the MY Pantai Timur telepraph

2018年06月07日

Trinity Exam for Music Theory トリニティの音楽理論のテストは、実技テストの前だった。音楽理論はなぜかグレード2で、実技がグレード3だから、ひとつ少ないのは何故?よくわからないけど、なんとなく良い感じ。

Music Theory Exam was done last month

IMG_3306_1.JPG

そういえば、音楽理論のテストが先月あったんだ。実技に比べてなんとなく影が薄い音楽理論。まあ、内容は知らない人は難しいけど、一旦ひととおりテキストを終えると、あとは過去問題集だけやれば無難に点数がとれるテストです、、、が、ひっかけ問題が非常に多くて、ひっかけが全編に散らばっているといってもいいぐらい。無事に点数を与えてかまるか!という意地が垣間見える、ひっかけ。

まあ、いいでしょう。
試験会場は去年とおんなじペイチャイ小学校。バトミントンが盛んな学校

IMG_3290_1.JPG

まあ、音楽教室の特色からいっても、ちびっこだらけ。音楽は小さいときからやるに限る、、、らしいけど。別にいつ始めてもかまわないと思う。むしろ、大人になってやる気がでてからやったほうが覚えが早いかもしれない、、すくなくとも理論は。

IMG_3294_1.JPG

試験会場には「サンダル禁止」「ラフな格好禁止」と予め釘をさされていたけど、なるほど学校訪問服装規範なるものがあるんだ。これは生徒用じゃなくて(だって生徒は制服があるし)、あくまでも訪問者用です。

IMG_3303_1.JPG

これまた去年と同じようにテストが始まるまでは食堂でみんな勉強。私は学校見学。卒業生向けの文化活動もやってるんだ、、

IMG_3292_1.JPG

獅子舞部というのがある。うーむ。連絡したくなる。獅子舞の囃子をやってみたい。太鼓を叩きたい。

IMG_3298_1.JPG

書道部か、、、こちらも、ちょっとやってみたい気がする。

IMG_3299_1.JPG

食堂で?コーヒーがでるの?小学校なのに?

IMG_3300_1.JPG

でも、メニューにない。聞いたら、、ああ、あれは写真だけ。インテリアみたいなもん
とか言われました。

IMG_3301_1.JPG

そして、時間になってそれぞれのグレードに従って試験会場に入ります。
ちびっこに混じって、、、うううう、机が小さい。だけじゃなくて、椅子が小さくて、いろいろ角度を変えても足が痛くなる、、
まあいいや、頑張ろう。。

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Music バイオリンと音楽と映画とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Rain is the most "must-see" in Malaysia マレーシア観光というのなら、おすすめは豪雨。日本じゃ、ちょっと見れないレベルだし、できれば、レインコートを着て雨に打たれて欲しい。一生記憶に残る思い出になるから。

If you come for Malaysia for sight seening ? You must experience "Rain Forest", how to feel it? Having Rain,, easy, simple and powerful way to know it.

IMG_3829_1_1.JPG

マレーシア観光の王道は、自然に親しむことです。
それ以外はいっちゃあなんだけど、よその国にも似たようなものはあるし、ショッピングならさらに似たり寄ったりでしょう。
でも、マレーシアの動植物はよそでは見られない固有種がとても多いし、そもそもマレーシアは「世界最古のジャングル」という地球規模でも特筆すべきものがあります。

自然を身近に感じる手っ取り早い方法は?
雨に打たれること。「熱帯雨林」というぐらいで、雨はジャングルに欠かせません。

今日は木曜日で、近所に夜市が立つ日。でも、ラマダン夜市村のほうに屋台がいっちゃって、毎週の市のほうはちょっとガラガラ。

IMG_3838_1.JPG


しかも、超暗い。まだ日が照っている時間なのに真っ暗。お店の人も、「早くしないと雨が降るよ」
ただでさえ出店が少ないのに、雨が降り出す前!ということで急いで買う人がおおくて、けっこう買い物渋滞。

IMG_3840_1.JPG

そらには、魔王のような雨雲が広がり、、

IMG_3846_1.JPG

しかも雲の間では稲妻が飛び交ってる、、、魔王的雰囲気絶大です。

IMG_3826_1.JPG

そして、急に冷たい風が吹き荒れ、、、土砂降りのはじまり。
これを見ると、、ああ、マレーシアに帰ってきた、、、という気がします。一生、記憶に残ると思う。



| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | ECO and Life いのちとエコと新エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ramadan or Ramadhan ? 一つの電柱に2つの広告。ひとつがレストランで、一つが大手スーパーですね。。。って、そこじゃなくて、広告の中の「ラマダーン」の表記法。

One post has two advertisement. each has "Ramadhan" and "Ramadan". Different is Bahasa and English.

IMG_3831_1.JPG

ひとつの電柱に広告が2つ。ひとつは「イフタールはうちに食べに来てね」というレストランのもので、もうひとつは「イフタールはおうちで作りましょう」というスーパーマーケットのもの。季節柄、いいですね、、ある時は食べに行き、あるときは自作するということでどうでしょう。

気になったのは同じラマダーンの文字が違うこと。上のレストランのRamadhanはたぶんマレー語表記だと思う。きれいなカリグラフィでいいなあ。マレーシア以外にもパキスタンでも、アラビア文字のドゥドを dh でアルファベット表記することが多いです。パキスタン人の友人にまさしくラマダーンさんがいて、名刺にある文字はこのつづりどおり。マレーシアのイスラームはペルシャ・インド亜大陸文化を濃厚に引き継いでたりするから、きっとこうなったんだと思う。

IMG_3833_1.JPG


でもって、スーパーマーケットのほうのRamadan。これは世界中で一般的な表記で「英語化されたラマダーン」といってもいいと思う。アラビア圏でもっともふつうに見かけるアルファベット表記です。

IMG_3834_1.JPG

だから?いや、だからどおってことないです。ラマダーンのようにポピュラーな言葉も、マレー語表記と英語表記が乱立するようになったんだねえ、、、というぐらいです。どっちが好きかは人それぞれということで。

日本におけるイスラーム用語は変遷の歴史がほとんどなく、ほぼアラビア語表記や発音を正確(か正確に近く)使うことが多いので、アラビアから日本への直輸入型。マレーシアみたいに歴史があるところは、アラビアからペルシャを通ってインドまで来て、そこからインドネシアを通じてマレーシアまできたんだね、、という深みを感じます。


| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Islam and Haj 2010 メッカ巡礼とイスラーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ramadhan Calendar for Kuantan and Tokyo ラマダーン期間中の日没時間の我が町クアンタンと東京の違い。うーむ、やっぱり差があるなあ。

Ramadhan Calendar check for Kuantan and Tokyo. 1st day and last day difference is 18 min in Tokyo against 5 min in Kuantan.

IMG_3762_1.JPG

マレーシアと日本の間に時差は1時間しかありません、、が、緯度がかなりちがいます。マレーシアは赤道のすぐ北隣。年間を通じて日照時間、つまり日の出と日没の差はあんまりありません。

ムスリムにとっては気になるのは、初日と最終日の日没時間差です。
最初に、ああ今年は何時何分に日没ね、、と思っても、毎日変動、、えーっと、昨日は何分だったけど今日は何分だっけ?と思っても急には思い浮かばない。特に物覚えの悪い私はそう。

調べてみると、今年のラマダーン期間の初日と最終日の差は東京で18分。初日は18時40分で最終日は18時58分です。ほぼ1.5日に1分違うイメージですが?そんなに平均的な動きじゃない。ちょうど今年は夏至直前なので後半の時間のずれは3日に1分とゆっくりしていますが、初日頃は毎日1分変動。こういったことも覚えてないといけないです。

それにひきかえ、クアンタンの差は5分。初日は19時12分で最終日は19時17分。ほぼ5日で1分変わる程度。ざっくり昨日の時間とおんなじと覚えていれば楽です。

もちろん断食時間も違います、東京の初日はファジュルが3時13分!早朝すぎ!日没は18時40分。なんと15時間半。それに比べてクアンタンでは初日ファジュルが5時41分で、日没が19時12分。13時間半と2時間違い。まあ、東京は大変、、なのですが、逆に冬至の頃の東京の断食時間は超短いです。マレーシアはほぼ年中変わらず。

私は朝起きしてご飯を食べるということがないので、まあ、朝はどうでもいいのですが問題は日没時間。それも、初日と最終日の時間変動です。ムスリムじゃない人は、ムスリムは断食時間を気にしていると思いがちですが、じつは、日没時間変動をけっこう気にしているものです。

ちなみにムスリムの宇宙飛行士が宇宙空間で断食をする場合、地球周回時間じゃなくてメッカ時間にあわせます。そういうフトワァがあったはず。今までに何人ものムスリムが宇宙に行ってるしね、現実的な問題だし。


| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Islam and Haj 2010 メッカ巡礼とイスラーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Iftar on a beach このラマダン期間で最高のイフタールのロケーション。夕暮れの頃、サンダルを脱いで暖かい砂に足を潜り込ませると、なんかすごい幸福感が押し寄せてくる。

Iftar on a beach. Super relax time.

IMG_3790_1.JPG

本当は他に用があったはずなんだけど、ともあれ、成り行きでチェラティン海岸でイフタール。
平日の夕方、しかもラマダーン期間中とあって、さすがの観光地も人影まばら、、いや人影なし。Ombok Cafeはラマダーン期間中はオーナーが休暇をとって店は休業。Cam's Cafeは「改装工事してる」って言ってた。まあ、これだけ人がいないのだと、そうなるのも当然のような気がするけど、、、

幸い、Don't Tell Mama - Eco Cafeはやってました。よかった。これで海岸沿いの全てのカフェが閉まってたらちょっと悲しいことになってたはずです。もう夕方だし。

IMG_3774_1.JPG


さっそくベジタリアン食を注文。ここはベジー食が多くて嬉しいところ。ただし、食事は日没過ぎてね?と頼むと「わかってるよ」という心強い言葉。日没までしばらく休憩、、、

IMG_3802_1.JPG

イスに座って携帯いじったり、遠くをみたり(目が悪くなったし)、足で砂遊びしたり、、、とっても楽しい。リラックスしてる。これも、すべてバイオリンのテストが終わった解放感。

IMG_3781_1.JPG

足元に来たネコと遊ぶ、、、

IMG_3793_1.JPG

程よく暗くなって、カフェのキャンドルに火が入ります。そろそろ日没、、

IMG_3788_1.JPG

食事が運ばれてきた。とっても美味しそう、でも暗いのであんまり綺麗に食事が写せない。。。

IMG_3811_1.JPG

日没まで、あと数分。

IMG_3795_1.JPG

そして、日没、そして、完食。あっという間。美味しいご飯だからもうちょっと味わって食べた方がよかったのだけど、一旦食べ始めると、なんだか没頭してしまいます。

IMG_3816_1.JPG

ごちそうさまでした。
ちょうど、腹八分。これ以上たべると帰りに居眠り運転しそう。これぐらいがちょうどいい。
すごく贅沢な気持ちです(テストが終わったし、、、、)。

IMG_3820_1.JPG

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Islam and Haj 2010 メッカ巡礼とイスラーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

Trinity Exam day,, OMG 今日はバイオリンの実技グレードテストの日。。。。あんまり出来が良くない、、間違えたところもいくつもある。つまり、いつもどおりの実力だった。「普段の実力を出しなさい」という言い方があるが、普段の出来がよくないから奇跡を狙ってたのだ。

Trinity Grade Exam for paformance was done. ... OMG. Mistake again and again as usual.

IMG_3768_1.JPG

とっても緊張するトリニティカレッジのグレードテスト@クアンタン。
このテストのために半年間がんばって課題をやったり、初見演奏やったり、音階やったり、いろいろやったので、、、ここで緊張しないほうが無理。半年間の成果がテストの10分間で評価されるのだから、一回間違ったら取り返しのつかないことになる。。

IMG_3860_1.JPG

。。。と思ってたけど、1回どころか何回も間違えて、指を滑らせてしまった。ふーむ、それだけ間違えてもパニックにならないのは、、普段から間違えてるからいつも通りということ。パニックになりようもない。

まあ、普段どおりの実力が出せたという言い方もできるけど、普段の出来が悪いと、、それは何の慰めにもなりません。最後の瞬間まで、有名なバイオリニストの霊が取りつくとか、そういうことを願っていたのですが、残念ながら、そんな便利な霊なんてこの辺にはいないみたいです。

IMG_3861_1.JPG

まあいいでしょう。これで人生が終わるわけじゃないし、バイオリンの練習が終わるわけでもない。
、、なんかしらないけど、この道は永遠に続くのでした、、そして、もちろん間違いも永遠に続くはず。まあ、こんなもんか。間違いなんて、いちいち気にしたらとても生きてられない。人生に間違いはつきもの、むしろスパイスとも言える(そんなスパイス欲しくない)。

IMG_3858_1.JPG


| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Music バイオリンと音楽と映画とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HOG renewal 2018-2019 im MY ハーレーオーナーズグループのメンバー更新終了!、、って、そもそも更新の手続きをとったっけ?どうも自動更新のような気がする、、そういうのって気を付けないといけないよね。

HOG membership renewal completed for 2018-2019 in Malaysia number.

IMG_3760_1.JPG

マーケティング学の巨人、フィリップ・コトラー教授の(ずいぶん昔の)言葉。
「製品を売ってはならない。経験を売るのだ。ハーレーダビッドソンが売っているのは単なるオートバイ以上のものである。それはハーレーのオーナーになるという経験である。同社は会員制のオーナー交流会やアドベンチャーツアーなども企画している。つまりライフスタイルを売っているということだ。同社のトータルプロダクトはオートバイをはるかに凌駕するものなのである。」

、、とっても奥深い教授の言葉。で、そこにでてくる「会員制」というのがハーレーオーナーズグループのことで略してHOG。
日本はアジアパシフィック支店があるのでそこに会費を払うのですが、マレーシアだとアメリカのHOGサイトにいってクレジットカードで会費を払うことになります、、、

昨日、HOGから更新されたメンバーカードが届いて、更新済!、、と思ったけど、まてよ、、そもそも今年、更新手続きをとったっけ?
最近物忘れがすごいから、ころっと忘れている可能性も大きいのだけど、これからマレーシアを引き上げるってときにわざわざ更新するか?わからん、、わからん、、が、ほかにもアメリカ系組織の会員で毎年(毎月)自動更新になるものもあるので、自動更新の可能性も高い。

更新を忘れない、、という利点はあるものの、「今年は止めようかなあ」と思う時は積極的にサイトで会員をやめる手続きをとらないと、ほっとくといつまでたっても会員になって、会費もとられてしまう。

そういえばクレジットカードとかでも年会費をとるのもあるし、ちゃんと見てないと心配だよね。
まあ、MOGは更新されていても全然平気なんだけど。

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Motorcycle Touring バイクとツーリング日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

No GST 消費税が0%になってうれしいけど、会計の記帳は消費税0をわざわざ入力しなくてはいけないらしい。ふーむ、困った。それより、街には消費税が無くなったことによる便乗値上げが横行中らしい。なんと!不埒な奴。

It is 5th day after GST 0%.

IMG_3755_1.JPG

消費税が無くなった、、バンザイ!、、ここまでは良い。非常に良い。
でも、会計ソフトの入力方法がわからない、、GSTは無くなったのだから本体価格だけで、消費税分はそもそも記帳しなくても良いのか?
それとも?、、ということで税理士さんに訊いたら、「それはね、GSTの項目に0を記帳しないといけないのだよ、今のところは」という答えでした。まあ、複雑な計算はいらなくなった(たまに税込み値段だけ書いてあったりすると計算して本体価格を求めないといけないし)。が、入力はまだ必要なんだ。早く「入力も不要!」とかになってほしい。

そんななか、FBをにぎわせているのが不法値上げ。GSTが無くなった分を本体価格に乗せて、以前と同じ価格で売ってる!不法値上げ。もちろん、GSTがなくなったらそういう不埒な奴がでてくるだろうというのは予想されて、政府もそういう奴はぎりぎり泣かすぞ!と言っているのだけど、そういうのを全然無視した連中が値上げ。すごいのはGST分はおろか、さらに値上げする奴もいるということ。

こいつらには正義の鉄拳を食らわせてやれ!

2018年06月04日

Electrical Charging 充電は世の常。四六時中残圧チェックするような時代なんだろうけど、なんかむなしい。とくに旅行の後はすごい。

Electrical Charging after traveling from Japan

IMG_3726_1.JPG

成田からKLについて、その後4時間も乗り継ぎのフライトを待つのはしんどいところです。いろんな華やかなお店のある国際線ターミナルなら4時間ぐらいどおってことないけれど、しょぼい国内線ターミナルは、、つらい。

ここで電子機器の登場。マレーシアで契約しているルーターを取り出して復活!4時間はインターネットで乗り切ろう。なんせ、日本では引きこもりとかの人がいて1日中でもインターネットをやっているぐらいだから、4時間ぐらいどおってことないや、、、

しかし、、ルーターの電池が切れてた、、、もはや、これまで。
もちろん、KL空港には日本より強力なWIFIがあるので、これに繋ぐ、、という手はある。

しかし、、携帯電話の電源もほぼ底をついている状態。ふーむ、成田出発前に空港で散々つかったし、、しかも、ライトニングケーブルを持参じゃなくて、預入荷物に入れてしまったし、、、それにパワーバンクも重いから持ってこなかったし(マレーシアに置いてるし)。

、、ということで、乗り換えの4時間はひたすら忍耐だった。

マレーシアのアパートについたらすぐ充電。充電、充電。片っ端から充電。
シャワーを浴びる前に充電。荷物をほどく前に充電。

そして、毎日充電。私の人生は充電しながら終わるのか?とか思ってしまいます。

2018年06月03日

End of the Malaysia stay 来月には日本に帰ります。マレーシアには4年7ヶ月いることになるけど、よく良く楽しんだほうだと思う。マレーシアとはまだ付き合いがあるから、いったりきたりの日々。それより、日本。私が日本に適合するとは思えないけど、まあまあ折り合いをつけているしかないんだろうね。

Almost the end of my Malaysia days. Leaving here the end of the Month.

RIMG3560.JPG

ずーっと長く海外に住んでいてもう30年以上。そのうちほとんどが中近東です。なにしろアラビア語のプロになるべくして、いろんな学校に通ったりしたし、、、でも、その生活も2013年で住みなれたサウジアラビアを去ることで終わり。でもって、日本には4ヶ月ほど住んで、、その年の内にすぐにマレーシアにやって来ました。短い日本生活だった、、これなら観光客のほうがずいぶん私より日本のほうが詳しいよ。

4年半前、マレーシアにやってきたときはこの国には2年ぐらいいる予定でした。だから、まあ、2年だし、買ったばかりのバイクはそのままガレージにいれて、契約したばかりの携帯電話は番号預かりにして来ました、が、まさか4年半になるとはおもわなかった。その携帯電話はこの間日本に行ったときに確認したら勝手にドコモに解約されてしまってた。番号あずかりは2年とか3年とかが限度らしいです。まあ、いいでしょう。こんなものです。

えー!日本に帰るの?せっかく住みなれたマレーシアで他の仕事とか探せばいいのに、、という話も無いわけではなかったけど、私は流れに逆らわない派。これは日本に帰って新しい生活を始める、、という新しいチャレンジ。だって、どこよりも、日本の生活を知らないし、30年前の感覚で日本に暮らしてもあまりに違いすぎてよくわからないと思う。これをチャンスに日本のことを知っても損はない。正直、日本語も昔と少し変わってた。

マレーシア半島はバイクで駆け回ったけど、日本のことはよく知らない。マレーシア人が好きな北海道にも行ったことない。問題は周囲の人が「私が日本のことよくわからない人」だとは知らないから、勝手に「日本人なのになんて非常識な人」とか思われるんだろうね。これなら、日本でも英語で話してて、日系人です!とか言ったほうがいいかもしれない。

日本には「日本人なら日本のことよくわかっているはずだ、という前提がある」という非常識がまかりとおってるからなあ。
別に日本人の顔して日本語を話すからといって、日本のことわかっているわけじゃないんだけど。