the MY Pantai Timur telepraph

2017年03月15日

Wilayah Motor Fest 2017 KLのバイクウィーク

Last month bike week in D.M.

IMG_7405.JPG

KLの独立広場で行われたバイクウィーク。ここで会ったピンストライプ屋さんにヘルメットを頼んだのですが、それだけではなく、さすがおそらくマレーシア最大級のバイクウィークだけあってすごい賑やか。
景気づけはDBマーチングバンド。いつもの制服とは違って、イベント用のTシャツ着用です。

IMG_7293.JPG

そして、女性による、、なんというのだろう?山盛り?大乗り?ありがちだけど名前を知らない曲乗りです。運転しているライダーさんの真剣な表情が大変さを物語っています。じつはもう一台後ろに続いていたのですが、目の前を通過する前に山が崩れてしまいました(あぶない!と叫んでしまった)。

IMG_7296.JPG

モーターフェスなのでバイクだけとはかぎりません、

IMG_1887.JPG

でも、9割9分はバイク。しかも、ハーレーが主流です。魔改造のバイクとかいろいろあるのですが、とりあえずそれは後の楽しみ。会場をぐるっとまわります。

各地のバイクウィークの宣伝が多い。こちらはサダオですね。マレーシア西海岸からタイに向かって入国すると最初の町。東海岸から北上してタイに入って最初の町スンガイゴロクと対をなす町です。が、もちろんサダオのほうが大きな町。タイだけじゃなく、もちろんマレーシア各地のバイクウィークのブースがあります。しかし、本当にタイ、マレーシア、シンガポールは人の交流も日常だし、仲がいいよね。日本にはこういう、、なんというのかトイレ友達みたいなのか無いのが可哀相。

IMG_7348.JPG

ひときわ、変わっているバイクウィークは、ペナンのイスラムバイクウィーク。イスラーム、、って?いやあ、そこまでやらなくてもいいんじゃない?

IMG_7320.JPG

そして、なぜかダイビングショップの出店もある?ダイビングとバイクは親和性が高いので、こういうのはありでしょう。

IMG_7328.JPG

ついでに見るとエコ活動の一環で、人工漁礁の設置とサンゴを植え付け。なんと、こんなに短い期間にこんなに成長するんだ。知らなかった。日本近海のサンゴはもっと成長が遅いと思うけど、ここらへんのは山からの養分がいいので育ちがいいのか?

IMG_7359.JPG

IMG_7360.JPG

おお、こちらはクイーンライダース、えーっと、日本でいうところのレディースみたいなもの?だいたい、マレーシアの暴走族は、125cc以下の小さなバイクが主流で、このバイクウィークは主流がいわゆる大型のスーパーバイクで、こういう許可をとって出店しているブースには普通の単車好きで、暴走族色はまったくありません。いやあ、マレーシアの普通のバイカーがすでに日本の暴走族レベルではないか?といわれると回答に困ります。

IMG_7419.JPG

この手のイベントは基本家族参加です。男だけが連れ立っていく、、というのはマレーシアでは流行りません。何かのサイトで見たけど、マレーシアは世界でトップクラスの「一人旅をしない」ことろです。一人旅をしていると、「え?ひとりなの?」と驚く人は多いです。

IMG_7335.JPG

イベントに合わせて、スカイダイバーが会場の真ん中に降り立ってきました。降りているところは、見とれてしまい、写せず。キャノピーをしまうところの写真だけ。かっこいいなあ、ああなりたいものです。わずかな隙間に降りるってどういう気持ちだろう。

IMG_1897.JPG

ここで、突然の雷雨。

IMG_7375.JPG

あわてて、友達のブースに避難。

IMG_7321.JPG

posted by NAOKI at 12:50| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バイクとツーリング日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

Bike Week Season バイクウィークのシーズン到来 ポスター比較

Bike Week season comes
まだ本格的に暑くもなく、ラマダーン月までまだ間がある、この時期。あちこちでバイクウィークが開催されます。サウジのジェッダでもバイクウィークがあったというぐらいですから、バイクが盛んなマレーシアではよりどりみどり。

既に終わったけど、私も見に行ったKLのWilayah Motor Fest.ものすごく、人が一杯あつまるだろうな、、というポスター

wim2017.jpg

そして、今週末はKelantan州で行われるハーレーに特化したイベント、East Coast Harley Day。シンプルなポスターだけど、ちゃんと、ケランタン、トレンガヌ、パハンという3つの州の名前が入っているのが評価がたかいです。この間、ここは洪水で大変だったから、今はどうなっているのか見たい。

15202779_915924588507671_4462419817685136528_n.jpg

そして3月最後の週末は、トレンガヌのTerengganu Bike Week。私は去年も行きました。今年はなんと、マレーシアのロックの女王と呼ばれるEllaさんのステージがあります。スタントとかイベント事が盛りだくさんな、いかにもお祭り好きなトレンガヌのバイクウィーク。そのわりに、ポスターはシンプル。

15726519_1798745153709441_5537860637379985297_n.jpg

そして4月に入るとタイのプーケットで行われる、プーケットバイクウィーク。ちなみに、ここらへん仲良し3か国(シンガポール、マレーシア、タイ)の中ではもっとも派手で規模が大きいものです。場所がパトン会場ともう一つの2つにわかれて、開催される日も違うのですが、パトン会場がやっぱり見もの。ポスター上にはアセアン10か国の国旗があるのがもっともな国際的なバイクウィーク。

15590289_560661730804578_2664338569654113638_n.jpg

そして、4月最終の週末が、スンガイゴロクのSungai Golok Bike Week。この町はマレーシアとタイの国境の「タイ側」の町。今年の正月に川が氾濫して国境を越せなかった、まさしくその場所です。ポスターは仲良し3か国の旗がひらめいているのが評価が高いです。それに、テロ頻発地としても知られているので、リボンにはPeace Southern Thailandと書いてあるのがいいですね。平和が一番。去年も行って歓待されたので、今年はさぼるわけにはいかない。ロゴがピンストライプ風でカッコいい。

ちなみにスンガイゴロクはタイ領だけど、完全にマレーシア文化圏で住民もみんなマレーシア語が母語です。だから、住民との連帯と支援のため、毎年マレーシアから大勢のバイカーがかけつけます。「タイ深南部」とタイ側から言われなんか相当にディープで訳わからん語感がありますが、マレーシアから見たら「マレーシア北隣接地」。開けた非常に親しみやすい場所です。


ちなみに、ここは小さな町なのにバイクウィークはすごい充実しています。私の町のほうがゴロクよりよっぽど大きいのに、規模は小さいのは何故?

17022029_1322965841094428_3807128630180033692_n.jpg

どれに行くかって?
もちろん、みんな行くとも!


ちなみに我が町のバイクウィークは去年の11月だったので、当分はお預けです。今年の秋のバイクウィークはどうなんだろう!盛大であってほしいです。

13000220_1549211065374090_5498953624578383080_n.jpg

posted by NAOKI at 22:27| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バイクとツーリング日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Painful muscle 体が痛くて動けない

After the marathon, I had painful body stress of muscle and joints.

85466DE7-D518-4346-81D7-74083D9A3779.JPG

マラソンが終わって、ファーストエイドポストに駆け込みいろいろと手を尽くしたものの、その翌日は、、体が悲鳴をあげてる、いや、私が悲鳴をあげている。体中が筋肉痛で、ベッドから降りるのも一苦労。いままでの大会でこんなに痛かったことはなかったです。

そして強烈な足首の痛み。これは筋肉痛じゃない。足をひねったのかな?いや、まてよ、捻ったらその瞬間から痛くてたまらないはずだし、こんな翌日になってから痛いのは何故か?わからん、が、病院に行こう。わからんときは、すぐ病院。

CB6EEBF9-F946-412B-8CE3-C2B794F89203.JPG

クルマから降りて、会社の同僚に抱きかかえられるようにして、病院に到着。先生の見立てによると、足をひねったりしてはいない、筋肉痛でもない、これは関節痛だね。。からだの重みが足首にかかってじわじわと痛めつけていったのが、一気に炎症を起こした、、、そうです。

わああ、やっぱり体重が増えたのが原因か。これまで、こんなことなかった。増えた体重が足首を痛めてしまったのだ、なんて可哀相な足首。よく考えると、乳首の擦れによる出血の太ったせいだし、二の腕の脇側が脇と擦れたのだって、太ったせいだろう。これまでいろいろ大会にでたのに、こんなにダメージがでたのは初めてだし、よくよく考えると(いや、考えなくても)太ったのがすべての元凶。

バイオリンの発表会でベストが着れなかったのもそうだし、、、

今日から、絶食だ。あ、無理、、小食だ。絶対に10キロ痩せて見せる。ここ半年で5キロも増えたのは何が原因だかさっぱりわからないけど、ともかく、痩せる

おくすりは、消炎、止痛、松肌の3種類。ちゃんと漢字で書いてくれているので華人系の病院は助かる。これが、バハサだけだとちょっと大変だった。え?松肌?これは何?わからん。グーグルで検索してもわからん。
バハサでSakit Uratと書いてあったのでこっちを翻訳すると「筋肉痛」らしい。

つまり、松肌=筋肉痛 、、、うーん、よくわからないけど、効くならなんでもいいや。

ちなみに先生から、「今日はジョギングとかしないように」といわれて、は?それでもう一度同じこといわれて、やっと意味がわかった。いや、わからないほうがバカなんだけど、その意味のとおり。ただし、言われたほうは、まともに歩けないし、同僚の肩を借りて歩いて、もし松葉づえがあったら借りようか、、と思ってたぐらいだから、走るなんて想像もしてなかった。

posted by NAOKI at 13:39| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 運動部と保健室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Malaysia's Ritual in YouTube マレーシアと北朝鮮




マレーシアで北朝鮮の金正男さんが暗殺されました。
そして、その直後からマレーシアと北朝鮮の関係が極度に悪化。考えるとあたりまえで、マレーシアとすれば自国の空港でこんなことをやられるなんて甘く見られて、面目丸つぶれなわけです。大使の召還とかが相次いで起こり、両国関係はかなり険悪なムードですが、、、、

怒った北朝鮮の首領が、マレーシアに原爆ミサイルを飛ばすのではないか?というデマがもっともらしく流れたり、戦争になるのではないかという人もいます。

で、ここにきて、Raja Bomohによる、北朝鮮退散の祈祷が行われて、これがけっこう人気(?)を呼び、いろんなところでYouTubeの再生やらスチール写真がSNSを駆け巡ってます。マングローブの林をバックに海岸に足首まで入り、海のかなたの北朝鮮に竹筒の口を向けて、水を飛ばし、たいへん真面目なようす。

くわしい記事は下からどうぞ。

Raja Bomoh conducts beach ritual to 'protect' Malaysia from North Korea
http://www.straitstimes.com/asia/se-asia/raja-bomoh-conducts-beach-ritual-to-protect-malaysia-from-north-korea

どこまで本気なのか、どこまで受け狙いなのか、全く私にはわかりませんが、北朝鮮についてマレーシアの人がナーバスになっているのは間違いありません。

お祈りで戦争が防げるなら、私だってなんぼでもします。

posted by NAOKI at 13:14| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史と外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

Pahang Int'l Marathon result マラソン大会結果の比較

これはいつもどおり?備忘録です。過去マラソンの結果というか、手首のガーミン時計のデータ比較。

kuantan marathon certificate.jpg

2016年8月のKLマラソンの記録
http://inlinedive.seesaa.net/article/441000761.html
2016年12月のSGマラソンの記録
http://inlinedive.seesaa.net/article/444762542.html

2017年3月のパハンマラソンの記録は下。いつもどおり、6時間ぐらいで電池切れです。この時計のカタログには8時間はもつ、、って書いてあった(今も書いてる)けれど、最初っから6時間ぐらいしかもちません。

6時間で、36.6km。1キロ当たり平均9.57分。平均スピードは1キロあたり、、
KLマラソン 9.51分
SGマラソン 9.51分(なんと全く前回と同じ。小数点以下まで同じ)
PHマラソン 9.57分(なんと、3大会で一番遅い)

が、驚くべきことに後日主催者から発表されたレース結果によると、私の平均ペースは、9.51分らしい!なんと3大会連続、小数点以下2桁まで全く同じスピード。すごい!とか言ってる場合じゃない。全然進歩がないということだ。

memo.jpg

にもかかわらず、今回一番ゴールタイムがいいのは腕時計の電池が切れてから、スピードが乱れず(歩いたりしてなくて)、淡々と走ったせい?それ以外に思いつかない。

タイムラップ10km地点では、
KLマラソン 79分
SGマラソン 77.74分
PHマラソン 78分

全然たいした差はないじゃないか。SGマラソンとどこが違うのか?わからん。

ハーフマラソンにあたる21km地点では、
KLマラソン 181分
SGマラソン 176.23分
PHマラソン 170.4分

うーん、ここでやっと以前の大会と今回の差が出てる。やっぱり、後半乱れなかったことなのでしょう?
では電池が切れる最終ラップまでの記録は、

KLマラソン 38キロで6時間19分
SGマラソン 36キロで5時間42分
PHマラソン 36キロで5時間57分

ちょっと待て、後半だって比較しても差はでてない(どころかSGマラソンより15分も遅い)。つまり、後半の乱れもおんなじ程度ということ。あるいは、36キロから42キロまでの間の6キロを頑張って走りぬいたということか?

ゴール時間は
SGマラソンで7時間19分、PHマラソンで6時間54分。25分も早いのに、いったい何が違ってたのか不明。

つまり計測結果を比較してみると、「ちっとも走りは向上してない」ことが判明。

ふー、こんなに筋肉痛なのに、、前と一緒ということか、、わからん。つまりは、もっと練習しろ、ぜんぜん向上してないなんて残念だぞ、、とガーミン時計様から指摘されました。ありがとうございます、がんばります。

(そういえば、順位?そんなもん歯牙にもかけてません。遅いよね?あたりまえ。足が速かったらマラソンなんてしない。遅いから走るんだ。スコアみっともない?まさか、勲章だ)

posted by NAOKI at 18:26| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 運動部と保健室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Vitamin SEA ! ダイビングの季節到来

Went to Tenggol for scuba diving.

IMG_7822.JPG

サーフィンのシーズンが終わるというのは、同時にスクーバダイビングの季節到来です。
さっそくTenggol島へのダイビング。ここは我が家から近くて1時間半ほどで到着できます。おそらく、KLからも一番近いダイビングスポットです。なんといっても高速道路で一本でこれますから。

RIMG1808.JPG

Kuala Dungunのジェティから出発。久しぶりのダイビングでテンションが上がりっぱなし。ログブックによると去年の9月から潜ってません。半年ぶりなのですね。

Tenggol島に到着。ここでロジスティクスを少々行い、、

RIMG1821.JPG

どっぽーん、とエントリー

IMG_7712.JPG

最初のダイビングでいろんなサカナと出会えてうれしい、、

IMG_7610.JPG

IMG_7722.JPG

各種のクマノミ。いつもはカクレクマノミばかりなので、ちょっと違った種類の撮影。私以外のダイバーはマクロ狙いなのですが、私はいつもワイドレンズ。小さいのが見えにくいし、、とほほ。

IMG_7755.JPG

クリーニングステーションにて、

IMG_7779a.jpg

ダイビングサービスはいつもの場所ですが、クルーがガイドを含めて総入れ替え。どの人も初めて見る人達ばかりですが、海の中は見慣れた風景。

IMG_7781.JPG

メスのタイマイにも何回かであいました。

IMG_7838.JPG

カメの写真はみんな撮りたいですよね。さっと撮って、場をあけないと、、

IMG_7839.JPG

何本も潜ってはあがり、、という繰り返し。でも、海の中は同じようでも、よくみると変化に満ちてます。
レックもいきました。

IMG_7671.JPG

フィッシャマン レック。このTenggol島の中でも、大きいサイズの船です。

IMG_7669.JPG

じつは、このレックの最大の見ものは、、船ではありません。そのそばの砂地にまるで植えてあるかのように密集する、チンアナゴです。ただし、チンアナゴは寄ると引っ込むので、遠いところからしか写せないし、写しても、あんまり綺麗な写真をとれないのが残念なところ。

IMG_7642.JPG

そして、ビーチでごはん。

RIMG1814.JPG

今年は何本潜れるかわかりませんが、体力の続く限りは潜りたいです。でないとVitamin SEA不足で倒れてしまう、、

IMG_7685.JPG

IMG_7690.JPG

IMG_7584.JPG

2017年のシーズン。新しいクルーと新しい友達。

posted by NAOKI at 17:08| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイビング部 マレーシアと紅海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Vitamin SEA ! サーフィンシーズンの終り

End of the surfin season. I miss it.

RIMG1790.JPG

モンスーン明けでサーフィンシーズンも終わり。
今シーズンはほんの数回しか海に行けなかったのが、ものすごく惜しい。なぜほんの数回かというと、、それは前の2回のシーズンで私にはサーフィンの才能が無い、、だから、もういいや、、という気になってたからです。

RIMG1739.JPG

それでもビーチに行って、みんなが楽しそうにサーフィンしているのを見ると、なんか、すごく良さそう。ひょっとすると、自分も何か上手くいくかも?とか妄想してしまいます。

RIMG1761.JPG

シーズンでの最初の1日目は、さんざんだった。もう、悔しいほどいろんなこと忘れてるし、パドリングで腕が痛くなり、もう漕げない、、結局、なんとか乗れたのは1回だけ。

RIMG1785.JPG

、、やっぱり自分には無理だった。もう止めよう、、とかいうのは私の辞書にはありません。
、、やっぱり自分には無理、、な、はずはない。何かが間違っている、きっとどっかで間違いをやらかしたんだ、でなければ、あんなに下手くそなはずがない。頭のなかでは素晴らしく波に乗っている自分の姿を妄想していますので、「こんなはずはない」が頭の中をぐるんぐるんしています。

RIMG1768.JPG

そして、またサーフィンに行く。自分なりに考えた「間違い」があってたのかどうかを検証するため。むしろ、実験というべきか。

RIMG1798.JPG

そうすると、なんだかいい感じに乗れるようになりました。やっぱり乗れるようになるとうれしい。波が大きくもなく、小さくもなく、、というのが良かったのかもしれない。

RIMG1791.JPG

こうして、なんとなく慣れたころにシーズンが終わり。うーん、とっかかりが遅かったので残念。

RIMG1778.JPG

次のシーズンはどうなっているか、わからないけど。でも、楽しいは楽しい。続けていけそう。

RIMG1745.JPG

こうして、2016-2017のサーフィンシーズンはおわりました。でも、シーズンではないからといって波が無くなるわけじゃないから、地元民としてはチャンスがあればオフシーズンでも乗る練習ぐらいはできそう。それもいいかもね。

RIMG1747.JPG







posted by NAOKI at 13:53| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 運動部と保健室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

Music Concert バイオリンの発表会

Soon after marathon, I participated the concert.

45492D8A-E90E-415E-B057-389D93DBA311.JPG

マラソンが終わって、ファーストエイドで足の手当てして速攻で家にもどります。とりあえず、シャワーを浴びて、うーーううう、乳首が沁みる。あちこちに薬を塗りたくって、、、。しかし、もう眠たくてたまらない。目覚まし時計を合わせて10分だけ寝よう。

、、10分寝て、目が覚めたらあと3時間ぐらいはもつぐらいの元気が回復。ウルトラマンよりちょっとましな活動時間な程度。ジャスティン先生から、長袖のシャツ、黒のズボン、蝶ネクタイ、ベストか上着、、といわれているけど、去年の発表会の時には着れたベストがもう、丸々したお腹からはみ出して全然着れない。ま、しかたない。ベストは無し。

3D188681-4B5E-403F-B681-3B6A29F4DF09.JPG

発表者は早目に来て、椅子で待っていることになっているので、順番を確かめて椅子に座っている、、と眠気が襲い、、、。こうして、発表者がみんな緊張した顔しているなか、私一人が爆睡してしまった。20分ぐらい寝てたのだと思う、覚えているのは何度かバイオリンの弓を床に落としたことだけ。目がさめたのは、すでに発表会が始まり司会の人のアナウンスが終わってみんな拍手した音によってです。

わあ、チューニングもそこそこだったし、この3日間。忙しくて(もちろん仕事じゃない)、バイオリンを触れてなかったのに、爆睡して目覚めが悪くて、もう、なにがなんだか?

発表者は全員ジャスティン門下生です。かれはバイオリンとピアノを教えているので生徒は両方います。

7A465725-649C-4BE4-9955-66B257C8CE89.JPG

そして自分の番。自己紹介。ここで名前と年齢を言うのだけど、私の前まで、「8歳です」とかばかりだったので、いきなり数倍の年齢。ついでに、「今日は午前中マラソンに出場しました。42キロです」と付け加えると、ここで、、おお!というどよめきと拍手。まさか!こんなところで拍手されるとは思ってません。演奏の前なのに!どーせなら、音楽を聴いた後に、、おお!というどよめきと拍手が欲しい。無理だろうけど、、、

エリーゼのために

A0776381-B178-46CF-8CAA-77CAD91BB9F6.JPG

もう、この曲嫌いだけど、練習したからにはしかたない。ちなみにジャスティンから発表会が終わったらガボットを弾こうと言われて、一度弾いてもらったのですが、ダメ。こういう曲嫌い。で、次のページにメヌエットがあったので、そっちにしようと強引に押し切りました。嫌いな曲って上達が遅いし。

エリーゼのために、、をソツなく演奏し、、、といいたけど、本当はステージであがってしまい、間違い多数。もう、超はずかしい。一人で弾くと「今日の俺って天才?」とか思える日もあるのに、みんなの前では、8歳児とどっこいレベル。あとでジャスティンに聞くと、、「今日の演奏、よかったんじゃない?」
先生、、フォローがうますぎ。

最後は合唱。指揮はジャスティンがとります。合唱うまい、、本気でうまい。

169F895B-1277-4D5F-9B06-CD762D26B698.JPG

こうしてすべてのプログラムを終え、もちより昼食会。発表会は、発表者とその家族しかいないのでこじんまりしていい感じ。レベルだって知れたものだから聴きに来ているみんなも、反応が、、優しいです。

FC487B38-F6C8-4D2E-8C65-E3F852C0F6BE.JPG

わああ、聴きに来ている人の中に、ヨガ教室のニコルを発見。ニコルはジャスティンの友人なので、来ていても不思議じゃないのですが、ぜーったい「今回はNaokiが弾くんだよ、見ものだよ」って誘ったに決まっている。
しかも、ニコルが私の演奏を動画にとってくれて、Whatsappで送ってくれた。ありがとう。ありがとう。ありがとう。

8330ACF5-475A-4342-BCD4-8F30AD1C2CDE.JPG

でも、私は恥ずかしさのあまり、1回見たら、2度も見る勇気はなかったよ。下手くそにもほどがある。
、、、さて、これから家に帰って、、寝るか。

posted by NAOKI at 21:46| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽と映画とテレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Pahang Int'l Marathon 2017 マラソンイベント!

I participated Pahang Int'l Marathon 2017 @ Kuantan. 42km distance.

C173EEF6-0E4D-440F-9E48-FA892344A1BE.JPG

クアンタンマラソンが今年は大手のスポンサーがついたことで、これまでのハーフマラソンから一気にフルマラソンをカテゴリーに加えて開催。

フラッグオフは朝3時で、集合は2時半。わああ、早朝というより夜です。前日はダイビングだったので帰って、機材を片付けてから寝て、朝1時起床。睡眠時間は3時間ぐらいで、朝から、バテバテ。本当に、42キロも走れるのか?全く分かりません。

朝2時過ぎに会場につくと、クルーのブリーフィング中。

IMG_7577.JPG

サイレンの鳴らし方とかも伝えている、、けど、実際は全然役に立たなかった。クラス毎にサイレンを鳴らすから、別クラスの人は待ってね、、というアナウンスがあったけど、最初のサイレンで全員走り出したし。まあ、いいか。ありがちだし、まあ、どうでもいいんだよね。きっと。

IMG_7578.JPG

この手のイベントにしてはドローンも飛んでおらず、わりとひっそりとした出発です。去年はドローンが飛んでたような気がするけど。

FBB56C1B-E63D-401A-89C6-5DCA9F80E6A9.JPG

今回は42キロのフルマラソンで参加。フラッグオフが朝3時で終了が10時の7時間が制限時間となっています。私は去年のシンガポールマラソンで7時間20分でしたので、ちょっと、どーにかしないといけない。しかも、シンガポールと違ってルートは適当にアップダウンがあり、苦しそう。今回は、ぜひ、制限時間オーバーは絶対避けたい。これまで完走したといっても制限時間オーバーでのゴールが多く、もう、この状態からの脱却をはかるのだ。

55CE1E7D-CE1F-42C4-B081-D7A3016B56E5.JPG

スタート直後は1キロ8分ぐらいのきつくない走り方。これまでフルマラソンは3回経験していますが、最初のマラソンは慣れてなく、スタート直後から周囲に合わせてスピードを上げてしまい、後半がもうダメダメでした。今回は、「きつくない程度」を最後まで持続する、、という計画。

大手のスタンダードチャータード銀行主催のものに比べると参加者は少ないし、雰囲気とか服装をみてもあまり慣れてない感じがする参加者がけっこういます。ちなみに、慣れてないからといってスピードが遅いという意味ではありません、慣れてないのに、もんのすごいスピードであっという間に視界から消える人も多いです。

今回は20キロー25キロの間がしんどい山道だった、、、もう、止めたいと何度思ったことか。しかし、今回はこれまでにない、新たな武器を持参、、、サロンパススプレー。前回大人買いしたもの。

IMG_7189.JPG

ルート図でみるとハイドレーションステーションが多いので、水は持参せず、その代わりに、サロンパススプレーを持参。これが、本当に役立った。こうして、サロンパススプレーの支援をたよりに、30キロ地点に到着。このままのスピードでいくと、前回よりタイムが1時間以上縮まるようです。

、、、が、そんなにうまい話はなく、急激にスピードが落ちはじめ。日差しが強くなる一方だし、かなりしんどい、、といういつもの歩く程度のスピードになりました。でも、30キロ前まで快調に進んでたので、遅れた分は、それまでの貯金分をとりくずして、なんとか、時間内にゴール。

AA33ADE0-E437-4848-89F0-53B90D412B2C.JPG

はじめての制限時間内のゴールで嬉しさもひとしお。そして、ゴール後はいつもどおりファーストエイドポストに駆け込み。靴を脱がしてもらい(足が腫れてパンパンで靴が脱げない)、足やら腿やらを冷やしまくり、、

AE0F87A4-ED52-4AF5-8C71-8B0012478B4F.JPG

そしたら、看護師さんが、「ああ、胸の出血は絆創膏を張っておくよ」。え?何、何、出血?
全然気が付かなかったけど、乳首が擦れて出血してました。たしかにヒリヒリするとは思ってたけど、足とか腕とか、痛い所だらけだったので気が付かなかった。さらに看護師さんに「次回からはブラつけて走ったら?ケラケラケラ」と笑われてしまった。太ると乳房(男なのに?泣)擦れ幅が大きくなり乳首から血が出やすいそうです。これまでより、、太ったのか、、残念度アップ。やっぱり痩せないと。

46D113C5-9D7F-4D66-A82E-F1E0E7631144.JPG

乳首が擦れるというのは、良く聞く話。私も知ってましたが、競技人生の中(?)で、これまで一度も乳首が擦れるということはなかったので、完全にスルーしてました。ここに来て、初体験。

こうして、体のメンテを終えて、さて帰ろうか、、というときでも、まだゴールしてくる人がいました。がんばれ。みんなで応援です。

B2815552-77ED-43C0-816F-7260BA104CB6.JPG

フルマラソン時間制限内ゴール。とっても嬉しい。そして寝る?3時間ぐらいしか寝てないしね、、ということはできません。これから家に帰ってシャワーを浴びたら、バイオリンをひっつかんで発表会にいかねば。この間は1時間。トライアスロンのトランジット並みの忙しさです。マラソンが終わったからといって、体を休めるわけにはいかないのだ。

A0776381-B178-46CF-8CAA-77CAD91BB9F6.JPG














posted by NAOKI at 21:15| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 運動部と保健室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

End of the Monsoon モンスーン明け ラニャーニャの終り

Monsoon has gone.

IMG_7287.JPG

もう、二度と晴れの日は来ないのか、、と思ったモンスーンだけど、どうやら明けた空。
知らない人がこのブログを見ると、なんでモンスーンに一喜一憂しているのか不思議だろうけど、日本でいうと梅雨明けと台風一過が重なったぐらいのイベントです。

プラス、、これは良いニュース。ラニャーニャも終息したようです

気象庁のエルニーニョ監視速報
http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/elnino/kanshi_joho/kanshi_joho1.html

エルニーニョ現象もラニーニャ現象も発生していない平常の状態となっている。
今後夏にかけて平常の状態が続く可能性が高い(60%)。


やったー!これで今季のマレーシアの煙害ヘイズ被害は大したことなさそうだし、西海岸のモンスーンも平年並みで、大雨もふらなさそう。去年はラニャーニャで苦しめられたからなあ、、、

今はこの手の長期予報は、ほっとんど外れることはないです。
ものすごいことなんだけど、まだこれが何を意味するのかきちんと普通の人に伝わってないのは残念なことです。日本の今季の雪が多いのだってほとんど1年前からわかってたことなんだけど。

posted by NAOKI at 21:36| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | いのちとエコと新エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする