The Redang Telegraph

2020年03月17日

Heavy Wave Today 波が高くてビーチは真っ白。隣の仮設船着き場は沖に流されたし、サーファーがでてる

Choppy wave today

IMG_1477a_1.jpg

今日はいきなり波が高い日。風の影響だと思うけど、ビーチは真っ白。
Webで調べると、有義波高が0.7m、最大の高さ1.4m、、、わあ、危険マークがついてる。明日も変わりなさそう、、、ショック。特にうちのリゾートの前は東向きで、東風がまともに吹き付ける。

おかげでシュノーケリングは島のどこも無理で、隣のリゾートが仮設で作っている浮き桟橋が3つに分解されて沖に流されてた、、あれを見てけっこうショック。さらに、サーファーがでてた。。。

そもそも、レダン島は波が穏やかでサーフィンに適した場所でないので、いったい何者がサーフボードなんて持ってたんだろう?たぶん、どっかのリゾートの従業員のサーファーで、年に何回かしか無い、こういった波が高い日だけ乗ってるんだろうね、、、ちょっとびっくり。

そのために、わざわざ年中ボードの手入れしてるとかなんだろうし、、やるなあ。ちょっと尊敬してしまうレベル。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月15日

Whale Shark @ Redang 超うれしい。。。レダンで初めてジンベエザメを見た日は今日。来年以降ジンベエ記念日となるはず。

Watched a Whale Shark today

whale shark redang sato arranged_Moment.jpg

ビデオは撮ってもらったものです。私は確信していますが、自分でカメラを持ったら、絶対にジンベエはでてきてくれません。
彼らは私がカメラを持たずに水中に入ったのをみて、姿を表す、、というもの。撮影してくれた友人には感謝感激。



レダン島はジンベエザメがよく目撃されるところなのに、これまで一度も見たことなかった。これまでは。
そして、今日!3m−4mぐらいの、とっても好奇心旺盛なジンベエザメが私の横にびっちりついて、手を伸ばせば届く距離、、というか、ジンベエザメのほうからぶつかってくるのじゃないかと思った。

こういうときに、触らないでおくのは難しいけど、野生の生き物には触ってはいけません。
ジンベエザメのプラスチック製品誤飲による若死が多くなっていますが、この個体は長生きしてほしい、、そのためにも海へのゴミ捨ては絶対ダメ。

| クアラルンプール ☔ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月12日

Underwater Cleaning 今年最初の水中クリーンアップ、、しかし、なんでみんなゴミを捨てるんだ!怒りがこみ上げるレベル

Did underwater cleaning, Project AWARE

P1010154_1_1.JPG

ハウスリーフの波が日に日に小さくなり、もうよかろうということで水中クリーンアップを開始。
とってもきれいな海だし、、でも、水中はゴミが至るところに落ちてる、、主にロープ類、漁船で使ってたやつだと思うけど、これがゴミの8割ぐらいを占めてます。

P1010176_1.JPG

でも、真新しいお菓子の袋とか、プラスチックストローとか、もう、いやになるぐらい。

P1010194_1.JPG

どうみても他所の国から流れ着いたものじゃなくて、近場の、あるいは、地元のひとの捨てたゴミが多すぎる。ゴミをどう捨てているかを見れば、発展途上国かそうでないか見分けがつくというもの。マレーシアは、先進国入りを目指しているけど、こんなにゴミを無造作に捨てていれば、先進国入は無理と言い切ろう。ああ、でも、昨今は頭が悪いのがグローバル化してるからなあ、先進国入りもあるかもしれない。

P1010162_2_1.JPG

マレーシア人の半分は「環境問題」とか聞いたことが無い!と言おう。タバコを川や排水溝に投げ捨てれば、それが海まで行って、生態系に大きな影響を及ぼすのだけど、全く気がついてない。残りの半分のうち、さらに半分は「環境問題は私と関係ない」と思っている。

さらに、残りのほぼ全てが、「ゴミを捨てても、誰かが拾ってくれる」と思っている。本当に環境問題とかゴミ問題とかわかっているのは、おそらく高学歴で社会に関心がある、全人口の0.01%ぐらいのひとだと思う。だいたい、外国からこの国にきて環境問題を指摘する人のほうが自国民より多いとは何事なんだろう、、、

P1010203_1.JPG

マレーシアのごみ問題とか環境問題を考えると、私の脳みそは煮えたぎる。もちろん、口調も辛辣になるし、バカとか、そういう単語も頻繁にでてくる。まあ、これは止められない、、、ああ、どうにかならんもんかなあ。特にマレーシアの年寄りは川や海はゴミ箱と信じてるしなあ。

89020475_3388893037804219_1041705744543514624_o.jpg

とりあえずPADIのProject AWARE用にレポート書くから、証拠写真やゴミの写真が山のように貯まる。これから、毎日、水中クリーンアップ。


| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Making a Video Clip ムービーを作ってみた。うーむ、まあ、なんとなく違う気もするが最初はこんなもんだろう

Made a movie for the diving center

IMG_6420_1.JPG

ダイビングのプロモーションビデオをさくっと作ろう!たった1日分の素材だけど、まずは最初に一つ。

以前に使っていたビデオ作成ソフト Corel Video StudioのPCのアプリから引っ張り出してきて、、、愕然。なんと、使い方を全部忘れている。最後に使ったのが4年前。えーと、いったいどうしたものやら、、、、

、、が、お手上げ。どうもうまく行かない、、、そういえば、Corel以前に使っていたウィンドウズのムービーメーカーがあるじゃないか、あっちは、あれで随分とサウジアラビアにいるときはショートムービーを作ったから、覚えてる。ともあれ、あれでいいか。

、、が、あれはWin XPに付いていたもので、Win 10には無かった、、、代わりにフォトというのがあった。ほとんど同じ使い方。
作ってみたら、、うむむ、、、なんか、ちょっとイメージしてたのと違うけど、ま、最初だからこれでいいか、



ムービーメーカーとの違いは、Win XPとWin 10の差だね、格段に操作がわかり良くなってる。音楽も?覚えてないです、でも8分のビデオが音楽に落とし込んだら3分になってしまった。ビデオがそれぞれ適当に削られてる。おっかしいなあ、「動画を音楽に合わせない!」としたのに、勝手に音楽に合わせた動画になってしまった。キモの部分も削られてショック。

まあ、いいや。最初はこんなもんよ。じきに要領がわかってくればいいし、Corelの使い方も思い出すだろう。
楽しい音楽があってよかった。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月11日

Photographer 「プロポーズの場を撮影する」という現場に助手で参加。いまどきは、なんでも動画なんだろうね、、

Attended as assistant of photographer

IMG_1613_1.JPG

隣のフォトスタジオのおじさん(といっても私より若い)から、「一眼レフカメラ持ってる?」と訊かれたので、「うんEOS Kiss」持ってると答えると、、「じゃあ、仕事手伝って」。
は?話を聞くと、うちよりもっと立派なリゾートに泊まっている若い男性から、こんどプロポーズをするのでその場の写真(動画)をとってほしい。。。という依頼があったということ。動画はおじさんが撮る、アシスタントはスチールの接写、で? 私はズームのスチールをとってほしい。

そうして、3人でボートに乗り込み沖から立派なリゾートに入る、、みんな黒尽くめ。怪しいテロリストと間違えられてもしかたないけど、さっそくおじさんはロケハン、、沖のボートがわたしたちが乗ってきたもの。

IMG_1617_1.JPG

立派なリゾートでは、若い男性から話があった時点で、浜に❤のモニュメントを作って、、、
風が強いのに、バラの花びらを撒いて、、うー、私だったら恥ずかしい、、、

IMG_5956_1.JPG

この件は女性には秘密らしいです。でもって、カメラマンも隠れて撮影するように。とのこと、、しかし、このハートのモニュメントがあって、女性には隠し通せるのか?

私「こんな大きなハートがあって、どうして秘密なの」
おじさん「ああ、きっと女性はこのモニュメントは自分用じゃなくて、何かのイベントだと思うさ」
私「いやーー、それはないと思うけど。ところでおじさんはどこにいるの」
お「ハートの直ぐ側」
私「全然隠れてないじゃん、それのどこが秘密なの」
お「女性はきっと自分とは別の何かとおもうさ」

なんかマレーシアというのは、そういう国なのか?まあいいや、深く考えない

IMG_5962_1.JPG

いよいよ時間が近づいて、キャンドルに火を入れるけど、強風で なかなか火がつかない

IMG_1616_1.JPG

お、来た、、

IMG_1638_1.JPG

二人はハートの中に入り、おじさんは直ぐ側で激写中。これでも女性は気が付かないと思っているらしい。まあいい。はっきりいって、まだプロポーズはしてない、、それどころか、女性を残してギターを取りに行った、、一人残される女性、、、あ、、、、まずい。

IMG_1645_1.JPG

ハートの中で男性は練習してきたギターを弾き出す。5分ぐらい、、、長い、、長すぎる、、これでは女性から嫌われる可能性も出てきた。おじさんは激写中。おじさん、せっかく直ぐ側にいるんだから、「ギターはいいから次」ぐらい言ってやれよ。女性が可哀想。

IMG_1665_1.JPG

私がファインダー越しに見ていると女性の顔に「さっさとせんかい!」と書いてあるのがよくわかる。誰がみても顔に書いてあるのだけど、男性はギターのコードで混乱しているらしく指元ばかりで、女性の顔も見てない、、プロポーズのときに女性の顔も見ずに、ギターに全神経を集中。危ない、、危なすぎる。男性、誠実できっといい人なんだと思う。でも、危機管理については疑問。

しかし、無事、片膝ついてプロポーズ、、見ていたレストランの人も総立ち。そう、ものすごく大勢の面前だったのだ、、

IMG_1676_1.JPG

私は、女性の忍耐強さと、羞恥心を弾き飛ばす意思の強さから、よい奥さんになるものと確信しました。

IMG_1724_1.JPG

どうぞ末永くお幸せに、、、

、、しかし、おじさんと助手はずっと後を追いかけ、撮影も継続。そのあとプロポーズのシーンを3回ぐらい取り直し。指輪編(オリジナル)、花束編、キス編、抱きかかえ編、、、男性のプロポーズへの妥協の無さがよくわかる。

実は、キャンドルの火が付かず、男性が女性にプロポーズしたときも、直ぐ側でホテルのボーイが一生懸命キャンドルに火をつけていて、写真の中に入り込んで邪魔だった。そうして、二人がハートから立ち去った後も、ボーイは必死でキャンドルに火をつけていた、、おーい、だれか、もう良いよって言ってやってよ。真っ暗になって、誰も居なくなって全部の火がついた、、むなしい。

IMG_5972_1.JPG

そして、真っ暗になって、黒尽くめの3人は沖合のボートに乗り込み、帰っていきました、、、めでたし、めでたし。

IMG_5971_1.JPG

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Cafe & Restaurant @ Redang Bay Resort (3) カフェといっても軽食中心のお店。メニューに洋食が多いのかな

Another Cafe @ Redang Bay Resort

IMG_5997_1.JPG

こちらのお店。以前はSand Fly Cafeという名前のお店だったのですが、テナントが変わって別のお店になりました。が、看板はそのままなのでまぎらわしい、、、

IMG_5994_1.JPG

いまのところ、ココナツジュース屋さん、、という位置づけです、、

IMG_5995_1.JPG

もちろん、そればっかりではないのですが、サンドイッチとかハンバーガーもあるし、麺類もあるし、いわゆる街のカフェですね、なんでもありです。家族でやってて、おばあさんから子供まで。えーっと、子供の学校は?まあいい、深く考えてはいけない。

IMG_5895_1.JPG

えーっと、Redang Bay Resortの食事処をまとめると、、

1 レストラン
2 バー
3 ルナカフェ
4 シーフードのお店
5 旧サンドフライカフェ

、、という5軒です。みなさん、美味しく味わってください。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

How to get ferry to Redang Bay Resort 「フェリー乗り場のすべて」って小さいところだから、行けばわかる?いや、マレーシアをなめてはいけない

How to get ticket & ferry to Redang

IMG_6155_1.JPG

KT(クアラ・トレンガヌ)に来る方法は、陸路と空路。そしてKTに着いたなら、まずKT市内のシャーバンダル船着き場!実は、マラン船着き場というのもあるけど、ぜーったいあっちには行かないこと。あそこは、島への食料や資機材の調達シャトル用で、潮位が高いときしかボートは出せないうえに、船が出る時間というのは<ありません>。あそこから乗ったよ!という記事もウエブ上にあるかもしれませんが、忘れてください。

シャーバンダル船着き場、というとタクシーでもグラブでも誰でも知ってます。自家用車で来る場合は、一方通行に気をつけてないと思わぬ大回りになります、、が、駐車場は大きいのがしっかりしているので安心。

ここが、船着き場の入り口。だいたい船が出る時間に集中して来るので、入り口前はごった返すことが多いです。最低でも出港1時間前には来ること。なんと!時間前にフェリーが出港することもある。マレーシアは遅れがち、とか、甘いこと考えないこと。

IMG_6162_1.JPG

IMG_6149_1.JPG

入り口の両脇にはクロポ屋さんがあるので、お腹が空いた人の最後のポイント。

IMG_6161_1.JPG

入って左側にチケットカウンターはあるけど、これは直接宿を予約してない人向け、日帰りの人とか。だから、うちのリゾートを予約している人はここで立ち止まってはいけません。列ができていても、無視してください。「ふん、私は予約済だから、ご庶民のようには並ばないの、、」と言ってもかまいません。予約サイト(アゴダとかブッキングとか)経由で予約した人はフェリーチケットを買ってください。予約サイトは、食事もフェリーも付いてません。もちろんシュノーケリングも付いてません。予約サイトで宿を予約すると、最終的には、けっこう高いものにつくんだよ、、

IMG_6150_1.JPG

チケットカウンターを通り過ぎたら左折です。

IMG_6148_1.JPG

各リゾートのブースが並んでますが、レダンベイリゾートは一番奥。K7です、タツノオトシゴが目印。

IMG_6144_1.JPG

ここにいるおじさんに名前を言うと、チケットと海洋公園券をもらいます。だから2枚。下の写真はフェリーチケットだけ。公園券はプラスチックパウチされたものです。

IMG_6025_1.JPG

レダンベイリゾートの隣は、お土産屋さん、、というかリゾート用品屋さん。サンダルはマスト。フェリーに乗る前にサンダルに履き替えておいてください。降りるときに足が海に浸かったりします。そういう意味では足が捲れないロングのパンツもあんまりよくないです。

IMG_6145_1.JPG

できれば、短パンかスカートで足はサンダル(砂歩き可)。足りないものはここで買うべし。

IMG_6158_1.JPG

スマホはビーチで落とす可能性あり。防水パックがあれば便利。海に落とした人を何回か見ました。

IMG_6151_1.JPG

水着は持ってきてる?ただ、水着はリゾートでも売ってます。

IMG_6154_1.JPG

てきとうにブース前で待って、

IMG_6143_1.JPG

時間になったら、待合室に行きます。このタイミングはブースのおじさんが教えてくれます。荷物にリゾートのタグが付いているのを確認してください。

IMG_6163_1.JPG

待合室にはトイレがあります。掃除されていて、わりときれい。そして、入り口をでてフェリーに向かう。

IMG_6165_1.JPG

チケットを渡すとき、フェリーの係の人と、海洋公園のお役人とそれぞれ。わかんないときは2枚とも出すと、どっちか抜いてくれます。

このあたりが再開発されて、待合室のフェリーまで100mぐらい歩く、、、てくてくてく
そして、フェリー。フェリーの中は強烈に寒いです。エアコンMAX。防寒着はエベレストに登るつもりで持ってきてください。。。いまから南の島に行くのに荷物が増える、、、シクシクシク

IMG_6033_1.JPG

帰りはこの逆です。

IMG_6032_1.JPG

みなさんのお越しをお待ちしています。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Montage 動画クリップ作成中。ダイビングのプロモーション用で、作るのはきっと6年ぶり。大丈夫かな

Under montage of the diving promotion video clip

IMG_6296.JPG

サウジアラビアにいる時にダイビングのプロモーションでビデオクリップを作りましたが、ここマレーシアでもつくろう!何年ぶりだろう、久しぶり。普通の動画ならいっぱいアップしたけど、ちゃんとモンタージュして、ちゃんと完結するビデオクリップ。音楽も入れるし、、気合がはいるなあ。

IMG_6312.JPG

やっぱり時代は動画だし、スチールばかりではしかたない、、

IMG_6429.JPG

個人的には写真のほうが楽なんだけど、、、動画はモンタージュに驚くほど時間がかかるし、、

IMG_6392.JPG

でも、やっぱり動画。

IMG_6294.JPG

、、といいながら、このブログ記事には動画はないけど?

IMG_6315.JPG

まだ撮りためた動画、、全部見終わってない!

IMG_6301.JPG

まあいい、明日には取り掛かって、明日のうちには終わらせたい。

IMG_6445.JPG

それもこれも、数日前の写真屋さんの助手として「プロポーズの場の撮影」にでかけたことからはじまります、それはそれでまた別の機会に書くけど、、ともかく、やっぱり動画だよなあ、、とつくづく感じました。

IMG_6302.JPG

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月10日

Cafe & Restaurant @ Redang Bay Resort (2) バーと海鮮料理店

Bar and Sea Food Restaurant

IMG_5921_1.JPG

ここで一番の呼び物?は、生バンドの演奏があるバーです。一部ではディスコとも呼ばれていますが、まあ、気合はそんなところです。ビールやその他のお酒類が出てきますが、一番はやっぱりビールですね、、

IMG_6014_1.JPG

シーズンが始まって昨日まではバンドが来てませんでした、、ズンバだけです。でも、今日からバンドのみなさんが来てます。ぜひ、盛り上がって欲しいものです。あとで写真をとらなくちゃ。さっきリハーサルしてたので写真をとったけど、携帯だったのでPCにダウンロードがうまくいかない、、私はスマホはあんまり上手じゃないです。こういった写真はみんなカメラ。

はあはあはあ、、ふー、今、走って、写真を撮ってきた。ちょうど、みんな大好き「喜歓你」を聞いたこと無いアレンジで歌ってた。しかし、この曲、、みんな、なんでこんなに好きなんだろう。

IMG_6457_1.JPG

ついでに月があまりにきれいなので、1枚。なんて月の写真が下手なんだろう、、ほんとうは、まんまるで、とっても大きいのに。

IMG_6461_1.JPG

まあいいや、、

IMG_5992_1.JPG

そして、今年から海鮮料理店がオープン。これまでは、レストランで別料金をだして(レストランの料理は基本宿泊パッケージに入っているので、支払いは発生しない)、特別にオーダーしていました。が、これまでの「レストラン別オーダー海鮮料理」が、レストランから独立して、別個に海鮮料理店として店を構えることとなりました。

IMG_5989_1.JPG

これによって、レストランでは別料金システムが無くなって、海鮮料理を食べたい人は、こちらのお店に行ってオーダーして料理をレストランに運んでもらう、、というわけです。

IMG_5988_1.JPG

良いことといえば、レストランに行かずに、海鮮料理だけ食べたい人。海鮮料理をカフェとかで食べたい人、、もOKということ。もちろん、別のリゾートから買いに来る人もいるので、あんがい良いアイデアだなあ、、と思いました。

IMG_6000_1.JPG

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月04日

Restaurant & Cafe @ Redang Bay Resort (1) レストランとカフェの紹介!まずは、どれだけあるかというと

Restaurant & Cafe in our resort

IMG_5990_1.JPG

うちの宿泊パッケージは食事込なので、普通にレストランでいただいてもらってます。が、「自分はこんなのが食べたい!」というこだわりを持つ方は多い。それだけじゃなくて、レストランはそれぞれ食事ごとに時間が決まっているので、それ以外の時間にお腹がすく人!食事時間に間に合わなかった人!予約サイト経由でお泊りの人(食事はついてない)、も少なくないです。そういうことで、レストランとカフェ特集。

まずは、リゾート直営のレストラン。とっても広いです。あ、なぜか食事の写真がない、、それは後で撮らなきゃ。ここの2階がすべてそう。

IMG_5897_1.JPG

ビュッフェスタイルです。お皿をもって、食事のトレーに好きなものを好きなだけ取るというスタイル。

IMG_5805_1.JPG

毎日違う料理ですが、曜日ごと一週間単位なので1週間以上滞在するひとは、「え、この料理見た記憶がある」となります。たぶん、同じ週に同じものが重ならないはずなんだけど、、マレーシアでは気が抜けません。朝は7時から開始、当地では日の出の時間でまだ暗いです。

IMG_5802_1.JPG

このレストランだけがリゾートの直営で、残りはすべてテナントで入居されているところ。
まずは、Luna Cafe ルナカフェ。ここは、同じレダン島のどこかのリゾートにも同じ店があって、うちが二号店です。この業界、、つまり、リゾートにテナント出店しているお店というのは、大きな街にも店舗がある、、とかじゃなくて、他のリゾート、、たとえばランカウィとかほかのリゾートにもお店がある、、というかんじ。業界のお店。

IMG_5820_1.JPG

ルナカフェはとってもおしゃれ。うちのリゾートで一番おしゃれ。朝から夜遅くまでやってます。ほぼ、無休状態。夜のほうがやっぱりにぎやかみたい。

IMG_6007_1.JPG

飲み物系が多くて、ジュース、お茶コーヒー、ビール。でも、洋食、、たとえばピザとかもあるし、

IMG_5899_1.JPG

サティじゃなくて、ビーフの串焼きです。とっても美味しい。串焼きと網焼き系なんでもできます!

IMG_6006_1.JPG

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする