これはジェッダだけなの?
あんまりあたりまえすぎて、特筆すべきことなのかも知らなかった。

IMG_0806.JPG


今月の1位から10位まででした。

ジェッダでラブリーな10のモノ♪1−5位

ジェッダ情報誌「Destination」が選んだ、
<ジェッダでラブリーな10のモノ♪>


選ぶのは編集長のEnas姉さんと、おしゃれ番長達。
(、、、と、くれば、とうぜん、甘いものとお洒落、、が上位を占めるか?)

IMG_0797.jpg

じゃーん!栄えある1位は、、やっぱりジェッダといえば、コレ!
アルバイクのチキン!

きっと、ジェッダ以外の人には謎だと思うけど、マックのバーガーとか、ケンタのチキンとか、サブウエイとか、ダンキンドーナツとかが固まっているショッピングモールのファーストフード・コート、、アルバイクだけ長蛇の列。マックとか閑古鳥、、、。
それも、複合商業施設にテナントで入っているアルバイクは、名物フライドチキンをメニューに出してはいけないことになっています。、、、なぜって、他の店が商売にならないからです。
つまり、飛車角落ちで戦っているアルバイクなのですが、それでも他を圧倒。

とうぜん、ぶっちぎりで、ジェッダの1位!リヤドの人が泣いて悔しがる、アルバイク!

IMG_0798.jpg

アルバイクは別格として、ここからが本当の勝負。
栄光の2位の座は、「カラフルなジェッダのアバーヤ」おしゃれで、自由なジェッダは、闊達な気風!1400年の商売の町の意地です。

IMG_0799.jpg

そして、3位は、、これか!「ローズウォーターアイスクリーム」Lenotre!すみません、私は知らなかったです。アルバイク、カラフルアバーヤの次の3位とは、そうとうなものです。お店のLenotreは知ってますが、中に入ったことなかった。

もちろん、次は必ず行きます!ローズウォーターアイスクリームを食べずして、生きてジェッダから出ることはありません。

IMG_0807.JPG

4位は、、、これは、、、、むむむむ。こんなのが4位か?
「アバーヤの下はパジャマ」

気持ちはわかるが、「寝過ごしたってアバーヤ着てればパジャマで平気」というのは、おしゃれ番長たち、、許せるのか、、って、許してるよね。靴と財布がしっかりしてればOKだそうです。パジャマのお猿さん、かわいすぎです。

(じゃあ、日本で冬「コートの下はパジャマ」ってこともありなのか?ありかもしれん)

IMG_0800.JPG

食べ物とおしゃれが、連続して上位を占めるのは、ある程度予想できました。
しかし、これは予想外!!

5位はダイビング!!!ジェッダではダイビングだ!

食べ物とおしゃれを追撃!健闘しています。すごくうれしいです。あのアルバイクと並び賞せられるとは、光栄で泣けそうです。紅海の真珠、紅海の宝石箱とよばれるジェッダの真骨頂です。

IMG_0801.JPG



(6位から10位はまた次)


2011年09月27日

サウジのおしゃれブロガー♪

ジェッダのタウン誌「Destination」を見ると!おお、ジェッダの<おしゃれ大将>の記事。サウジの女の子は、おしゃれ好き(世界中、そうかもしれないけど)。

お洒落が好きでたまらないジェッダの女の子の、「おしゃれブログ」

「ファッションへの情熱、、ジェッダのトレンドリーダーが今の注目をこっそり伝授♪」というタイトルです。登場する、<おしゃれ大将>は、スタイリストで、ブティックをオープンする、モーディさん。
ご自身のお洒落ブログのURLは下です。
http://www.rocknroyal.net/

ブログでは、いきなりエミリオプッチ、、正統派「東京ファッションエクスプレス」流の展開ですが、Destination誌上では「東京カワイイ★TV」流の展開です。
Destination誌では、お値段もリーソナブル、トレンドとしてはTOPSHOPやZARAがご贔屓なようです。

20110927 destination 011.jpg

今年の色、ハニーサクルのピンクも多いですね。

20110927 destination 012.jpg

ブログではこちら。

20110927 destination 008.jpg

似顔絵と写真が、、似すぎ。

20110927 destination 010.jpg

自己紹介、お洒落好きですね、

20110927 destination 009.jpg

もう一人の<おしゃれ大将>は、サラさん。

20110927 destination 013.jpg

サラさんの好みは、ギャル系?

20110927 destination 014.jpg

私にはピン!ときました。彼女は「メガネ萌え」で「キティラー」でしょう?

20110927 destination 022.jpg

20110927 destination 023.jpg

ブログはこちら。
http://lastika-sarah.blogspot.com/

20110927 destination 015.jpg

似顔絵と略歴です。

20110927 destination 016.jpg

20110927 destination 017.jpg

20110927 destination 024.jpg

イラストレーターなので、トレンド発信にご自分の作品もアップ!

20110927 destination 018.jpg

20110927 destination 019.jpg

サラさんはイチゴ好き

20110927 destination 020.jpg

ブログによると、アーチスト奈良 美智(ならよしとも)さんの本をジェッダで見つけて、お気に入りに追加だそうです。サラさんやるなあ、、、、。




2011年08月29日

世界一高い建物In Jeddahの予定

新聞報道されましがた、映像情報が少ない、世界一高いビルの画像です。
とーーーっても高い。みよ!この雄姿(絵だけど)。

IMG_0143.JPG

われらがジェッダには、すでに噴水の高さ世界一!というのがありますが、そんなもんが目じゃなくなる、高さ世界一のKingom Tower Jeddah。なんせ1キロあって、塔じゃなくてビルです。

IMG_0139.JPG

あまりにもノッポすぎて、完成図をかくのも大変。

IMG_0140.JPG

名称はKingom Tower Jeddah。リヤドにも同じ名前のビルがすでにあるので、ジェッダと銘打ってます。

IMG_0134.JPG

IMG_0135.JPG

展望台、、、こんなところで吹きさらしだと、飛ばされるとおもうぞ?いいのか?それに、展望台の床がガラスになってその上に立てます。ここにたてば?私だったら、もう心臓が動かない状態ですね。でも、観光的にはいいかも。バンジージャンプのほうが、10倍楽な気がする。

IMG_0141.JPG

下のほうは、わりあい大人しい、というか、リヤドのキングダムタワーとほとんど一緒だね。

IMG_0142.JPG

早く完成しないかな、でも、なるべく遠くから写さないと、全景が入らないよね。しかも、天辺は雲の上だし。


2011年07月26日

かわいい!食品サンプル提供のアルバイト

前回、EFRITトレーニングでプライベートビーチにいると、向こうからいかにもアメリカーンなホットパンツをはいたアラブ系の高校生ぐらいの愛嬌たっぷりの女の子とカメラマンが近づいてきました。

私:(なんだろう?ややキョドリ気味)
女の子:はい、これあげる。(Dバックからバービカンを取り出す)
女の子がボトルを手渡した瞬間。
カメラマン:こっちむいて、パチ!

二人で一本のボトルを手にした写真です。私は挙動不審ながらニヤニヤしていたはずです、そして、二人はそのまま立ち去ってしまいました。

まったく呆然としていた私は、そのままバービカンをカバンにいれ、、知らない人からもらった飲み物をその場で飲むほど勇気はないが、捨てる勇気もない。あれは、なんだったんだろう。

下は証拠写真。バービカン・モルツ味

IMG_9618.JPG

その次のチャンス。同じ場所で、同じ女の子とカメラマンにバッタリ。
私の前にいろんな人に渡している、、、ああ!

これは、食品サンプル提供のキャンペーンだ!!!
バービカンの販促キャンペーンなんだ!!


そっか、あのホットパンツ姿も、みーんなキャンペーン衣装なんだ!納得。ここはプライベートビーチだから、そんな格好もOKですし、でも、サウジにそんなアルバイトが、あるなんて、、思っても見なかった。

(下の写真は女優のレイチェル・ビルソンさん=参考用。バービカンな彼女は、そっくりな格好でした。サングラスまで一緒だったような気がする)

AUT201107270028[1].jpg

そして、私の前に来て、またバービカンをもらいました。今度はチェリー味。
そして、その場で飲みました。
家に帰って、前回持って帰って来たもの半分飲んだところで写した写真が上のものです。

サウジとキャンペーンガール(ノンアルコールとはいえ、ビールだし)、、時代は変わったものです。びっくりした。でも、キャンペーンの説明が全然ないのがサウジらしい、販促になってなーい。

一緒に写った写真はどうなるんだろう、、?

2011年06月28日

いいカメラが欲しい

あー、、いいカメラが欲しいなあ。
今もっている、ちっちゃなコンデジ、キャノンのS95も好きだけど、例えば花をとったり、鳥をとったり、テーブルフォトがきれいに撮れたりする、遠くの遺跡もきれいに写る、なんかすごいのが欲しい。

イワガニ、、近寄るとすぐ逃げる。ズームを最大にすると手ブレ補正がついてても手ブレになってしまう。おんなじイワガニの写真でも、ハンスさんのもっているようなでっかい一眼レフだと驚くほどきれいに写る。

IMG_8219.JPG

一昨年はビデオ、去年はカメラ、もう、毎年は買うお金がない。本当はEos Kissが欲しい。レンズが2本ついて10何万、、うーん。単に持っているカメラの能力を充分引き出せないだけなのはわかっているから、もうちょっと今のカメラを勉強しよう。。。

いいカメラが欲しい? 違う! いい写真を撮りたいのだ!この2つは違うぞ、きっと。



2011年06月24日

ウエディングドレス

サウジでも結婚式の熱は冷めそうで、冷めないというところです。

tumblr_lkezn3NINc1qbz97to1_500[1].jpg

Destination誌の結婚式特集にあったネイル。サウジ女性はネイル好き。日本のデコネイルなんてあれば、大変な騒ぎになるはずなんだけど。。。

IMG_7528.JPG

ケーキ、、サウジ人はケーキ好き。ともかく、甘いものが好き。

IMG_7538.jpg

泊ったリヤドのホテル、

IMG_8064.JPG

ウエディングドレス。

IMG_7528.JPG


リヤド空港のメタリック感

1983年に開港したリヤド空港。開港当時は世界最大の空港でした。
今だって大きいほうです。

それに、今だってデザインは斬新。
とてももうすぐ30年たつ空港には見えません。

妙に寒色というかメタリックカラーで近未来感があふれていて(その割にはどこからともなく鳩がよく待合室内部にいるけど)、明り取りがすばらしいです。

IMG_8115.JPG

ワンポイントで、いきなり暖色になる。

IMG_8123.JPG

こういったカフェテリアとかも、そう。

IMG_8119.JPG

デザインが傑出していれば、いつでも時代遅れにならないという見本のような気がします。

IMG_8125.JPG


2011年06月23日

おしゃれ家電 スメグ

リヤドでみかけた、ポップな色あいの冷蔵庫。
探してみると日本のネット上ではデザイン家電.comや楽天でも、店舗販売もそこそこあるようです。やっぱり、あるところではあるのですね、、

イタリアのデザイナーの製品ですが、SMEGはイギリスの会社です。

smeg-fab30-fridge-colors[1].jpg

カラーバラエティも豊富。冷蔵庫の他にオーブンや食器洗い機もあるようです。

smeg_fab32_colors[1].jpg

リヤドでは、ハートマンラゲッジのショールームを探したのですが、、、わからん。
Safari Tradingというプリンススルタンロードにある会社が取り扱っているのですが、電話で確認するとファッション部でなくエレクトロニクス部で取り扱っているといわれて、電話をたらいまわしにされて、、結局切れてしまった。


2011年06月20日

ジェッダのおしゃれ番長は君だ!

久しぶりのリヤド出張。
ボーディングブリッジの無いジェッダ空港は、飛行機に乗るのに炎天下、タラップを上ります。
ナースエアは、久々のエンブレア機です。好きな機体なので、ついカメラでパシャ!

IMG_8009.jpg

ふと、前を見ると、ちっちゃなおしゃれさん、、、ブーツっ娘だ。

夏至のジェッダなのに、しかもお母さんたちはみんなサンダルなのに、暑さに負けないでお洒落道をつきすすむ、、!心意気にうたれました。2011年ジェッダのおしゃれ番長は君です!

IMG_8011.jpg