the Gn. Muria telepraph

2019年02月17日

Daffodils ラッパスイセン、、が満開。しかし、花は下を向いてるので写真を撮るのが大変。後ろ頭だけじゃあ、いかんでしょう。

Daffodils bloom fully now

IMG_8648.JPG

冬というか、早春というか、昔はそんなに花なんて咲いてなかったのに、いまでは品種改良のおかげか年中を通じてなにかしらの花が咲いてます。
これは、本当にすごいと思う。冬でも花盛りなんだもん、ちょっと考えられない日本の冬、、というか早春。

うちのベランダコンテナではラッパスイセンが満開。
黄色くて、とってもいい感じなので写真にとりたいのですが、、、花弁は下を向いてるので普通に撮ると、花の後ろ頭だけ。それじゃあ、あんまりだろう、、やっぱり、シベがみえてて花らしい。そこで下から煽って撮るのですが、ぜんぜんモニターが見えず、撮ったあと、、「えーっと、どれどれ」という感じ。まあ、ぶっつけ本番のような撮り方ですね。

英名の意味は別にラッパではないと思うけれど、英語のWikiをみると、まんなかの部分は「トランペット」って書いてる。ああ、やっぱり、誰もがこの花をみると、ラッパを想像するわけか。
This species has pale yellow flowers, with a darker central trumpet.

もともとは、西ヨーロッパの自生種で、西ヨーロッパにはまんべんなく生えてるそうです。とくにイングランドのヨークシャでは大群生があって、観光の目玉にもなっているらしい。だから、ヨーロッパの雰囲気を味わいたければ、ラッパスイセンをじーーーっくり眺めるといいのかもしれません。えーっと、ヨーロッパってこんな感じなの?と思われる方、、

そう。こんな感じなのです(たぶん、当社比)。

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Horticulture 園芸部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

Plum blossoms are fully bloomed 梅は咲いたが、桜はまだまだ。白梅真っ盛で、冬も、もう終わりだね。

Plum blossoms are in full bloom now.

IMG_8644.JPG

久し振りに日本の冬。でも、梅が咲いてるということはもう春なんですね。暦の上でも立春は過ぎたし。
昨日は久々に雪が降っているのを見たし、肌感覚ではまだ春なんだけど、梅。梅って冬に咲く!ということか。すっかり忘れてました。

IMG_8643.JPG

うちの近くの梅園。梅園ってよくあるよね。でも、よく考えると、梅干しや梅酒以外の食べ方って知らない、、生じゃあ食べられないのは知ってるけど。はて、みんな梅干し用?梅酒用?そんなに消費するもんなのか?それじゃあ、食料需給率の中で梅の自給率って高いんじゃない。調べると梅干しの自給率は以前は国内で100%だったそうですが、値段か?容易さか?中国からの輸入が増え、いまでは自給率50%だそうです。メロンの自給率87%より低いのが衝撃的です。まあ、そういう時代なんだろうね。

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Horticulture 園芸部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月11日

Blossom of Money Tree 自宅の金のなる木に花が咲いてた。マレーシアでも見かけるけど冬がないからなのか、花が咲いてるところなんて見たことなかったよ

Blossom of Money Tree / Jade Tree bloomed.

IMG_8565_1.JPG

金のなる木として知られている、、和名フチベニベンケイの花が咲いてた。
縁紅弁慶のほうが、風情がある(意味を考えると混乱しそうだけど)のですが、めったに和名は使われず、もっと即物的で風情のかけらもない「金のなる木」。もっとも、本当にカネが成るなら私も風情なんてどうでもいいです。

IMG_8561_1.JPG

マレーシアでも良く見かけます。葉っぱが光沢のある濃い緑で、肉厚で、落葉しない多肉植物なので、きっとJade 翡翠になぞらえているのじゃないかと思います。。。。ということで、この木は葉っぱにこそ意味があれ、花は???

IMG_8559_1.JPG

花期が長いのですが、冬なのでマレーシアでは咲かないのでしょう、わたしも金のなる木の大木!はマレーシアで見たことがありますが、さて、花は見たこと無いです。だから、花に意味を求めようとしても、そもそもマレーシアでは咲かないのでしかたない。

IMG_8562_1.JPG

即物的なカネのなる木にしては、本当に風情のある可愛らしい、縁がピンクの花です。もっと、和名のフチベニ(弁慶はおいておく)として知られてもいいのにね、、特に花が咲く日本では。


| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Horticulture 園芸部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

Zoku Utsuho Kazura Monogatari 続うつほ蔓ものがたり

約1か月前に手に入れたウツボカズラは、今、どうなっているのか・

1か月前の「うつほ蔓ものがたり」はこちら。
http://inlinedive.seesaa.net/article/455213929.html

IMG_4646_4_1.JPG

4つ手に入れたのですが、2つは枯れてしまい、残っているのは2つだけ。それでも、根もでないし、微妙な茎というか葉から水を得ているだけで、2つは枯れずに残っているというのがすごいと思う。ここまで持つとは思ってなかったです。

全体的に元気はないのですが、そもそも何が元気があるというのか良く分かってないので、まあ、元気がないといえば元気がないというレベルです。

そうそう、、、ハエとかウツボに入れてみるという件。もちろん、根もでないからハエをいれるどころではないのだけど、ウツボの中を綺麗に水で洗ってあげると、、ハエが出てきた。おそらく、まだ元気に地面に生えてた頃にゲットしたハエだと思うけど、小さい。大きさは1ミリぐらい。コバエというのでしょうね。ほんとうに小さなハエ。そっか、ウツボカズラがゲットするのは、でかくて憎らしい顔をしたギンバエとかじゃなくて、本当にようやく目に見えるか?というようなサイズのハエなんですね。

IMG_4648_4_1.JPG

このようすだと、これから根がでてくることはなさそうです。まあ、1日も長く元気に、変なにおいをさせながら(浴室で水耕しているけど、草っぽい変なにおいがする。私は嫌いじゃない)育ってほしいものです。

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Horticulture 園芸部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

Utsuho Kazura Monogatari うつほ蔓ものがたり

This must be classic tone.

RIMG2611.JPG

その上(かみ)、この蔓のうつほを得て、外皮を洗い、広き皿に敷きなどす。

RIMG2609.JPG

オランアスリの人が朝摘みでとってきた野生ウツボカズラを速攻で水に浸して、数日たちました。1つ以外は枯れもせず、緑が濃くなり、袋の入り口のところが厚くなりました。ほう、この入口のところは水分で膨らますのですね、、、

RIMG2610.JPG

どっちかというと、外側のハエジゴクのような毛も気になるけど、、

RIMG2614.JPG

どこまで根付くか育ててみよう。袋の中身も緑色。枯れたものはまず袋の中が茶色くなって緑のところが無くなるのですぐにわかります。

RIMG2615.JPG

とりあえず水耕してるけど、ハエとか入れてやった方がいいのかなあ?まあ、どっちにしろ根がでてからの話だけど、、、

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Horticulture 園芸部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

Nepenthes 新鮮!朝摘みウツボカズラ

Nepenthes@ Kanival Olang Asli, PWTC

IMG_3855.JPG

オランアスリ(先住民)カーニバルで見つけた!野生のウツボカズラの捕虫袋、まだまだ緑で元気がいいです。最初は気が付かずに、売ってるおじさんといろいろハチミツについて話をしていたとき、

IMG_3737.JPG

ふと横をみるとバケツ一杯に野生種のウツボカズラ。調べるとビッタータウツボ(Nepenthes Vittata)という種類だと思う。うーん、似たような種が多くて調べても同定が難しい、、、

IMG_3745.JPG

ウツボカズラは園芸種が多くあって、町の園芸店でも(もちろん日本でも)買えます。が、野生種はかってに採取してはいけないはずです。さすが、オランアスリ、、先住民は森に関してはいろんな権利があって、ふつうは採取できなくてもオランアスリならOK?
1個は日本円で10円ぐらい、、なくべく形がしっかりして、青々しているのを選びました。もちろん差し芽にして、根付かせたい!から。

サウジに居た時は園芸の毎日で、このブログもまるで植物図鑑のようでしたが、マレーシアに来てから園芸部活動休止中(砂漠では緑が恋しくなるが、熱帯雨林だとどうでもよくなる)。だから、ウツボカズラをとっかかりにして、園芸部を復活したいですね。

IMG_3746.JPG

| クアラルンプール 🌁 | Comment(0) | Horticulture 園芸部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

Flowers in March in Japan 4 榛名梅林

Visited "Haruna Bairin" @ Takasaki, Gumma, Japan. It was a famous for plum blossom in season.

IMG_1967.JPG

府中市郷土の森の梅が終わっていたので、とりあえず郷土の森は「あんず」が満開ということにして、長駆、群馬県高崎市の榛名梅林です。

IMG_1989.JPG

ここは東京よりも北のうえ、標高も高いこともあって、満開、、やや終わり頃という風情です。紅梅がなくてほとんど白梅です。

IMG_1966.JPG

桜と違って花が小さくて写すのが難しいです。が、可憐さでは桜を上回っている感じ、、

IMG_1986.JPG

IMG_1971.JPG

榛名山といえば、、「頭文字D」の聖地。

IMG_7844.JPG

クッキーもあった。さすが、、聖地。さっそく購入。これは、今回の聖地巡礼のことはじめか?

00F3E85F-4917-4B83-A891-DA402FE281ED.JPG

残念なことに、梅の香りがしない。おそらく咲き始めは香ったのだろうけど、ちょっと遅かったか。

IMG_1978.JPG

ちなみに、榛名梅林からちょっと離れたところにある、箕郷梅林は満開でちょうどいいタイミング。ちょっと標高が高いのかな、、こっちのほうが良かった、、

IMG_1981.JPG

箕郷梅林祭りというのもやっていて、どうせ来るなら榛名梅林と箕郷梅林の両方を周ることをおすすめです。

IMG_1974.JPG

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | Horticulture 園芸部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

Flower in March in Japan 3 府中市郷土の森公園

Visiting Fuchu, Tokyo


府中には「府中の森公園(府中市美術館)」と「府中市郷土の森博物館」があります。府中の森か、郷土の森か、、紛らわしいことこのうえない上に場所は全然別です。市の北と南といってもいいぐらい離れている。。。ので、府中の森に行くつもりで、、、、郷土の森に行ってきました。

IMG_7711.JPG

、、が、よく考えたら郷土の森で正解でした。ある意味、、府中の森にいったら、「こんなところだっけ?」ということになっていたはずです。名前を間違えて覚えていたのだろうか?ちなみに府中の森は都立公園で、郷土の森は市立公園です。

IMG_1942.JPG

そう、郷土の森、、ここの梅園が目的。都内有数の梅の見どころです。ちなみに府中の森に梅園はありません。博物館の奥は古民家を移築した広い公園となっていて、梅園が広がっています。

IMG_1941.JPG

自然を利用した小川がとっても綺麗。素敵なつくり。

IMG_7662.JPG

しかし、、、梅の時期はもはや終わり。そうだよね、桜がすぐに開花しようかという季節だし、、、

IMG_1958.JPG

公園ボランティアの人からも、「梅ねえ、、、」とか言われたし、

IMG_7676.JPG

ああ、杏が満開。じゃあ、杏を見に来たということにして、、

IMG_1960.JPG

いろんな花を見て回りましょう。

IMG_1951.JPG

IMG_1947.JPG

IMG_1946.JPG

こちらも、もう終わりかなあ。梅は散って、桜はまだ。非常に微妙な時期に行ったというのも、何かの縁でしょう。おかげで、博物館めぐりをする時間が取れたし、、

IMG_1961.JPG

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | Horticulture 園芸部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Flower in March in Japan 2 野川緑道

Flowers in Nogawa Ryokudo - Nogawa River Walkway in Tokyo.

IMG_8052.JPG

野川に沿った歩道はけっこう長いので、どの辺からはじまってどの辺で終わるのか良く分かりません。調布と三鷹の境目あたりから、二子多摩川で多摩川と合流するところで終わるっぽいですが、多摩川にはそっちの歩道があるので、多摩川を含めるとほとんど切れ間無しに長い距離となるのではないかと思います。確か、、始端は新選組の近藤さん生家あたりじゃなかったっけ。

IMG_8019.JPG

私の東京の家あたりは、野川緑道と呼ばれています。微妙に調布と狛江と世田谷が境が入り乱れている場所です。

IMG_8016.JPG

だいたい「きたみふれあい公園」を中心とすることが多いこの緑道。ともかく、きれいな散歩道です。これがあるので、この地に住もうと思ったといっても過言じゃないです。

IMG_8038.JPG

IMG_8046.JPG

3月はまだ寒く、花は少な目。自慢の桜もまだ開花宣言ができるほどにはなっていません。もう、2日ぐらい待つと開花宣言か?残念、そこまで日本にいることはできないのだけど。満開の桜見たかったなあ。

IMG_8023.JPG

ただ、桜の種類によっては満開だったり、

IMG_8067.JPG

もう、散った種類もあり、、、ソメイヨシノだけが桜ではないことを思い出させてくれます。

IMG_8049.JPG

川にはコサギがいて、寒そう。

IMG_8048.JPG

広場にはいろんな花が咲いているけど、これも寒そう。

IMG_8040.JPG

てくてくと、緑道をあるくといいかんじ。野川緑道というのは世田谷区側の呼称で、調布市側では野川サイクリング道路という名前です。狛江市側では特に名称は無いみたい。三鷹市に入ったとたんに、野川の歩道はなくなるので、三鷹は野川の緑化には関心がないのかなあ。まあ、あっちは井の頭公園で手一杯なのかもしれない。

IMG_8029.JPG

IMG_8064.JPG

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | Horticulture 園芸部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Flower in March in Japan 1 House Container Garden

Flowers in my house container garden.

IMG_1919.JPG

Although freezing weather, flowers were blooming.
Mini Rose ! in March. I didn't know it was the season.

IMG_1922.JPG

Others

IMG_1928.JPG

IMG_1918.JPG

Container hung on the wall

IMG_1927.JPG

looks colder but may be OK.

IMG_1929.JPG

IMG_1926.JPG

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | Horticulture 園芸部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

Flourish Bkt Tinggi ブキティンギは花の村

Visited Bkt Tinggi village.

IMG_7098.JPG

個人的には生姜で有名なブキティンギ。一般的には、ベルジャヤリゾートがある一帯の村の名。高地にあたります。ギャンブルで有名なゲンティン山の並びなので、KLから行くと、ヒヤリとするほど涼しいです。

このマレーシアらしからぬ涼しさを利用して、お茶や高原野菜で有名なのですが、よく考えると、高速道路にそったブキティンギ村の入り口のお店やレストランがあるところしか行ったことがありません。

それで、村の中をすみずみまでバイクで踏破。すると、村は花が咲き乱れるきれいなところだった、、、

IMG_7116.JPG

村には川魚の養殖池があったり、山の斜面にそって茶畑があったり、その他いろんな畑が山の斜面にあります。きっと、生姜畑もあるんでしょう。

IMG_7093.JPG

村には、避暑のためのコンパウンドがあったりしますが、きれいな花は民家の塀にそったり、道路に沿ったり、、

IMG_7104.JPG

IMG_7113.JPG

もちろん、名前の知らない花もあるけど、知っている、、というか、サウジで育てていた、、ルリマツリ。これは枯れた花柄をとってあげないと次の花の咲き方が悪いんだよね、、懐かしい、、ものすごく懐かしい。

IMG_7105.JPG

サンタンカにケイトウだ、、うん、懐かしい。サンタンカは一杯鉢植え増やせたしね、

IMG_7115.JPG

IMG_7096.JPG

サウジになかった花は知らなかったりします、、カンナかな?

IMG_7102.JPG

IMG_7108.JPG

いちばん花が咲き乱れているのは、公民館の前と隣接する公園。花のアーチ、、

IMG_7107.JPG

IMG_7106.JPG

公民館

IMG_7110.JPG

村には綺麗な川が流れて涼しそう

IMG_7091.JPG

川にそって移動してみます、、
すると山道になって、、

IMG_7092.JPG

学校と体育館?がありました。しかも、何かも催し物?入口に車やバイクが一杯とまって、バルーンが飾ってあって、ものすごく楽しそう。もちろん、行きます、、でも山道なのでいい駐車場がない、、、と思ったら高速道路に出てしまった、、もういちど引き返すのも面倒なので、今回のブキティンギはこれぐらいにしておきましょう。

楽しそうな催し物があれば、結婚式であれ、新築祝いであれ、車の保険の受付であれ、文化祭であれ、なんであれニコニコしながら(関係ないのに)何?何?とか言いながら覗き込むのがいつものパターンなんですが、ここ1か月ぐらいはやってないですね、、、ちょっと残念。

IMG_7097.JPG

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | Horticulture 園芸部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

Flower in Cherating alley.

Cherating beach is filled by "at home" air.

IMG_1307.JPG

The path leading to Matahari / Cherating point is a really Kampung alley.

IMG_1303.JPG

IMG_1306.JPG

IMG_1304.JPG

IMG_1309.JPG

IMG_1310.JPG

Then, reaching chalet.
リゾート開発なんてやらなくていいから、この風景はずっと残してほしいです。

IMG_1311.JPG

2015年11月25日

Botanical Garden

There is botanical garden at BJ resort in Bukit Tinggi. It is the top of the mountain and repeating stairs but worth to visit.

IMG_0198.JPG

IMG_0194.JPG

ベルジャヤリゾートの中にある日本庭園の隣がBotanical Gardenです。急な坂道の連続というのは日本庭園じゃなくて、こちら植物園のことですね。
入口からすべて植栽ですが、ジャングルとの区別が難しい、、、というところもあります。

IMG_0183.JPG

入口の日本料理店にはなぜか鯉のぼりが?そういえば日本庭園のキオスクも鯉のぼりが、、せっかく立派な庭なのに、鯉のぼりが、なんか邪魔。

IMG_0182.JPG

あちこちで咲き乱れる花。山頂なので気温は低めだし、霧がかかっているし、植物には最適な環境かもしれません。

IMG_0184.JPG

しかも、急な坂や階段のせいで、人も多くありません。

IMG_0192.JPG

ゆっくり見て回るには良いとこですが、ちょっと疲れるかも。しかし、アマチュアカメラマンのグループが来ていて、それはそれは値段の高そうなカメラに、すっごいレンズつけて、ストロボもでかいのが数種類。ストロボには工夫をこらしたデフレクタもついてるし、ちょっと水中カメラを思わせる重装備です。その人たちが花の写真を撮る、撮る、撮る、撮るべし。すごい気合で花の写真をとっています。

IMG_0186.JPG

あまりの坂にちょっとついていけず、最後まで見ることができませんでした。次回は頑張りたいです。

IMG_0187.JPG

2014年06月15日

野生のラン

この時期、夜バイクでジャングルを走っていると、いい匂いがします。
ジャスミンにしては甘いし、クチナシかなあ?でもどんなクチナシだろう?

IMG_3802.JPG

そして、先週、疑問は氷解。うちのアパートの前で同じ香りが!どこ?

IMG_6234.JPG

おおお!ランじゃないか!
しかも、自生している、、というか寄生している。野生、、というには町の中だけど、ちゃんと野生のランです。

IMG_6244.JPG

ランがこんなにいい匂いがするなんて知らなかった。しかも、香りが強いです。ジャングルの中ではどれだけ咲いてるのでしょうか、想像するとすごいですね。この香りに気が付くとは、体がむき出しになっているバイク乗りの特権かもしてません。

しかし、このランは夜中から午前中に咲いて、1日で花が落ちてしまいます。なんと儚い。

IMG_4019.JPG

IMG_6237.JPG

野生のランがこんなに近くで見れるとは知らなかったです。会社のマレーシアの人に、ほらここで咲いているよ!と伝えたら、、「え?これがランなの?名前は知ってたけど、これがランとは知らなかった」、、とのこと。切り花で売っているランはでかくて、種類も限られているから、ランとはああいうもんだという固定観念があるのでしょう。ランは種類が多いし、わりと身近にもあるということが実感です。

●耀

2013年09月20日

最後の園芸部

これは、サウジ出発前の写真です。
鉢の半分ぐらいは貰われて行きました。

IMG_4225.JPG

とはいえ、垣根になっているのは仕方ないですね、、どうなるんだろう、、、

IMG_4226.JPG

東風ふかば、思い起こせよハイビスカス、、

IMG_4228.JPG

これからは、マツバボタンのようにたくましく、、

IMG_4234.JPG

ナツメヤシは、兼業農家のムハンマドさん(仮名)が全部持って行って、彼の農場に植えてくれるそうです。よかった。今年、初めて成った実は、、渋かった、、、

ニチニチソウともお別れです。

IMG_4242.JPG

若い芋の葉は、元気に生えてきました。

IMG_4244.JPG


2013年08月06日

8月の園芸部

サウジから離れることが決まり、少しずつ、庭の鉢の数を少なくしています。
15年も住んでたら劇的に短い期間だったという人もいないし、この住居に引っ越してからも4年です。正直にいうと、私の留守宅に自分が住んでいたのより、サウジに住んでたほうが断然長い。。というか、留守宅には時々しかいなかったというのが正直なところ。

ただいまの園芸活動は非常に低調で、夏で草花が元気ないということもあるけれど、いずれここを立ち去ると思うといまひとつ身が入らない。

そんななかで、6年目にして今年初めて実をつけたナツメヤシ

IMG_3908.JPG

全体として、まだ店頭にあるナツメヤシの実の色にはなってないし、なる気配はあるのかどうか、、微妙です。

IMG_3905.JPG

実といえば、ジャスミンの実がなってます。

IMG_3915.JPG

夏に元気なのは、ハイビスカスだけかもしれない、、でも、この赤には元気づけられます。

IMG_3916.JPG



2013年06月07日

庭の花とミツバチ

この時期に養蜂しているところはないと思うのだけど、どっからともなくミツバチがいっぱい水をなめにやってきます。今年はオリヅルランが好みみたいですが、去年はマツバボタンでした。きっと日陰があるオリヅルランのほうがいいのでしょう。

IMG_2993.JPG

IMG_2994.JPG

IMG_3004.JPG

冬の間、ぜんぜん咲かなかったハイビスカスは、今が絶頂!

IMG_2990.JPG

去年はまったく咲かなかった、この花が今年は良く咲きます。よっぽど捨てようかと思ったのだけど、何年も育てていると愛着がでてきます。

IMG_2998.JPG

2013年05月17日

イギリスの春の花3

夜桜の温泉地、、バース。夜桜と温泉といって、イギリスというイメージはこれまでなかったです。今後、温泉地で夜桜を見るたびにイギリスを思い出すことでしょう。。。。

IMG_1787.JPG

野の花、、

IMG_2116.JPG

花壇の花

IMG_2138.JPG

IMG_2308.JPG

IMG_2335.JPG

IMG_2313.JPG

IMG_2764.JPG

IMG_2307.JPG

2013年05月16日

イギリスの春の花2

なんて名だかしらないけど、これは見たことなかった下向きに咲いているユリ。葉もユリだし、花もユリだけど、、、不思議な咲き方。

IMG_1676.JPG

IMG_1677.JPG

全体に黄色の花が多いような気がするけど、気のせい?赤は目立ちます!

IMG_1655.JPG

IMG_1742.JPG

イングリッシュガーデンて、人気あるけど、ふーむ、いろいろ見たけどこういうのなんだ。なるほど、人気があるのも分かる気がする。

IMG_1729.JPG

IMG_1656.JPG

IMG_1661.JPG

IMG_1679.JPG

IMG_1741.JPG

IMG_1682.JPG

IMG_1684.JPG

これは野の花、、

IMG_1690.JPG

IMG_1697.JPG

そう、水仙やヒヤシンスも多かった!お墓の周りに植えてれば、見守る人がいなくなっても花に囲まれる時期もあるということ。グッドアイデア。

IMG_1723.JPG

そして3につづく、、かも。


2013年05月15日

イギリスの春の花 1

ちょうどゴールデンウィーク時の花です。この時期、パンジー(あるいはビオラ?)がものすごく鮮やか。

20130505 kenginton 004.jpg

サクラが満開

IMG_1556.JPG

IMG_0036.jpg

IMG_0041.jpg

IMG_0117.jpg

IMG_1644.JPG

キンギョソウやチューリップも多いですね、、

IMG_0118.jpg

IMG_1642.JPG

IMG_1641.JPG

IMG_1551.JPG

IMG_1603.JPG

その2につづく、、はず




2013年03月03日

3月の花

うちの庭ではなくて、きちんと管理されている緑地の花です。公園だとか中央分離帯だとか、よそのコンパウンドの写真です。ほんとーーーーーに、きれいです。やっぱり、本職にはかなわないということかなあ。

IMG_9490.JPG

IMG_9556.JPG

特にマリーゴールドは、うちでは全然ダメダメなのでどうしてこんなに違いがでるのか!
大きくて鮮やか、、うーん。うらやましい。

IMG_9513.JPG

IMG_9510.JPG

これは野の花、、

IMG_9500.JPG

明日咲く、プルメリア

IMG_9495.JPG

あ、ニチニチソウは、うちもきれいだよ、、

IMG_9493.JPG

でもね、咲いてる環境がちがいすぎる、、、いいなあ。

IMG_9562.JPG


2013年01月30日

1月29日の花

雨があがって、雲は残っているけど、いい天気。
昨日は曇天で花を撮ると、どんよりしてあんまりパッとしない、、というあたりまえのようなことを学んだので、日が差す時間に庭で撮影。うちは、西日だけがあたるようなところで育てているのが多いので、お昼ご飯タイムが撮影タイムです。

なんと!気がつかなかったけどサイネリアが咲いている!もう、これは葉物だとばかり思っていたのに!やっぱり花が咲くんだね。

IMG_9005.JPG

IMG_9006.JPG

手すりの王者、ペチュニア。今が盛りです。元気の良い苗でよかった!しかも、1株1リヤルだったし、なんか相当にもうけた気分です。

IMG_9038.JPG

IMG_9026.JPG

昨日、どんよりしていた菊をもういちど、、同じ白でもつやつきの白なので写真写りは最高です。

IMG_9029.JPG

そのお隣さんも、

IMG_9031.JPG

レモン色も、、

IMG_9001.JPG

IMG_9034.JPG

優等生、カロライナジャスミンも、、

IMG_8998.JPG

横綱席の、石竹、、うーん、あんまり元気ないです。しかも、色はつや消し白なので写真が難しい。サイネリヤや菊みたいに、つや付きだといいのにねえ。

IMG_9023.JPG

そして、おどろいた!なんと、ケイトウが。一旦枯れて、抜いたのだけど、根が残っていたのか大きくなって花が咲いてる。ただし、ものすごく小さいけど。。

IMG_9020.JPG

今は花が多くて、いい時期です。これで蚊がいなければもっといいのだけど。

IMG_9037.JPG


2013年01月29日

1月28日の花

ふと気がつくと、菊の花が咲いてた。
ツボミがいっぱいついてたから、そろそろだとは思ったけど、咲くときは一斉に咲きます。

IMG_8976.JPG

うーん、きれいな花なのに、背景が暗い、、曇天です。

IMG_8978.JPG

写真の写し方の雑誌に、前ボケをいれて、ふんわり、、とかって書いてあったから、前ボケを入れてみる。

IMG_8987.JPG

たんに邪魔、、という気がしないわけでもないけど、ま、いっか。前ボケ役、ありがとう。

IMG_8989.JPG

同じ株のペチュニアで、色違いの花が咲いてびっくり。こんなこともあるんだ。

IMG_8972.JPG

レモン色の奴(名前がいまひとつ?)には、この虫がいっぱい。今年は、この虫の当たり年で、もう、どの花にも、びっしり取り付いたりします。この家は5年目になりますが、この虫が発生したのは初めてです。べつにかまわないけど、花が痛むようだと殺虫剤をまいたほうがいいのかもしれない。

IMG_8991.JPG

お日様のでない。暗くて、暑くて、風が強くていまにも雨が降りそうな天気です。。それに遠雷が聞こえるし、、、iPoneのお天気表示は、雷。確かにそうだ、ゴロゴロ聞こえてるし。やっぱり、こんな日は花の写真にはむいてないのがわかりました。まあ、考えたらわかりそうなものですけど。

IMG_8996_1.JPG

そして、雨、、でも、大した雨量じゃないです。残念。

IMG_8993.JPG


2013年01月13日

可憐な花が咲いた

これもまた名前がわからない花。最近、めんどくさいので、花がきれいだったら名前にこだわらない、、というか、やっぱりちゃんと調べたほうがいいのかもしれないけど、、、

レモン色のすごいきれいで可憐な花、、
しかも、写真に撮るのが、超難しい、、つや消し白とか、つや消し系の淡い色の花は、ほんとーーに難しいです。

IMG_8866.JPG

IMG_8873.JPG

そして、小さな花、ナンバーワン。
グランドカバーの花。この草は、「なんの花だろう」と思ったら、なんと花が咲かずに横に伸びる!グランドカバーだから、芝生みたいなものですけど、花だと思ったので花用の植木鉢で育てていた。今は、わりと大きめの豆の木の根元で本来の役割をしています。ただし、横に伸びる、、

IMG_8862.JPG

IMG_8863.JPG

花が咲かないといえばサイネリア。。これ、本当にサイネリア?

IMG_8887.JPG

名前がわからないといえば、こちらが先輩

IMG_8877.JPG

これは、名前がわかる。ペチュニア、、新色です。

IMG_8876.JPG





2013年01月07日

花の写真ばかり

最近は花の写真ばかり、それも同じ花の、、?
でも、同じ花ではありません。どの花も数日もてば良いほうで、次から次に咲くといつも咲いているように見えるだけです。

サウジの冬(=春)ですから、花に偏るのもしかたないでしょう。

ことし初めて!ハイビスカスが咲きました。ハイビスカスが咲くと、ぐっと豪華にみえます。でも、ハイビスカスそのものはカイガラムシで悩まされます。

IMG_8686.JPG

手のかからないうえに、まとまると派手だが一つ一つは可憐という超優等生君。

IMG_8679.JPG

いつもの豆の花

IMG_8675.JPG

今年初挑戦のクチナシ。白い花は難しい!いつも撮影失敗です。

IMG_8693.JPG

ありあまるほど咲くのに、写真は少ないマツバボタン。この花の撮影の難しさはピカ1です。かまってあげているのだから、撮影ぐらい楽にさせてほしいのですが、ショッキング色は周りから浮いてしまい、なんだかへんな色になります。うーーん。むずかしい。

IMG_8707.JPG

実は名前がわからない花(、、というかつぼみ)。

IMG_8695.JPG

じつは、こっちも知りません。知っている人がいたら教えてください。

IMG_8720.JPG

ガーベラ系

IMG_8711.JPG

ルリマツリ

IMG_8716.JPG

そして、石竹!もっと大きくなってほしい。

IMG_8725.JPG


2013年01月02日

庭の花

このあいだからコガネムシの従兄弟みたいなのがいろんな花に取り付いて、ちょっと大変。見つけ次第退治です。

ニチニチソウ以外の花は、オリヅルラン。こうやってみると、ほんとうに可愛らしい花なんだけど、なんであんなに押しが強いんだろう。何ヶ月か前にランナーを全部切り取ったことなど、まるでなかったかのようにランナーだらけになってしまった。

IMG_8623a_1.jpg

IMG_8642.JPG

新しく買ったのは、サイネリア、、まだ花が咲いていません。

IMG_8628.JPG

ガーベラ系

IMG_8667.JPG

IMG_8665.JPG

IMG_8603_1.jpg

IMG_8601_1.jpg




ニチニチソウの花の色

最初のうちはそれほど好きでなかったニチニチソウ。
でも、土との相性の良さや、育てるとわりあい良い奴だということに気がついて、いまでは庭に無くてはならない存在です。

IMG_8552.JPG

IMG_8555.JPG

いろんなときにバラバラに買ったので、色も形もバラバラです。さて、何種類の色があったか?数えてみると6種類のようです。もしかしたら、あと2種類あるような気もするけど、、

IMG_8643.JPG

IMG_8646.JPG

IMG_8650.JPG

IMG_8655.JPG

IMG_8657.JPG

IMG_8660.JPG



園芸部 2013年

2013年は庭の掃除と手入れからスタート!
この間買ってきたガーベラやサイネリアも一緒に植えていきます、、結果、かってないほどの花盛りの庭になりました。ああ、誰かに見せたい!見に来てください!

実は自分も良くわかってなかったので、おさらいすると、、
1 バルコニーの手すり、、ここにはカロライナジャスミンと自称スイートピーです。

IMG_8595.JPG

2 バルコニーの階段、、、斑入りブーゲンビリアとカロライナジャスミン

IMG_8598.JPG

3 南の壁と壁の外、、、写真にはないですが、家の外壁にもこの豆の木が囲んでます。

IMG_8596.JPG

4 西の壁

西日をあてないため、西の壁にそって日に弱いやつ、、ジャスミン、クチナシ、ハイビスカス、アロエ

IMG_8597.JPG

5 階段右

ここが一番盛っているところで、ありとあらゆる花があって、自分にもいまひとつわかりりませんが、ほとんどがニチニチソウです。他は今回植えたガーベラとか、、

IMG_8599.JPG

IMG_8600.JPG

IMG_8601.JPG

IMG_8603.JPG

6 階段左

ここはブーゲンビリアがジャングルになっています。その他にはカロライナジャスミン、ルリマツリ、ミント、ヤシの木、えーっと、その他いっぱい。

IMG_8604.JPG

7 階段内側

ここは風に弱いペチュニアの独壇場です。あとはアスパラ、、

IMG_8605.JPG

IMG_8611.JPG

8 入り口まわり

ここは、、これまであえて口にしなかった、壮絶オリヅルランとポトスが大変なジャングルになってます。とくに、入り口左はブーゲンビリアのジャングルと相まって、まるで熱帯雨林。日陰なのでバラもここにいれてます。

IMG_8607.JPG

IMG_8606.JPG

9 玄関

いらっしゃいませ、ここはイモの葉軍団が、、すべてです!

IMG_8608.JPG

10 アレ

うちでアレといえば、マツバボタン。すべてのシーンで活躍してます。うーん、活躍というか、じゃましているというか、大変なものです。マツバボタンを見ていると、世の中に枯れる花があるという事実がわかりません。ずーーと咲いていますが、アレだって、すーーっと咲くというのは間違いで、次から次に途切れなく咲くというのが事実ですね。褒めると「努力家!」ともいえますね。。写真、、?ああ、、、

半日かけたので、空の植木鉢も半分は減りました。

IMG_8591.JPG



2012年12月30日

バラの花に埋もれて、、

昨日、、ひさしぶりにバラが咲いた。おそらく、今年最後のバラ。
でも、ツボミを見つけるのも遅かったし、手入れも悪かったので小さく日焼けした花びらになってしまった、、申し訳ない。

IMG_8551.JPG

そのバラのまわりを、ちいさなコガネムシみたいのが、わんさか飛んで交尾。わあ、あんまりムシは好きじゃないから、バラの花の写真はうまくとれないなあ、、と思っていたのが昨日。

今朝、バラを見に行くと花びらの中にまだムシが5−6匹いる。

IMG_8548.JPG

よくみると、死んでた。
バラの上で愛し合い、翌日にはバラの花びらの中に顔をつっこんで死んでいる、、

なんて、ゴージャスな死に方なんだろう。これが、ムシじゃなかったら、大変うらやましい、、ような気がする。

これが卵をバラに産み付けて、バラが枯れる、、という結果にならないことを祈りたい。


2012年12月27日

園芸部 花の写真

最近の園芸部の活動は、もっぱら写真を撮るために花を咲かせるという、本末転倒な気配が濃厚となっています。まずい、、

しかし、それでは、なぜ写真写りのわるいマツバボタンの世話を焼いているのか?花の咲かないポトスを世話をしているのか、、という考え方もあるから、やっぱり写真を撮るだけではなさそうです(正解:あいつら、かまってやらないと大変なことになるから。好きでやっているかどうかは、自分でも不明)。

やっぱり、花が咲くとうれしいです。
この間のペチュニアが、ガンガン咲き始めました。

IMG_8302.JPG

IMG_8305.JPG

名前がよくわからない奴、手間もかからない、、、たしかに可憐な花といえる。

IMG_8311.jpg

IMG_8308.JPG

日本の留守宅の家族は花は育てないようです。実がなって食べられるものがいいようです。花よりダンゴ?果物、野菜派です。逆に私はあんまり実がなるのは好きじゃないです。ただでさえ、花を咲かせたとたんに枯れる草も多いのに、実なんかつけさせた日にはほぼ完全に枯れてしまいます。枯らすのが忍びないです。

サウジの代表、、ニチニチソウ。。これは、なかなか枯れない!良い奴です。

IMG_8313.JPG