The Redang Telegraph

2011年06月12日

花嫁への道

結婚式にむかうサウジの花嫁さん。
しかし、避けられない試練がいくつか。


まずは、これ。非情のドレスサイズの難関

IMG_7537.JPG

そのためには、前もって、これをすべし。

IMG_7539.JPG

つまり、こんなのや、

IMG_7542.JPG

あんなので、まず、ぎゅーってやらないと。

IMG_7543.JPG

そして、直前はもうなるようにしかならないので、心をおちつけて

IMG_7540.JPG

仕上げにむかいます。

IMG_7541.JPG

こちらは、業者さんの広告です。花嫁さんだけじゃなくても、年に1回は、なりきり予行演習みたいな「気合入れ週間」があっても面白いと思います。

IMG_7544.JPG


2011年05月31日

サウジの結婚式場事情 2

Destination誌でも、ウエディングベル鳴り止まぬ、、このかた。
IMG_7525.jpg

ダイアナさんの息子さんの花嫁さんです。ふむふむ、こういうドレスだったのですね。
RoyalWedding2[1].jpg

では、サウジの誇るドレスのバラエティ!まずは、コンテンポラリー!ジュエリーもお勧めです。

IMG_7526.jpg

そして、ビーチリゾートの花嫁です!

IMG_7527.jpg

ま、上の二つはちょっと現代的っぽいですね。こちらは、まだ一般的、、だと、思う。

IMG_7531.jpg

IMG_7530.jpg

なるほど、えーっと、すごいなあ。


次は、「花嫁へ道」の特訓、、、としか言いようがない!



2011年05月28日

最新!サウジ結婚「式場」事情 1

これは結婚事情じゃなくて、「式場」の事情です 黒ハート

英国王室好きなアラブ人。。。異常な入れ込みようです。亡くなったダイアナさんの結婚式の時は尋常な騒ぎようじゃなかったです。アラブ人のダイアナさん大好き ハートたち(複数ハート) は、尋常なものではなく、結局アラブ人(エジプト)の富豪と一緒のときに事故にあって残念な最後となりました。

その大好きダイアナさんの面影がある…ウィリアム王子の結婚式。アラブで今回の結婚式に夢中な方々の半分は、「彼は大好きなダイアナさんの息子さんだから…お母様がいたらさぞ喜んだでしょう」という理由ではないかとにらんでます。

それもあってか?今月のジェッダ・タウン誌のDestinationは結婚式特集 ぴかぴか(新しい)

表紙は、おや女性のシェフ、モナさんですね。サウジでも最近働く女性が目に付きます。
IMG_7505.JPG

このスタイル、、CAKE BOSSかな?
IMG_7513.JPG

さあ!結婚式場の新郎新婦は、、、、どこで見世物になる? どこに座る?
IMG_7519.JPG

まだまだ?バラでできたハートが背景だ!どうだ!るんるん

IMG_7520.JPG

うんにゃ、まだまだ?バラでできた天蓋だ!これでどうだ!キスマーク

IMG_7521.JPG

こっぱずかしい?なんて考えてたら結婚式なんて、なーんの意味もないです。でも、これはサウジの普通の結婚式とは違います。むしろ、サウジにすむ外国人、たとえばレバノン人とかエジプト人とかヨルダン人とか、、の結婚式かなあ。サウジ人の結婚式は男女別なのが普通で、こういったのに2人並ぶことはあんまりないです(もちろん全然無いことはない)。こういったバラの花をふんだんに使った豪華ホテルを使うような、ぶっとんだ 進歩的なサウジ人はこういうのをやるのでしょう。

この写真はすべてDestination誌のもので、デザインはアムジャドさんです。デザイナー、、カメラ目線が、恥ずかしいです。
IMG_7516.JPG

かれの作品は、こんなの

IMG_7514.JPG

とか、あんなの、とか

IMG_7515.JPG

わりと静かなの、とか レストラン

IMG_7518.JPG

ふーん、サウジも変わったもんだねえ、、、と、古いサウジを知っている人は思うはずです。
結婚式では、恥ずかしがったものが負け!

もう、ありえないほどのエナジー ひらめき を発散する人が勝ち exclamation



次はウエディングドレス!!!ハート

2011年05月22日

デパートの魅力

学校の課題が統合後の主に三越側からみた三越伊勢丹HDの財務分析だったので、この2週間、デパートめぐり(ホームページめぐり、、本物じゃなのが悲しい)。

財務は置いておいて、なんといってもリアルの百貨店では、、伊勢丹がすごい。それに比べて三越は、ちょっとしょぼい。その差は「わたしらしさ」。

どの百貨店でも専門店、つまり「パルコ」や「ルミネ」が、百貨店「伊勢丹」や「小田急百貨店」とどう違うのか?思いっきり模索してます。私なりに結論つけると、百貨店丸井が専門店マルイになってニッチ市場で成功したように、三越は専門店化したほうがいいのではないか?と思いました。もちろん最強のテーマパーク路線をいく横浜そごう、二子玉川高島屋の路線は別格で、あれは百貨店の王道。

駅か駅近く百貨店路線でいくならば、やっぱり「わたしらしさ」を究極まで推し進めること。そのためには、吹き抜けを最大に利用し、売り場も天井明るくして天井を高くみせるべし!!!!

低い天井に将来は無い!ダイエーの失敗はそこにあったと睨んでます。古い店舗の多い三越は、天井が低くないか?高い天井は、「わたしらしさ」を掻きたてる何かがあるはず。高い天井と心理学の関係があんまり見当たらないのは私の探し方がわるいせいかなあ?

1日いて、楽しい、ショッピングのテーマパーク。
がんばれ、デパート。


ちなみに、伊勢丹って、ほれぼれするほど顧客心理をつかんでるよ、、、今年創業125年、そして「戻っておいで・私の時間」。竹内まりやさんは1978年、伊勢丹キャンペーンソングのこの曲でデビューしました。ちょうど、10代のころこの曲をきいた顧客も40代。購買意欲の高い層が、「戻っておいで・私の時間」を聞きなおすのです。
CD化されてない店内放送用の他のキャンペーンソング類もあわせてCD販売だそうです、もちろん!私は瞬間で購入しました。伊勢丹の財務諸表を取りにいったら、CDを買って出てくるとは、、。


恐るべし、デパートのホームページめぐり。まさか、ちゃっかり買い物とは。それだけ魅力があるということなのでしょう。

(魅力とは、鬼の種類である、ちみ・もうりょう魑魅魍魎の魅の力ということ、、やられた。でも、鬼の力ってなんだろう?ふらふらーーっと人を引き寄せるってこと?)


2011年05月13日

fullaちゃんフレークの裏側

フラちゃん、コーンフレークの箱の裏側。
お、おしゃれなお姉さんが2人!

IMG_7223_1.JPG

アップすると、

IMG_7222.JPG

IMG_7221.JPG

まあーるく、ハサミにしたがって切り抜いて、

IMG_7224_1.JPG

本に挟むと、ちゃんとしおりになります。

IMG_7226_1.JPG

えーっと、あんまり本読んでいる人、見たことないけど、読書がんばろう!しおりが挟めるほど、本を読もう!え!よく読むと、ノートに挟むって書いてある!そっか、こっちの子は、ノート一冊に各教科ごちゃまぜに書くから、しおりで「国語(ここではアラビア語のこと)」とか「算数」とか書いて挟んでないと、、、ってことか。

IMG_7225_1.JPG

ハートにあて先を書いて、

IMG_7227_1.JPG

下にメッセージを書いて、カードにする、、という手もある。

IMG_7228_1.JPG

こういうのを見る私の目はきっと、「こういうのを孫に買ったら良いだろうな」というお爺ちゃんの目でしょうね。赤ちゃんに異常に反応するし(ああ、抱っこしたい)、最近、どうも、こういう目で見ることが多くなった気がする。もちろん、リアルのおじいさんでもないし(まだ若いはず。きっと。)、孫もいません。孫じゃなくて、まだ子どものほうが可能性あるぐらいなんだけど。


おしゃれなフラちゃん

ずーっと長いことバービーだとか欧米系のお人形の天下だったのが、だいぶん前からアラブの☆!fullaちゃん人形が席捲しています。

ディズニーのアニメを見ても、「あああー、これアラビアって言ってるけど、雰囲気がインドだよなあ」とか、「イランぽい気がする?」というような微妙な違和感があったし、バービー系もなんだかちょっと雰囲気が違う(昔、アメリカで作られた日本人という人形が、ちっとも日本人に似てなかった、、ような思い出がある)、変な気がしてました。

でも、アラブ資本のフラちゃん人形は、本当にありがちで違和感ないです。

そして、じゃーん!
スーパーで見つけた!フラちゃんだ

IMG_7217_1.JPG

これはアバーヤバージョン。アバーヤ無しバージョンもある。

IMG_7218_1.JPG

モーニングシリアル。

IMG_7219_1.JPG

もちろん、何かギフトが箱に入っている!わくわく
ちっちゃい子は、この辺で、もう耐えられなくて、箱をあけちゃうよね。

IMG_7220_1.JPG


2011年02月21日

芸者 GazettEさん

ミュージシャンかもしれないけど、大日本異端芸者なので、芸者さん。
はっきりいって、音楽番組のトップ!J-Meloの選ぶリクエストの世界1位!!!!音楽界の頂点!

堂々と、嵐を打ち破り、番組MCのMay J.も打ち破り、、、、4年間の集計で1位です。すごい。前のMCの、引退しちゃったmelodyの時にも同じ企画があって、そのときは彼女が1位でした。

世界が認めたGazettE。
ビジュアル系おそるべし。

つたやのベストとかでもあんまり見たことなかったし、私は、うーん、1位はいきものがたりかなあ、、、なんて思ってたけど、甘かった。世界は、GazettEを選んだのだ、、。
あ、、、やっぱり、日本といえば、どの分野でもサブカル系になってくるんだ。世界に羽ばたく、日本のビジネスマンもメークでお客様訪問だ!うけるぞ!受注間違いなしだ。(受注間違い。無し)

むかっ(怒り) それにくらべたら、どんっ(衝撃)日本の製品は、全然面白くないくそ面白くない!なんだって、ビジュアル系製品に進化しないんだぴかぴか(新しい)exclamationアップルなんて、すでに半分はビジュアル系だぞ!


J-MELOのHPでも、まだ集計はでてないです。が、1位はGazettE。
http://www.nhk.or.jp/j-melo/japanese/

GazettEのOfficial HPはこちら。しかし、ボリュームがあって重い。さすがに、ビジュアル系なだけあって、HPも作りこみが厳しい。
http://www.pscompany.co.jp/gazette/


2011年02月15日

サウジのおしゃれ♪

ジェッダっ子は、おしゃれです。
とくに、女性は、気合が入りまくりです。着倒れ、塗り倒れの街、ジェッダです。

とくに目力はありすぎですが、それを上回るデカサンです。
アラビア人は頭が小さいから、スタイル良く見えるし、さらにデカサンで頭を小さく!ジェッダっ子も、よーーーーく、自分のポイントを知っているから、部屋の中だろうが、夜だろうが、サングラスを外しません。

ジェッダのタウン情報誌「Destination」誌から、、、

IMG_3392.JPG

でも、本当のおしゃれとはこんなものじゃない!

まったく、脱帽です。スマートなお洒落とはこのことだ。

現代自動車のプロモーション、投げ捨て禁止!ジェッダをきれいにしよう!

IMG_3394.JPG

ヒュンダイ、、、、ものすごく、カッコイイです。こういう、スマートなお洒落。つまり、クリーンアップへの呼びかけ、エコへの呼びかけ、、、つまり、おしゃれとはこういうことです。







2011年02月14日

サウジのバレンタインデー

サウジみたいなイスラムでがちがちやってるところで、バレンタインデー、、は、ないでしょう、、、と、思っている人。大甘です。

こういうことは、情熱を傾けると、ちゃんと見つかるのです。
でも、写真とるのを忘れた(嘘、本当はチョコを見ないようにしている)。。。。リンツのチョコの大売出しもやっていた。バレンタインデーでチョコは日本だけでしょ、、という人。大甘です。

いまや、世界を席巻しつつある、日本のサブカルの世界。「バレンタインデーはチョコレート」も、次第に、世界のスタンダードになりつつあります。もちろん、新し物好きのサウジ人も例外ではありません。泣く子と女の子には勝てないサウジの社会です。

見つけた!サウジじゃないけど、レバノンだ。しかも、チョコ配ってる!
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2785182/6803390

さて、我らがサウジアラビア!

サウジの花屋さんは、あの手、この手!
「赤色はNG!花屋さんで、バレンタインデーのプレゼントを選ぶには」
Florists told to avoid red as Valentine’s Day approaches
http://arabnews.com/saudiarabia/article256714.ece

ジェッダは、サウジでは例外的になんでも緩いです。なんせ1400年以上も外国からのメッカ巡礼を受け入れたところですから、外国のものも、ぜんぜん抵抗ないです。でもねーー、堅いこと言うのが多いです。

Red rose ‘price index’ shows Valentine’s spike
http://archive.arabnews.com/?page=1§ion=0&article=119161&d=13&m=2&y=2009

(意訳で引用)ジッダ: 勧善懲悪委員会(いわゆる「宗教警察」と誤解されて言われている組織)が、バレンタインデーの警戒(火の用心みたいなの)をしてまわる。チョコレート、花、その他、ちょーっとでもバレンタインデーを思わせるものをチェーック!(引用おわり)

ムスリムは、犠牲祭と断食明けの2つのお祭りがあれば十分!その他のお祭りなんて不要じゃ!と、いっている。まあ、気持ちもわからんわけではないが、ま、堅いことゆーなよ。お遊びだよー!それなら、建国記念日の大騒ぎはなんだよーー。

でも、どの記事でも、どうやって、その目をかいくぐるか、、が書いてある。新聞に書いてあるんだもん、やっぱり甘めに見てるよね。



2011年02月04日

今年の新色 ハニーサックル ピンク

去年発表された2011年の色、Honeysuckleピンク色。
そして、サウジにも押し寄せる!こうして、サウジ中、、、ハニーサックル色となるのだ。

サウジは、まあーー驚く。男も女もお洒落です。少なくとも日本と比べると、ずいぶんすすんでます。そう、いまはバーゲンのシーズンです!!!!うっかり忘れるところだった。

数日前に、今年はハニーサックル ピンクなんだから、使わなきゃ!!という新聞見開きです。だいたい、おしゃれページが普通の新聞の見開きページになるなんて日本ではないでしょうね。ちなみに新聞は英字日刊紙「Arab News」です。

ちなみに、はにいさっくる???という人には、こちらの画像。実は私も辞書で引いてしまいました。こんな花、見たことなかった。赤みの強いピンクです。

http://www.pantone.com/pages/pantone/Pantone.aspx?pg=20821&ca=4
1214_1[1].jpg

サウジでは、おしゃれさんが新聞を読んでトレンド研究。新聞、読むべし。
IMG_4317_1.jpg

去年はターコイズブルーだったそうです。そういえば、水着は鮮やかな青が多かったような。。。
今年はピンク、ピンクなんですね。ピンク好きにはこたえられないでしょう。
もちろん、男もピンクをきるべし!
IMG_4320_1.jpg

化粧品もハニーサックル色、、
IMG_4319_1.jpg

ファーストなイメージのRedTugは、、、がんばって、オレンジ色です。このブランドはもともとオレンジが好きだしね。新店舗出店記念バーゲンです。
IMG_4339_1.jpg

私にとって2011年は一生のうち、ただ一度。たった365日間だけあらわれます。
それに無頓着にはなれません。いつまであるかわからない一生ですから、2010年とも違う、2012年とも違う、365日間だけの、2011年がいとおしいです。






2011年01月20日

アバーヤ探検その2 襟元

アバーヤの襟元は、いちばんポピュラーなのが開いたV型です。
IMG_3322.JPG

これがアバーヤだと思っている人も多いと思います。廉価版のアバーヤだとそうです。
IMG_3328.JPG

でも、ショッピングモールに入っている、アバーヤ専門店の高級な?逸品になるとデザイン性重視の新作がぞくぞく。
IMG_3065.JPG

上の写真と下の写真は、首の後ろから襟があり、前からみると開いたスタンドネック風になります。
IMG_3064.JPG

こちらは大きな襟付き。
IMG_3078.JPG

IMG_3077.JPG

こちらは、なにげに普通の襟がついてます。もっとも、それだけじゃなくて、袖も広げれば帆になりそうなデザインです。
IMG_3089.JPG

えーっと、壁画アートって言えばいいのかな

単なる落書きと言ってはいけません。
レッドシーモールの、アートの間の壁画です。落書きじゃなくて、ちゃんと許可された壁画なのです。

すごいのは、ちゃんとジェッダのアートだってわかるところ。この男の子の被っているアマーマ(ターバンのこと)は色も柄も形もジェッダのあるヒジャーズ地方の伝統そのもの。分かる人だと、この被り物だけで、ジェッダと分かるはずです。
IMG_3350.JPG

そして、こちらが、「アナー ムスリム(私はイスラム教徒です)」と書かれた壁画アート。宗教熱心なのか?単に自分の宗教を述べただけなのか?落書きといえば、これだよな!って思ったのか?うーん、この背景にこの文字、、、わからん。しかも、「り」にヒビがはいっている、、いいの?
IMG_3352.JPG

その隣がこちら。お姉さんの隣の宇宙人のハチマキは「旭日旗」の柄です。ポップアートといえば、日本が最先端をすすんでいます。ジェッダっ子も、どの壁画をみてもさりげなく日本っぽい柄をとりいれています。
IMG_3347.JPG

その隣はこんなの。1ヶ月か2ヶ月毎に絵を入れ替えているような気がします。宗教の表明もあれば、宇宙人もいて、なかなか、バラエティに富んでますね。サウジのアートは君の肩にかかっている!がんばれ。

こちらも、へんなおっさんの頭に被っているのはヒジャーズ地方のアマーマだ。よほど、ジェッダっ子って強調したいのでしょう。サウジで「○○っ子」って言い方はほとんどないです。でも、ジェッダっ子こと「ジェッダーウィー」はあります。でも、このアマーマは今ではほとんど結婚式以外見かけません。日常的にかぶる人は滅多にいないです。

サウジ建国の過程で、ジェッダは全く最後にサウジに併合された、旧ヒジャーズ王国の故地。
フランスでも最後期に併合されたプロバンスが、いまだもって「プロバンス地方」って誇りをもっているのと同じかもしれません。
だいたい、リヤドの子と気質もぜんぜん違うしね。
IMG_3349.JPG

IMG_3353.JPG

2011年01月19日

アバーヤ探検 その1 カラーとダメージ加工

日本から一時呼び寄せ休暇で家族がサウジにいる間こそ、サウジの女性の服に接近できるチャンス。
サウジについて、真っ先にお世話になるのがアバーヤです。

以前に書いた記事「サウジ人の女性の服装」
http://inlinedive.seesaa.net/article/176440182.html

黒が多いアバーヤの中で、今はいろいろなカラーバリエーションもチャレンジ中。
こちらは、目を引く灰色のアバーヤ
IMG_3063.JPG

よく見ると青いドット。
IMG_3072.JPG

だけじゃなくて、漢字?拓本?
IMG_3073.JPG

それと、ダメージアバーヤ?
IMG_3074.JPG

袖のデニムがダメージ加工です。ふーむ、アバーヤで、ダメージか。これは興味深いです。
IMG_3075.JPG

2010年12月29日

モデル 藤井リナさん

朝、眠い、、ぼんやりしながらTVをつけると、TOKYO REAL GIRL〜トップモデルの素顔〜という番組がはじまったばかり。モデル 藤井リナさん。
http://archives.nhk.or.jp/chronicle/B10002200091003020030267/

しばらく、すると完全に目が覚めてました。
プロだ、、、。徹底したプロ意識と「根性」ですね。まったく、この数日、自分が年末忙しいと口にしていたのが恥ずかしくなりました。藤井リナさんのプロ根性を見ると、まったくもって自分が大馬鹿の腑抜けにしか見えません。

トーク中に藤井リナとはどんな人?と問いかけがあって「ふつうの25歳。仕事はストイックだけど」みたいに返事してました。番組をみてると、すごい仕事量だしこれでは1日中ストイックじゃないか…とも思います。
もって生まれた容姿もあるだろうけど、ともかく仕事にかける根性も必要だし、頭も良くないといけないし、そればかりか肌の手入れだとか健康にも気を使わないといけないうえに、服装も当然お洒落さを求められるだろうから気を抜いてジャージで家から一歩もでられないでしょう。ともかく、どっこもかしこも全力だし、トップモデルとして全人格が問われそうです。うーーーん。これは、大変なお仕事です。若い女の子がモデルに憧れるのも、当然です。いや、私もです。

最近、人気絶頂のミュージシャンの休業のニュースがいくつもあり、トップモデルの日常と重ね合わせると、どんだけ仕事しているんだ。休まないと擦り切れてしまう!ともかく休め!と声をかけたくなります。
実は、すこし始まってからこの番組を見だしたので番組タイトルがわからなかった。実は最後までこの番組は「プロフェッショナル 仕事の流儀」だと思ってました。天性のものだけに頼っているアスリートやアーチストの潰れるのがどれだけ早くて、どれだけ多いか。楽して一流になれるものだと、ひとつもないということです。

この番組のNHK BS2スタッフブログはこちらから、
http://www.telecomstaff.co.jp/blog/nowmaking/001036.php

新作アバーヤは「桜娘」前髪パッツン♪

日刊英字紙Arab Newsに載っていた新作着物、、もとい、新作アバーヤ♪
その名も、Cherry Blossom Girl。日本のキモノにインスパイヤされた、アバーヤです。こんなに見て楽しいアバーヤは初めてです。

アバーヤというより、ゲーム系?ゴスロリ系?キャラのコスプレとしか思えません。そうですよね?コミケ会場とかで見かけたキャラでアバーヤを作ったのですよね?これでファッションショーをやったんですよね、見たかったなあ。
IMG_1980.JPG

後ろの額縁が、また風情を盛り上げます。前髪パッツン・ゴスロリのジャパネスクバージョンとしか思えません。どなたか、ゴスロリの権威の方に評価してもらいたいです。
IMG_1981.JPG

なんと感じの良いコスプレ、じゃない、えーっとアバーヤでしょう。はっきり言って、この格好でコスプレ大会に来たら、キャラ名不明のまま、1位になりそうな勢いです。もちろん、デザイナーブランドですし、これが市販されたら…コスプレ天国です。
IMG_1982.JPG

記事のほうは写真のインパクトに負けてます。
IMG_1983.JPG
IMG_1984.JPG
IMG_1985.JPG

こちらは、同じ新聞のヘンナ特集です。おおお、これも見事なタトゥ風ですね。ヘンナは手のひらとかに型紙をつけて染めるアラブ伝統のお洒落ですが、すでにここまで進化しています。
IMG_1986.JPG

2010年12月28日

サウジ人の服装3 男性

そして、サウジ人男性の一般的なトーブ姿。口語トーブは、文語ではサウブです。
色は白に限りません(特に冬)。それに最近はおしゃれトーブも時々見かけます。

記事は雑誌「Destination」からです。

IMG_1934.JPG
IMG_1935.JPG
IMG_1936.JPG

そして、こちらも注意事項!
基本的にはアバーヤと同じです。

それと、汚さないこと
色が白だから、食べこぼし、ボールペンをポンと胸ポケットにさす、ポケットの中に色物を入れる、、、、どれも、ダメダメです。白トーブを着たら、食べ物はぜーーーーっつたい、服にこぼさない!!!!!!!!!!!

心配なら、外食するな!!!!が基本です。サウジ男性はトーブに命をかけてます。みんな、クリーニング屋にだして、アイロンで折り目もビッチリ決めてます。似たような服なので、おしゃれの差のつけどころは「清潔感」だけなのです。

IMG_1937.JPG
IMG_1938.JPG

サウジ人の服装 2 女性

この間のトイレのサインボード(男・女)の記事の続きです。
http://inlinedive.seesaa.net/article/173696223.html

ジェッダのタウン誌「Destination」の記事から、女性の服装と名前です。サウジ女性がこの雑誌の編集長なので、名前については間違いないと思います(ただしジェッダ方言の場合はあるかも)。

サウジの女性の服装>頭のてっぺんから>つまさきまで
IMG_1931.JPG

IMG_1930.JPG

注意:アバーヤやタルハ(ヒジャーブ)の裾がエスカレーターのステップや手すりのベルトに挟まれて、毎年いたましい事故が絶えません。アバーヤを着る場合は、エスカレーターを避け、エレベーターにするほうが無難です。エレベーターでも、必ず体全体を入れて入り口を向きましょう、そうすればエレベーターの戸に挟まれているかどうか確認できます。
本当に、新聞に痛ましい事故の記事が引きもきらず乗っています。ただ、エレベーターのところに「気をつけよう」といったサインボードはでていません。

IMG_1932.JPG
IMG_1933.JPG


2010年12月17日

サウジ トイレのサイン男と女 1

ああ、非常に見慣れているので簡単に見落としてましたが、今日、空港のトイレでハッと気がついたこと、、、トイレの男性、女性別のサインの絵。

とても、おしゃれです。
もちろん、これ以外にもバラエティはあるのですが、ほとんどはこのサインと大同小異です。全体像のシルエットは、男女ともストレートのワンピース姿なので区別がつきません。

IMG_1853.JPG

男性はトーブに、ゴトラ姿。
男性はきちんとヒゲのお手入れもできて、これからパーティでもいけそうです。
サウジ人は、だらしない姿を非常に嫌いますので、これが正解です。
写真が、、、ちょっとピンボケ。残念。
IMG_1854.JPG

女性はアバーヤにブルカ姿。
ブルカ越しに清楚な姿があって、オシャレ度が高いです。
ちなみに、顔を隠すのはブルカの他にニカーブというものがあります。これらは、昔からどこにでもあったもので、例えば欧米の映画なんかでよく見るとおり、結婚式のウエディングドレスも顔を隠しますし、お葬式でも顔を隠すのが正装です。

IMG_1855.JPG

次は、男女の服のパーツ名を書きます。
これは、勉強になるなあ(自分でいってどうする)。

男性のどんな格好にひかれるか?



うーん、びしっとしたスーツ姿が人気らしいです。
これは、、、、サウジじゃ、暑いしスーツ着ないしなあ(第一見せる相手もいないけど)。
日本じゃあ、休暇帰国だから、さらさらスーツ着ないしなあ。

私がスーツ姿になるのは、1年に何回かです。
おしゃれ番長になる日は、遠い。

2010年12月06日

サウジ女性のアイシャドウ

お化粧へのこだわりが強いサウジ女性でも、いつもいつも気合を入れているわけではありません。
でも、パーティといった晴れ舞台での目力はクレオパトラからの伝統を彷彿させます。
IMG_1632.JPG

メイクは、、
IMG_1624.JPG

でも、往年の女優のナグラ・ファトヒーのように清純派は映画でも、ナチュラルメイクっぽいです。
IMG_1630.JPG

サウジ女性は、目力ありすぎです。

2010年11月21日

アバターの着せ替え

多くの人がとりこになる、ブログの「アバター」…。
はっきり言って、おもしろいです。
とりこになるのも、良くわかります。

…といっても、私はお金をかけてまでやるほどでないので無料サービス以上には手をださないのですが、逆に無料サービス内は、結構やりつくしました。

アバターが出会う、「ニコッとタウン」は面白いです。あーー、はまる人は、はまるんだろうねえ、、と、実感します。こんな面白いサービスが10代とかに無くて良かった。あったら、勉強とか、他にやるべきことを放棄していたかもしれない。

私のアバターの着替えも、無料サービス内でしかないので、大してバラエティがありませんが、タウンに行くと、有料の人たちのゴージャスな衣装があってビックリです。この衣装ウォッチングが、私がタウンに出かける目的と言っても過言じゃないです。

着せ替え人形の現代版です…電子着せ替え人形というべきか?昔からのDNAで、誰もが認めているお遊びですね。

2010年10月06日

お洒落な撮影は?え!公園トイレを使う?

インラインスケートの平日練習で光が丘公園。
休日とはうってかわったような、まばらな人影。
新しいカメラはエッジがシャープに写ること!面白くて、細い枝なんて絶好の比較対象!

あれ?あれは、雑誌のグラビア撮影だ!
三脚やレフ板といった商売道具が置いてあって、カメラマン1名とレポーター兼スタイリストの女性が1名。みていると女性も写真を写したり、カメラマンもモデルの衣装を変えたりと大変…なモデルを含めた3人組です。

インタビューをやっているところを見ると、モデルは俳優か?アーチストか?かもしれません。が、私は疎いので誰だかわかりません。誰だろう…、この際だから顔を写真にとって誰だか教えてもらおう!


と、思いましたが、場所も場所だし。


きっと雑誌に載ったときは、
「落ち着いた風合いのお洒落なタイル張りの建物の前で撮影」となるのでしょう。
でもねーーーーーーーーー、
そこ公園のトイレです。


photo 20101005 hikarigaoka training 012.jpg

ですから、モデルさんの顔は微妙に隠しています。だって、トイレの前のxxx君って嫌でしょ?

2010年10月03日

せんとくん 高笑い40億円!

その登場から、ずーーーーーっとウオッチしてきた「せんとくん」。
余裕の勝利宣言です。

ちょっと前のニュースです。ニュースをみたときすぐに記事にできなかったのは、心の中で「せ、せんとくん、やられた。完敗だ」というわだかまりがあったからです。べつに、まんとくんが好きだった訳じゃないけど、、、最初は違和感120%だったよ、せんとくん。

(引用はじめ)当初「気持ち悪い」などと言われていた奈良県平城遷都1300年祭のキャラクター「せんとくん」が大人気だ。ライセンス契約額は40億円を突破。対抗馬として登場した「まんとくん」を大きく上回る人気ぶりで、地元土産物店も「今後も奈良のキャラクターとして定着してくれれば」と期待している。(引用おわり)
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/business/n_character__20100825_3/story/20100825jcast2010274205/

私も気持ち悪いと思っていたよ。でも、40億円の前には声もでません。これは、「せんとくん型ビジネスモデル」として取り上げたほうがいい。多くの人の反感を買うギリギリで寸止めし、ともかく世間の耳目を集め、あらゆるメディアでとりあげてもらい、1年という歳月をかけて汚名返上、そしてビクトリーV。

すばらしい、「せんとくん型ビジネスモデル」。40億円の実績付きだし、凡百なライバルなど影も形も無く蹴落とす。ようは、人目を引いたものが勝ち。


分かりやすいが、成功にはぎりぎりのバランス感覚が必要だね。見習うところは多いです。

日本で服を買う

一時帰国にあわせて、ネットで(…といってもニッセンで)服を買います。
家族に教えてもらったイーココロというページから入っていくと、ショッピングのポイント分が募金できます。
どうせ、私ぐらいの買い物量だと、ポイントといってもタカが知れてるし、しかも、ポイントがついているかどうかすら覚えてないので、ポイントなんて不要です、で、その分は募金です。

イーココロのURLはこちら。
http://www.ekokoro.jp/

当地で洗濯すれば、どんな白でもきれいなベージュに染め変わります。秘技「サバク染め」です。悲しいですが、アンダーシャツなんて白だし、それがワイシャツ越しに透かしてクリームやベージュであることがバッチリ見えると、悲しいです。

買い替え必須。しかも、ネットは安い。

航空会社別に機内温度を公表しろ!

日本に戻るのにどんな服を選ぶか…いつも最大の難事です。
もちろん、日本の温度はわかる、湿度もわかる。

わからん!のが、飛行機内の温度。
サウジの飛行機は寒すぎる。特に夏は凍死寸前なくらい寒くなります。半そでなどもってのほか!半そででいいのは、腕の肉厚が10センチを越える人だけです。

前に薄手のフリースを持ち込んだとき、発展途上国からの見るからに貧乏そうな出稼ぎ(私のこと?ではない)が、「いい毛布を着ているな」と遠慮なく言ったのがトラウマになって発展途上国エリアでフリースを着れません。フリースが流行って20年ぐらいたっているのに、、、、、毛布、、、、悲しいです。

今回はキャセイ。アラブの飛行機より若干温度は高めです。今回の機内の防寒布陣は、
1 帽子
2 ストゥール
3 フード付きの、えーっとなんていうんだろう、袖なしジャケット(ああ、おしゃれ番長補欠なのになんと…名前も見当つかない)。高かったんだよ、DISELです(えっへん!)
4 ナイロンブルゾン

暑くなれば脱げばいいし、脱いだらひざ掛けにしてもいいし(最近の飛行機でひざ掛けが十分な量乗ってないフライトがあった)。

飛行機会社のサービスとして、機内温度と湿度を大きく公表してほしい!できれば、予約の際、各社の機内温度の比較表を作って欲しい!こんなサービスをしてないから、飛行機会社はつぶれるんだ!

どんな格好で帰るかは、ニッセンのカタログが先生です。このシーズンの、この着まわし…を考えて、最小の服で間に合わせるようにしています。


今日は辛口です!

2010年09月27日

サウジ。萌え系まで進化するか?

この間のレッドシーモール。
若者の自主イベント、ポップアートの集い(仮名)です。

まずは小学生低学年の部から。かわいらしさ120%全開です。
photo 20100923 and 24 eid watan 052.jpg

小学生高学年の部。車田…系?
photo 20100923 and 24 eid watan 042.jpg

だんだんポップの本領発揮。気合が入ってます。
photo 20100923 and 24 eid watan 071.jpg

漫画系かな?みょうにアラブっぽさも出てます。
photo 20100923 and 24 eid watan 067.jpg

萌え系まで、あと一歩。
photo 20100923 and 24 eid watan 066.jpg

おお、最後は落としてくれました。
サウジのおっさん。お腹が妙に写実的です。
photo 20100923 and 24 eid watan 054.jpg

ご当地キティ!サウジアラビア!

ハロー!キティ。

この世にはご当地キティちゃんは一杯いると思います。
しかし、これは相当にレアです。キティちゃん好きは泣いて喜ぶ、サウジのキティ!

じゃーん!アバーヤを着たキティちゃん!

アラビア語でちゃんと、「ハッラ!(ハローのアラビア語)キティ!」と書いてある。
ピンクだし、かわいいよね。

photo 20100923 and 24 eid watan 086.jpg

2010年09月25日

ポップアート、ィエーイ!

町で書けば迷惑な落書き。しかし、書きたい!
サウジアラビア!
photo 20100923 and 24 eid watan 051_1.jpg

KSAはKingdom of Saudi Arabiaの略です。ィエーイ!
photo 20100923 and 24 eid watan 059_1.jpg

ジェッダ!
photo 20100923 and 24 eid watan 050_1.jpg

これもジェッダ
photo 20100923 and 24 eid watan 056_1.jpg

そのまんま、2次元で、ィエーイ!
photo 20100923 and 24 eid watan 064_3.jpg

リアルで、ィエーイ!
photo 20100923 and 24 eid watan 069_1.jpg

2010年08月29日

サウジ女性の室内着

久々に、ジェッダタウン誌「Destination」から、おしゃれ情報です。

こちらは以前に紹介した、ちょっと年配・コンサバ風の室内着。
http://inlinedive.seesaa.net/article/129225977.html

これは今回の記事からです。ブランド・デザイナーは前の紹介と一緒のモナです。
photo 20100828 iftar and magazine 013.jpg

うーん、モデルの笑い顔がチャーミングすぎる!ので、拡大。
photo 20100828 iftar and magazine 015.jpg

その他、うーん、思いっきり寛いだ感じです。
photo 20100828 iftar and magazine 014.jpg

他は、イーマンのブランドで、同じ室内着です。
photo 20100828 iftar and magazine 012.jpg

そして、おまけ。子供の写真。
photo 20100828 iftar and magazine 024.jpg

2010年08月25日

ハートマン・ラゲッジ

<ケースだよね!みんな頑張ろう!応援してます。>

知る人ぞ知る、カバンのハートマン HARTMANN。
私は知りませんでした。空港の免税店でも見た記憶ないし、、、そうか、販売戦略たてるなら、やっぱり空港の免税店だよね。カバンが必要な人が一杯いるのだし。

日本のハートマンは三越で販売されていたようですが、現在は撤退しています。サウジでは買えます。調べると、リヤドのプリンススルタン通りにお店があるそうです、なんだ、今日朝までプリンススルタン通りに泊っていたのに残念。

私はこれが欲しい、
http://www.hartmann.com/shop/productDetail-sku-5010

カバンに8万円か、円高だし、いいかなあ、と思う反面、お金がないのに高いもの買えない。お店に行かないで正解です。行くと欲しくなる、いや、買わないと帰れない。