the MY Pantai Timur telepraph

2017年11月14日

Food in a couple of days インスタ映えする食事

Good colorful food in Malaysia

IMG_3184.JPG

KLのPasar Malamで見かけたアイスクリーム屋さん、その場でアイスを作ってる。ほお、確かにでてきたものをみるとまごうことなきアイスクリーム。あれは、こうやってつくるのか、、知らなかった。ちゃんと、手にはアイスクリーム屋さんのシンボルのスズ持ってる。

IMG_3183.JPG

夜市は、フォトジェニック的宝庫。撮りだすととまりません。撮りだすととまらないのは、毎日の食事。いやー、ほっとんど毎日の食事、朝昼晩、、写真に撮ってます。もちろん、SNSにはアップしません。何かの本にSNSに食事をアップする人は太る、、と書いてあったのでアップしないのです。が、痩せません。おかしいなあ、、、ま、いいか。

最近の食事。イタリアーンなスパゲティ

DC355219-9C59-490F-98A2-B9489983C6B2.JPG

そしてマレー料理で一番インスタ映えする料理、Nasi Kerabu ナシクラブです。が、写す人が下手だと、ちっとも美味しそうに見えない、、うえに、インスタ映えもしない、、悲しい。もーーちょっと、いろいろと付け合わせの配置を考えたほうがいいですね。

E59ED57B-749D-4BB2-B4D1-29A2219A4AC2.JPG

posted by NAOKI at 23:21| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Local Foods マレーシア料理とサウジ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ubi Hitam 森のイモ、、キャッサバ

I live in Kuantan, area is known as "Kampong Bukit Ubi".

IMG_3121.JPG

Ubi Hitamとは森のイモ。キャッサバです。たまたま、久しぶりにいつものPasar Malamで見かけて即買い。蒸かしたキャッサバに塩ココナツをかけて食べるのが定番です。キャッサバの甘味と塩ココナツの絶妙なバランスがとっても良いです。

、、で、全然関係ないですが私が住んでいるのはクアンタンでも、カンポンブキユビKampong Bukit Ubiという場所です。カンポンは村と訳されることが多いですし、実際に村なところも多いですが、市街地化しているところでも、呼び名はそのまんまカンポンなにがしと呼ばれます。つまり、もともと人が住んでいるところ、、ぐらいなのかなあ。そしてBukit Ubiはイモの山という意味。わあ、イモの山に住んでるんだ、、、
今度から漢字で住所書くときは、関丹の芋山村、、って書こう。

posted by NAOKI at 22:42| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Local Foods マレーシア料理とサウジ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Introduction for BUDO? 武道のすすめ、、か?

I read an article of Introduction for Budo. But, too,, what can I say, old concept too old dated. Budo must be hilighted in new aspect in this modern age...not idea of 100 years ago.

IMG_3307.JPG

武道のすすめ、、という文を書いたのは元中央教育審議会会長という人です。内容は、、なんかつっこみどころ満載すぎて、どこから突っ込んでいいことやら。こういう武道のように「伝統がある」といえば、聞こえはいいけど、わかりやすく「古臭いもの」をやるということが現代的にどういう意味があるのかということを広く安易な言葉で知らしめるのが教育なのに全然伝えてない。
武道は一般的なスポーツと違って、こういういいところがあるのだよ!というのもあるはずだけど、それが全然書かれてないということは、ちょっと信じられない。ちゃんとやっている人なら、それぞれのアクティビティのもつ良い所はきちんと説明できるはずなのに、、残念にもほどがある。

いきなり最初から、「立派な人になりなさい」。まず、何をもって立派というのか?世のため人のためといいつつ、武器を売り戦争をしかけてる「立派な」と言われる人も多いものです。
でもって、仏教の教えを持ってきて、、。まあ、いいけど、教育の初っ端に宗教をいきなりぶつけてくるなんだけど、内容もすごい。人間として生まれるのは難しいけど(?)、生まれたからには立派な人になりましょう。おお、いきなり何かと物議のある六道輪廻ですね。この説を持ってくると、先祖は何かに生まれ変わっているから(すでに先祖の霊に似たものは無くなっている)、ご先祖様が見守っているとかはないよ、、ってやつですね。まあ、いいでしょう。

そもそも、世のため人のためになる人になりなさいという常識的なことを言うために、わざわざ六道輪廻説を持ってくる必要があるのだろうか?しかも仏教徒限定の理論だし。なるほど、最近の教育はなんかネジが外れているといわれてるけど、ついに現場を見てしまった気分。

その次の人間は試練と闘う運命、、云々というのは、もういい。いちいちつっこんだら収拾がつかなくなる。「人間は試練と闘う運命」というのは大仰で悲観主義なあんたの運命論であって、いちいちつまらん運命論なんてもってくるな。「人間は楽しむために生きている」という主張のほうがよっぽど世の中を明るくするよ。

IMG_3309_2.JPG

つっこむ前に予め言っておくと、私の親族に学校の必修武道科目で受傷して寝たきりになった子がいます。まるで定番のようですが学校側はなんの責任もとりません。こういう話は良く聞くでしょう、ありふれているかもしれません。でもね、子供も家族にとっても「ありふれた話」で済ますわけにはいかない、本当に人生そのものの大問題なのです。怪我の危険が予測できる「武道を学校教育に必修にする」ついては敵意丸出しです。
武道そのものを否定するつもりはない(実際私は学校のクラブ活動でやってた)、けれど絶対に選択制あるいは課外クラブ活動にするべきだと思っています。

武道はいろいろなことを教えてくれます。。。と書いている?内容を読むと別に武道じゃなくても構わないじゃないか。
1)体を鍛えるなら、普通にジョギングしたほうがいい。体力をつけるなら水泳がいい。歩く走るは人間の動作の基本で体の動く限りやらないといけない動作です。武道にくらべて怪我も少ないうえ生活に役に立つし正しく行えば体幹から鍛えることができる。
2)精神を鍛える?ところで精神てなにものですか?いろいろと調べたけど、「精神」をきちんと説明できているところはありません。例えば忍耐力、例えば挑戦、こういった言葉で言い換えが可能です。もし、言い換えが不可能であれば、実際のところそれが何であるか、説明できないし、さらにそれを鍛えるなんて無理でしょう。武道であれば精神が鍛えられるということはありません。武道をしていない世界中の多くの人はこれが鍛えられることがないということかな。

「精神的に強いランナー7つの特徴」という記事があり、長中距離ランナーがいかに精神的に鍛えられるかということが書かれています。べつに、精神というものがあっても、武道じゃなければ鍛えることができるわけじゃない。
http://sekatyu.blog.jp/archives/26092710.html

3)心を強靭にしてくれます?ああ、エジプトのカイロで3年ほどエジプト人に混じって生活すれば、別にそれだけで心は強靭になります。特に運動なんてする必要もないです。格闘技?へん!カイロの生活は「実戦」だよ、お遊びの練習とかとはわけが違う。いきなり大家に追い出されるとか普通すぎる。もう毎日実戦でへとへと、、毎日闘って、闘って、闘って、そらあもう、、武道?なんじゃそりゃ、、というレベルでより高度な実際レベルの「心の強靭さ」を身に着けることは確約です。

以下は略。べつにどのスポーツでも、スポーツでなくても身に着けられるのもばかり列記して、いったい武道でなければいけないことなんて何一つ書いてない。私が書くならただ一つ、「痛みを知ることができる」。武道も含めた格闘技は相手に直接的な痛みを与える行為です。これは他のスポーツにはありません。痛みを感じることで、相手の痛みもわかるし、肉体的な痛みを通じて精神的な痛みも想像できるようになり、痛みを思いやる心が育つことかな。でも、武道に限定しません。

別に武道が好きな人は続ければいいし、はじめたい人はともかくやってみればいい。ただ、必須という名の強制は止めて欲しい。

武道のすすめというのであれば、「自発的に武道をやりたい人は応援するし、武道をやらない人にも尊敬の心を忘れない、これが武道の教えです」ぐらい言えばよかったのに。

ただそれだけのこと。学校武道必修みたいなバカげたことを考えるのは、本当は武道なんてやったことない人なんじゃないかな。

posted by NAOKI at 18:07| クアラルンプール ☔| Comment(0) | Education 教育学部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Japanease BUDO demonstration 日本から武道のミッションがやってきた

Japanease traditional martial arts mission has arrived.

IMG_3255.JPG

シャーアラムのパナソニックスポーツコンプレックスであった日本からの武道ミッションを見に行きました。もしかしたら、アブダビかサウジにいるときに同様なミッションが来たような記憶もあるけど、残念、覚えてないです。ああ、やっぱりブログとかに書いてればよかった、、記憶力が本当に悪いのが悔やまれる。

ADFDDBCB-AA9A-4D97-A0C6-F0E9283F4641.JPG

シャーアラムには似たような体育館が幾つもあって、場所を間違ったりして到着したのはデモンストレーションの開始時間。あんなに迷うとは思わなかった。うーん、今回はバイクに荷物を載せているのでセキュリティのいないところには駐輪したくないのだけど、、ということを道路整理の方に言ったら、、じゃあ、、、ということで、入り口隣の警察車両の隣。

IMG_3250.JPG

確かに、これは安全でしょうね。しかも、反対側は大使館の車、、安全度マックスで、VIP扱い!ありがとう。スーパーバイクが普通のバイクと違うのは、微妙にいろいろ配慮してくれるところです。本当に助かります。

そして、ジムに入ると、、おや、みんな整列して偉い人がスピーチしているところ、、やっぱり、お相撲さんは目立つ、、

IMG_3254.JPG

スピーチ席のある正面2階に案内されたのですが満席。するとボランティアの方が椅子をだしてくれて座ることができました、、ヘルメットも持っているので座れると楽。なんだか、ここまではVIPもかくや?という扱い。これはたまたまなのか?それとも日本流だと普通にこうなるのか?最近、、日本のことがわからないのでよくわからないけど、そっか!これが噂の「おもてなし」!

最初は弓道、、でかい、、日本の弓でかすぎ。こんなにでかくて本当に戦場で扱えたというのがびっくり。昔の人はどうやって使ったのだろう?最近アーチェリーの興味があるから、目を皿のようにしてみてます。

IMG_3277.JPG

最近なにかと噂の銃剣道、、「突き」ばかり。調べると「突き」しか有効打法はないそうです。中学の武道に取り入れられる?それは無いでしょう!だって剣道だって突きは中学では禁止。理由は怪我の可能性が高いから。だから、身体の育成を目的として導入したのが怪我の可能性が高い、、じゃあ本末転倒でしょう?そもそも武道をしなくても、身体や精神の育成は図れます。

IMG_3297.JPG

こちらは、少林寺拳法。てっきり天下一武道会かとおもったよ。

IMG_3289.JPG

なんせ、開会がお昼の2時からという遅い時間なので、その日のうちにクアンタンに帰らないといけない私にとって、最後まで見る時間はありません。弓道、銃剣道、合気道、少林寺拳法、柳生新陰流、空手道をみたところで、帰路につきます。

雨ばかり、、ずーっと雨。もう体がびしょびしょで根を上げたいんだけど、あげたところで、どうなるもんでもないので、走りとおし。休息をいれながら家まで5時間かかった、、

AB23FF5F-3732-42BC-B6FB-66248B25387B.JPG

武道のデモンストレーションは面白かったです。ああいう本物をちゃんと見れるチャンスというのは滅多にあるものじゃないし、しかもショーケースでエッセンスを次々に見れたし、さらに演じているのが段位の超高い人たちばかりというのも見どころ。おじいちゃん、おばあちゃんが多かったけど(そういうお前はなんだ?)、パリッとしていいなあ、品格というのを感じます。

posted by NAOKI at 16:53| クアラルンプール ☔| Comment(0) | Education 教育学部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Monsoon 今年のモンスーンはラニャーニャ

Monsoon has already started. Everywhere in Malaysia was raining.

IMG_2730.JPG

マレーシア半島部東海岸のモンスーンは最初のピークを迎えています。もう、毎日これでもか!という雨。モンスーンの雨が降らない日は、夕立の雨が降るし、どっちころんでも雨が全然降らない、、という日はないです。強烈な雨は夕立(スコール)系、しとしと降るのがモンスーン。ちなみに、日本は温帯モンスーン気候に属していて(ほら、砂漠気候とか地中海式気候とかと同じ気候区分のひとつ)、ここら辺の熱帯モンスーン気候とは「モンスーン」つながりです。で、モンスーンは、エルニーニョとかラニャーニャにすごく影響をうけます。もう、勘弁してください、、というぐらい。

マレーシア東海岸がモンスーン時期に入ったということは、逆に半島中央部の山脈の向こう側、つまり首都KLをはじめ、ペナンやマラッカのある西海岸はモンスーンを脱して安定期に入ったということなんだけど、いまはまだまだ西海岸も雨が多くて、ペナンでは先週大規模な洪水がありました。
いったい気候はどうなったのか?といいたいところ、、今年は東海岸の安定期でも雨の多い年で、ドリアンもあんまり実らなかったし、今年のマレーシアの降水量は記録的なものとなるはずです。

気象庁のエルニーニョ監視速報はこちら。11月10日更新の最新のものです。いまはラニャーニャ現象時の特徴が持続しているようです。私のブログの過去記事を読むと、「ラニャーニャ時に雨が多い」となっています。

http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/elnino/kanshi_joho/kanshi_joho1.html

エルニーニョだとヘイズで煙ったいし、ラニャーニャだと大雨だし、どっちも嫌だ!

posted by NAOKI at 11:36| クアラルンプール ☔| Comment(0) | Life overseas マレーシア生活とアラビア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

Temasya Budara Melaka 6 Indian Subconti-Origin people インド系はなんか馴染むよね

India Subcontinent origin people.

DSC02566.JPG

マレーシア〜トゥルーリーエーシア〜という歌があります。日本でも昔けっこうCMで流れたので知っている人は知っていると思うけど、、本当にそう思う。アジアの2大国、、中国とインドの両方の文化がインドシナ文化と交わって、なんか本当にこれがアジア、、無国籍アジア風でもあります。

malaysia-truly-asia.jpg

こっちがMalaysia Truely Asia 2014でユナさんが歌っているバージョン。ほぼ毎年プロモーションビデオが作られるけど、なぜか毎年ちょびっと長くなっている、、このビデオはとっても綺麗、、6分のバージョンが2つあります。



で、マラッカの民族の祭典に欠かせないのが、インド系。私の住む半島東海岸は西海岸に比べてインド系の割合が低いので、マラッカに来ると、、おお、、インド系がいっぱい、、とか思います。

DSC02571.JPG

主にタミール人ですが、タミール人以外にもいろんな出身地の人達がいて、宗教だってさまざま。だから、結婚式の様子もまた、マラッカにすむインド系の一形態、、

IMG_3051.JPG

私はアラビア半島で、インド系の人たちに交じって暮らしていたので、インド系の人達にはなじみがあるというか、私が馴染んでます。マラヤーナム語の挨拶できるし(フレーズが5個ぐらい)。
もっとも、この会場じゃなくてもインド色は街のあちこちに、、

IMG_3044.JPG

はあ、、なんか落ち着くよね、、、

IMG_3043.JPG

posted by NAOKI at 23:13| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Melaka & Penang マラッカとペナン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Temasya Budara Melaka 5 Olang Asli アボリジニ人!

Olang Asli @ Temasya Budara Melaka 2017

IMG_3090.JPG

オランアスリ人という言い方はありませんが、まあ、いいでしょう。日本だって「東京人」という雑誌があるぐらいですから、オランアスリ人といっても不都合はなし(たぶん)。オラン=ひと、アスリ=もともと、、でアボリジニと同じ原住民という意味です。アスリは外来語ですね、アラビア語でもアスリです。ちなみにマレーシア語になっているアラビア語起源の言葉は、ほっとんど「事務用語、お役所用語」に集中しています。

DSC02559.JPG

そのアボリジニについては、このブログでもかなり詳しく記事を書いています。なんせ各地のオランアスリ博物館を何か所も行ったし、、スンガイレンビンにはオランアスリが住んでるし、、そういえば関係ないけどオランアスリの就学率が低くて問題になってるってラジオで言ってた。スンガイレンビンのオランアスリ保護区の学校はかなり立派なものが立ってるんだけど、、行かないの?

このフェスティバルのオランアスリはあくまでも、マラッカにすむオランアスリの一形態ということで、オランアスリはみんながこんな感じというわけではないです。そもそも、オランアスリというのは原住民の総称で特定の民族のことじゃない。オーストラリアにすむアボリジニそっくりの人もいれば、中国奥地由来のアボリジニもいます。顔かたちから民族的なルーツもさまざまです。

IMG_3046.JPG

、、でもって、オランアスリと一緒にセルフィーが撮れるという模擬結婚式場のブースはまだ開いてなかったので、とりあえずリハーサルでラフな服装で行進中のオランアスリです。見た目は普通のマレーシア人と同じです。というか、オランアスリで早い時期にイスラーム化した部族はもはやオランアスリとはいわず、マレーシア人と呼ばれているので、むしろマレーシア人というのはインドネシアからきた外来人(といってもさまざまだよね)と元々居たオランアスリ人(といってもさまざまだよね)の中間に位置する((さまざま+さまざま)÷2=おもいっきりさまざま)というのがより正しい言い方なのかもしれませんね。

posted by NAOKI at 18:14| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Melaka & Penang マラッカとペナン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Coffee shop @ Jonker walk マラッカならコーヒー、お茶じゃないよ。

Coffee shops in Jonker walk.

DSC02578.JPG

ジョンカーウォークの楽しみは、軽食。とくに朝ごはん。寝坊した人は残念ながら、ここの一番素敵な部分をパスしたことになります。

DDF366A8-5ECB-4EB1-B0A0-6D7541F37CAE.JPG

今回の朝ごはんはこちら、、

DSC02573.JPG

何気なく立ち寄りましたが、、、美味しかった。しかも朝早くからやっているのが評価の高いところ。

DSC02588.JPG

古くて趣のある赤レンガがいいかんじ。もっとも、マレーシアはどこも赤レンガだけど。

DSC02585.JPG

朝早すぎて、、いつものジオグラファーは、まだやってなかった。

IMG_2590.JPG

こちらは、たまたま見かけたのだけど、、すごい繁盛しているお店。

DSC02602.JPG

どんだけ繁盛しているかと言うと、ものすごい行列ができてた。ジョンカーウォークの入り口あたりはそもそも人通りが多くて行列のできるチキンライスのお店もあるのだけど、ここはかなり奥で、この時間、このあたりに来る人は、ほとんどこのお店が目的なんでしょう。

DSC02603.JPG

コーヒーを買うのは、いつものAik Cheongなんだけど、、まだ朝はやってない。11時半からって言ってた。

IMG_2581.JPG

どっちかというと、夜の方が賑わっているお店です。まあ、お店がひらくのもお昼近くからだし、、

IMG_3105.JPG

IMG_3106.JPG

IMG_2583.JPG

グルグルっとまわると、最初の朝ごはん、デザートの朝ごはん、遅い朝ごはん、、と3食はいけます。

posted by NAOKI at 16:32| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Melaka & Penang マラッカとペナン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sports Day @ Jonker Walk マラッカの小学校の運動会

Sports day @ Jonker Street 培徳小学校

DSC02590.JPG

ふーむ、マレーシアにも運動会があるとは知らなかったです。
ジョンカーウォークのすぐ脇にあるのが、培徳小学校。マラッカに行った日。ちょうど運動会でした。

DSC02599.JPG

小学校の近くにいくと、まさしく運動会としか言いようのない空気が漂っていて、ざわめきとか、アナウンスとか、「なんだか運動会みたいな雰囲気だなあ」と思って歩いていると、角を曲がってみると本当に運動会。

0F4711AC-D8ED-4437-898A-B216C4842D18.JPG

私は空気が読めないとよく言われますが、運動会の空気だけは読めたわけですね。
しかし、、なんか、懐かしい雰囲気。

posted by NAOKI at 12:25| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Melaka & Penang マラッカとペナン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Flea Market 蚤の市@Jonker Street は、ドリアン帽子?

I found Durian Cap at Flea Market@Melaka

IMG_2577.JPG

マラッカの朝の楽しみはカフェ巡りと蚤の市。なんと、ドリアン帽子を見つけました。いや、もしかしたらとがったスタッズを一面につけたパンクな帽子なのかもしれないけど、マレーシアではパンクではなく、ロックでもなく、ドリアンです。

蚤の市はいろんな発見があるところ、、

IMG_2572_1.JPG

中国っぽいチェスの駒。いいなあ、こういうのの日本版があればいいのにWebでチェックしたらほとんどない。というか、外国の人が作ったものっぽいのしかない。サムライ版があれば日本土産に喜ばれるのに。

IMG_2579_1.JPG

ヘルメットは、、売り物だかどうか微妙なところ、、、

IMG_2576_1.JPG

今回の買い物はスズ。自転車だと近づいても気が付かない人がいて危ないから自転車につけて走る予定。バイクでもいいかも。

IMG_2580_1.JPG

posted by NAOKI at 10:47| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Melaka & Penang マラッカとペナン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする