the MY Pantai Timur telepraph

2018年01月04日

赤道越え Crossing Equator @ Sumatra 1 赤道を越えるのは、魂を揺さぶる何かがある

"You are corssing the Equator" @ Zero degree Equator Bon Jol, West Sumatra.

RIMG2666_1_1.JPG

陸路で赤道を越えるというのは、ロマンの魂を揺さぶる(笑)何かがあります。
ここは、インドネシアのスマトラ島。西スマトラ州のボンジョル村。昔すごく流行った歌手の名前でも、フランス語のおはようでもありません。ボンジョルです。

RIMG2658_1.JPG

赤道ってどこにあるの?と訊く人には正確に伝えたい。赤道はバイクで2日かかる、標高2000m級の空気が刺すような冷たい山奥のそのまた山奥の地震の断層を通って、ずーっと10時間も時速は25km/hぐらいの超低速で四駆の車ですらタイヤが空回りする道なき道を越え、、頭がクラクラさせた先

RIMG2690_1.JPG

、、モンスーンの雨に降られながらデコボコでシートから跳ね上げられ股が腫れ上がり(ニーグリップしてるのに)、たどり着いた先、、

RIMG2665_1.JPG

、、疲労困憊で、目を皿にして、もうそろそろ赤道が見えてくるころだ、、と妄想が頭の中でグリングリンしながら、それでも何時間たっても見えてこないし、道を間違えたんじゃないかと千回ぐらい思った先。

IMG_4933_1.JPG

ずぶ濡れの中、たどり着いた喜びにセルフィーに浸ってる。雨の中、赤道直下で子供たちが遊んでた。ここは、標高が1000m超の山脈から降りてきたところで、まだまだ涼しい上に濡れて寒くて震えてしまう。赤道直下なのに、、

84F6D0F2-DB66-47BC-8039-199F884137F0_1.jpeg

赤道は赤い、、やっぱり。そんな気がしてたんだ。片道が二日がかりだもん、北半球からきて、

IMG_4940_1.JPG

南半球に抜けていく、、、

IMG_4939_1.JPG

ここで、正式な赤道越えの証書をもらいました。5千人を超える人達がここで証書をもらいましたが、、私はこのボンジョル赤道越えの

はじめての日本人ライダー


、、ということで、こちら。名前は「漢字で書いて欲しい」と頼まれて何故か漢字。彼らにとっても、この漢字入りの証書は「日本人初」の記念になるらしくみんな写真をとりまくり。

IMG_4945_1.JPG

、、ということで、強烈に大変だった北西スマトラ騎行。カテゴリー「インドネシアツアー」に関連も含めてすべての行程をいれています。

IMG_4925_1.JPG

posted by NAOKI at 22:01| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Indonesia Touring インドネシアツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

Merry Christmas @ Melaka 10 マラッカといえば、ワニ園でしょう

Visited Taman Buaya @ Melaka

IMG_3073_1.JPG

高速道路でマラッカに降りて、しばらく行くと交通渋滞が始まります。バイパスを作っているのですが、何年かかっているのか?工事は全く進んでるように見えないし、渋滞はひどくなるばかり。
とくに渋滞するのが、ワニ園の前。だから、いつもここで渋滞にブツブツいいながら、「ああ、ワニ園だよねえ」とか思ってました。

今回は日程に余裕があったので、気になってた?ワニ園に行ってきます。

IMG_4801_1.JPG

もちろん、ワニがいます。しかも、地元のワニです。輸入物とかじゃなくて、ここに住んでる、地元のワニ。ペラ州の湾岸部で巨大ワニが捕まったとかいうニュースをちょくちょく見ますが、私の住んでいる東海岸はなぜか西海岸ほどワニがいません。いないわけじゃないけど、、

人家近くに現れたワニ!は、すぐそこで捕まえられて、、、、だけど、そこらへんに放っておくわけにもいかないし、捕まえられたワニはみんなワニ収容所送り。こうして、ワニ収容所は転じて「ワニ園」と呼ばれ、観光客が入場料を払って見に来るというビジネスです。

IMG_3070_1.JPG

マレーシアには海岸にいる「イリエワニ」と、川に住む「カイマン」とがいるはずですが、ワニ園はイリエワニで一杯。カイマンは全然見ません。ま、いっか。非常にのんびりしてます。生きてるのか?と思うぐらい動かない。

IMG_3075_1.JPG

もちろん、ワニ園にはワニ以外にも、生き物がいてショーでやってた蛇だとか、、

IMG_3094_1.JPG

餌をやることができる、スッポンとか。

IMG_4803_1.JPG

スッポンはでかい。しかも、餌をやったらバッサリとハサミで切ったように食いちぎります。雷が鳴らないとスッポンは離さないといいますが、雷が鳴る前にに指とか食いちぎりそう。

IMG_4802_1.JPG

そして、何故か?ミニサイズのトリ園も。クリスマスに相応しく、七面鳥。。

IMG_3084_1.JPG

いま、入力で「ひちめんちょう」と打ったら、全然漢字変換しなかった。こんどは「しちめんちょう」と打つと七面鳥って漢字変換ができる。わあ、私は生まれてこれまで、ずーっと、「ひちめんちょう」と呼んでましたが、あれは、間違いだったのか、、、、わあああ、何十年も、、誰も注意してくれなかったし、、

IMG_3081_1.JPG

クリスマスらしい勉強になりました。忘れなかったら今後死ぬまで「しちめんちょう」と呼ぶようにします。

posted by NAOKI at 20:54| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Melaka & Penang マラッカとペナン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Merry Christmas @ Melaka 9 セントポール教会、、の「墓の蓋」展示。中身は?

visited St. Paul's Charch @ Melaka

DSC03391_1.JPG

マラッカの世界遺産地区の丘の上は、セントポール教会です。というか、教会の跡地です。もちろん、今は遺跡となって教会として使われてないし、クリスマスらしいデコレーションも皆無です。

DSC03395_1.JPG

下界がクリスマスなんだし、全然キリスト教とも関係のない商店街が飾り付けできれいなんだし、もともとは教会なんだから、ここも、もう少し飾り付けしてあげてもいいのに。まあ、いっか。
ここにあるのは、ザビエル像。もちろん、この廃墟はザビエルさんとつながりが深くて、彼が日本に布教を決意して準備を始めた時、この丘の上のセントポール教会は「日本布教司令本部」として活用。ザビエルさんの意志の象徴みたいなものです。

DSC03397_1.JPG

もともとこの丘の上の教会は、チャペルだったり、拡張して教会や教会付属学校として使われたのですが、丘の下にクライストチャーチができてからは宗教儀式の場としては使われなくなり、イギリス軍による火薬倉庫として使われたりしました。

DSC03386_1.JPG

あとは、見晴台とか、、

DSC03394_1.JPG

現在、教会跡に飾ってあるのは、ポルトガル時代の墓石の蓋。

DSC03389_1.JPG

けっこうな枚数もあります。

DSC03393_1.JPG

あー、イギリスとかでもあったけど教会の中の石畳の下とかにお墓があったりする。だから、お墓の墓石の上をぞろぞろ歩く羽目になったにちがいないのだけど、蓋だけはこうやって、壁に立てかけてる。

DSC03387_1.JPG

奥にはまだ地下にあるお墓が見れて、そこには入れないように柵がしてある。柵の表面にはイエズス会の紋章。

DSC03392_1.JPG

お墓の中身はどうなったかわかりません。もともとこの廃墟は荒れ放題だったのをここまで再築したので、荒れ放題時代に中身もどっかにいっちゃったのでしょう。あんがい歩いているそこら辺にまだあったりして。

posted by NAOKI at 15:28| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Melaka & Penang マラッカとペナン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Merry Christmas @ Melaka 8 キリスト教会はいっぱいある

Many charches are in Melaka.

DSC03397_1.JPG

メリークリスマス!といって祝っているのはなにもクライストチャーチだけじゃないです。

DSC03407_1.JPG

マラッカにはキリスト教各派が出そろっているので、それは一杯教会がありますが、とっても全部は見て回れません。というか、適当に歩いていて目にとまった教会がこちら。

IMG_3041_1.JPG

世界遺産地区にあるザビエル教会、、の写真を撮るの忘れたので、こちらのイエズス会のサクレクールの建物。さすが、ザビエルさんを擁するマラッカだけあって、一等地にあります。ちなみに、サクレクール(Sacred Heart)は聖心と訳され、日本では聖心女子大学の聖心として知られてます。今のローマ法王もイエズス会だし、なんかイエズス会の勢いは留まるところを知らないみたい。パワーあるよなあ。

どうでもいいけど、カトリック系ミッションスクールは女子受けするところばかりなのはどうしてだろう、白百合女子大、上智大学、聖心女子大、ノートルダム女子大、、、、うーむ、わからん。

ザビエルさんは私が敬愛する偉人でもあります。なんせ、あの布教費用は彼のビジネスからのあがりです。荷物ももたず、身一つでどこでもいき、そこで無から事業を興し、莫大な利益をたたき出しては布教に全部お金をつぎ込み、学校はたてるし、病院だってつくるし、王様に献金もするし、これ、全部かれの不屈の商才の賜物!しかも、この方法でインドでもマラッカでも日本でも、商売も布教も成功している。

そしてこちらが、タミール系メソジスト教会。

DSC03323_1.JPG

こちらも一杯人がいるし、建物も記念碑的なんだけど、なにせ場所がジョンカーウォークの一番はずれということで、会衆以外には人影まばら。

せっかくのクリスマスだし、教会巡りしたいよね、、とか思ったけど、つかれてやめました。また、体力があるときに、そのうち、、、

IMG_3049_1.JPG

posted by NAOKI at 13:03| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Melaka & Penang マラッカとペナン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Merry Christmas @ Melaka 7 これは「しゃちほこ」じゃないか!変なもの見つけた

visited chinese temple

IMG_3059_1.JPG

ジョンカーウォークから一本外れた、ティンカーストリート。ここにある中国寺院は門前市をなす賑わい。一方ではクリスマスがあって、一方ではこういうものもあってマラッカの多様さがわかります。

DSC03332_1.JPG

で、入ってみて驚いたのが、え!屋根に「しゃちほこ」があるじゃないか、、あれって日本の独創じゃなかったんだ、、、ということ。中国では「鰲龍」と言うそうですが、なんて読むかわからん。やっぱり、屋根の上にあるのがスタンダードらしいですが、なかには鰲龍観音という仏像もあって、ふーん、やっぱり中国はいろいろあるなあと思いました。調べると、なんと福岡県杷木に昇竜観音というおっきな仏像があって、ここでいう昇竜とは鰲龍のこと。ふーむ、昇竜というとかっこいいけど、シャチ乗り観音というとちょっと?ということです、、ネーミングの勝利。

ちなみに16世紀の怪物絵図の宝庫?カルタマリナで「くじら?せいうち?」はこんな感じです。似てるといえば似てるかもしれないけど、クジラの一種である「シャチ」とは大違いですね。

1.jpg

気になった、ほかに屋根の上に乗っかったのは、こんな風なもの。どれも、物語性があるのだろうけど、よくわかりません。「戦うお姉さん絵巻」と私は勝手に名前をつけました。観てるだけで楽しい。今も昔も戦闘美少女モノには心を揺さぶられる、きっと何かがあるのでしょう。

IMG_3057_1.JPG

IMG_3058_1.JPG

IMG_3053_1.JPG

IMG_3056_1.JPG

IMG_3054_1.JPG

IMG_3055_1.JPG

posted by NAOKI at 12:14| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Melaka & Penang マラッカとペナン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

Merry Christmas @ Melaka 6 カフェで朝ごはん。早朝ごはんと遅朝ごはんの2回はいける

Visiting Cafes

IMG_4731_1.JPG

ジョンカーウォークやオランダ広場の周辺の楽しみは、カフェ巡り。とはいえ、胃袋にもサイズというものがあって、サイズを無視してやみくもに行けないというのが辛いところ。でも、朝早く、軽ーく食べて、ひとしきり散歩も終わったころ、もう一回軽ーく行く、、というのであれば大丈夫。
なぜ、朝ごはん?お昼とか夕ごはんとかに行けばいいのに、、というもっともな意見もありますが、朝ごはんは比較的料金が安いうえ、人が少なくて落ち着けるという醍醐味は外せません。人がおおくて、ザワザワしているカフェなんてカフェじゃない(当社比)。

もちろん、定番はジョンカーの中心。ジオグラファーカフェ。ただし、ここは朝9時過ぎないとオープンしないので、早朝ごはんには向きません。遅朝ごはん向け。

IMG_4797_1.JPG

DSC03309_1.JPG

ここも、時期柄クリスマス色が強いですね。良い感じのデコレーション

IMG_4796_1.JPG

今回、初めて行ったのは、バンブーハットビストロ、、というカフェ。オランダ広場に入る直前にあります。まだ橋の教会側。このカフェの前は何十回となく通ったのに、中に入るのははじめて。入った理由は?シンプル。開店時間が早いので、早朝ごはんでもってこいだから。

DSC03406_1.JPG

料理はボリュームもあって、値段も手ごろ。これは、なんかお得。雰囲気も良いです。朝早いとオランダ広場といえど人通りは多くなく、良い感じに朝のひとときを過ごせます。

57FC0C91-6493-4D3D-B61E-380DCB73DB08_1.JPG

ホテルのカフェだから、大きい。だいたい、ホテルのカフェ系が朝早くて、独立カフェが朝遅いです。

DSC03400_1.JPG

DSC03405_1.JPG

ジオグラファーカフェがお洒落路線なら、バンブーハットは実質的路線。

FDF7E488-457B-4491-B1AD-14CD184238BE_1.JPG

今回は、ジオグラファーカフェが開くのが遅かったので、早朝ごはんはジオグラファーカフェの向かいの高級そうなカフェに入りました。

DSC03318_1.JPG

ここは、、、値段が高いけど、お洒落度はジオグラファーの倍ぐらい。綺麗だし、

DSC03320_1.JPG

おいしい、、そういえば、お店の名前忘れた、、、

FE191DA3-6740-4E33-A7D3-44F779ABB1C2_1.JPG

フォトジェニック心を揺さぶるカフェで、お店の中写しまくり。ちょっと恥ずかしいけど、、

DSC03322_1.JPG

値段が高めなので、痛し痒しだけど、ま、いっか。

IMG_4727_1.JPG

DSC03317_1.JPG

DSC03316_1.JPG

少しずつ、店を変えていってもジョンカーのカフェ全店舗制覇するのは大変。もっとも、テナント料が高くて、採算に合わないお店はコロコロ変わるので、全店舗制覇は永遠に続くはずです。

posted by NAOKI at 21:48| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Melaka & Penang マラッカとペナン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

Merry Christmas @ Melaka 顔文龍さん Gan Boon Leong ミスターマラッカを忘れてはいけない

Don't forget Datuk Wira Dr. Gan Boon Leong, Mr. Melaka

DSC03308_1.JPG

マラッカの観光客の中心は、ジョンカーウォーク。そこに、唐突にあるのがボディビルダーの像。きっと、ほぼ全員が、「わあ、なんだこれ?」と思うはずです。唐突度はものすごく高い。いきなり!です。

これは、マレーシアのボディビルダーの父と呼ばれている、顔文龍 Gan Boon Leongさんの像で、大きいほうから?呼ぶとミスターユニバース、ミスターアジア、ミスターマレーシア、ミスターマラッカという別名があります。1950年代、60年代に、ひっじょーに有名だったボディビルダーで、その有名さは延々と続き、2000年には名誉ミスターユニバースに選ばれました。

AD17B69E-D0C0-4325-B294-E966F6B173CA_1.JPG

こちらは、彼の名を冠したジムでジョンカーウォークから少し離れたところ。

IMG_4735_1.JPG

ものすごく大きな建物で、最初に見た人は、、「え?これ全部がジムなの?」と驚くはず。

DSC03328_1.JPG

もちろん、全部がジムではなく、ジムのコンプレックスというべきか健康センター、レストランとかもあります。

IMG_4734_1.JPG

これが、現在のDatuk Wira Dr. Ganの写真。マラッカ商工会議所の名誉顧問になっていて、商工会議所の役員名簿についていた写真。80歳は軽く越えてるはずなんだけど、若い。

顏文龍.jpg

もちろん、あんな筋肉の塊のような方でも、お歳をとると丸くなるということですね。しかし、この年齢にしては、大変若く見えるから、ここらへんが、健康重視な方と普通の方の違い。

273F51AB-1CDA-4E02-9963-D66C57397F22_1.JPG

いつまでも、元気で若々しくいてほしいものです。

posted by NAOKI at 23:06| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Melaka & Penang マラッカとペナン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Merry Christmas @ Melaka 5 Emily Travellers Home 気持ちのいいホームスティ、私の定宿だよ

Stayed in Emily Travellers Home @ Melaka

IMG_2541_1.JPG

巨大な足の無い!龍が88の形を描いてとぐろを巻いている壁の絵が、エミリーホームのシンボルです。もちろん、ここは知る人ぞ知るマラッカの隠れ家。ネコ写真で有名な岩合光昭さんがここに通い詰めてネコの写真とビデオでTV番組「世界ネコ歩き」を撮ったことでも知られてます。

IMG_4786_1.JPG

テレビ出演を果たしたトゥア、、シャンプーも散髪も嫌い(やろうとすると逃げる)。何故、岩合さんがトゥアを「美人だね」と番組中で言ったのか意味不明。岩合さんならではの美意識があるのでしょう。私はとりあえず「まず、風呂入れ!毛玉を取れ」と言いたい。

IMG_2630_1.JPG

番組の後に来た、まだ子供のアシュ。

IMG_2539_1.JPG

いっときはホームから抜け出し、迷子になって、みんなを心配させたのですが、また戻ってきて一安心。

IMG_4662_1.JPG

お洒落なホームはリピーター(とくに欧米系の年配者?)をひきつけてなりません。落ち着いた趣味のいい宿で、騒々しさとは無縁なのんびりしたい人向け(マラッカ観光地巡りせず、このホームの中庭で日がな一日だらだらしている人もいる)。それに、泊り客が仲良くなれるしね、、

でも、クリスマス。

IMG_4698_1.JPG

若い子ばかりのパーティにはない、ゆっくりした暖かさがある楽しいひと時、、、もちろん、宿泊者ばかりでなく、友達も呼んで、クッキーを焼いて、料理も時間をかけて作って、、

DSC03384_1.JPG

ここでも、そこでも、クリスマスイブはもりあがります。

DSC03263_1.JPG

posted by NAOKI at 21:52| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Melaka & Penang マラッカとペナン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Merry Christmas @ Melaka 4 ポルトガル広場といえば、新鮮なシーフード料理

Let's eat sea food here.

F211885B-D5E0-4751-956E-BD47764989E4_1.JPG

クリスマスといえば、美味しい食べ物。。。ちょっと違うかもしれませんが、実態はそんなもんだと思います。ここポルトガル広場では、美味しい料理がいっぱい。料理店の名前は、とーってもポルトガル風。

DSC03377_1.JPG

、、だが、、料理は、普通にマレーシアのシーフード料理。そこらへんを間違えてはいけません。世界的な観光地ですのでポルトガル人の観光客だって来るわけですが、ここに来て、、「わあ、ここの料理はポルトガル料理じゃない」と言ったという話を聞きました。が、なーに寝ぼけてるんだ、、マレーシアに来たらマレーシア料理を食べるのが王道。何が悲しくてこんな村でポルトガル料理を食べないといけないのか?ポルトガルがマラッカ戦争でオランダに降伏したのが、1641年。もう、400年ぐらい昔のことなんで、いいかげんマレーシア化していていいじゃない。それに美味しいのだし、、、

IMG_4768_1.JPG

シーフードが取れる目の前の海、、干潟です。干潟は見た目は悪いけど、海の幸は豊富です。

IMG_4774_1.JPG

ベツレヘムの星を目指した東方の賢者だって、美味しいものを食べながらグルメ旅してたに違いない(たぶん)

IMG_4767_1.JPG

ここ、ポルトガル人居住区にあるのが、「ポルトガル広場」で田舎風(マレーシア風)新鮮なシーフードが食べられます。広い駐車場もあります。なかなか、マラッカの中の良いアジ出している観光地で私は好きでよく行きます。
そして、世界遺産地区のど真ん中の赤いクライストチャーチの前の広場が、「オランダ広場」。ポルトガル広場にみられるような貧乏臭さはありません、洒落てます(当社比)。ハードロックカフェだってあるし、H&Mだってある。でも、駐車場はないですし、食べ物も適当な屋台ぐらいしかない。

DSC03364_1.JPG

ここらへんが、ポルトガルとオランダの差かもしれない。がんばれポルトガル広場。

posted by NAOKI at 18:02| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Melaka & Penang マラッカとペナン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Merry Christmas 3 ポルトガル村では、トナカイとサンタさんが激烈なバトル

Papa Christmas is selling sweets to Reindeer.

IMG_4777_1.JPG

ポルトガル村のポルトガル広場では、ご庶民感があふれるクリスマス商戦の真っただ中。

IMG_4781_1.JPG

あんまり、クリスマスつながりが見えないものも、普通に、いつも通りに売られてます。

DSC03360_1.JPG

パッションフルーツジュースもある。今がシーズンだもんね。

DSC03361_1.JPG

サンタさん軍団が客引きしているお菓子のお店に、

IMG_4776_1.JPG

とおりがかりのトナカイが乱入。おお、、これはレアな対戦。いつもならタッグを組む仲間なのに。

IMG_4778_1.JPG

なかなか偉そうなトナカイに対して、サンタさんは粘り腰で交渉。めでたく、トナカイはお菓子を一杯購入して立ち去りました。サンタさん商売上手。

グルグルっと回ってフードコートに寄ってみました。漁師さんの作る新鮮シーフードのフードコートは、こちら「ポルトガル広場」

DSC03366_1.JPG

posted by NAOKI at 17:36| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Melaka & Penang マラッカとペナン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする