the MY Pantai Timur telepraph

2017年09月08日

"Oke Rojin" オケ老人

I watched a in-flight movie "Oke Rojin".

1.jpg

本当に久しぶりの日本一時帰国休暇。
楽しみなのは、日本に帰るフライトでの映画。もちろん邦画です。ハリウッドものはマレーシアにも氾濫しているけど、さすがに邦画は見るチャンスがありません。
しかし、邦画であればなんでもいいわけではないです、、泣けないといけません。特に今回はナイトフライトなので、おいおい泣いても周囲は真っ暗だし、みんな寝てるし、フォローの必要なし。泣いて泣いて泣きまくるぞ!と力を込める。

選んだのは「オケ老人」。ストーリーは、、ベタベタです。「へたっぴオーケストラもの」という確立したジャンルさえある。しかし、ベタベタな展開には水戸黄門で鍛錬しているので全然平気。歌舞伎とおんなじでストーリー丸わかりなんだけど、役者の腕前でどうにでも大化けします。

出演者は、主演の「杏」さんはそもそも「なんて読んだらいいんだろう?」というぐらい知らない人だし、逆に知っているのは、藤田弓子さん、左とん平さん等々の「老人」キャストです。いやー、藤田弓子さんは久しぶり、若い、、老人役が可哀相なぐらい若々しい。

しかし、、、オーボエですか?藤田さん、オーボエですよ?すっごいニコニコしながら楽々オーボエ吹いてるけど、ちょっと苦しそうにしたほうが良いような気がするけど、、、ま、いっか。コメディだし、、
声優の喜多道枝さんもでててバイオリン奏者役です。喜多さんの実家は能楽シテ方喜多流の家元だとさっき調べてしりましたが、そういえば高橋留美子さんのTV作品の脚本家、金春智子さんの実家は能楽シテ方金春流だし、うーん、アニメ業界と能楽シテ方はなんか関連があるのだろうか?

ストーリーはともかく、題材で使われる曲がビバルディの「四季ー春」とエルガーの「威風堂々」。おお、なんと定番中の定番。両方とも私も練習しているので思い入れがあります。主人公は春を特訓するのですが、なかなかいいですね、、弓の動きとか突っ込みどころもあるけど、一生懸命練習している姿におもわず自己投影してしまう。

この映画の評価は、人さまざま。ベタなストーリーが気に入らない人にはウケは悪いですが、役者さん達の演技が気になる人にとっては高評価だと思います。

ヒロインの一人、黒島結菜さんは初めて知りましたが、若々しくていいなあ。どれをとっても彼女の反応が初々しくて、とっても高校生らしい。

帰りのフライトでも「オケ老人」見ます!

posted by NAOKI at 20:52| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

Neverending Summer 4 Green Turtle アオウミガメのポジション

Egg of sea turtle in Malaysia is almost all Green Turtle.

RIMG2532.JPG

マレーシアの海でダイバーが一番よく見かけるウミガメは、タイマイです。漢字で書くと「玳瑁」。しかし、マレーシアで産卵するウミガメの卵はほぼすべて、アオウミガメのように見受けられます。

これは、日本で産卵するウミガメは「アカウミガメ」にほぼ限定されますが、ダイバーが一番見かけるウミガメがアオウミガメであるのと同じく、微妙に産卵1位と目撃1位が違っている例ですね。

アオウミガメは、タートルグラスと普通呼ばれる砂地に生えた海藻を食用とします。タートルグラスは見た目はひよこ草と呼ばれるニワトリが好んで食べる草に似ていて、ワカメや昆布なんかとは全然違う、、いかにも、な「草」です。そのほかに、サカナの死骸とか、なんでも食べます。

、、そこらへんが、カイメン(海綿)を食べるタイマイとは大きな違い。海綿は岩場やサンゴ礁域に多くて、逆にその界隈ではアオウミガメは見かけません。雑食性をいいことに、餌付けされているウミガメはほとんどがアオウミガメです。ちなみに、外見は青にも緑にも見えませんが、どうしてあれがアオウミガメと呼ばれたり、Green Turtleと呼ばれているのか不思議。

posted by NAOKI at 21:02| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Scuba Diving ダイビング部 マレーシアと紅海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月04日

Hungry Ghost Festival 2017 盂蘭盆会がやってきたので仏教を考える

Hungry Ghost Festival comes again.

IMG_3866.jpg

今年も、マレーシアに盂蘭盆会がやってきました。旧暦なので日本のお盆から約1か月後ですが、お盆の期間が長いので、今から始まって1か月ぐらい続くところもあります。去年のこの時期は延々と盂蘭盆会の考察を行いましたが、、、、

、、今年はちょっと考えてることが、、

マレーシアの盂蘭盆会はどちらかというと道教(中国民間信仰)のお祭りです。中国仏教と道教の絡み具合というのは微妙で、仏教宗派側はわりと明確に分けたいように見えますが、道教側が仏教との混交を支持している。こと盂蘭盆会に関しては、あんまり深く考えてない普通の人はどこまでが仏教でどこからが道教なのかきっと理解できてないと思うけれど、これは日本も一緒です。

日本のお盆の行事は「仏教の年間行事」としては最大のイベントと言っても過言ではないと思います。で、お盆ではご先祖様があの世から来てくれるんだよね?ってことでいいの?
仏教では人は死んだら49日間は微妙な位置に精神体があるけれど、50日目に(何かに)輪廻転生するという「六道輪廻」という思想があります。六道か五道かとかはいろいろ諸派あるものの、何かに生まれ変わるというのは一致した意見。つまり、ご先祖は50日後には別の何かになって忙しい。この時点でご先祖では無くなっているらしい。祖霊となって子孫を見守るとかも無いらしいです。

、、ん?じゃあ、ご先祖がお盆でこの世にやって来るのは?いったい何教の教えなのか?仏教だろう!お盆といえば、仏教だろう?と思うのですが、インドで発生した仏教は輪廻転生だけ。しかし、民間信仰の発展していた中国に入った時点で、仏教の「先祖崇拝はしない」というポリシーは非常にウケが悪く、先祖崇拝が中心であった中国信仰界では信徒数を全然伸ばせなかった。そこで、仏教に先祖崇拝を持ち込んだ「盂蘭盆経」が中国でできて、それ以降は今あるように仏教と祖霊信仰とが微妙にクロスオーバーした形になったということらしいです。輪廻転生と先祖崇拝のギャップは今でも説明が付かないけど、まあ、そんな堅い話はどうでもいいようになったらしい。

お盂も、六道のうちの餓鬼道に落ちた人達に施しをする、施餓鬼。あるいは地獄に落ちたご先祖(の生まれ変わり)に施しをする、、というふうに考えれば確かに六道輪廻とも齟齬なく共存しているように思えます。まあ、餓鬼道でも、地獄道でも、転生した後って転生前の記憶ってないんだよなあ(人間道に転生した人間に前世の記憶が無いのと一緒)。お盆で迎え火を焚かれても前世のこと(子孫のことも)覚えてないし、どうしたもんだろう。ふーーむ、よくわからんです。あんまり深く考えてはいけないような気がする。

posted by NAOKI at 23:37| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Scuba Diving ダイビング部 マレーシアと紅海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Endless summer in Redang 3 砂浜

Sand,, is the most important factor for beach resort. Almost all in Malaysian beach has silt or mud.

IMG_1317.JPG

これは何の写真?
これは、砂の写真です。砂です。普通の砂です。

そして、マレーシアでは砂浜は大変貴重と言っておきましょう!なぜリゾートは沖合の島ばかりなの?なんで半島マレーシアの西海岸にはリゾートが無いの?なんで、まわりじゅう海にかこまれた熱帯南国マレーシアなのに、海辺のリゾートって少ないの? 、、という疑問はありませんか?


その回答は、、泥です。マレーシアのテータリ色(ミルクティ色)に染まった川から運ばれた栄養豊富な泥が海岸に積もり、豊かなマングローブの森を作り出してますが、、、泥です。あるいはもっと細かいシルトが土壌。もちろん、海の透明度も、、ミルクティ状態。

青い空!青い海!泥の浜?
嗚呼、リゾートと泥。

めちゃくちゃ相性が良くないです。お客への訴求効果が薄い、、それに干満で水面に出た泥は陽に照らされて結構、、臭う。これが、マレーシアにビーチリゾートが少ない理由。前に行ったポートディクソンの海水浴客用海岸の一部は砂を入れた人工海岸だったのでびっくり。基本はポートディクソンでも泥です。

だから、レダンのように天然の白いコーラルサンドの島は本当に貴重。ビーチリゾートに慣れた人は、海というものは砂浜と考えがちですが、そーーーんなの珍しいからリゾートになってるぐらいだ!と覚えておきましょう。

posted by NAOKI at 22:24| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Scuba Diving ダイビング部 マレーシアと紅海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Endless summer in Redang 2 海辺のリゾートで過ごす

How to spend free time on beach.

IMG_1853.JPG

海辺のリゾートに来るのはダイバーだけじゃありません。むしろダイバーは少数派。いろんな人がいろんな楽しみを求めてビーチにやってきます。楽しみは特に考えず、とりあえず日光浴という人も多いです。

じゃあ、あなたは何しているの?

、、えーっと、ダイビングです。ダイビングしてない時は、次のダイビングに備えて水面休息時間。休息というのは名ばかりで、タンクの付け替えとか、カメラの電池交換とか、体を乾かして風邪ひかないようにするとか、トイレに行くとか、携帯のメールチェックとか、なかなか忙しい。休息というより急速の場合も多々あります。だいたい、前のダイビングと次のダイビングの間は1時間ぐらいのことが多いです。

じゃあ、水面休息時間でない、、ダイビングが終わったときとか、ダイビングが無い時は?

、、えーっと、疲れて寝てるとか、ご飯食べてるとか、水着乾かしているとか、洗濯してるとか?
、、、はて?ビーチリゾートらしいことは何かしてたっけ?えーっと、、、というか、いったい、ダイバーでないみんなは何をしているのだろう?どっちかというと、そっちのほうが不思議。

むしろ、誰かに(ダイビング以外の)ビーチリゾートの過ごし方を教えて欲しいぐらい。
えーっと、恋とか?

posted by NAOKI at 21:47| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Scuba Diving ダイビング部 マレーシアと紅海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Endless summer 1 のべつまくなしダイビング

I cannot stop diving. Never ever lasting diving.

のべつまくなしダイビング。ちなみに漢字では「のべつ幕無し」で、幕引きの暇がないぐらい続けて、、ということですが、3割の人は、「のべつクマ無し」と間違って覚えているそうです。クマじゃないです、幕です。。。という自分も、、はい、3割組でした。今日から態度を改めます。

それはともかく、そのうちモンスーン時期がやってきます。半島マレーシアでダイビングができるのもあと数か月。それまでに潜らねば!ダイビングシーズンのはじめはもたもたスタートだったのに、もう終わりが近いとなると急に回転が速くなります。
乾季でも、今年は例年になく雨が多い年。もしかしたら、モンスーン入りも早いかも。

RIMG2499a.jpg

雨があがったら、見事な虹。
ボートから飛び込もう!

posted by NAOKI at 21:20| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Scuba Diving ダイビング部 マレーシアと紅海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

Diving in Redang 11 Blue Spotted Ray ブルースポッティドレイ

Blue Spotted Ray has beautiful golden skin and accent blue spots.

IMG_9942.JPG

ブルースポッティッドレイはサンゴ礁域でよく見かけ、とっても綺麗な金色の肌と金色の目をもったエイです。 それに青いアクセントがとっても金色の肌に映えて、ゴージャス。

IMG_0539.JPG

白黒写真で撮っても同じだよなあ、、という従兄弟のアカエイとは大違い。角度が変われば色も変わって見え、それはそれはお金のかかった肌。どの角度からもサマになるし、すぐに砂に潜ろうとするアカエイと違って、悠然と海底に乗っかるだけ。だから、砂も巻き上げず、乱反射もせず、えらい!

IMG_0540.JPG

大きさはアカエイより一回りも二回りも小さいですが、写真ではどうせ大きさの違いなんてあんまりわかんないし、綺麗なもん勝ち。

IMG_9948.JPG

洞穴の中にいることも多いのですが、洞穴には別に友達がいるとは知らなかった。写真を撮っているときには全くフグに気が付かず、海から上がって写真をみて初めて気が付きました。ストロボで照らすのなんて一瞬だし、こういうこともあるのですね。

IMG_8955.JPG

posted by NAOKI at 22:05| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Scuba Diving ダイビング部 マレーシアと紅海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Abuse in Malaysia ネット炎上だけではすまない

Shell to remove standees of employee due to obscene photos in July.
Read more at http://www.thestar.com.my/news/nation/2017/07/04/shell-to-remove-standees-of-employee-due-to-obscene-photos/#DG8FEKoAI4bcdMHw.99

“We are aware that pictures of several individuals photographed engaging in distasteful and suggestive acts with a promotional standee at our retail stations are circulating online. We do not condone this disrespectful act, which is completely against the culture of Malaysians and Shell’s core values.

“We urge netizens and members of the public to refrain from sharing these images further. The standee will be removed from all our sites with immediate effect,” said Shell Malaysia Trading Sdn Bhd in a statement.
Images of a group of men kissing and making suggestive gestures with the life-sized cardboard cutouts of Shell station manager Nor Shafila Khairusalleh, 25, have angered many people who accused them of being obscene and sexist.

IMG_8880.JPG


バカな連中は世界中にいるし、こういう不届き者のために被害を受ける企業もあるということ。
マレーシアのシェルには写真のような健康的な女性がミネラルウォーターも持ってたり、写真のようにSamアップしているボードがありました。みててニコニコするような笑顔なので、つい写真にとったのですが先月、シェルのガソリンステーションからこのボードは一斉撤去。

理由は、このボードに抱きついたりしているバカなヘルメット姿の男の写真が何枚もSNSにアップされ、イスラームのこの国で何ごとだ!と炎上。そして、シェルは大金を投じて作ったボードを一斉にスタンドから撤去。バカな連中は世界中にいるし、日本でもバカな連中が起こすこういった手合いの炎上は後を絶たないようです。いい加減、炎上は世の中に周知されているのに、バカはそういったことに気が付かないからバカなのでしょう。

マレーシアのこのバカの写真はいずれも、ヘルメットを被ったバイク男たちです。給油のついでにそのまま抱き着いたりしているのでしょうが、日本と違ってバカの顔にモザイクなんてかかってないまま報道されているから、何処の誰だか、周囲にはバレバレ。しかし、バイク乗りにバカがいるのは許せん!マレーシアでも、暴走族が横行し、危険運転(スーパーマンとか)なんてもはやサルレベルの知能としか思えないのに!こんなバカのおかげでバイク乗りの社会での認知度は非常に悪いです。

ふー、バカはどうにかならんもんだろうか。死ななきゃ治らないというやつか。

最近はそれに加えてフェイクニュースも多いです。ラジオでもフェイクニュースは拡散しないようにというキャンペーンを集中的にしています。それだけフェイクニュースはひどいし、私も引っかかったことがあって、後で事情を知って愕然(で、その後は怒り心頭)としたことがあります。フェイクニュースも何とかならんもんだろうか。インターネットでこんな世になるなんて思ってもみなかった。

posted by NAOKI at 01:04| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Life overseas マレーシア生活とアラビア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Diving in Redang 10 Hermit Crab ヤドカリ

You can find a lot of Hermit crab even on land.

IMG_9189.JPG

ナイトダイビングの主役は甲殻類ですが、その中でも特に華やかなのがヤドカリ。
色も形もユニークだし、逃げ足は遅いので写真を撮るのには最適。ただし、あんまりユックリしているとヤドカリは逃げるので、早目の撮影がお勧めです。

IMG_0811.JPG

レダンの海には、いや、陸上にもヤドカリは一杯いる。種類もさまざま、大きさもさまざま。レダンにヤドカリが一杯いる理由は、巻貝の殻が豊富というしるし。ヤドカリは常に住宅難で、巻貝の殻不足状態。入居するにも、家がないとしかたない。貝類が多いということは豊な海ということ。ヤドカリが多い海は、潜って楽しい海です。

IMG_0842.JPG

posted by NAOKI at 00:37| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Scuba Diving ダイビング部 マレーシアと紅海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

Diving in Redang 9 Bumphead Parrot Fish コブブダイ

I found lonesome weak Bumphead Parrot Fish at Redang Beach.

IMG_0711.JPG

かなり前からレダンベイに一匹のコブブダイが住み着いているというのは聞いてました。とくに餌付けしているわけではないようです。が、見たことはなかったです。それがこのまえ、ビーチエントリーで水深が5mぐらいのところで、ばったり鉢合わせ。

IMG_0706.JPG

わあ、痛々しい。エラはボロボロ、体に幾つも大きなシミができている。捕食者に襲われて致命的な怪我をした後遺症というわけでもなく、何かの病気だと思います。家で金魚や熱帯魚を飼った人なら、すぐわかる病気の特徴をすべて備えている。

いったい、どうしたんだろう。。。。とは思うものの、どうにもできません。巨大な体をゆすったり、水面に浮き上がったり、バランスも上手くとれていない。ほんとうに痛々しい。このサカナの最後の日々が安らかに過ごせるように願うばかりです。

IMG_0716.JPG

posted by NAOKI at 17:17| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Scuba Diving ダイビング部 マレーシアと紅海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする