The Redang Telegraph

2020年12月07日

Riding in Nov (1) 11月にやったこと、、いや、乗ったこと

What I did in Nov while I had not written the articles.

このブログを書き始めてたぶん10年以上になるけれど、はじめて、1か月間一度もブログを書かないという記録ができてしまいました。
書かなかった理由は、仕事とか、遊びとか、忙しいとか、いろいろ?なことはないです、単に書くモチベーションがわかなかった、、ということです。なんと、、そんな日が来るとは思わなかった。

更新するときは、1日に何度も更新して、1か月のブログ記事数が100本近くあったりした月もあったのに、、ちょっと驚きです。
まあ、そういうこともあるよね

IMG_1888_1.JPG

11月には関西と仙台に行ったこと、、バイクで。
12月に入った今から考えると、11月のいっときの天気はまるで夏のおわりのように暑かったし、天気もよかったので始まりはとってもウキウキしたものでした。

IMG_1884_1.JPG

東京を出発するときにメーターチェック。29470キロ。
そして一路、最初の宿の豊田市へ向かいます。あそこは大きなインターチェンジがあるし、トヨタの工場もあるので訪問者も多くホテルも充実しているからです。一気に目的地神戸に向かうこともできるのだけど、もう弾丸ツアーする気もないし、のんびり行きたい。

IMG_1891_1.JPG

道の駅をうろうろしたり、ああ、ここはこういうものが特産で、これはここにあったのか!とかいろいろ。
この道の駅は、、、織田信長グッズばかり。。。はて?ここは三河だから、家康くんの地盤なはず、、おそるべし信長、家康の地盤での跋扈はまさに野望の実現。

それにしても、長篠の戦いって、この辺だったんだ、、もっと、岐阜のほうだとばかり思ってたけど、やっぱり来てみないとわからないです。
それと新城、、、この歳になるまで、これは「しんじょう」と読むんだとばかり思ってたけど、まさかの「しんしろ」。
来てみないとわからないし、何十年も間違って覚えていたのがわかってうれしはずかしですね。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月31日

Ghibli Museum 三鷹の森ジブリ美術館に行ってみた、今は観光客が少なくて予約が楽

Visited Ghibli Museum

IMG_1584.JPG

地元民なのに一度もいったことがなかった、三鷹の森ジブリ美術館に行ってきました。
あそこはーーー、いっつも混んでるし、予約は瞬間に売り切れてしまうし、、、という評判を聞いていたので戦々恐々としていちども行く気がおこらなかったのですが、、、べつに興味がなかったわけではないです。

この間、ふと、そういえば行ってみようかな?という気になって予約サイトをみると、、、

ガラガラ

なるほどー、コロナで自粛というのもあるのかもしれないけれど、海外からのお客様がいなくなったのが大きいようですね。
おかげで、全然楽に予約、いやあ、もう、それは、今日予約して明日行く、、ぐらいの手軽さ(実際は忙しくて1週間後の予約にしたけど)。

IMG_1529_1.JPG

評判の良いところらしく、ほんとーに良かった。センスがあって、どれもこれも、美しい配置

IMG_1624.JPG

ただし、室内は撮影禁止なので撮れません、、残念だけど撮影のために人が滞っても嫌だしね、、、

IMG_1560.JPG

屋外だけ、撮影自由です。だから外、、主に屋上とカフェのあたりの写真、、

IMG_1574_1.JPG

ロボットの肩とか、腰とかに、、雑草が生えてるのが、とってもグッド

IMG_1578_1_1.JPG

庭も、ほんとーに、きれいに作ってる。限られたスペースだけど、すごく広く感じられます。

IMG_1633.JPG

帰りは井之頭公園で一休み、、懐かしいなあ、昔はこの近くに住んでたのです。

IMG_1670_1.JPG

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月30日

Motorcycle fuel consumption 燃料ゲージがないから燃費と勘で給油タイミング

Checking fuel consumption

IMG_1700_1.JPG

ハーレーのスポーツスターはだいたいそうなのですが、燃料ゲージがついていません。残量は勘です。タンクの蓋をあけても、油量はみえないので、最初のツーリングは燃料消費と給油タイミングを測る計算が大切。

今回の伊豆行き。
最初は、28771km 最後は29138km = 367km

出発前に満タンにして、

IMG_1681_1.JPG

途中で、6L、

IMG_1689_1.JPG

IMG_1686_1.JPG

最後に10L給油したので、合計16L

IMG_1710_1.JPG

つまり、燃費は1L=23kmあんまりパッとしないけど、まあ、いいでしょう。こんなものです。
タンク容量は17Lなので、半分はざっくり8L、、ということは、180km走ったらタンクは半分になるということですね。高速だったから渋滞もなくて、、、もし、渋滞があったら燃料消費量も増えるから、まあ、180kmで給油というのでいいでしょう。

次のツーリングが楽しみ。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Return to my days ブログに復帰。この1か月は、怒涛のようだった。

Return to Blog after 3 weeks.

IMG_1696.JPG

この6か月、日本語教師養成講座にはいり、
この3か月間が、教育実習でした。そして、10月の最初の週に講座が終了、認定試験も無事合格してはれて日本語教師。
さらに、それから3週間勉強し続けて、ようやくこの25日に日本語教育能力検定試験をうけることができました。
結果はあと2カ月後。でも、全然自信がないから、もう結果についてはあきらめているところ。

でも、もうこれ以上勉強できないというぐらい勉強して、ぜーったい「ああ、もっと勉強していれば合格したのに、、」とか思わない。もっと勉強してたら倒れたかもしれない、本当。だから、結果はどうであれ、すんごい晴れ晴れした気分だし、試験が終わったらとりあえず、、

ツーリング、、で、自分ご褒美。あれだけ勉強した自分にご褒美。

IMG_1685.JPG

行先は伊豆。バイク乗りとしてはベタなところだけど、晴れてたし、いい気持ち。

IMG_1691.JPG

寒いけどバイクが苦になるほど寒いわけで無し、

IMG_1694.JPG

温泉にも入れたし、

IMG_1706.JPG

よかった、、、すごい満足(この間、家にこもりきりで体を動かさなかったから、疲れた、、、、とはいえ)。

ブログにも復帰できてよかった。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月06日

丹桂 キンモクセイの香りに包まれるシーズン。わりと花期が短いのは、桜と一緒で挿し木で増えたクローンだから

Kimmokusei

IMG_1099_1_1.JPG

無事に日本語教師420時間養成講座を修了し、単位認定試験も終えて、教室からでると、、、
キンモクセイの香りがしました。

えーっと、キンモクセイのローマ字は、撥音のあとマ行が続くから、Kinmokuseiじゃなくて、Kimmokuseiだよね、、とか、日本語脳が離れません。いまや、何を見ても、「あ、日本語が変」とか「これだったら、こう書くのに」とか、、ばっかり。そういえば、群馬県のローマ字は、Gunmaです。当然、Gummaで、nの入る余地が無いはずなのに、、と思ったら。群馬県のホームページかなにかに、Gummaと書くつもりだったけど、調べたら英語でGummaとは梅毒の症状を表す言葉、、だったので、意図的に変えた!とのこと。おおお、何かとグンマーとかいわれる群馬県、用意周到に調べてたのですね、えらい、、見直しました。こういうちょっとした気遣いがなくて、後で大騒ぎになるケースとか多いものです。

IMG_1090_1.JPG

キンモクセイは中国原産で日本に伝わったのは江戸時代、、と割と新しいみたいです。まあ、江戸時代が新しいと思うかどうかは人それぞれだけど、少なくとも万葉集にも古今和歌集にもできてません。この花の香りが好まれて、花の強い雄株ばかりが広まり、完全に園芸種です。自生種はありません、、もし、自生してそうに見えたら、それは誰かが昔植えたものです。

Wikiでは、花を楽しむため輸入されたため雄株しかない!雌株は日本にはないです!って書いてあった。本当かどうかは知らないけど、ありそうな話。そういうことで実がつかないので、挿し木で増やすしかないけど、挿し木が楽にできるって。それで、ソメイヨシノみたいにクローンが広がり、おかげで花期はソメイヨシノの桜並みに、超短いです。一斉に咲いて、一斉に終わるクローン園芸種特有のパターン。

中国では、丹桂というんだけど、日本みたいに花を楽しむのではなく、この花を摘んでお茶に混ぜるらしいです。桂花茶というのがそう。おお、桂花茶なら知ってる、、けど、あれがキンモクセイだって知らなかった。中国では桂花茶の需要が多いのでキンモクセイを大量に栽培して、しかも味や香りを楽しむため変種もすごく多いんだって。知らないことばかりです。でも、日本でもキンモクセイが好きな人が多いのだから、桂花茶とか自作できそう。

江戸時代に来たので万葉集には載ってないキンモクセイ。でも、はい!萩。キンモクセイと並んで咲いてます!

IMG_1095_1_1.JPG

萩!こちらは、「万葉集で最も詠まれた花」の栄光に輝いてます。すごいですね、一位です。万葉集1位です。萩、すごい!なんと萩の花を女性にみたて、鹿を男性にみたてた、「鹿と萩」が超絶人気。性的な意味合いも強いです。

万葉集巻八(大伴宿禰家持の秋の歌)
さを鹿の朝たつ野べの秋萩に玉とみるまでおける白露


おお、日本語の父、大伴家持ではないか、、。日本の国花が萩じゃなくて、桜なのが信じられないぐらい。きっと奈良時代のひとなら、「花って言えば、やっぱり萩だよな」のはず。豊穣の秋と結びつけられたアイコンで、豊かさの象徴です。しかも、昔から日本にあって、萩と言う字は日本でつくられた漢字=国字(クサカンムリに秋)。しかも、はぎ、という訓読みしかありません(たぶん秋の読みから)。ますますもって、日本のシンボル。マメ科なので荒れ地に強く、繁殖力旺盛。(日本の固有種ではないです。東南アジアにもありますし、、)

個人的には、香りはキンモクセイ、見た目は萩が好き。どっちも頑張れ。
この時期は好きです(が、波乱も多いけど)。


| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Remote meeting もはや全国的にリモート。しかも、毎回いろんなアプリケーションすぎて、対応が大変

Remote meeting & application down loading

IMG_1086_1.JPG

すごいよね、今年の初めなんて影も形も聞かなかったリモートミィーティングが、いまや主流?な勢い。
たった何か月かでこんなに違うものかと驚くけど、マイクとカメラの品薄はまだ続くみたい、、これも、驚きだよ。

ともあれ、Zoomではじめた遠隔授業から、いまはちょっとしたことまでリモートでPCの前。
なにが大変かというと、毎回、、xxxでリモート打ち合わせします、、って言ってくるんだけど、、Zoom一辺倒じゃなくて、いろんなアプリケーションがあってアタフタしてる。

もともと、ダイビングのPADIではWebinerを何年も前から使ってやってた。でも、WebinerがZoomと一緒のところって全然知らなかった、いつから何だろう???まあ、いいや。どうやってZoomとWebinerを使い分けるんだろう??まあ、いいや、、、

おっと、思いだした。
そういえば、もうずいぶん前に遠隔授業をサウジアラビアで受けてた時は、スカイプだった。最近はスカイプって名前聞かないけど、いまでもやってるのかなあ。当時は、そういう機能(どういう機能?)のことは、スカイプって代名詞代わりだったもんだけど、はやりすたりって早いなあ。

ともあれ、PCによっては相性の悪いアプリもあるし、ひとつはセキュリティが強すぎるせいだと思うけど、なんだかこんなアプリはみんな「ダメです」モード。頼もしいといえば頼もしいけど、ちょっと、困ったもんです。タブレットにスマホに、みんなまんべんなくZoomアプリが入っている、、今年の初め頃には、全く想像もしてなかったのに。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月02日

Just a walk around こんないい天気に散歩しないなんて無理。

Strolling around

IMG_1030a_1.jpg

10月1日になったら、待ち構えたかのようにキンモクセイが香ってきました

IMG_1021_1.JPG

今日は、ほんとうに天気がよくて、部屋にこもって勉強を続けるのは無理。
圧倒的なさわやかな秋晴れに誘われて散歩です。ついでに、歯医者さんで歯の掃除。

IMG_1025_1.JPG

10月といえば、昔から大好きなのに、いまひとつ、、昔から波乱の多い月。
あんまり、ツキが良くないです。こんなに好きなのに、、、関係ないか、、たぶん、外国では新学期のところもあって、それで移動が多いだけなんじゃないかと思うけど、私的にはトラブル多発の月。自重しなくては、、、

あ、勉強しなきゃ、、といいながら、外に散歩に出てること自体、、なんだかトラブルを誘発しているような、、、ま、いいか。
こんな日に散歩しないなんて、神への冒涜!こんな清々しい、気持ちのいい日なんだもん、部屋にいれるわけがない(おっと、ら抜きことば)

IMG_1032_1.JPG

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月01日

October すごくいい天気なんだけど、試験勉強でどこにもいけない

Ultra fine day for picnic

IMG_0794_1.JPG

とうとう10月か、、今年も終わるまで3か月。早い、、
この時期はキンモクセイも咲き始めるし、いい香りのする花がたくさん。花のシーズンですね。

、、でも、日本語教育の試験が2つ、認定試験と検定試験。
これが終わるまでは、きっと出かけられないと思う。
せっかくバイクがあるのに、すごく天気がいいのに、、なんか悔しいけど、しかたない。

この悔しさは、勉強への燃料にしなければ、、

| クアラルンプール ☔ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月30日

Motorcycle again 再びバイクに乗り出す。ただし、今は検定試験受験で乗るどころではないけど

Riding a motorcycle again

IMG_0993_1.JPG

また、バイクに乗り出しました。4代目ハーレーです。
中古車購入。こんどは小さ目のスポーツスター。これまでに乗ったことがあるサイズなので違和感はないけど、あるとすれば、クラッチがミッドコントロールで、ふつうのバイクの位置。これまでは、ずっと、フォワードコントロールといって、足を前に投げ出すような姿勢と位置だったので、すごい違和感。

IMG_0987_1.JPG

ともあれ、おめでとう、、自分。

IMG_1012_1.JPG

ただし、いまは検定試験受験勉強で猛烈に忙しくて、乗る暇なんて一ミリもない、、悲しいけど、、

IMG_1015_1.JPG

来月になったら、少しは乗れると思う。でも、その時は寒そうだよね、、うーむ。寒さを押して乗るといういつものパターン。そういえば、日本で乗るとき、ほんとうにいつも寒い時期ばかりだったような気がします。

IMG_0989_1.JPG

がんばろう、、x100。 何を頑張るって? いや、もう、こうなったら、なんでもかんでも、、です。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月29日

Irima River いりま川、私の住む町、入間町の名前の由来。東京難読地名にも選ばれてた

River runs through Irima cho

IMG_0817_1.JPG

「春の小川」という歌があります。春の小川はさらさらいくよ、岸のすみれやレンゲの花に、、という優しい歌でNHKが調べた「あなたが選ぶ日本のうた・ふるさとのうた」の堂々9位に入賞した名歌です。

、、が、春の小川のモデルになった渋谷の河骨川は、、いまは、もう、ありません。無くなったというより暗渠化されて下水道に転用されたからです。現在はきっと「下水道第xx号」というような名前なのでしょう。さびしいです。

その河骨川と似たような運命をたどった、いりまがわ。さいごのひと踏ん張りで全面暗渠化が、一部暗渠化で開放天井になっています。ただし今は後で書くけど外環道工事のため、合流地点近くは放水パイプ化中。

IMG_0823_1.JPG

我が町調布をながれる入間川は、いりまがわ、、と呼びます。一時期、難読のせいか、いるまがわ、と呼ばれたそうですが、いまは看板のとおり、いりまがわにもどっています。町名も、いりまちょう、、と呼び、東京の難読地名にあってびっくりしました。埼玉の入間郡と呼ばれる古来から有名な地域があって、そっちのほうと同じ漢字だし、多摩にあるし、混同されて、いるま、、と呼ばれやすいです。

きっと昔は、春の小川で歌われた風景があったのでしょうね。目を閉じてもあんまり想像できないです。でも、合流地点の野川がまだ自然を残しているので、そっちからイメージできるかな。合流点はここ。このあたりは、調布と狛江と世田谷が入り混じって複雑怪奇な市町村境となっています。昔は入間川と野川が境界になってすごくシンプルだったと思いますが、そのあとの野川改修(たぶん直線化)があって河川ルート変更。そうして取り残された市町村境が、まるでジグソーパズルのように川の両岸にちらばってる、、

IMG_0822_1.JPG

IMG_0824_1.JPG

今は、外環道の工事がこの川の真下で進行中。ガルルンとかがこの下。なので、漏水防止で、工事がはいってる。放水ロというか入間川の野川合流点の水は、こちらに横からだしてる、、、

IMG_0820_1.JPG

昔はもっと長くて大きな川だったそうですが、野川の整備でルートが変わった時、旧いりま川のルートをそのまま使って、そちらを野川(新野川)と称したので、いりま川そのもののルートが本当に短くなってしまいました。いまのつつじが丘>狛江>世田谷>多摩川合流点の野川ルートはもともと、いりま川だったそうです。ちなみに、狛江駅前には「旧野川散歩道」というのがあって、もともとの野川の跡地が散歩道になっています。ふーむ、勉強になるなあ、、

、、ということで、この入間川、、いつの日か、春の小川の歌詞のような川にもどる日がくるといいですね、、、

IMG_0819_1.JPG

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする