the MY Pantai Timur telepraph

2018年06月21日

Violin Grade 4 & Neapolitan from Swan Lake ついにバイオリングレード4のクラスに進級。そして、とっかかりは!ナポリタン?あ?そういう音楽が白鳥の湖にあるんだって、なるほど。

Entered to Grade 4 level class

IMG_4187_1.JPG

ユーモレスクを2週間頑張ったおかげで、これはこれでいいという合格らしき言葉。そして、ついに念願のグレード4に突入。
うーむ、バイオリンを始めたころは、こんなに続くとは思わなかったし、ましてやグレード4なんて遥か彼方の憧れのグレードだったのに、ついにここまできたか、、、。グレードは全部で8まであって、それが終わるとディプロマになります。もう、半分だよ、、なんか気が合うものがあったのですね。きっと。

そして、例によって課題曲選び。
さすがにグレード4になると、易しい曲なんてないです。どれも、難しい。難しいのの中で、まだましなのがあるかと思ったけど、どれも難しい。それぞれに、違う意味で難しい、、、やっぱりね、もうレベルは一緒なんだよ。。。。

。。

IMG_4189_1.JPG

どれも一緒なら、何か親しみがあるのがいい。お!これはチャイコフスキーじゃないか。ということで、作曲家の名前を知ってるというだけで選んだ曲が、、、ナポリタン?愛しのナポリタンなのかい?

でも、ジャスティンが弾いてくれた曲は、なんか聞いたことがあるような、ないような曲。でも、軽快でなんかいい感じ。さっそく、これに決めた!難しいけど、もう、どれもみんな難しいから、どれが難しいなんで気にせず、好きな曲を弾いてみよう。

練習は頭からじゃなくて、中盤のテンポが早くなるところから開始。バレエでは、本当に軽々に見える飛んだり跳ねたりする陽気なところです。

マレーシアでのレッスンはあと1回だけ。でも、バイオリンは続けるよ、、テキストも買ったしね!万全の態勢。えーーでも、テキストをみると2019年まで。ということは、あと1年のうちにクリアしないとテキストと練習が無駄になるということか?


| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Music バイオリンと音楽と映画とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Love means never having to say you're sorry 愛とは決して後悔しないこと、、で、合ってる。シーンからいってもそのとおり。訳がおかしいという人は、実は別のシーンをみてたんだ。この言葉は映画のなかで「何度か」使われているということか。

in Movie 「Love Story」, Love means never having to say you're sorry. is used twice.



映画「ある愛の詩」で超有名な台詞、「愛とは決して後悔しないこと」の英文を知りたくて検索したところ、、英語はわかった。でも使われた場面が、

「この台詞は、I am sorryと謝る不治の病に冒されたジェニーにオリバーが言ったもの」
「遅れてきたかなんかで I am sorryと言った相手に返した言葉」

、、というときの会話ってなっていると思われているらしい。あるときはオリバーの言ったことば、あるときはジェニーの言ったことば。まちまち。どれも、「謝っている時のSorry」の意味になっている、、つまり「ごめん、、なんていわなくていいよ」。それに対して、訳は名訳だけど、「後悔」が本当に意味が通じることばだったのか?と思っている人も多々いるらしい。

ちょっとまて

この言葉は、この記事に貼り付けたYouTubeの映像からもわかるとおり(ちゃんと該当する会話がでてくる)、エンディング近くで、

オリバー    「ジェニーが死んだんだ」
オリバーの父 「、、(驚きで言葉を失う)」

なんといっても、オリバーの父はジェニーとの結婚に大反対だったから、なんというべきか、言葉がでない。白血病の治療に大金がかかり、オリバーは父に治療費の肩代わりをお願いしてたりしてたから、、、しかも結婚を認めようとした矢先。前々から、父は子に謝りたいと思っていたのだ。

自分の結婚反対に反発して息子が結婚。その結婚相手が死んで愛する息子は悲嘆にくれている。しかも、治療費の依頼までされていた、、
そう、簡単にかける言葉がみつかるものじゃない。この映画のクライマックス。子を愛する父、子が愛した女性、いろんな愛が交差します。これがLove Storyという題名にかかってくる。愛の形はひとつじゃないということ。

オリバーの父「I am sorry」

ここのsorryは、「お悔やみ申し上げます」のもっとも一般的な表現。「残念です」と訳してもいいかもしれない。
いや、クライマックスらしく、このSorryには何重もの意味があって、結婚に反対したことへの謝りも当然含まれているし、ものすごく重いことば。この映画最高の演技力が試される。俳優レイミランド渾身の演技。

オリバーは手で、父の言葉を制止して、有名なことば

「Love means never having to say you're sorry」 直訳:愛は残念ですとは言わないもの

、、です。何重もの意味を持つSorryに対して、これもまた何重もの意味をもって返している。だから、訳は何個でもつくれる。「愛とは決して後悔しないこと」は、そのすべてに回答していて、名訳だと思う。

後悔して謝りたいと思っていたとき、言うべき相手が死んでしまう。後悔は何倍にも膨れ上がり、謝まりたい気持ちは行き先がない。それに対して、謝りたいとか後悔する気持ちは持たなくていいのだという解答。

でもって、最後は象徴的なスタジアムに一人いるシーンで終わる。

、、ということで、原作的にも、映画的にも、日本語以外の背景説明でも、(さらにWiki日本語でも)、みーんな、「愛とは決して後悔しないこと」の場面をあげろといわれると、まっさきにこの父と子の会話です。他にも言っているシーンはあるらしい。でもクライマックスはここ。ウエブでは誰かが書いた文章を使いまわして、良く確かめもせず、広まっているからという理由からそれがスタンダードとして通用している、、、うーむ。最近は検証なんてする人のほうが稀かもしれない。

でもって、こちらの写真が映画から45年後。主演の2人が舞台のハーバード大学を訪れたもの。映画が悲しい終わり方だったから、こういう明るい写真がうれしいです。

love-story-reunion-today-160202-02_0c8cba8a893e7af11bcede730baa2cb9_today-inline-large.jpg


| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Music バイオリンと音楽と映画とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The last day for my motorcycle in Malaysia (2) 1st Ride 納車したバイクに乗った、、日に、いきなりトラブル。おお!そういうもんか。

Out of petrol, before reaching petrol station, OMG.

IMG_4034_1.JPG

納車に来たトレーラーが去り、エンジンをかけると好調なエンジン音。さっそく乗ってみます。
メーターのところにオレンジのライトが点いてるけど、なんだろう?ま、いっか。

こうして、TC海岸まで5キロ走って、戻って来る途中にガス欠。え?私はサウジの砂漠の中でガス欠をしたことがあるので、ガス欠の予兆はばっちりマスターできてます。あの、いやなノッキング、、わあ、どうしよう。ゲージの中のライトが真っ赤になってる。

しかし、日ごろの行いが良いせいで、ガス欠になって全く動かなくなったのが、ガソリンスタンドの20m手前。ガソリンスタンドのマークも見えてるし、良かった。この5キロでガソリンスタンドはこの1か所しかないので、近くじゃなかったら大変なことになってたはず。しかも、納車したばかりのバイクで使い勝手がわからないし。

、、、そう、ゲージのオレンジのライトは「ガス残量少なし」だったのだけど、、、、そんなの当たり前じゃないか!と言われそう。
しかし、サウジアラビアで乗っていたハーレー、スポーツスタースーパーローはガソリン残量が全く表示がなくて、給油と時間と距離で残量をイメージするというもので、ロングライドではタンクに紙貼って鉛筆で給油と距離数を書いてた。タンクゲージもなければ、ライトが光るとかもなかった。日本で乗っているハーレー、ダイナスイッチバックはガソリンゲージはあるけど残量ライトは無い。だいたいが、ハーレーというのはそんなメカトロニクスっぽいのはあんまりなくて、ゲージはシンプル。

だから、スピードメーター内にオレンジのライトが点いてても、「んんん?これなに?」ぐらい。知らなかったのだ。そんな?と思う人はぜひハーレーに乗って欲しい。

まあいいや、、ということで、最初のライド。ちかくのSri Jayaまで。野原をとおる気持ちいい道。まえから、バイクだったらどんなに気持ちがいいんだろう、、と思ってた道。そして、そのとおり、とっても気持ちが良かった。

IMG_3999_1.JPG

服装は今とはまったく違う。なんか、歴史を感じるなあ。
そして、装備もタンクバッグか、、

IMG_4011_1.JPG

はじめて、ハーレーKLにバイクで行ったときは、こんなかんじ。のちに行くことになるボルネオライドの看板の前。

IMG_4024_1.JPG

ああ、でも、このバイクともお別れかああ、、
マレーシアではじめての雨中ライド。砂漠のサウジから来たばっかりだから、雨の中は恐怖だった。いまでは、なんてことないけど。
雨の中を走っている人が勇者に見えたものです。



| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Motorcycle Touring バイクとツーリング日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

The last day for my motorcycle in Malaysia (1) Review my first day 当然とはいえ、バイクと別れるのは辛い。でも、とりあえずバイクが納車された日を思い出してみることにした。

Remember my 1st day after motorcycle delivered.

IMG_3951_1.JPG

マレーシアを去るにあたって辛いのは相棒のバイクと別れること。とはいえ、連れて帰るわけにはいかないので、さようなら、、です。
しばし、別れの辛さの前に、納車の日の思い出を探しました。ありがたいことに、ブログを書いている、プラス、フェイスブックを更新している、さらに写真をこまめにとっている、、という三拍子のおかげで忘れやすい私の脳みそでも、大概の記憶は復元できます。

納車は2014年5月9日。

IMG_3953_1.JPG

KLからトレーラーに乗せられてやってきました。中古ですが、きれいに磨かれて、さらにラップで巻かれて手厚い保護。

IMG_3956_1.JPG

メーターは、、2540マイルです。キロに直すと4,087キロ。まあまあ、慣らし運転が終わった程度でほぼ新車といってもいいぐらいいいぐらい。

IMG_3976_1.JPG

この距離数には訳があって、まず、ハーレーの代理店制度があって代理店以外は新車を売ることができません。でも、中古車ならOK.そこで、アメリカの業者は新車をアメリカで買って、ローラーの上の延々と転がすか、タコメーターの操作をしてだいたい5000キロ相当の距離数にします。とりあえず、5000キロぐらいだったら、買ってすぐ転売したとはみなされないし、走行実績がある。

でもって、「アメリカの業者」というのはだいたいマレーシア人です。中古車とはいえ、二輪車をマレーシアに持ち込むと新車価格と同じぐらいの税金がかかって、つまり新車の2倍ぐらいの値段となってしまうのですが、、、それじゃあ買う人はいない。

そこで、マレーシア人が「マレーシア人がアメリカで購入してしばらく乗っていたバイクを、こんど自国に持ち帰ることにしました」というと自家用車の輸入ということで、税金があんまりかからないのです。同じ人が何台も持ち込むと変だから、他のマレーシア人の名義を借りたりしてるみたい。

まあ、そういうことで、新車同等のバイクがマレーシアで手に入るというわけです。もちろん、最初っから転売目的だからキズとかつかないように注意してます。ま、いいや、、

さて、さて、記念撮影、、

IMG_3961.JPG

IMG_3965_1.JPG

バイク屋さんは「ガソリンが全然入ってないから、まずはガソリンスタンドに行って給油してね」と言い残して、帰っていきました。

IMG_3963_1.JPG

が、、驚くべきことが納車初日に。

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Motorcycle Touring バイクとツーリング日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

Buaya - Crocodile (2) Nighttime 夜はライトを当てるとワニの目が光るから見つけるのが楽。といわれたけど、見つけたって暗くて写真が撮れないということ。痛し痒し。それでも、ちゃんとしたワニをはっきりみることができたのは嬉しい。

Searching crocodile in night @ Kuantan River

IMG_1068_1.JPG

マレーシアには2種類のワニがいて、イリエワニ C.Porosus/ Saltwater Crocodileと、マレーガビアル T. Schlegeli / False Gharialで、両方ともクロコダイル科に属します。ポピュラーなのは河口と海に住む大型のイリエワニのほうで、マレーガビアルはイリエワニに比べてやや上流側に住むみたい。いわゆる、うっそうとしたジャングルの川に住むワニ、、、というイメージはマレーガビアルのほうです。

もちろん、マレーシアとスマトラの固有種である、マレーガビアルのほうは一属一科で圧倒的に希少価値があるし、ここでしか見れないのだけど、我が町に住むのは基本的にイリエワニだけ。ミニ動物園ですらマレーガビアルはいない。もっと大きな動物園じゃないとマレーガビアルはいないです。ちなみに、日本で化石がみつかったマチカネワニはマレーガビアルの近縁らしいです。4年前にタイピン動物園でみたときの写真。

IMG_1703-thumbnail2.jpg

タイピン動物園に行ったときのブログ記事。看板じゃないマレーガビアルの写真もあります。
http://inlinedive.seesaa.net/article/391647096.html

、、まあ、いいでしょう。トカゲじゃなきゃ、なんでもいいです。

IMG_1049_1.JPG

暗くなって、水辺にライトを当てると、あちこちでキラキラ反射するワニの目。

IMG_1089_1.JPG

わあ、あちらにも、こちらにも、なんでこんなにいるんだ。そして、なんで昼間はわからないんだ!

IMG_1066_1.JPG

光る眼をめざして、そーっと近寄る。

IMG_1101_1.JPG

けれど、ワニも、そーっと潜る。

IMG_1106_1.JPG

そうしてボートがワニの居たところに付いた時は、も抜けの殻というか、夜の川に潜まれたらもうお先真っ暗。

IMG_1094_1.JPG

でもたった一度だけ、ちゃんとワニを見ることができました。
ワニが居たところに近づくと、ワニが川底に静かに沈んでました。ものすごく浅い川岸で深度が30センチくらい。だから、懐中電灯の明かりで川底まで照らすことができて、ちゃんと見れた!写真も撮れたけど、なにぶん、波があったので肉眼でははっきり見えたけど、写真では水面の波のせいで(それはボートが起こした波なんだけど)、全くなんだかわからん写真になって、すぐに削除してしまった。

ともあれ、ワニが見れて満足。

なぜワニにこだわるかというと、誰もが知っているとおりワニは他の恐竜と同じぐらい古くからいる生き物で、地上の生態系の頂点の一部として君臨してました。が、恐竜は絶滅してしまい、、見た目似たような(見たわけじゃないけど、たぶん)ワニは生き延びました。なぜ、恐竜は絶滅してしまい、ワニは生き残ったのかという説明は「謎である」です。なんだかわからないけど、いまどきの勝ち組、負け組という言い方ができるなら、ワニはおもいっきり「大勝利組」といえるんじゃないでしょうか。

それに、、マレーシア語のブアヤ(ワニ)にはプレーボーイ(、、、うーん、食べちゃうんだろう)という意味もあるらしいです。なんだかんだ、ワニってなかなかじゃない?

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | ECO and Life いのちとエコと新エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Buaya - Crocodile (1)Daytime search ワニ、、マレーシアといえばワニ。やっぱり、でかい本物の野生のワニを見てみたい。

Looking for wild corcodile @ Kuantan river

IMG_2867_1.JPG

我が町、クアンタンで一番簡単にワニが見れるのは、、、ミニ動物園です。

IMG_2879_1.JPG

そもそも、ミニ動物園にいるワニ君たちは、我が町で捕獲された(町の中を歩いていて住民の通報で捕獲された)ものばかりなので、地元住民という言い方もできるし、元野生ワニという言い方もできるけど、、やっぱりワニは自然の中で野生として生きているものを見たい。

ホタル観光もした、同じ桟橋からスタート。なんといっても、クルーが友人なのは行くのに敷居が低いです。

IMG_1005_1.JPG

野生ワニはまず見ることができません、あれだけカヤックを乗り回していても、いちども見かけたことがないです。よほど神経質なんでしょう。そうなると、さらに見たい!

RIMG2968_1.JPG

まずは、ワニの写真がくっきり撮れる、、昼間というか日没前の部。おお!さっそく!と思ったけど、、、オオトカゲだった。

IMG_3526_1.JPG

ぐるぐると回って、旧日本軍がつくったトーチカ、土地では「Japanese Pillbox」と呼ばれている戦跡の向かい側で、あ!あそこにワニがいる。しかもでかい!という声、、え?ぜんぜんわからん。

近づく、、といきなり水しぶきをたてて、ワニが反転、潜航、、したらしい(あまりの水柱でワニが見えない)。よって、記念すべきワニとの遭遇写真は、白く波だった水面、、だけ。

IMG_3536_1.JPG

うーん、そしてボロボロの船の墓場みたいなところとか、漁師の小屋があるようなところを何度も往復。なんで?

クルー「ワニは人家近くに住んでるんだ。ほら、生活排水とかにサカナが集まってくるだろう、それをワニが食べるんだ」
私  「そんなもん?ワニってひとけのない、いかにもジャングルやマングローブの木陰に住んでると思ってた」
クルー「うんにゃ、わりと人と切り離せないとこらへん」

IMG_3518_1.JPG

昼間の部は、オオトカゲを何匹か見たのと、ワニのたてた波をみたの、、ぐらいで終わり。そして夜の部。

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | ECO and Life いのちとエコと新エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Firefly Again マレーシアでやるべき3大重点項目といえば、ホタル撮影、ワニ、カワウソだ。まずは、ホタル撮影。撮影技術の乏しい私は、ホタルが目の前にいても、上手く写せないのは承知のうえ。

Going to Firefly watching again.

IMG_1132_1.JPG

これまでに何回となくホタルを見に行ってます。覚えているだけでも5回。でも、よく観光ガイドにあるような「まるでクリスマスツリーのような」と形容されるようなホタルがうじゃうじゃいるようなところは見てません。観光ガイドブックのホタルの写真みたいなのを見てみたい!

マレーシアでは「ホタルのシーズン」はありません。常夏の国。年から年中、ホタルが見れます。土地の人に訊いても、ホタル観光の人に訊いても、「ホタルのシーズンなど、無い!」と断言されます。まるで、「マレーシアに蚊のシーズンは無い。年から年中飛び回っている」というのと一緒ですね。

クアンタン川。いままで一人でネットでホタルが見れたところとか行ってたけど、ホタルはガイド無しじゃあ、ちょっとむり。チェラティン川にいった2月は良かったけどガイドの指示で撮影不可だったのが残念。

IMG_1004_1.JPG

、、ということでチャレンジ。日がくれるまでマングローブ公園で適当にぶらぶらする。このマングローブ公園はボートでないとアクセスできないという、無茶なところで当然ひとけもないさびしいところ。

IMG_1034_1.JPG

IMG_1027_1.JPG

ホタルはそこらへん中にいるといいうものじゃなくて、「ホタルが集まる木」にまとまっています。その木以外は全くの不人気。まさしくあっちの木は甘くて、こっちの木は苦いぞ、、というようなものです。それにホタルは繁殖のために羽化するので、なにか目印があって集まったほうがいいのでしょう。

IMG_1117_1.JPG

でも、ガイドブックの写真にあるような光景はないです。

IMG_1144_1.JPG

ホタルの写真は同じ場所で何枚も写真をとって、重ねて合成して豪華なものにするのが一般的で、素人がそこらへんで写真を普通にとったからといってあんな写真になるわけじゃない、、らしい。

ホタルに似てるけど空には満天の星。雲があるのが残念だけど、ホタルがいなかったら、急遽、星空にしてもいいぐらい。ちなみに満月の日はホタルも星空も駄目駄目です。新月の日がチャンス。

IMG_1130a_1.jpg

まあいい、ホタルは十分に見れた。
これだけ見れれば、十分だというぐらい見れた。写真もとれた、、指の上にも止まってくれたし。

IMG_1137_1.JPG

ホタルも繁殖のために集まっているので、赤い色を振ると集まってくるらしい

IMG_1155_1.JPG

IMG_1110_1.JPG

そんなものか?

IMG_1149_1.JPG

結局、ものすごく写真を撮った割りに、まあ、最初から思ってたようにどれも似たり寄ったり、ぼんやりしたものだらけ

IMG_1153_1.JPG

くっきりと、ホタルが撮れた写真はないのか?もちろん、あるとも。

IMG_1141_1.JPG

ほら、非常に明確なホタルの写真。ただ、ホタルの光が見えないというだけど、ホタルは光ってようが、光が見えないであろうが、あるいは水中の幼生であったとしても、ホタルはホタル。光っているのだけがホタルじゃないし、あれは「ホタルの光」であって、ホタルそのものじゃない。

IMG_1156_1.JPG

















| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | ECO and Life いのちとエコと新エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

Violin Yamaha V10G sold 2番目に買ったバイオリンは売ろうとして売れず、持って帰るつもりで新品の弦を張りなおしたところで売れた。世の中、こんなものなのだろうか?

Good bye my 2nd Voilin, I sold it.

IMG_3734_1.JPG

バイオリンをはじめて実質最初のバイオリンが、こちらヤマハのブラビア V10G T.Yamadaモデル。非常に一般的な入門者用のモデルで、実際私が買ったときは、学校オケ部の共同購入品みたいな取説が付いてました。でもって、T.Yamadaモデルというのは、こちらのこと。

IMG_3736_1.JPG

このバイオリンで約1年練習しました、、とても弾きやすくて良かった。良かったものなら買い替える必要がないように思えるけど、ある日、ジャスティンが別の人用に用意したバイオリンを「試しに弾いてみる?」といって渡されたのが運の尽き、、か、運が向いてるのかすっかり魅了されてしい、夢に見るほど新しいバイオリンが欲しくなり、結局、買ってしまいました。試し弾きは、買う気がなければ、ぜーったいにしてはいけない。

今のバイオリンは中国製無印バイオリンですが、音は各段に良く、ヤマハのブラビアよりも値段は4倍しました。無印恐るべしです。ジャスティンが言うには、ブランドものはブランドものというだけで実勢価格の30%増しになっている。それよりは、無印の山を端から弾き比べて逸品を引き当てるのがプロなんだ、、、ということ。本当だろうか?

IMG_3733_1.JPG

まあいいです。結局無印中国製を買ったのでヤマハは売りにだすことにして、音楽教室で販売のお願いをしてたのですが、、全く売れず。ほぼ1年売れず、もういいや、、このバイオリンは私に縁があったということで日本に持って帰って予備のバイオリンとします。そういうことで、弦も新しく貼りなおして、持ち帰るべく準備してたら、、、売れた。

IMG_3735_1.JPG

買っていただいたのは、バイク仲間のおじさん。私のバイク仲間の送別会のときに、P. Ramleeの歌をうたったところ、何故、日本人がそんなもん知ってるんだ、、>、、彼はバイオリンやってるから、、>、、そんなら私もやる、、>、、余ってるバイオリンあるから買う?

という流れでした。おそるべしは、バイク仲間。何から何まで、バイク仲間に頼ってる。この間のダイビングといい、バイオリンといい、バイク仲間つながり、マレーシアのバイカー兄弟同胞団意識というのは強い。マレーシアでの生活で、そういう人達と溶け込めたのがとっても幸いでした。

バイオリンは弦も張り替えて、磨きなおして、自分用に持って帰る気満々だったけれど、正直、予備機というのは全然出る幕ないです。私の他に可愛がってくれる人がいるなら、その人の手元にあったほうがバイオリンも幸せでしょう。

ありがとう、私が選んで買ったバイオリン。さんざん遊んでもらいました。

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Music バイオリンと音楽と映画とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Final Stage of Iftar in Ramadhan ラマダーン月もそろそろ終わり。今年のイフタールは多彩だった。去年に比べて無理に痩せようと思わなかったので、平年並みの3キロ減どまり。けっこう食べたよ。

Invited Hotel Iftar

IMG_3894_1.JPG

去年はラマダーン月の一ヵ月で7キロ痩せるという偉業を成し遂げたけど、、今年は痩せることに無理しないことにしました。
いやいや、断食は宗教的発願が斎戒のメインテーマであって、そんなのを置いてけぼりにして、痩せる!痩せる!ダイエット!、、というのは本末転倒。まじめにラマダーン月の断食をやっている人の風上にもおけない、、、かもしれない。、、やっぱり世俗的なメリットも欲しい訳だよ、、

ともあれ、今回はマレーシア滞在の最後の断食。イフタールぐらいはマレーシアを満喫しよう。。。ということで、ホテルのイフタールにお呼ばれしていってきました。

IMG_3897_1.JPG

ちゃんと席も名札入りで用意されていて、なんかゴージャス。

IMG_3895_1.JPG

美味しそうなのがいっぱい、、前菜から甘いものまで。マレー食中心です。

IMG_3899_1.JPG

IMG_3902_1.JPG

お腹が空いているときに、ビュッフェというのは良くないです。つい取りすぎてしまう。目が欲しがってるけど、そんだけ食べるの?というほどとってしまう。よくないなあ、、そうでなくても胃が小さくなって普段どおりには食べられないのに、目が欲しがってしまう。

IMG_3907_1.JPG

ひととおり取った後、焼き立てのサティがでてきたので、また並んでとってしまった。本当に食べきれるのか?しかもラム肉までとってしまった。ベジタリアンをめざしてたんじゃなかったっけ。

IMG_3908_1.JPG

こちらは、イカ料理。いまはイカが旬なので安いし、おいしいです。おもいっきりイカが食べたければ、この時期のマレーシアに来てください。

IMG_3910_1.JPG

、、ということで、皿一杯に料理をとって、じっと待っていると日没のアザーン。いただきます。

IMG_3913_1.JPG




| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Islam and Haj 2010 メッカ巡礼とイスラーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Dungun Dive Resort (3) 大物がでなくても、ダイビングは楽しい。水に入るだけでも、楽しい。

Enjoy Diving Life

IMG_3943_1.JPG

今回のダイビングのお客は、、私ひとり。つまり、私に気を使って、「今度の日曜日にダイビングできる?」と言ったときに、いや、できないよ、、とはいわず(いえず?)、いいとも!と答えたようです。私以外は、すべてショップの人達で、まあ、ショップの人達の普段はできない水中撮影会+ダイブマスターの訓練、、とかそういったことになってました。

最初にリドワンさんに会ったのは4年前にはじめてハーレーのナショナルラリーに出かけたときです。バイク乗り仲間として知り合ったのが最初。その時は、まさか、後で一緒にダイビングするとは全く思ってなかったです。まあ、こんなこともあるんですね。

新品のダイビングボートは幅の広い船で、中央にタンク置きラックまである。でもって、マレーシアでは珍しいエンリッチドエアです。テックダイビングのスタッフが使ってました。やる気満々。この日の彼はサイドマウントでのダイビング。

IMG_3927_1.JPG

リングストロボの威力は絶大。サンゴが綺麗にとれる。

IMG_0509a.jpg

IMG_0510a.jpg

なぜか、ウツボの鼻にささったウニも棘までくっきり写る

IMG_0629_1.JPG

もうじきマレーシアを去るというときに、新しいダイビングリゾートを訪問。もちろん、これからどうなるか、誰だってわからないのだし、友達は友達だから、またここに来ることもあるでしょう。

IMG_3950_1.JPG

ダイビングは楽しいです。水にはいらないと息ができないぐらい。

IMG_3938_1.JPG